« アンゴラ戦Preview&ニュース雑感ということで。 | Main | World Cup Qualify Digest@Play-offs 2ndLeg »

November 17, 2005

最良の結果と不安の中身@KIRIN Challenge Cup vsアンゴラ

*わざわざ多くの方に訪れて頂いたのに更新遅れてすいません_| ̄|○

うーん、どうなんだろう。アンゴラが後半持ち直したとはいえ、相手としてはそんなにレベルが高くなかったのに対して、日本はやっぱり相手に合わせてしまう。まあ今更そんなこと言ったってしょうがないけど、どうもあのブラジル戦のシンクロがこのチームに戻ってこないのが心配。様々な周辺状況を除いて、このチームの楽しみ方を分かってきたからこそね。でも、とにかく松井GJ!そして、おめでとう初ゴール。

Kirin Challenge Cup 2005

Japan 1-0 Angola @ National Stadium
Japan:89'D.Matsui

日本スタメン:GK川口能活、DF田中誠(→69'松井大輔)、宮本恒靖、中澤佑二、MF駒野友一、中田英寿、稲本潤一(→80'阿部勇樹)、三都主アレサンドロ、中村俊輔、FW高原直泰(→79'大黒将志)、柳沢敦

で、試合に関しては簡単に。
前半
序盤からホームの日本が、ポゼッションを握り、ヒデを起点にアレックスや俊輔がサイドに開いてチャンスを作る。アレックスのクロスから前を開けておいて出るというスピードアップの動きで高原が(数度)決定機を迎えたり(高原は2度ほどポストを叩くシュートを放つが決めきれない)ヒデの楔→高原のポスト→俊輔のミドル、駒野の大きなクロスからヒデが折り返して柳沢の近距離ボレー、両サイドからの攻めに不安を残すアンゴラを攻め立てるが決めきれない。

少しずつアンゴラも落ち着きを取り戻したのか、前掛かり気味の日本の中盤を細かいパスを繋ぎながら突破してチャンスを作るが粗さが目立つ形で、そこまでの脅威とはならず。しかし、日本もフィニッシュの拙さは同じだったため、何とも言えない。押し気味の展開も0-0で折り返す。

後半
監督の指示があったのか、アンゴラはよりサイドを意識した攻撃からに日本を押し込むようになり、波状攻撃で日本を押し込む。ミドルレンジからでも強烈なシュートを立て続けに打たれ、肝を冷やすシーンの連発。何とか耐えると、田中マコに代えて松井を投入し4バックに変更、奔放に動く松井を媒介にボールの流れが良くなり、もう一度攻撃の流れが出来る。しかし、度々訪れるセットプレーも非常に精度が低く、又前半のようなシュートに繋がるシーンが少なくなかなかゴールに結びつかない。

大黒・阿部も投入されたが、その停滞した流れを払拭することは出来ず迎えたロスタイム、右サイドからのスローインを俊輔が受けると、そのまま左サイドへ大きな軌道のアーリークロス、これが大外でフリーとなっていた柳沢に繋がると、ヘッドで強めの折り返し、これにアンゴラディフェンスは対応しきれず、詰めていた松井がヘッドで押し込みゴール!大きなサイドチェンジと折り返しとフィニッシャー、うまい具合に嵌って終了間際に決勝点とも言える先制点が入り、結局このまま終了。今年最後のテストマッチを薄氷の形ながら勝利で飾ることが出来ました。

まあ勝って当然の相手に対して勝ったことは非常に良かったと思います。相手はメンバー的には格が落ちるとはいえ、プレーの中に置いては一応手を抜いていたようにも見えませんでしたしね。ただ、どうもブラジル戦のようなシンクロしたサッカーが出来ないでいる現状は非常に良くないわけで、そういう意味では不安の残る試合となったのかなと。

何となくですがクラブのプレーと代表のプレーの違いを是正できていない感じで、大体バラバラになってしまう感じが非常に良くない。ヒデのコメントにもある通り、役割分担が不明瞭で、チームとして無理をしなければならない状態になっているのは余り良くないこと。そういう意味ではそれを修正してチームの力が素直に出るような形というのを模索していきたいところ(ただ時間はないので本大会間際と言うことになりそうだけど)、と言うことでこんな課題をクローズアップ。

・噛み合わない二人の大黒柱。噛み合わせる必要性。

このチームに置いて、ヒデと俊輔は欠かせないプレーヤーなのは周知の通りで、何かのアクシデントがない限り二人がスタメンから外れることはないでしょう。彼らの能力は抜けていて、日本にとっては大きな力です。ただ、今日の試合では明らかに二人が噛み合ってチャンスを作ったシーンは少なかった。実際二人が噛み合わない限りこのチームは戦えない。そういうことを考えるとこの試合は非常に不味いものだったのではないでしょうか。

その理由なんですが、二人のサッカー感の違い、得意とするゲームのリズムの違い、選手としての特徴の違いなのかなと。根本的にプレーヤーとしてのタイプが違うのは見ても分かると思いますが、具体的に書くと、

俊輔がやりたいこと→後方のビルドアップ時に自分が下がってボールを受けて裁いて、もう一度動き直していい位置でボールを受けたい。だから自ずとテンポは遅くなる。

ヒデのやりたいこと→高い位置でボールを奪って、自分の縦へのパスから楔やスペースに顔を出す選手に出し、そこを崩しの起点にして、そこからサポートやオーバーラップという形で崩していきたい(勿論自ら、相方もゴール前に出て行く形で)。だから自ずと速いテンポのゲームになる。

別にどっちが間違っているとか、どちらが良いというわけでもありません(強いて言えば好みの問題)ただ、どちらかが合わせていかないと、合わないことは当然。で、現状はというと、

今のチームのリズムメーカーはヒデであり、彼のパスから攻撃が始まることが多くなるのは必然。俊輔は一度触って前に出て行きたいということで下がってくるんだけど、ヒデはそれを望んでいない(稲本もフィードが得意で、自分も上がりたいタイプだから速いテンポの方が得意)だから噛み合わずパスは前に出ていく。これにより俊輔は流れに取り残され、ピッチを彷徨う形となって大体消えるし(これをバランサーとは呼ばない)、ヒデは前で俊輔が存在感を出せないから、そこまでやらざるを得なくなって前に掛かり気味になる。そのため守備の仕事は必然的におざなりになるから、中盤が大きく空いて、カウンター的なプレーも受けやすくなったりする。

まあはっきり言って、現状では噛み合わないのも当然かも知れません。二人とも自我を出しているだけで、活かし活かされと言う状況にはなっていない。改善しなきゃいけないわけですが、ここはやっぱりスタンダードな形であればこのチームのリズムメーカーがヒデであるからには、俊輔がそのリズムに乗るべきなのかなと。実際俊輔がすべき動きとしては、2つぐらいかな?

1.下がってくるのではなく、その高さを維持したまま動き出してスペースを見つけて受ける。

2.楔が入ることを予測して、速いタイミングでポストのサポートに入って前を向いて受ける。

まあ俊輔が下がって受けてテンポを作りたい気持ちも分かるし、それが俊輔のスタイルで、テクニシャンの性という部分でも理解は出来る。でもゲームを作れる選手は俊輔以外にもいる訳だから、高い位置からわざわざ下がってやるよりもすべき事はあるはず。高い位置にいてボールに絡み、その技術でクオリティの高いチャンスを作り出すこと。ヒデはそれを望んでいるし、しっかり動けばボールは必ず出してくれる。そういう形で役割分担をしていけば、守備に置いてもチームとして無理が来るような形は減ると思うし、チーム全体にもいい影響を与えると思う。

この試合で言えば、一本目の俊輔のシュートシーンに繋がったプレーみたいな感じがモデルケースかな(俊輔下がって受けようとしたけどヒデはトップへの楔を選択→高原がポスト、その時に止まらずに前にサポートに行く俊輔→高原が横に流して俊輔ダイレクトシュートもGK正面)とにかく二人が活きることがとにかく世界と戦う上では最低条件なだけに、この問題は放置して良いモノじゃない。時間は限られて解決出来る時間は非常に少ないですが、相互理解を高め、何とかして欲しいものです(ジーコが役割分担させる事が一番手っ取り早いと思う)

それでも決めるやつが決めなきゃ勝てない?そんなこと言ったってどうしようもないじゃないか(えなり風)

・選手評。たまには点数でも付けてみようかしら。

川口能活(ジュビロ)/6.0→度々訪れるピンチも高い集中力で凌ぎきる。速いフィードの意識も○。もう少しラインを上げさせるべきでは?

田中誠(ジュビロ)/5.5→タイプ的には苦手な相手か。簡単に相手の突破を許す場面も見え、ストッパーとしては辛い現実を突きつけられた格好。慎重にゲームにしていた印象。

宮本恒靖(ガンバ)/6.0→今日はほぼノーミス。不安視されたコンディションも悪くなく、質の高い危機察知でカバーに入るなど悪くなかった。ラインを上げろ。

中澤佑二(Fマリノス)/5.5→ビルドアップ時の積極性は買うけど、軽率なミスとドリブルに不安。最近お疲れ気味のようで心配。対人に置いては一度吹っ飛ばされた後は安定。

駒野友一(サンフレッチェ)/5.0→ボールホールドの時の積極性は薄れ、不用意なボールロストも目立った格好。守備に関してはしっかりと逆とバランスを取りながらプレーしていたが、アレックスとのバランスで自重していた面もあると思うけど、もう少し自分を出したかった。オーバーラップのタイミングとビルドアップの参加意識をもう少し高めたい。

中田英寿(ボルトン・ワンダラーズ)/6.5→質の高いパフォーマンス。コンディションの良さを見せつけた。広範囲に動き回ってプレーに絡み、個としてはやりたいことをやってらしさは出た。ただ守備に関してはその分おざなりに。チームとしてそのリスクチャレンジを支えきれないのが難しい。その辺を核として何とかして欲しい。後、上に書いたような形で俊輔が動かなかったらもう少し怒ったりするなりして動かして欲しい。

稲本潤一(ウエスト・ブロムウィッチ)6.0→よく我慢してバイタルエリアの門番としてプレーした。質の高いフィードやボール奪取からの切り替えの迫力など特徴も見えたりと、らしさも失わず。ゲーム勘が戻り良くなってきたのかなと。ただ、彼らしくない。適正としてはやっぱりヒデのポジションか。

アレックス(レッズ)/6.0→攻撃に置いては◎。無駄にタイミングをずらさずに速いボールを送り込んで決定機を誘発するなど、素敵な「Alex」だった。レッズでの好調ぶりが伺え、3-4-1-2では持ち味発揮。けど4バックになって守備の不安も見えたりと表裏一体。

中村俊輔(グラスゴー・セルティック)/4.5→瞬間的にいいプレーを見せるプレーヤーとしては及第点。だけど、下がっては消え、下がっては消えというプレーが多く、チームの流れに乗れないことは良くない。積極的なオフ・ザ・ボールの動きが減退している印象で、そういう意味ではもう一度高い位置でボールを受けるための意識を高めないと。守備に関しては求められるプレーヤーじゃないのでいいや。セットも不発。こんなもんじゃないだろう?バランサーとかいいから、とにかく高い位置で他の選手には出来ないクオリティの発揮を求めたい。

高原直泰(ハンブルガーSV)/4.5&柳沢敦(メッシーナ)/5.0→コンビとしての動きは上出来、試合勘を失っているとは思えないほどの質の高い動きとコンビネーションは相変わらず。高原は積極的なプレーでゴールが獲れそうなんだけどそのフィニッシュに置いて・・・、柳沢も同じ。ゴールの波が来ていないというのが理由なんだろうけど、その波が遠ざかって遠ざかって・・・戻ってこない。これは天に任せるしかないのか?柳沢はナイスアシスト。Jに半年レンタルで戻ってくるとか出来ないかなぁ・・・・感覚を取り戻して欲しい。

松井大輔(ル・マン)/7.0→まずは初ゴールおめ、あそこまで詰めていたことに価値がある。積極的な高い位置でのムーブでパスレシーバーとなり、チームを活性化。クロスが上がらないのがイマイチだったけど、それでも価値は落ちない。交代選手らしく広範囲にわたって動いたことも高評価。グッとワールドカップが近づいた。

大黒将志(ガンバ)/s.v.&阿部勇樹(ジェフ)/s.v.→出場時間短く評価なし、なんだけど、大黒は動き出しは先発の二人に劣らない。ただ彼もゴールの波が来ていないという感じ。ポジションは良いから後はその波が戻ってくることを期待。阿部っちは残念ながら、アピールできるようなプレーがほとんどなく存在感が出せなかった。アピールするにはさすがに時間が少なかった。アジア何ちゃらでのアピールが鍵か。Jでのパフォーマンスが出せれば・・・・。

と言うことで俊輔の出来に非常に怒っているけど、それなりに評価が高いのに驚いていたりして(あきらめか?)実際、こんなもんじゃないです。出来る子なんだからと言いたい気分。まあとにかく勝って良かったのかな?とにかく修正するには時間がないので、クラブでもう一度個々の成長を求めたいし、その中で後は直前での合宿でうまく「ジーコ力」でまとまって欲しいところ。と言うことでここまで。

*小さい文字でリンク集を色々と。

*ヒデコメント(スポナビ)が悲壮感たっぷり。確かに役割分担できていないのは分かるよ。でもどうしてチームの外側から見るような視点でものをいうんだろう?同じチームの一員なのに・・・と日本人らしい疑問。でも実際、何か共有するという感覚から、あきれ果てるという感じにシフトとしてる感じ。鬼軍曹になればいいじゃない。キャラ的に違うけど。リーダーなのは誰もが認めてるんだから、もっと前に出ちゃって欲しいなぁ。

*共同通信の戦評(スポナビ)ちょっとうまい。流石プロだ。でも結局行き着くところが決定力不足だとしたら、いつも結論は同じなんじゃ・・・。

*ジーコ会見(スポナビ)。まあジーコは相変わらず訳もなく強気だよね。信じるものは救われるって感じ。まあそれも又一興。まあ色々やるべき所はあると思うけど、個人的にはこういうチームで望むことは決してネガティブなものだけじゃないと思うから。まあ負けちゃう可能性が大きいけど、どうせ最後は負けて終わるんだから。1チーム以外ね。アウトサイダーは気楽に望むが一番

*アンゴラ監督会見。ふと思ったんだけど、この監督は本大会にたどり着けるのかな?ネーションズカップは強豪国と言われた国がもっとモチベーション高めてくるだろうし、その中で・・・・。ねぇ。しかし、ここから集中強化できる環境の違いがあるんだよねぇ。その辺は羨ましい。ただ、アンゴラなんて行かね。

*まあこんな所かな?とりあえず次はPOです、出来ればなるべく早めに。実は代表の試合リアルタイムで見てないんだよねぇ。こういうのは結構久々かも。いや、そんなことないか。ただ、それだけシドニーは熱かった。そして、イスタンブールも燃え上がったね。アルパイ、それ、手!

*あややに対してみんな怒ってるんだなぁ、何かその場面を思いっきり早送りで飛ばしてたから気付かなかった。後で見直そう。別にそんなに好きじゃなかったりするので庇おうと思わない自分。

|

« アンゴラ戦Preview&ニュース雑感ということで。 | Main | World Cup Qualify Digest@Play-offs 2ndLeg »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/7161848

Listed below are links to weblogs that reference 最良の結果と不安の中身@KIRIN Challenge Cup vsアンゴラ:

« アンゴラ戦Preview&ニュース雑感ということで。 | Main | World Cup Qualify Digest@Play-offs 2ndLeg »