« ごめんなさいなここのところの更新情報。 | Main | 好調をもたらす知将のタスク@J1 第28節 総括 »

October 27, 2005

Shunsuke Nakamura attached color by fantastic kick in the fantastic performance!

よっしゃー!俊輔のFKがようやくようやく入った~!てゆうかセルティック自体今シーズン最高のパフォーマンスで、段々ストラカンのやりたいことがピッチで表現出来るようになってきたかな?ペトロフは神だね。と言うことで久々セルティックの試合レポート。

Scotland Premier League 2005-2006 Day-12
Celtic 5-0 Motherwell @ Celtic Park
Celtic:14'&23'&79'S.Petrov 17'S.Maloney 67'S.Nakamura

セルティックスタメン:GKボルツ"完全移籍"、DFバルデ、マクマナス、テルファー、カマラ"笑"(→59'ウォレス)、MF中村俊輔、レノン、S.ペトロフ"神"、マロニー、FWC.ビーティー(→63'J.ハートソン"軍曹")、サットン(→83'マクギーティ)

と言うことで雑感更新。

・前回の対戦は開幕節。UCL予備予選でアルトメディアに5-0で叩かれた後の試合。ハートソン軍曹が前半だけでハットトリックしたものの、後半には逆転されるという序盤の不安定なチーム状況を表すかのような展開だったものの、結局終了間際のビーティーのゴールでドロー(4-4)に持ち込んだ。攻撃力はある相手なのかも。

・セルティックは4-4-2のフラットな感じでスタート。ただ攻撃時にはかなりポジションブレイクをしながら細かいパスを繋ぐ。マザーウェルのDFはほとんど取り所を見つけられない感じ。それくらいテンポが早い=サポートに入れる距離にいると言う感じで距離感が良いのかも。近すぎる感じはあるけど。

・で、いきなりペトロフの素晴らしい飛び出しが活きる!左サイドで作ってペトロフ→楔・サットン→ダイレクト落とし・マロニー→飛びだしたところにスルーパス・ペトロフと繋がってゴール!俊輔は絡めなかったけど、テンポの速いパスとダイナミズムの融合したゴールは素晴らしかった。

・何か覚醒したように細かいパスと選手の動きが噛み合う。そして2点目も華麗なダイレクトパスの繋ぎから。今度は右サイドからバルデ→ペトロフ→俊輔→ペトロフ→サットン→俊輔と繋がって、右サイドに空いたスペースに出ていたビーティーへ流し込むとファーへクロス、これがマロニーに繋がってワントラップ、落ち着いてゴール!

・おかしい、僕の見てたセルティックじゃない。ダイレクトパスの流れから(サットンは2タッチだけど)速いテンポで良い流れを作るためのランニングがチーム全体に波及していて、それが活きてそのまま崩し切っちゃった。ほとんどダイレクト(フィニッシュでマロニーがトラップしたぐらい)で本当に素敵ゴール。

・俊輔に関しては一つプレーした後に切らずに、そのままランニングを続けてポストの後のレシーバーとなるような意識があったこと、これが良かった。サットンがスムーズに落とせる距離に走っていたことで流れを切らずに受けれて、その後は丁寧なパスでイイクロスをお膳立てするボールを出せた訳だから。そういう意味では絡むためのランニングというのは大事だね。その意識を持ち続けることが大切。

・それにしてもこのシーンでも起点となっているペトロフが、絡んだ後にそのままゴール前まで行っているし、彼がゴールを獲れている訳が分かるね。そういう意味では俊輔もこういうプレーを見習って、ゴールの獲れる位置まで顔を出すプレーが出来る様になるといいなと(俊輔も入る意識はあると思う、ただ浅かったり、最高速で入っていったりはしてない。このシーンに関してはタイミング的に無理だけどね)序盤からハートソンを活かしたプレーだったり、俊輔が活きる流れだったりと、色々な顔が見えたけど、ストラカンのサッカーを表現するのは、ペトロフなんだろうね。

・それと2つのゴールの起点となったサットンのポストアップも褒めとこう(笑)一点目のアシストに繋がるポストアップがサットンだったのですが、かなり狭いスペースで流れながらダイレクトで、マロニーの動きに合わせて落としたプレーは、そのボールプレー自体も良かったんだけど、ペトロフが飛び込んだスペースを作ったのはサットンが外に流れたからと言うことになる訳で、そういう意味でも貢献度は高い。で、2点目の方のポストアップは、ペトロフの楔を受けてのプレーだったんだけど、俊輔が走ってくるタイミングをうまく計った気の利いたいいプレーだった。良いタイミングで顔出すし、動きの幅も軍曹よりはあるから、細かいパスサッカーの中でのポストマンとしては結構イイかも。勿論強いしね。まあ軍曹は今ゴタゴタしてるから、その分サットンには頑張って欲しい。

・セルティックは止まらない。サイドからの展開でクロスのこぼれ球をマロニー→ビーティーと繋がったところで、ファーストタッチが流れたところに神出鬼没!ペトロフがズバッと飛び込んできてミドルシュート!これが抜群のコースに飛んでナイスシュート!うーん、何かセルティックが覚醒してるよ。ママン。

・結局前半は3-0。チームの出来が良すぎて俊輔の出来云々はねぇ。少し流れに乗り切れていない部分も感じたけど、それでも所々でいいプレーはあるし、今日はとりあえず大丈夫かな。

・最近の俊輔は後半になると、それなりに好転する。テンポのあるショートパス中心の攻撃の中で、一発サイドチェンジでリズムを変えたりと、アクセントとなるプレーは周囲がよく見えてる証拠。そのフィードも最上級で、マロニーのシュートチャンスを引き出しちゃったりと、うん、イイよ。

・そしてFKチャンス!25mぐらいのちょっと右よりセンター。ペトロフ、マロニーも蹴りたそうにしてたけど、蹴ったのは俊輔!キター!!!!!!!ファンタスティック!!!SPL2点目!記念すべきFK一発目!!チームメイトから祝福されて笑顔笑顔笑顔。苦労が報われたと言う感じらしい。

・まあ久々に当たった!って感じのキックだったねぇ。(読みがない状態で、スタンダードなポジショニングだったら)絶対に触れない高さからグーッと落ちて曲がるキックで右サイドネットに突き刺さるキック。ファンタスティック!これだけで価値は十分だろ。

・俊輔の場合はこのキックをコンスタントに蹴る事が出来れば、もっとゴールの確率は上がると思うんだよね。世界最高峰のフリーキッカー(ベカムさんとかジュニーニョ・ベルナンブカーノとかミハミハとか)は凄いキックを蹴るのは勿論、ジャストフィットのキックを確率高く蹴ることが出来るというのもあると思う。そういう意味ではこういうのもっと見たいぞ。それにしてもファンタスティック!!!

・まあこの後もう一発あったけど(俊輔の左アウトでの楔→サットンが背負った状態で流そうとしたみたいだけど、触れず→そこに反応していたペトロフが又も神出鬼没に飛びだし!しっかり決めてハット!)、このゲームはお腹一杯。5-0、今シーズンのセルティック最高のゲームだったのは間違いなし。

まあ相手云々は別にして(実際この試合みたいに人も動くし、テンポ良くボールが回ったら取り所を定められず、崩されても仕方ないと思うよ。敵ながら)ストラカンがやりたいサッカーが、ようやく結実し始めたのかも知れませんね。

速いテンポの中でボールを動かす。それを可能とするために人も意識高く動く(しかも距離感とサポートの意識が高い、パス&ランの意識も良くなってた)そして、人が動くことによって生まれるスペースをフリーランニングで活かす。そしてそこをタイミング良く活かす。今までとは正反対のスペクタクルなパスサッカーという感じかな?

相手が引いてくることは分かっているのだから、それを崩す手法をチームとして持つ。まあ言うのは簡単だけど、やろうとすると難しいのは周知の事実。それをセルティックが出来るとはね、実際やってるんだからびっくりしたの。スペシャルなスキルを持っているトンプソンやハートソンがスタメンに頼らなくても崩せるというのは頼もしい(勿論彼らの力が必要なる時は来ると思うけどね)

まあ格下(ハーツとレンジャース以外全部格下だけど)相手にこういうサッカーをしてたらまず負けないと思う。正直なところ、どんなサッカーをしようとそうそう負けないとは思うけど(取りこぼしがないしね、レンジャースと違って。にやにや。え?UCL?知らん)、こういうやり方を選択肢として持っているというのはとても良いことだと思う。

今後を考えると、こういう高質のサッカーをハーツやレンジャース相手にも出来るように、と言うのが課題ですな。やっぱり攻めっぱなしと言うことにもならないし、よりプレッシャーも強い。その中でもリアリズム志向に走りすぎず、こういうサッカーが表現出来るようになれば、勝てる可能性も高まるのかなと。

俊輔は案外イイチームに来たかも知れない(最初は大丈夫かなと思ってたし、今でも不安な要素がない訳じゃないけど)俊輔に足りない要素を補完してくれるタスクを選択してくれたという意味で。この場合少しでも意識が減退したら、なかなか機能しなくなると思うし、そういう意味では強くオフ・ザ・ボールの意識が高まるのかなと。

とにかくこのサッカーを突き詰めながら、結果を残し続けてハーツを追撃!ですね。久々に気持ちいい試合が見れました!と言うことでとりあえずここまで。

*出来ればもう一個上げたい。出来なかったらごめんなさい。

|

« ごめんなさいなここのところの更新情報。 | Main | 好調をもたらす知将のタスク@J1 第28節 総括 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/6690151

Listed below are links to weblogs that reference Shunsuke Nakamura attached color by fantastic kick in the fantastic performance!:

» 中田と中村 [カーライフクリエイターが教える!!あなたのカーライフを100倍楽しく!100倍お得にする方法 ブログ編]
■2005年10月29日 セルティックの中村俊輔が見事としかいいようのないFKを決めた! そして、前節の中田もプレミア初得点となるFKを決めた!! 日本人サッカー選手が、海外で活躍するようになったが、この2人は他の日本人選手の活躍よりも、はるかに....... [Read More]

Tracked on October 29, 2005 at 03:26 PM

« ごめんなさいなここのところの更新情報。 | Main | 好調をもたらす知将のタスク@J1 第28節 総括 »