« This is F.Marism@J1 第32節 アントラーズ vs Fマリノス | Main | 劇弾と、課題と@J1 第33節 Fマリノス vs セレッソ »

November 26, 2005

終わりよければすべてよし@J1 第33節 Preview

レポも出来ていないのに、プレビューです。やっぱり週2で沢山やろうとすると破綻するなぁ。とりあえず、他のゲームは後回し(と言うかやらないかも知れない)先にプレビュ。

J.League Division1 第33節

11/26(sat) 15:00KickOff/Fマリノス vs セレッソ @ 日産スタジアム「終わりよければすべてよし」
F.Marinos           Cerezo
   グラウ 大島           西澤
   山瀬功 鮪          古橋  森島
ドゥトラ      隼磨   ゼ・カルロス    久藤
     上野           下村 ファビーニョ
 河合 松田 中澤     柳本 クアドロス 藤本
     榎哲              吉田

と言うことで、ホーム最終戦な訳ですが両チームとも状態は上向き、非常に緊張感の高いゲームになりそうです。マリは4連勝中でようやく強い時の感覚を取り戻しつつありますが、ここに来て又怪我人がポロポロ出てきてしまいました。久保に続いて大ちゃんも肉離れ、通称"ニクバ"で離脱となかなか神様がいけずな感じです。で、岡ちゃんは多分久保の代わりには大島か坂田、大ちゃんの代わりにはここまでの流れから見れば、前節は休ませた形になった山瀬をスタメンに戻すことで対応しそう(山瀬の腰の状態は大丈夫かしらん)。大橋や熊林と言う選択もあり得るみたいだけど・・・まあないかな?

セレッソの方はと言うと前節はシャムスカ大分とドロー。勝ち点を逃したのか、拾ったのか、微妙なところですがとにかく勝ち点1を積み上げ、もう何試合目かわからないぐらい長い無敗記録を継続し、ついに同郷のライバル首位ガンバと勝ち点で並んじゃうと言う事になって意気揚々でしょう。残り2戦と言うことも考えれば見据えるは連勝と言うことでとんでもなく高いモチベーションで望んできそうです。欠場選手で言えば、ここまでブルーノ・クアドロス、柳本と共に守備再建に貢献してきた前田が欠場となりそうですが、藤本も前節冷静に穴を埋めたようで余り大きな穴にはなりそうになく、ある程度ベストの布陣でこの試合に臨んできそうです。

まあ言うまでもないことでしょうが、セレッソは(前田は離脱したものの)主力が次々と戦線復帰してきており、チームのクオリティは完全に戻っているだけに、非常に手強い相手です。が、マリとしてもこの苦々しいシーズンをホーム最終戦でしっかり勝つことで気持ちよく締めくくるためにも、そして先に見据える天皇杯のためにも何とか勝ちたいところです。と言うことでセレッソの特徴を鑑みた上で色々と。

・セレッソが好調なわけ、対応する秘策は「当たり前のこと」

まあもう色々なところで語られていますが、現在のセレッソの快進撃はフロックではなく、色々とこの好調を裏付ける要因が沢山あってのことです。このブログでも度々書いていますが、守備を安定させることに長けた小林監督の手腕が何年経っても守備のメンタリティを持ち得なかったセレッソを変え、それが実を結び始めたことで安定する基盤を手に入れた。そしてその基盤を元に、ダイナミックなサイドチェンジを絡めた速いアタックから、アタッキングサードに入れば卓越した技術と熟成の粋にあるコンビネーションによる連動感のある崩しで相手を崩す。チーム全体が完全に噛み合ったことでこの連勝に繋がっているのかなと。

選手達の特徴を非常に良く把握した上で、しっかりとチームを組み上げたと言う感じがありありと感じられ、そのロジックには無理矢理な所や希望的観測が少なく、整合性の取れている非常に強いチームだと思います。まあこの成績を出しているチームですから、そんな御託を並べなくても良いチームな事ぐらい分かってるって?それは失礼。で、そんな相手と相対する中で、どうしたらいいかと言ったら、サッカーにおいての基本を忠実に実行し、やってはいけないことを絶対にやらない。これに尽きる。

セレッソは中盤とディフェンスラインでしっかりと守備をした上で、奪ったら切り替え速く、ピッチを斜めに切り取るようなダイナミックなフィードで守備負担の軽いアタッカー達にスペースを突かせるという形を作りたいと考えてくるでしょう(遅攻も結構良いんだけどね)現在のマリはカウンターと言うより、しっかりとボールを繋ぎながら相手陣内に入り、そこから何とかサイドからのクロスでゴールを獲る形を狙うだけに、机上の相性としては非常に悪い。中盤できつめのアプローチをしてミスを誘発させ、アウトサイドが上がった裏を一発で狙えば、比較的楽に数的に厳しいカウンターに晒すことが出来ますからね。

まあそんな中でどうするかと言ったら、カウンター対策の基本です。フィニッシュで終わる、失ったら自分の責任でしっかりとアプローチしてディレイ、ディフェンスは自チームのボールホールド時にも相手アタッカーのポジションを常に頭に入れる、ラインを上げて相手の中盤にしっかりとプレッシャーを掛けて良いフィードをさせない、出来れば軽率な繋ぎのミス(特に横パス)をしない。まあこんな感じです。マリが大きくリスクを掛けるかどうかは別にして、とにかく速いアタックを出来るだけ避ける努力をすべきなのかなと。多分何発かはやられると思いますし、そこはディフェンスに何とかして貰うことになりますが、それを何本も繰り返すようなことになれば必ず破綻する。だからこそ、当たり前のことを当たり前にやって、自分たちの良さを出し手結果を出し、セレッソの良さを出させないようにしたいところです。

・ダイナミック・ファビーニョ、無責任な受け渡しに注意。

で、もう一つ。まあ上に書いた感じがセレッソな訳ですが、その核となるのがセレッソの大型ボランチファビーニョです。リーグ1の絶対王者となりつつあるオリンピック・リヨンからもチェルスキに放出したミカエル・エシアンの代役として噂が出る程の質の高いプレーヤー。実際そのエシアンとプレースタイルは似ていて、サイズとフィジカルを活かしたハードなディフェンス、ダイナミックな攻撃参加は結構似ているのかも。

で、セレッソでこれほど核になっているファビーニョのプレーは一つがフィード。長い距離も苦にせず精度の高いボールを飛ばしてカウンターの起点となる。まあこれに関して上で書いたのでいいや。で、マリにとって怖いのはこっち、彼のダイナミックな前線に出てくる動きです。

カウンターだろうと、詰まった時だろうと、いける時は躊躇なく最前線まで顔を出し、決定機に絡んでくる。これが膠着した状況を打破する起爆剤となったり、勝負を決するゴールを多く獲っていたりする理由です。マリにとっては、GKを吹き飛ばしそうなダイナマイトミドルも怖いのでとにかくフリーにしたくないわけですが、うまくいっているチームの中で余りよろしくない傾向が気になるところ。

ex:相手の低い位置の選手が攻撃参加→そのままランニングして飛びだす動き→マリの中盤は彼に付いていくを諦め、後ろに押しつけてしまう→危ない!

って感じでしょうか。まあ1ボランチなので、上野も余りバイタルから離れるわけにいかないわけですが、それでも付いていくべき時にそういうランニングを許してしまうことに関してはよろしくない。鮪もそうだし、明日もこれが出てしまうとファビーニョにやられちゃう可能性は高いと思います。実際彼はかなり獲っているわけで、その原因は中盤の怠慢。確かに彼みたいな選手をしっかり見るのは難しいですが、DFに責任を押しつけず、中盤で彼をしっかりと捕まえて自由にさせない。そういう意識が必要になるのかなと。

(余談だけど、どちら応援するのでもなく試合を楽しもうとしている方はファビーニョに注目してゲームを見ると非常に面白く見れると思います。凄い仕事量をこなす選手だし、彼から始まるカウンターは圧巻。鹿島戦でロスタイムに80m走って決定機になって外したとか、そういうネタプレーもあったけど90分走った後に、ああいうプレーをすることが出来る選手はそういない。今Jで見れる怪物の一人ですよ。)

と言うことで珍しくかなりまじめにやってみました。優勝争いも絡んでるしね。ドラゴンも大ちゃんもいないけど、とにかく明日も必勝。気持ちよく挨拶聞かせて。まあきっと明日はオオシがやってくれるさ、ピンクキラーとして桜狩りを(そんな言葉はないけど、紅葉狩りみたいな感じで)

ではその他の試合、本当はレイソルヴェルディとガンバジェフもやりたかったけどごめん。ヴェルディ頑張れ、超頑張れ。目指せラモス粉砕(禁句)

11/26(sat) 15:00KickOff/レイソル vs ヴェルディ @ 日立「全てを賭けて最後の決戦」

11/26(sat) 15:00KickOff/レッズ vs ジュビロ @ 埼玉「一縷の望み」

11/26(sat) 15:00KickOff/ガンバ vs ジェフ @ 万博「両雄、希望を賭けて再びの邂逅」

11/26(sat) 15:00KickOff/エスパ vs 鹿島 @ 日本平「エスパのNo.10、最後の雄志(主役変更)」

11/26(sat) 15:00KickOff/FC東京 vs ふろん太 @ 味スタ「来期の指針を」

11/26(sat) 15:00KickOff/トリ vs アルディージャ @ ビッグアイ「三浦監督、学習機会」

11/27(sun) 15:00KickOff/グラ vs アルビ @ 瑞穂「反町監督を下さい(五輪代表監督に)」

11/27(sun) 15:00KickOff/楽天 vs サンフレ @ 「ごめん、タイトル浮かばない・・・」

優勝争い、降格争い、本当に今節は山場ですね。もう語ることなどないと思います。結果がだけが優先されるゲームでどちらが結果を残すのか。きれい事は何の意味もなさない。どちらがどれだけ勝ちたくて、それをどのような形でピッチに表現するのか、第3者的な視点で言えば非常に楽しみです。てゆうかヴェルディ頑張れ、超頑張れ。

と言うことでこんな感じでしょうか。毎年恒例の地獄の告知に向けてベテラン選手の引退など、色々とオフシーズンの話題も出てきていますが、これに関しても変えていかないといけないのかもねぇ。まあちょっとずれた。とにかく残り2節、味わい尽くしたいところ。と言うことでここまで。

*ウイイレ日記、てゆうか時間が無くて出来ねー。今日は2試合やった。まだどうも慣れないけど、慣れるために日本チャレンジで色々と。てゆうか☆5で勝てないんですけど・・・・。ちなみにいたジャパンのメンバーはGK能活、DF隼磨・マツ・佑二・服部公、MF阿部(ヤクザ)・ヒデ・シンジ(松井)・俊輔、FWドラゴン、大久保(玉ちゃん)って感じ。超自己満。マスターリーグはもう少し巧くなったらやる。マリで負けるとむかつくから。

*実はかなりPCの調子が悪いです。ノートPCなんですけど、ACアダプタの接触不良でかなり画面がちかちかしてます(省エネ設定で内部電源になると画面が暗くなる)、やっぱり新しいバッテリー買うしかないのかな?良い方法ある方、メールかコメントで助けてくれると嬉しいかも。ごめんカッコつけた、教えてくださいませ、お願いします

*とりあえず前節の結果も含めたレポートは明日か明後日(PCの調子が良ければ)で、後は又レポート。又UCL出来なかったなぁ。それともしかしたらアドレスが変わるかも知れません。「ココログフリー」なるものが出たらしく、現在@nifty会員にわざわざなって「ココログベーシック」を使ってる意義を見いだせなくなったので。しかも今と同じような感じで出来るみたいだし(重くなるかも知れないけど)、それならって言うことで。ただものぐさなのでやらないかも知れませんが、一応予定です。

|

« This is F.Marism@J1 第32節 アントラーズ vs Fマリノス | Main | 劇弾と、課題と@J1 第33節 Fマリノス vs セレッソ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/7321210

Listed below are links to weblogs that reference 終わりよければすべてよし@J1 第33節 Preview:

» 今日はセレッソ戦 By千春 [Oh! Really? 〜with soccer life〜]
親が朝から新鮮な魚をゲッチュ−するために日帰りで青森に飛んで行っちゃったので自由気ままになり、テスト2日前になってテンションかなりおかしくなっている千春です(笑)昨日も未央に用事があって電話をしてたらいつの間にか電話越しに二人で歌ってました(爆)かなりメ....... [Read More]

Tracked on November 26, 2005 at 02:10 PM

« This is F.Marism@J1 第32節 アントラーズ vs Fマリノス | Main | 劇弾と、課題と@J1 第33節 Fマリノス vs セレッソ »