« 修正と、追憶と@東欧遠征 vsウクライナ Preview | Main | World Cup Qualify Digest@Europe »

October 13, 2005

Lost the Game.@東欧遠征 vsウクライナ 完全版

(追記修正版です)
はいはい、何の恨みがあるのか知らないけど、あの審判最悪。何でって?貴重なテストマッチ(フルメンバーではないけど、ホームだったり、モチベーションが高かったりと、かなり激しく来てくれていい相手だった。やっぱりいいチームだねぇ。構成力の低さは感じたけど、前にいい選手がいればやっぱり勝てるチームだよ)が壊されたから。勝ち負け云々よりもそれが勿体ない。色々と沢山のものが分かるゲームになりそうだったのに(わかったこともあるけどさ)

Ukraine 1-0 Japan @ Kiev Olympic Stadium, Kiev
Ukraine:90'pA.Gusin

日本スタメン:GK川口能活、DF駒野友一、坪井慶介(→90'+2'大久保嘉人)、茂庭照幸、三都主アレサンドロ(→68'村井慎二)、MF中田浩二(53'レッドカード)、中田英寿、稲本潤一、中村俊輔(→69松井大輔)、FW柳沢敦(→57'箕輪義信"祝・初Cap!")、高原直泰(→46'鈴木隆行)

ウクライナスタメン:GKスタルツェフ、DFネスマチニー、バシュチュク、ヤツェンコ、シェライェフ(→46'ラドチェンコ)、MFティモシュチュク(→65'マクシモフ)、フシン、シシュチェンコ(→46'ロタン)、リクン(→46'ナザレンコ→90'+2'グセフ)、FWボロベイ、ベリク(→46'ベングリンスキー)

前半
両チームとも非常に激しい玉際でのアプローチをし、締まった展開になる。

序盤、日本は楔こそFWの動きの良さと出し手の技術力で入るものの、サポートの遅さと激しいチャージの前に繋げることが出来ずなかなか攻撃のとっかかりが掴めない。逆にウクライナはその激しいチャージでボールを奪うと、一気にチーム全体でスピードを上げ、多くの選手が攻撃に参加して日本を混乱させる。しかし逆に日本もウォッチすることなく、最後まで付いていく事で穴を開けない。しかし、ペースを掴んだのはウクライナ。守備において一抹(どころじゃないけど)の不安のある左サイドを突破口に、局面打開からチャンスを作る。ボロベイが左に流れたり、シェライェフもかなり積極的に上がってくる感じで苦しめられるが、中の粘りや精度のなさにも助けられ難を逃れる。

ここまでカウンター以外になかなか攻め手の掴めなかった日本でしたが(そのカウンターも鋭さを感じるもの。中盤での巧い繋ぎから縦への突破、そしてFWの意識の高いフリーランを活かす形。FWコンビの意思疎通の良さを活かしたものも)、少しずつウクライナのプレッシャーに慣れたか、ボールが回るようになる。個々の技術で作り出したギャップからフリーマンを作り、そのフリーマンからの展開でいい攻撃の形を作り出す。ヒデのサイドチェンジから左のスペースに出た俊輔に繋がったり(クロスは繋がらず)、柳沢が深い位置で起点を作りそこからの展開など悪くない(そのまま仕掛けて打っても良い)しかしこちらも最後の所では激しく来られたこともあって、良い形でのフィニッシュとまでは行かず。

この後両チームとも攻守の切り替えの意識高く、非常に痺れる展開の中で攻め合う。日本はサイドにフリーマンを作ってクロスからチャンスを迎えるものの決めきれず(速い展開から高原が中央で進めて、右にオーバーラップした俊輔を使うとそのままクロスを上げ、突っこんだ高原がオーバーヘッドを狙うものの合わせきれず。もう一個スローインの展開からアレックスのクロスは大外柳沢へ、落としたボールはペナ外で待ち受けるヒデの元へ、これをダイレクトで叩くもののシュートはDFに当たる)逆にウクライナは一瞬の鋭さ。中央楔からの展開、ポストに入ったボロベイがダイレクトプレーで巧く流し、緩いマークの間隙を縫ってセンターに張っていたベリクが抜け出す。しかし完全フリーの1vs1ながら枠を外して事なきを得る。結局前半は0-0。

後半
ウクライナは一気に4枚替え(ユース世代で結果を残してるロタンも入った、ただシェライェフが下がっちゃった。苦労してたからもっとやって欲しかったのに)、日本は(血迷ったか)高原に変えて鈴木を投入。まあこれで悪くなったとは言いたくないけど、前線で二人が意識し合うようなポジショニングもコンビネーションもなくなり、又期待されているようなポストアップも出来ずに、攻撃はほぼカウンターに限定されてしまう。

そして開始早々の50分過ぎ、このゲームの大きなターニングポイント、試合開始早々匂ってはいたけど今日の主審(ラトビア人)は同胞のよしみか妙にウクライナ寄り、その中で中田浩二のスライディングタックルがアフター気味にロタンの足を狩り、それに対して一発レッド。まあ裁定としては間違っていないけど、テストマッチな事、雨でピッチが濡れていたこと、ヒデや俊輔がああいうタックルで足を狩られた時にカードが出ないどころかファールさえ獲っていなかったことを考えると「やっぱり」というキモチになってしまいました。

これでゲームは完全にバランスが崩れ、ウクライナが一方的に攻める展開。これに拍車を掛けたのが柳沢から箕輪に代えたこと。これで前線のターゲットが一枚となり、そのターゲットのポジショニングの意識も相まって収まらないため、前線で時間が作れずほとんど攻撃に出れなくなる。それでも、守勢の中でMFも献身的に人に付いていくことで何とかボールサイドでのアプローチに穴が開くのを防ぎ(勿論多少緩いシーン、つききれなかったシーンもあり)、又中央は箕輪が入ったことで更に厚くなったこともあって(必要以上に人を裂いていた気がしなくもないけど)失点を許さない。

守勢な日本は長い距離を走りすぎて消耗した俊輔に代えて松井、判定に文句を言った後にミスをし、それが又荒れる原因になってヒデにたしなめられるなど相変わらず精神的な粗さが見えたアレックスに代えて村井を入れてフレッシュにする。これで少しチームが立て直されて(両サイドがベタ引きにならずに活性化。スペースに出て行くことで攻撃の選択肢となった。)ヒデの逞しいプレーを核にカウンターを仕掛ける。駒野がスペースへのパスを受けて1vs1を仕掛けてクロスを上げたりと、ようやく攻めのシーンが見られるようになる。

しかし相変わらずのウクライナの猛攻が前提。崩せないと見ると、長いレンジから強烈なシュートが飛んできたりと冷や冷やするシーンも(ラザレンコのシュートは何とか3人が滑ってはじき返すものの、そのリフレクションをフシンが拾ってシュート!DFを抜けて能活の反応も及ばず、しかしこのシュートがバー、それでも終わらず強烈な跳ね返りを自ら競って拾うと完全に前が開く、完全フリーでの1vs1となって柔らかいシュートで狙ったものの枠を捉えきれずに決定機逸)。

そんな苦しい中、残り数分という所で不可解な判定。右からのクロスは駒野の足に当たって中に、そのボールをバックヘッドで繋がれたものの、箕輪が一足早くボールに触ってクリアするが、この競り合いの中でのコンタクトにファール。これがPKとなり、このPKをグシンが落ち着いて沈めてこれが決勝点。前半こそいいテストマッチだったものの、おかしな思惑の中でゲームが壊れて非常に勿体ないゲームとなってしまい、しかも粘りもむなしく敗れてしまいました。

ゲームとしては終始強烈なプレスと切り替え意識に一律の長のあったウクライナのペースで、チームとしても誰が誰を見るのかのような混乱もあってかなり苦しいゲームだったと思う。ただ、これを11人で最後までやってその上での結果・過程が見たかった。まあ沢山課題も出たし、修正の後も見えた。簡単に書けば、

・やろうと思えば出来る守りを基盤にした試合運び

・その中で守りに意識が行き過ぎてしまい攻めを捨ててしまう姿勢

・それでもイイボールの動かし方をして前に持ってこれれば個の技術力と高いフリーランニングの意識で良い形を作ることが出来ること

こんな感じでなかなか興味深い要素が見えていました。しかし、あの退場から一気にゲームが壊れたのは重ね重ね残念。まあ考え方によっては、退場者が出た時のトレーニングが出来たという事も考えられますけど、それよりもまずしなければならないことはある状況では(11人でチームを詰めていく事)ありがたいとさえ思えない。まあ課題としてもう一個出たということになるんだろうけど(トレーニングの必要性はある)。でも選手達はそれなりに個々が成長しているんだなぁと改めて感じた試合でもありました。(と言うことでここから下、追記分)

・献身が生む抑止力の低下、常に攻撃の意識を持つ必要性。

この試合、相手の決定機逸に助けられたり、最後に不可解な判定でPKから失点こそしたものの、ディフェンスは非常に良く粘っていたと思います。沢山の選手が攻撃に参加してくるウクライナに対して俊輔や柳沢までが最終ラインを追い越してマークに付いていた事を見ても、守備の意識の高さが表れていたと思います。しかし、しっかりと守っていた事に関しては評価されるべき事なのかも知れませんが、実際そんなにチームとして効果的だったかといえばそうではありません。

勿論守備をないがしろにしろという訳ではありませんが、相手を見ることに手一杯になってしまい、攻めることがなかなか難しくなっていた訳で、それでは効果的に相手が上がってきた裏を巧く取ることも出来なかった。逆説的ではありますが、効果的なカウンターが生み出せなかったことで相手がより思い切りよく奔放な攻撃を許してしまったのかなと。自分たちの攻撃が脅威となり得ておらず、抑止力となり得ていなかったということ。

実際、俊輔や柳沢が相手のアタッキングサードまで下がってしまえば、高い位置に高原(鈴木)が取り残され、そこから裏を取るようなカウンターというのは非常に難しい。前半に置いてはヒデや俊輔、稲本などの巧みな技術とパスワークで巧く中盤を抜けて速い攻撃こそ出来てしましたが、それでも相手を後手に陥らせるような攻撃にならなかったのも、高い位置を維持していないために上がるだけの時間を作らなければならないし、起点も自ずと低い位置になり、相手の中盤のアプローチを抜ける手間が余計に掛かってしまっている。じゃあどうしたらいいかというと、答えは簡単、守備をしすぎないこと。彼らに負担の掛からない安定した守備をすることです。

守備をしすぎないというのは勿論アタッカー、そしてオフェンシブハーフに対しての事。後ろが信用出来ないとか、チームタスクへの責務というのはあるのかも知れませんが、そこをグッとこらえて下がりすぎずに前に残る(具体的に言えば相手のアタッキング・サードまで落ちない)前に残ることで、高い位置でカウンターの起点となるプレーをするわけですが、守備をしない分の運動量と意識をポジショニングへ向ける。ボール奪取の瞬間に動き出しを始めて良いポジションでフリーとなっていれば、高い位置で起点が出来るだろうし、カウンターもよりスムーズに、そしてスピーディーに入っていけるのかなと。

オフェンシブハーフに関しては、守備の負担も免除される訳じゃないのは重々承知、でボランチが上がってきた時にはやっぱり付いていく必要がある時があると思います。その時には(この試合であれば)獲れそうな瞬間にボールサイドとは逆のCMFがポジションを上げたりと、ローテーションするなどの工夫をしていくことも良いかも知れませんね。

ただそうはいっても、実際彼らが守備をしないで良いだけの安定した守備を構築するというのが先なのかも知れませんね。でも普通に思うと、適正なポジショニングバランスを掛けていれば3人の選手に守備をある程度免除することは可能だったのかなとも思わなくありません。4枚のDF、3枚のMF=計7枚の選手が低い位置にいる訳で、プレスに行くのか、後ろでブロックを作るのかは別にして、このラインが連動して守っていればもう少し巧く守れたのかなぁと。

まあこの試合では中盤がかなりきつめにプレッシャー掛けていってたのですが、そこにDFラインの押し上げがなかったり(逆説的に言えば低めにラインを設定しているのに、ボールを取りに行ってゾーンに穴を開けてしまうとも言える)と連動しない守備だと、余り効果的ではなく、ボールの取り所が定まらず、人を掛けても奪えずに前の選手まで下げて人海戦術的な守り方でしか守ることが出来ないというのもうなずけますけどね。まあこれに関しては(まあ新たな組み合わせで詰め切れていないという部分があるにしても)どこにチームの基準点を置くのかという部分が未だに不徹底な証明な感じですが、この辺はこれからの短い時間の中で何とか着地点を見つけて欲しいです。そして攻撃に繋がる守備というのを形どって欲しいなと。

まあ、攻撃構築というか個でギャップを作ったり、長いボールの精度、フリーランニングの意識等々悲観すべきものではありません。だからこそ、その力を巧く活かすための準備という野が必要なのかなと感じました。まあそれはカウンターだけに限らず、遅攻におけるビルドアップにしてもそうですけどね。まあ全てが繋がってるので、一つ一つ解決していって欲しい所です。

・で、選手評。長くなっちゃったので簡単に。

川口能活(ジュビロ)→PKに関してはもうどうしようもない。強風の中で変化するボールを巧く処理したり、度々こぼれて大ピンチになるシーンでも速い反応でプレッシャーを掛けたシュートミスを誘ったりと、悪いプレーではなかった。経験のないDFラインに対しての声で押し上げを促して欲しかったけど・・・・。

駒野友一(サンフレ)→前半は完全に自重モード、試合通じて自由に動かれるアタッカーに引きつけられて絞りすぎてサイドのスペースを空けすぎ、MF陣のカバーを必要とするような守り方をしてしまったのは残念。ただ、退場者が出て苦しい中で、村井の投入から両サイドのバランスが取れたこともあって非常にアグレッシブに上がって攻撃の選択肢の一翼を担ったりと逞しさも。ヒデとはタイミングが合ってきた。安定している対人能力を考えると継続してみてみたい。

坪井慶介(レッズ)→久々に存在感あるプレーで、粘りある守備に貢献。4枚、3枚と変更しても浅い経験のDFラインを引っ張って、守りに関してはほぼパーフェクト(あのダイレクトからの1vs1を許したシーンぐらいかな?)スピード感も感じたし、ようやく長期の不調から抜け出す傾向があるのかも。ただ中盤と連動するラインコントロール(これはスタメンでも・・・)やビルドアップは物足りない。この辺がスタメンとの差か。これはチームメイトのトゥーリオの積極性を見習いたい。

茂庭照幸(FC東京)→2戦連続スタメンフル出場、安定したプレーで後ろを支えた。もう少し前への良さが出てくれば良かったのだけど、それは引きっぱなしな事もあって難しかったかな?余った時にもっと積極的に言っても良い。これは前回と同じ事だけど、ビルドアップとフィードは何とかならないかな・・・・。

三都主アレサンドロ(レッズ)→言うことなし。軽率なスライディングに頼る1vs1で穴となり、劣勢の立役者に。ファールが多く、精神的にも相変わらず不安定っぷりを見せつけ、ここまでの代表の試合での復調の予感を感じさせた攻撃でもその希望を一気に消し去った。服部公太呼ぼうよ、遅いかも知れないけど。

中田浩二(オリンピック・マルセイユ)→退場に関しては気にしない。ただ行かなきゃいけないシーンでもなかったかな。基本的にはゾーンカバーと言うより、周囲の選手に習ってプレッシャーを掛けるシーンがあったけど、巧く挟んだりと悪くなかった。多少行き過ぎでズレズレのシーンを生み出したけど、その辺は周囲との調整次第か。低い位置でのドリブルは巧いけど、やめよう?もっと周りを動かして的確なパスディバイドを見たい(一個ダイレクトミスあったね)

中田英寿(ボルトン・ワンダラーズ)→前半は、バランスを見ながらチームに気を配り、必要な所で顔を出して全速フリーランだったり、サイドチェンジと効果的な動きを見せ、後半数的不利を負ってからのパフォーマンスは圧巻の一言。こういう状況(劣勢)環境(雨・グラウンド重)では抜群の存在感を発揮するのは仕様?縦の高速ドリブルも見れたし、抜群。低めのオリジナルポジションの方が明らかにバランスも良く、チームにも気を配ったりとインテリジェンスも発揮出来るし、毎回こういうのが見たい。

稲本潤一(ウエスト・ブロムウィッチ)→悪くはないけど、何となくプレミアで使われない理由が分かった。切り替えの意識が薄く、前の意識が高すぎてスペースカバーという部分では危機察知能力がイマイチ。しかも食いつきが激しくて見極めが付いていない。そういう意味では周囲との呼吸という意味ではイマイチ。後半、数的不利の中で低めの位置で我慢した事は良かったと思うけど、ここでも入ってきた選手を捕まえるというプレーは苦手なのかなぁと感じた。

中村俊輔(セルティック・グラズゴー)→風邪気味な感じは全く感じさせず、豊富な運動量で攻守に走り、各所で彼らしいクオリティ発揮。高い精度のボールは自信を感じさせるし、溜めてギャップを作ってと周囲との呼吸も合ってきた。フリーランニングの意識の高さは、最も変わった点か。ただ、守備に関しては上記の通りやりすぎ、中盤でならまだしも(挟んだりするのは良いのよ)、バックラインまで下がる必要なし、それならカウンターの準備をして言い攻撃の起点となって欲しい。数的不利と共に守備に忙殺、そして消えたのは致し方ない所。

柳沢敦(メッシーナ)→うーん、動きはきっと良かったと思う、高原とのポジショニングバランスも良い、もっと積極的に行っても良いかな?出来る訳だし。最初に止められたのが慎重に作ろうとした原因かも?後は俊輔と一緒で守備しすぎ。ヤナギが前にいれば相手は怖くて上がってこないと思う(裏への脅威があるからね)

高原直泰(ハンブルガーSV)→身体を張ってポストワークし、ゴール前に飛び込みと、調子自体は悪くなさそうだった。ただ、前戦で孤立しては苦しかった。俊輔からのミドルパスを裏に抜けて胸で受けたシーンはストライカーとしてシュートまで持って行きたかった。高原・柳沢コンビは個人的に良いと思う。互いにポジショニングを意識しながら相互補完の関係でポストと裏、ニアとファーと役割分担が巧くできていると思う。

鈴木隆行(アントラーズ)→数的不利で何かを求めるのは酷な状態だった。が、彼が全く機能しないのは、ポジショニングが悪く、1トップとしての役割を全く理解せずに動き回ってしまうから。せめて予備動作もして欲しいし、パスポイントにも入って欲しい。じゃないと使えない。

箕輪義信(フロンターレ)→祝・初キャップ!でもPKと苦いデビュー。でも気にしちゃダメよ。あれはしょうがない。強さも見せたし、あんまり不安な点も見あたらず、悪くはなかったと思う。でかい身体を横に倒してのダイビングヘッド惜しかった。

村井慎二(ジュビロ)→まあアレックスよりは・・・と言う感じ。ただ、まだいかんせん周囲との呼吸がねぇ。守備に関しては結構見ていて怖い。先に人を捕まえてと言う感じの守備でも良かったかな?駒野もそうだけど、妙に絞ってたんだよねぇ。

松井大輔(ル・マン)→苦しい状態で、動き回って起点を作ろうとしていたけど、いかんせんサポートがなく、なかなか難しかった。でもテクニックの高さ、運動量の多さなどなどでチームを活性化させた。スキルの高さを見せたシーンも。

大久保嘉人(マジョルカ)→運がない_| ̄|○

と言うことでめちゃくちゃ長くなっちゃったけど、まあ嫌な相手だったよね。はっきり言ってもの凄い掴みにくいことを意図的にやってくる相手だなぁと感じた。これで前線に存在感のあるシェバやボロニンがいたらどうなっちゃってたんだろう・・・・でもそっちの方が怖いけど、抑える所は定まって良かったかも(まあそこで抑えられるかどうかは分からないけどね)まあでもやっぱり強いわ、伊達じゃないよ。次はコートジボワール、ドログバやらトゥーレねぇ、来るの?まあいいや、とにかく今回又積み上げた課題を忘れず、次の機会に・・・(いつ?)。何か積みゲー状態になりそう・・・。と言うことで今日はここまでっす。

関連リンク。

ウクライナ戦後 ジーコ監督会見 東欧遠征(スポナビ)
ウクライナ 1-0 日本 日本代表東欧遠征ガイド→選手コメント(All about)
勝敗に一喜一憂することなく(10/12)宇都宮徹壱のリガ・キエフ日記(スポナビ)

|

« 修正と、追憶と@東欧遠征 vsウクライナ Preview | Main | World Cup Qualify Digest@Europe »

Comments

こんばんわ^^
非常に読み応えのある記事で、詳細に渡る分析・考察は勉強になりました。中田浩・箕輪・大久保については、これで出場機会が失われないことを祈ってます^^;
また遊びに来ますね!

Posted by: kazuma | October 14, 2005 at 01:32 AM

kazumaさんこんにちわ。

またまた長くてすいません、短くしようと思ってるのですがついつい。

様々な方の分析を見ていると、このゲームに対してかなり切り口が違って面白いですね。まあこれは僕が思う所なのですが、僕も様々な記事を目にして楽しんでますので、喜んでいただけたなら嬉しいです。

ナカタコに関してはちょっと期待してます。運無いですけど、充分やれる子だと思うので。大久保も運無い_| ̄|○ 箕輪も不運・・・、もう少しやらせてあげたいけどプライオリティは代えられたかちょっと微妙ですね。

コートジボワール戦も海外組を招集するそうですし、楽しみです。ではでは、又お待ちしてま~す。

Posted by: いた | October 14, 2005 at 02:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/6375918

Listed below are links to weblogs that reference Lost the Game.@東欧遠征 vsウクライナ 完全版:

» 日本、ウクライナに0―1で敗北 [[K]こあら日記]
あらら、やっちゃった。何も残らない試合しちゃったね。てか、シェフチェンコいないから何度となく助かってたね。こういう均衡した試合は親善試合とは言えども、先制点取って、結果出さなきゃねasahi.com:日本、ウクライナに0―1で敗北 サッカー国際親善試合 - スポーツ....... [Read More]

Tracked on October 13, 2005 at 04:02 AM

» [試合評]TB [蹴球音痴体系  ◇★◇零式改。◇★◇ ]
    Loose Blogで詳しくウクライナ戦の試合評が展開されています。 http://itaruru.air-nifty.com/looseblog/2005/10/lost_the_game_v_a286.html [Read More]

Tracked on October 13, 2005 at 08:34 AM

» 【サッカー】日本vsウクライナ20051012(総括) [★★誇大妄想BLOG★★]
・・・・・・しばらく言葉が出ませんでした。結果はライブでお伝えした通りです。不可解なPKで点を取られて負けてしまいました。結果だけで判断すると非常に残念です。が、PKがなかったとしても日本に勝利はありませんでした。 ロスタイムに大久保を投入したことは、苦...... [Read More]

Tracked on October 14, 2005 at 01:34 AM

« 修正と、追憶と@東欧遠征 vsウクライナ Preview | Main | World Cup Qualify Digest@Europe »