« World Cup Qualify Digest@Europe | Main | 純然たるクオリティの差@J1 第27節 ヴィッセルvsガンバ »

October 15, 2005

聖地の解放祭@J1 第27節 レッズvsレイソル

かなりJをほったらかしにしてたので今日は頑張っちゃおうかなと。で、いつもと少し趣向を変えて、個別にレポートしてみようかなと。めんどくさかったら多分やめちゃうけど。

J.League Division1 第27節

レッズ 7-0 レイソル@駒場「聖地の解放祭」
Reds:23'ロブソン・ポンテ 49'田中達也 54'&57'&63'トミスラフ・マリッチ 67'酒井友之 89'横山拓也

Reds Official

レッズスタメン:GK都築龍太、DF坪井慶介、堀之内聖、内舘秀樹、MF鈴木啓太、長谷部誠(→74'赤星貴文)、永井雄一郎(→68'横山拓也)、酒井友之、ロブソン・ポンテ、FW田中達也(→60'セルヒオ・エスクデロ)、トミスラフ・マリッチ

レイソルスタメン:GK南雄太、DF薩川了洋、波戸康広(57'黄×2=赤)、土屋征夫、MF明神智和(13'黄×2=赤)、大谷秀和、増田忠俊、平山智規(→41'小林祐三)、クレーベル、FWレイナウド(→69'矢野貴章)、玉田圭司(→61'フランサ)

レッズは上へ見据えて、そしてレイソルは下を見据えてということで、モチベーション的には両チームとも非常に高いと思われるこのゲーム。ただ怪我人、出場停止などを抱えてこのゲームに向けて状態としては万全ではない様子(レッズはトゥーリオ、山田暢久、アレックスが出場停止、レイソルも小林亮が出場停止、明神も怪我を抱えての強行出場)

どちらもポストプレーヤー+ドリブラー+マルチなOMFと言うアタックトライアングル。そして攻撃の狙いとしてもポストを使いながら、スピードのあるアタッカー、飛び出せるOMFを活かすと言うのを感じました。で、序盤うまくそのプレーを表現出来ていたのはレイソルの方。レイナウドが身体の強さと足元の柔らかさをうまく活かして相手を引きつけて、玉ちゃんが飛び出したりしてチャンスを作る(レイナウドが縦の楔を前を向いた状態で受け、足技で小さなためを作り、そこでラインのギャップを獲った玉ちゃんへのスルーパスという形は見事だった。玉ちゃんがボールを足元に入れてしまい、時間が掛かってしまったため、フィニッシュ時に永井のカバーを喰らったのは痛恨)。

逆にレッズの方はマリッチが土屋に付け狙われ、田中との距離感が大きいこともあってなかなかうまくユニット化した攻撃というのは見れない。勿論レイソルの玉際での激しさもあって防いでいたというのもあるのですが、その玉際の激しさが仇となり、明神が3分、13分と立て続けにイエローを受け(13分の方は余り行く必要がないところで行ってしまった、後ろからなぎ倒すようなスライディング)退場となってしまい、これで余りリズムとしては良くなかったレッズが優位に立つ。

それでもレイソルは個々が奔放に動くことでチャンスこそ生み出すものの(これは伏線)、その分後ろは苦しくなり23分、その数的不利が働く形となってレッズに先制点。右サイドに張る永井にボールが出て、そこに合わせる形で田中達也が走り込んで簡単に受け、これで完全にラインは混乱。田中達也はマイナスに流し込んでセンターでフリーとなったポンテがきっちりと決めてゴール。

レイソルとしては上がった中盤が裏を取られ、サイドに展開されたことで3バックがずらされる形となってしまい、飛びだしてきた田中達也の対応には本来センターで余るはずの波戸が釣り出され、そして最終的にはポンテがフリーとなってと、対応が後手後手に陥ってしまった。まあ仕方ないとはいえ、退場して数的不利を背負った後のバランスというのが良くなかったのかなと。

これでレイソルの攻撃のリズムは消え、レッズが試合を完全に掌握。バイタルエリアでポンテがフリーとなったり、取りに行ったところをいなされスペースを突かれてピンチとなったりと、四面楚歌状態に。レッズに有機的なフリーランが出ないこともあって追加点こそ免れたものの、レイソルとしては取り所が定まらず、又守るしか選択肢がない状態で苦しい状態に陥っているままとなってしまった。結局前半は1-0。

前半終了間際に小林祐三(オランダWY世代の方、慶行の弟はさっき書いた通り出場停止)が平山に代わって入ったことで少しはバランスが変わるかなぁと思ってみていた後半。レイソルは前3枚(玉ちゃんをトップに後ろにクレーベルとレイナウドが控えるカウンターシフト)でカウンター、後ろを3-3の並びにして。後ろの3枚はなるべく人を捕まえ、ボランチラインの3枚が収縮しながらアプローチに行くという感じで、狙いははっきりしたかなぁと思ったのですが、レイソルの後ろの2ラインの役割が曖昧になってしまい(下がる対応が多くて、バックラインに吸収されてしまう)、肝心のマーキングが甘い。そしてDFラインの距離が開いたところをスルーパスから田中達也に突かれて追加点を許してしまう(田中達也のフィニッシュは見事、後ろから来たボールをスライディングでファーに流し込んだ、難易度高)

で、この後はレッズの攻撃虐殺ショー。ボールがスムーズに周り、縦の楔→落としからダイレクト→スペース飛び出しという理想的な形で右サイドを崩し、永井が右を突破してダイレクトで折り返すと、これを又もマークの甘い所でマリッチがズバッとヘディングで叩きつけて3点目(永井のクロスはスピードも精度も伴った秀逸なクロス)。これでは終わらず、ポンテの突破をスライディングで止めて2枚目のカードを喰らって波戸が退場。そしてすぐさま又も右サイドから、鋭いクロスをマリッチが相手をはね飛ばしてヘッドでゴール。完全にゲームはこれで終わり。

この後はレイソルの集中がぷっつり。完全にエスクデロに対して誰も見る選手がおらず独走を許したり、その流れからマリッチがハットトリックとなるゴールを決めたり、酒井があり得ないぐらいこねくり回したドリブルから緩~いシュートを決められたり、挙げ句の果てにはレッズの若いベンチの選手達(山岸以外みんな10代?エスクデロ・横山・赤星・萌)にも好き放題されて蹂躙。結果としては7-0でレッズの爆勝となりました。

こんな形となってしまいましたが、燻っていた間のあるレッズにとって、ようやく起爆剤的なゲームとなったのではないでしょうか。田中達也の怪我の程度が分からないですが、活かし方の見えてきたマリッチの爆発、永井の右サイド起用という大きな発見(前からないわけじゃないけど、使い方が見えたかなと)、長谷部のミドルの積極性と精度などなど、これからに向けてポジティブな要素は多かった。後はこの試合で見えた主体的な連動した動きを継続して11vs11の状態でも出来れば、もっと良くなると思います。とにかくきっかけとしては十分なものではないでしょうか。追いかける立場として油断はないと思いますしね。

逆に大敗となってしまったレイソルですが、ジャッジに翻弄された形となってしまいました。激しいアプローチは効果があったものの、そこにナーバスなジャッジが伴ってカードを喰らい、そのジャッジに対してナイーブになって又カードを積み重ねる。たらればは禁物ですが、もう少し寛容に見てもらえる状態ならもう少し良いゲームになったのかなぁと。このゲームに関して入り方は決して悪いものではなかったし、3点目の後は集中が切れてしまったもの、余り深刻に捉えずに上を向くと言うことが次の向けての一番すべき事かも知れませんね。

で、ゲームが荒れた中で田中達也が土屋のタックルでロッカー直行(救急車だそうな、鶴)の怪我を負ってしまった訳ですが、これに関しては主審がゲームをコントロールしきれず(いや、ゲームを荒らしたと言った方が良いかな?)、選手達をエキサイトさせてしまう要因としてしまったといえるのかも。そしてそれに対して被害者が出たというのは本当に可哀想。

追記:浦和に衝撃、達也骨折で今期絶望(ニッカン)

洒落にならないことになってまった。腓骨骨折だそうな、うーん、痛い。達也鶴、ホントに鶴。

後味としては決して良いモノではありませんが、とにかくレッズの追撃態勢が整って、更にリーグを盛り上げて欲しいと言ったところでしょうか。と言うことでとりあえず1試合目のレポートおしまい。

|

« World Cup Qualify Digest@Europe | Main | 純然たるクオリティの差@J1 第27節 ヴィッセルvsガンバ »

Comments

こんにちは。

田中達也選手には、早く元気になってほしいです。

それだけです。

はぁ・・・orz

Posted by: ナツキ | October 16, 2005 at 11:16 AM

こんにちわ。

何かあり得ない方向に曲がってましたね。まあアクシデントですから仕方ないとはいえ、本当に残念です。代表も足がかりを掴んでた所だったのに・・・。

本当にしっかり治して又元気な姿を見せて欲しいものです。

うーん。

Posted by: いた | October 17, 2005 at 12:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/6410949

Listed below are links to weblogs that reference 聖地の解放祭@J1 第27節 レッズvsレイソル:

« World Cup Qualify Digest@Europe | Main | 純然たるクオリティの差@J1 第27節 ヴィッセルvsガンバ »