« 最終局面な優勝争いを占う。 | Main | 酷なゲーム@J1 第30節 ヴェルディ vs セレッソ »

November 12, 2005

迫る終局、それぞれの目線@J1 第30節 Preview

と言うことで、明日からJが帰って参りますよ(間違えて日程覚えてた人が言う事じゃない)、ここからが面白いですよ(多分)と言うことで変なテンションで入ってみたけど、いつも通りプレビューです。30節・・・早いねぇ。と言うことで行けなくて、見れるのは水曜日といういわく付きのエスパ戦、後は優勝争いの大一番をPrev!(あっ、だめだ、このテンション持たない)

J.League Division1 第30節

11/12 16:00KickOff/エスパルス vs Fマリノス @日本平「甘い罠に気を付けて」
F.Marinos         S-Pulse
   久保  坂田       マルキ チョ・ジェジン
     山瀬功      兵働        太田圭
ドゥトラ       隼磨    枝村  高木和
    奥  上野     山西         市川
  河合 松田 中澤     森岡  青山
      榎哲           西部

まず、この試合に向けての周辺状況を整理。マリの方は、ご存じの通り達也が天皇杯(の試合前練習)にて小指を骨折して離脱、その穴を埋めるのは哲也。他は・・・・特にないかな?山瀬がブロック注射を遅らせて頑張ってくれる模様だけど、この時期に無理をさせる意味があるのか疑問だったり。エスパの方は斉藤が出場停止、グラ戦でゴールを決めたルーキー青山がスタメン起用濃厚。他は・・・・特に欠場者はいない模様。布陣が妙にフレッシュ(ルーキー3枚)。健太も若手好き(使わざるを得ないというのもあるのかも知れないけど)

エスパは、降格争いや(正確に書くとしたら入れ替え戦争い)日本平でのリーグ戦100勝がリーチのまま止まっている状況もあるので、非常にモチベーション高く試合に入ってきそうですね。前も書いたけどエスパに関してはあんまりグダグダな試合に当たってないので非常に印象は良いです。中盤でのプレッシングの意識が高く、ボールを奪ったら、トップを起点にワイドに展開するカウンターのスピードは何故こんなに沈んでるのか分からないほど。特に太田の高い切り替え意識とスピードは脅威。相手にしたらかなり嫌な相手なのかなと。と言うことで簡単にポイントを絞って。

・ポゼッションという名の甘い罠。

実際、明日の試合でポゼッションを握る可能性が強いのはFマリの方でしょう。エスパとしてはゆったりとボールを持って、と言うより、主眼に置くのは早い展開からサイドに空くスペースを突きたいという意図を持っていると思うので。

ただポゼッションを握れることが有利かどうかというのは、現代サッカーの摂理、有利とは言えません。沢山の選手がポゼッションからの崩しのために高いポジショニングを取り、オリジナルポジションを崩すことを余儀なくされる。それは逆説的に相手にスペースを与え、そのスペースを使って寄り効率的に攻撃することが可能になるということでもありますから。で、Fマリのサッカーは、ボールを何とか繋ぎながら、サイドを突破口に何とかこじ開ける形が多いです。まあ、完成度云々は置いておいてポゼッション型と言えるかも知れませんね(長いボールもそうだけど、最近は一時よりは減ってきたかな)まあそのキーとなる両アウトサイドは高い位置を取らざるを得ない訳ですが、その裏をエスパは狙っているのかなと。

対策として考えるのは2つ。

1.両サイドがそれを警戒してポジションを上げず、スペースケアを重視誌ながらプレーする。

2.中盤での軽率なミスを極限まで減らし、しっかりと良い形を作ってフィニッシュ(又はそれに近い形)に持って行く。

実際1を選択した時、今のFマリノスは本当に攻撃パターンが限られてくるでしょうし、2を求めるのは多分難しい。ただ、両サイドは高い位置を取りながらプレーすることを容認するとなれば、そのスペースを突かれることを想定に入れながら試合を運び必要性が出てくるのかなと。

対策としては、DFがマークを受け渡しながらポジションをずらしてスペースを埋めること、両サイドが上がった時にボランチがスペースケアを意識しながらプレーすることかなぁと。まあ3-4の布陣時には当たり前の事なのですが、それをしっかりとやっていってほしいなと。

ここのところジェフのことを沢山書いていたので、リスクと言うことを考えるのですが、Fマリノスもそういう意識はこれから必要になってくる。今回は相手のナイフがちらつく中で、どのようにリスクを掛けていくのか、試金石となりそうです。

補足:)基本的にリスクを冒すということが強調されていますが、そればっかりをやればいいわけじゃない。リスクを取るタイミングだったり、リスクを冒すことを前提にしたサッカーの進め方だったり、それを埋めるリスクマネジメントだったりと、沢山のことをしていく必要があると思っています。Fマリノスは慎重主義ですが(スクランブル時除く)、リスク自体は冒していると思う(両サイドの高いポジショニング以外にもボランチの攻撃参加とかね)ただ、そこにかなり無理があったり、危うい形だったりというのが多く、そこが実らないから苦しくなる。

まあ何が良くて、何が悪いというのは結果論的な要素が強いのですけど、例えばボランチのバックパスマシンになるようなプレーはもっとリスクを冒す必要があるし、ボランチのポジションブレイクとかは慎重さや自重することも必要だったり。まあそのさじ加減というのを学ぶ必要はあると感じています。

まあこんな感じでしょうか。まあショートカウンターに注目しましたが、マルキの幅広い動きからの局面打開だったり、ルーキー枝村の展開力+攻撃参加(多分意図的に高めの位置を獲らせると思う)も怖いところ。ガンバリョッタは勘弁。まずは、失点を削る。そしてドラゴンのリーグ戦初ゴールで勝てたらいいなぁと。

ということでまず一段落。

11/12 16:00KickOff/ガンバ vs レッズ@万博「絶たれるか、繋がるか」
Gamba            Reds
  アラウージョ 大黒        マリッチ
  フェルナンジーニョ      長谷部  ポンテ
二川         松下 アレックス        永井
    遠藤保 橋本        酒井  山田暢
 実吉 シジクレイ 入江  堀之内 トゥーリオ 坪井
      藤ヶ谷             山岸

大一番です、どちらにとっても。レッズは先ほども書きましたが、わかりやすいですね。ここで落としたら完全に望みは絶たれる。じゃあ、ガンバは?と言うと、負けても可能性は残る。けど、リーグ戦の連敗からナビスコ決勝、天皇杯でもその悪い流れを断ち切るとまでは至らなかった。ここで負けてしまうと完全に悪い流れに浸かってしまう。そして相手に勢いを与えてしまう。ということでガンバにとっても非常に大事な試合で、大一番なのかなと。

両チームとも非常に攻撃に特徴を持っているチームですが、抑えどころを抑えられるのかというのが大きな勝負の分かれどころ。その辺を簡単に。

・レッズが抑えるべきは、アタッキングトライアングル。

まあこれはガンバと当たる相手はどこもその対策を迫られる訳ですが、レッズのDF陣が何処まで大黒・アラウ・フェルのトライアングルを抑えられるかというのがポイントでしょうね。僕のレッズ守備陣に対しての評価は結構低いです。と言うのも、レッズには人的な穴がある。そしてそれが、ある程度見えているから。それは、もうおわかりかも知れませんがトゥーリオ。彼は非常に質の高い選手ですが、彼の守備は好戦的すぎる。自分の守備能力や体躯、プレーサークルに自信があるから、インターセプトや博打的なアプローチを好んでに狙うけれど、それが時には大きな穴となる。

そこを突かれたのが、記憶に新しいフロンターレ戦。マルクスの技巧、ジュニーニョのクイックネスが頭にありながら、アプローチに行ってはかわされ、DFのズレを生む。勿論彼らが素晴らしかったと言うのはあるけど、ガンバの選手達も質が高いのは言うまでもないこと。こういう守備を"わざと"引き出し、穴を作ろうとする可能性さえある狡猾な相手に対し、しっかりと"3人"で守れるかどうか。連携面では修正されているという情報もありますが、まだまだ完全フィットとはいかないはず。待ちの姿勢で、穴を開けない守備をしていった方が失点の可能性を削れると僕は感じています。

・ガンバが抑えるべきはマリッチ。

これに関しては簡潔に。ナビスコ決勝で巻の存在感を消して、ジェフの機能性をダウンさせたように、マリッチをシジクレイを中心としたDFが消せるかどうか。勿論DFだけでなく、中盤のアプローチ含めてですけど。マリッチはゴールも獲っているけど、潰れたり、深い位置で起点となったりしてレッズの攻撃陣を支えている。そこを抑えられれば、レッズの攻撃は機能性がダウンして、難しくさせることが出来るのかなと。

まあポンテも怖いけど、一人で活きる選手じゃない。突破型のアタッカーも永井がサイドに入ったことで最前線にはいない。フィニッシャーであり、又シャドーを活かすマリッチを消すことで、ガンバは守備から主導権を握れる可能性はあるかも知れない。

と言うことでちょっとガンバ寄りなプレビューだけど、個人的にはレッズ有利と見てます。と言うのも永井とアレックスが良いから。永井が二川の裏を突いて仕掛けることで主導権を引き寄せ(永井の速いクロスとマリッチの相性は抜群)、アレックスがポジションを崩して中にも来る。相手をパニックに追い込めば、一番怖いポンテやマリッチもずれてくる。そして何より、ガンバには疲労の魔の手が・・・。レッズはまたとないチャンスだと思うので、それを手に出来るかどうか、注目ですね。

と言うことでその他の試合。
11/12 14:00KickOff/ヴェルディ vs セレッソ@味スタ「崖っぷちと、正念場と」

11/12 14:00KickOff/アルビ vs レイソル@ビッグスワン「インターバルの恩恵はあるか」

11/12 16:00KickOff/鹿島 vs FC東京@カシマ「1枚目のキャスティングボード」

11/12 16:00KickOff/ジェフ vs ジュビロ@フクアリ「色々あって、負けられない!」

11/12 16:00KickOff/アルディージャ vs グラ@埼玉「恐るべき中位力?いやいやそれどころじゃ・・・。」

11/12 16:00KickOff/ふろん太 vs 楽天@等々力「みんなのジュニ&マルクス@FS」

11/12 16:00KickOff/サンフレ vs トリ@ビッグアーチ「2週間の効果はいかに」

と言うことで色々書きましたが、さてさて。優勝争いも注目ですが、降格争いも注目。ヴェルディもここで勝たなきゃ本当にきつい。ただ、相手がセレッソ(手負い)。ちょっと難しい試合になりそう。とにかく終局に向かって、各々のチームとも見ている部分は違うと思いますが、そのモチベーションの差だったりと言うのも影響し始めるのが今節かも知れませんね。

もうどれを見て良いのか分からないけど、僕は今週はPO中心なのであしからず。勿論Jもやりますけどね。と言うことで今日はここまでです。

*つか、行けない。試合見れない。でも、ネタバレ防止を水曜まで続けるのはいくら何でも無理。まああんまり気を使わないタイプなので別に良いけど。

*まあいいや、とにかく自分のすべき事をやりますよ。もう少し。

|

« 最終局面な優勝争いを占う。 | Main | 酷なゲーム@J1 第30節 ヴェルディ vs セレッソ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/7050729

Listed below are links to weblogs that reference 迫る終局、それぞれの目線@J1 第30節 Preview:

« 最終局面な優勝争いを占う。 | Main | 酷なゲーム@J1 第30節 ヴェルディ vs セレッソ »