« 優勝への意志@J1 第29節 セレッソ vs アントラーズ&まとめ | Main | 全てを振り絞って@NABISCO Cup 2005 Final »

November 04, 2005

譲らない、譲れない@NABISCO Cup 2005 Final Preview

いよいよ明日はナビスコ決勝ですね。僕も国立に行く予定。まあ本当ならマリが国立に行けてれば良かったのですが、まあ負けちゃったので仕方ない。ただ、ジェフとガンバ、タイトル童貞同士の対決と言うこともあって、勿論勝った方はクラブ創設以来の初タイトル、歴史的ですな。ただ、まあそういう側面よりも今年この二つのクラブが見せてきた積極的なサッカーがぶつかり合い、タイトルを争うという試合をすると言うのが楽しみと言う方が正しいかな?と言うことで明日のプレビュー。

J.League Yamazaki NABISCO Cup 2005 The Final

ジェフ vs ガンバ@国立競技場「譲れない、譲らない」
Jef              Gamba
   林    巻      アラウージョ 大黒
     羽生         フェルナンジーニョ
坂本        山岸  家長        二川
   阿部  佐藤勇      遠藤保  橋本
斎藤 ストヤノフ 結城   山口 シジクレイ 実吉
     立石             藤ヶ谷

まあ色々と情報は出ているのでまずその辺の周辺状況を整理。ジェフは、ここのところほとんど負けずにここまで到達。勝ち点を落としたとも取れる試合もありましたが、それでも難しい試合をしっかりと勝ち取れるような力強さも出てきており、かなりチーム状態は上向きなのかなと。メンバー構成的には前線で巧みな技術で起点となるマリオ・ハースが出場停止ですが、他に主力の怪我人などはなく、ある程度万全の体制で臨めそう。ここ数試合スタメンをポペスクに譲っていた羽生もある程度状態が戻ってきて、スタメン復帰が濃厚。前回対戦時に2ゴールでガンバを沈めた水野のスタメン抜擢もあるかも?知れませんね。

逆にガンバの方は現在2連敗中。どのチームもある程度ガンバ対策というのは見えてきていて、前線のアタッカーを起点時に潰すと言うことが徹底されて、ここまで発揮されていた圧倒的な破壊力はなりを潜めている状況。大黒の不調は結構深刻で前節はついにスタメン落ち、ただその代わりに入った吉原も空回り気味でアラウやフェルナンジーニョとリンクせず、どうも優勝に向けて雲行きが怪しくなっていて、ジェフとは真逆にした向きの状況は余りイイとは言えないかも知れませんね。で、メンバーのことですが、まず気になるのは宮本の怪我。一時は絶望と見られていた右膝の怪我でしたが、大黒の怪しい粉の成果かかなり急激な回復を見せ、明日はベンチ入り濃厚の模様。さすがにスタメンにはしないみたいだけど。二川も怪我の回復は順調で前節半分出ている事もあって、この試合はスタメンもあるかも(無ければ渡辺光輝が出場停止のはずなので松下かな?前節は・・・だけど)後は大黒か吉原かと言うところかな?さてさて・・・。

この一週間、この大事な試合に向けての調整法は両者対極的。ジェフは粛々と普段通りを装いながら、落ち着いた感じで対策を進めているのに対して、ガンバは西野さんがタイトルへの渇望を煽るようなビデオ上映会を開いたり、ガンバ一筋13年、襟が無くても襟が立っている人、松波正信選手が選手生活に幕を引く発表をこのタイミングで行い、それがガンバの選手達に更なる火を付け様としている模様。と言うことで、テンション上げて行こうという姿勢が伺えます。さあ、そしてゲームの方の分析に入ろうと思うのですが、まず両チーム分けながら。

Side JEF/タイトルマッチのプレッシャーと脅威の中でリスクを獲る勇気。

まずはジェフ側から。実際彼らもここ数年でタイトル争いに絡み、プレッシャーの掛かる試合を経験してきているだけに、殊の外「未経験」という事ではないと思います。しかし、この試合に全てが掛かるというプレッシャーは何度経験してもあるもの。そのプレッシャーの中で自分たちの最大の武器である、ポジションブレイクからのアグレッシブなサッカーを展開出来るかどうかと言う事が非常に気になります。

ジェフの展開するサッカーは、非常にコレクティブで運動量も高く、ある意味では日本人が見本にしたい素晴らしいサッカーであることには異論がありません。しかし、そのサッカーの中にはリスクを抱えていることも事実。マンマーク型のディフェンススタイルを獲っている中でポジションブレイクをすると言うことは、不用意な獲られ方から速攻を喰らえば、数的不利を負って即失点に繋がるような危険にさらされる可能性を常に抱えていると言うことです。その中でジェフの選手達は惜しみない運動量と高い切り替えの意識という自分たちの後ろ盾を持ちながら、勇気を出してポジションブレイクをしてダイナミズムを生み出していると言っても過言ではありません。

しかしその中で、今回タイトルを争うのはガンバ。ガンバの調子が良くないとはいえ、スペースを与え、自分たちの得意な形に持ち込まれてしまうとなかなか止めるのは難しい。プレッシャーだけじゃなく、相手の脅威もある。そういう中で「絶対に勝ちたい」が「絶対負けたくない」に変化した時にチームが硬直する可能性もある。普段通りのサッカーをすれば個人的にはジェフの方が有利だと思いますが、その普段通りまでの道程には葛藤があるのかも知れません。と言うことでこのゲームにおけるジェフの鍵は、何よりも選手達の英断「勇気」と言うことかも知れませんね。吹っ切れてしまえばジェフは勝つ、と思う。

Side Gamba/活かすべきポイントはあくまでアタッカー、策を代えることが全てじゃない。

ガンバは状態を戻すことが先決で、そのマネジメントがうまく行っているかどうか、それがまず気になる部分なのですが、まあそれが出来ていた場合を想定してみましょう。まあ実際どちらも特徴を出し合うような展開にはならないと思う。というのも、ガンバにその気があっても、ジェフはガンバの良さを消した上で、自分たちのペースに引き込みたい(走り合い)と考えているから。相手はよく走るジェフ、そして後ろに控えるは名将オシム。ガンバの弱点はオシムにはばれている。

実際僕から見ても、あのトリニータ戦で封じられた形がジェフに流用出来るんじゃないかと思っています。同じDFシステム、同じDF思想、そして溢れる運動量とマンツーマンへの意識の高さ。個のレベルを考えたら、あの試合以上に良さを消される可能性はあると思います。その中で、ガンバが違う方策をとるかどうかと考えた時に、今シーズンの過程から考えるとあくまでも自分たちのやり方を変えることはないのかなと。

ただ、これはネガティブな意味ではなく、ポジティブな意味でも言えること。ガンバのスタイルはあくまでもオフェンシブな姿勢を貫くことで、そうやって今シーズンは戦ってきてここまで来ている訳で、そのスタイルをむざむざ捨てる必要というのは逆説的に考えたら愚策かも知れないし。それにジェフも元々DFが強いチームじゃないし、そう考えると自分たちの良さを出すことにこだわることも悪くないかも知れない。

まあそうは言ってもどうなるかは分かりませんけどね。ただ、チームとしてその対策に対してどうやって破るのか、ある程度腐心する必要性はあるでしょうね。サイドのポジショニングを中にずらすとか、起点を外にずらすとか、遠藤が高い位置で起点となる(OMF的仕事を増やすとか)色々とアタッカーを活かす術を探すこと。彼らはある程度自由を得れば、きっと仕事をする。その状況をどこまで作れるか、それがガンバの勝つ鍵となるのではないでしょうか。

On the Game/マッチアップが決める勝負の行方。

まあゲームの展開に関してはちょっと予測しがたい部分があるので触れません。両チームの良さを出し合う展開外地版ベターなのでしょうが、タイトルマッチ。現実的にゲームを捉えたとしても不思議ではないし、ガンバ対策・ジェフ対策というのでチームを少し変えて来るという可能性も無くはないのかなと。内容を積み重ね、常に追求してきたチームが結果を求められる時にどうなるのかというのは見てみたい部分でもあるので、それは本番のお楽しみと言うことで。

ただ、抑えどころは見えているわけです。ジェフで言えば、ポストマンである巻。ガンバで言えば起点となる動きをするフェルナンジーニョとアラウージョ。どちらもこの起点となる動きが抑えられてしまうと、攻撃の展開がままならなくなり、自分たちの特性を活かせない。そこをどの様に抑えに行くか(又はどのように警戒の目を欺き、活かす形を取るのか)というのは非常に注目で勝負の行方を左右することになるのかなと。

まず巻に対してはバックラインが対応に当たると思いますが、まずはそのパスを通させずに、彼に楔を入れさせないと言うことから考えた方が良いでしょうね。阿部とかは凄い綺麗に隙を突いて楔を入れてくるし、オフ・ザ・ボールの動きもしっかりするので、その中でDFラインとボランチで連動しながら切りたい所。まあ実際全てを切るのは難しいと思うので、後はサポートにタイしての対応。巻は距離感が良ければ、ダイレクトで落とすプレーも上手なので、ガンバとしてはサポートに入ってくる選手(羽生とか、林かな?)に対して橋本やヤットがどのように捕まえるのかと言うところまでポイントになるのかなと(これをDFラインの選手にやらせてしまうと、ダイナミズムの肝佐藤勇人に使われちゃうよ?)

逆にアラウとフェルはトップに張り付かずにボールを受けるタイプな訳ですが、やりたいことは前を向いて仕掛けれる形を作りたいと言うこと。ただ、ジェフはあくまでもマンマークで行くでしょうから、どこまで付けるかと言うことになってくるのかなと。特に気を付けなきゃ行けないのはやっぱりアラウージョな訳ですが、サイドに張り付く形だったり、下がって受けたりと行動範囲が豊富なだけに、受け渡すのか付いていくのか、それと付いていった時に空いたスペースをどうするのかなど、彼の動きに対してどのように対処していくのか、そして抜かれた時にどうするのか、オシムたんがどのように彼を抑える術を敷いてくるのか楽しみでもあります。特に阿部を誰に付けるのか(まあフェルナンジーニョだと思うけど、パスを散らさせないと言う考え方ならヤットというのもあるかも知れない)というのは大きなポイントになるのかなと。

予想?しない!まあ希望としては、退場者が出ない形で審判が余計に存在感を出さない試合にして欲しいかな・・・・、余計な演出はこの試合には不要だと思うから。とにかく外的要素が勝負に絡まない形で、後悔のない試合になると良いなと。後は良い試合になって欲しいのはやまやまだけど、その中で思いっきり勝負にこだわって欲しいなと。そうやって勝つことでそのタイトルの価値は上がると思うし、何よりも熱くなるから。と言うことで今日は寝坊しないように早く寝ましょう。楽しみ!と言うことで今日はここまでです。

|

« 優勝への意志@J1 第29節 セレッソ vs アントラーズ&まとめ | Main | 全てを振り絞って@NABISCO Cup 2005 Final »

Comments

こんつわ◎
俺もアルビファンなんですが先輩に連れられて国立行ってきました。
来年はアルビが決勝の舞台に立つことを願ってやみません。

Posted by: taka | November 07, 2005 at 02:57 AM

こんにちわ、takaさん。

良い試合見れましたね。この舞台に立ちたいと思わされる一戦にだったのかも?

勢い重視で継続的な強さと安定性というのがアルビの懸念ポイントなのかなという思っているのですが、そういう意味ではナビよりも天皇杯の方がチャンスはありそうな気がします。今年の決勝でトリコとオレンジの対戦になったら素敵ですね。でもアジアに行くために決勝の勝負は譲ってほしいなと。

ではでは。

Posted by: いた | November 07, 2005 at 03:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/6899184

Listed below are links to weblogs that reference 譲らない、譲れない@NABISCO Cup 2005 Final Preview:

« 優勝への意志@J1 第29節 セレッソ vs アントラーズ&まとめ | Main | 全てを振り絞って@NABISCO Cup 2005 Final »