« Premiership quality @UCL 05-06 GroupLeague Matchday2 | Main | チーズチャンピオンの末路@J1 第26節 »

October 01, 2005

勢いをこの手に@J1 第26節 Preview

異常なまでのムラっけで、プレビューもやりますよ。とりあえず3戦連続で無失点に抑えて守備から立て直しの気配が捉えはじめて、攻撃に置いても前節である程度の手応え(そんなに大それたものではないにしても)を感じられる出来だっただけに、今節こそ復調の手応えを結果に繋げて欲しい所です。で、首位決戦をああいう形で終えて、新幹線に乗ろうとしてたチャンピオンフラッグが新横浜でとまどってる感じです(まだこのネタ引っ張るのか・・・)とにかく、その辺も大まかに。

J.League Division1 第26節

10/1 15:00KickOff/Fマリノス vs トリニータ @ 日産スタジアム「瞬間、心重ねて」
F.Marinos         Trinita
   坂田  グラウ      マグノ  高松
      奥             吉田
ドゥトラ       隼磨 根本         梅田
   那須  マグロン   トゥーリオ エジミウソン
  河合 中澤 栗原    深谷 三木 福元
      榎達            西川

シャムスカが来てから快調に勝ち点を重ねているトリニータ。でもまず一言だけ。監督交代の刺激って、1ヶ月ぐらいで切れるもんですよ・・・ほら、パドンが来た時のヴェルディ思い出してご覧なさい、パヴェルが本格的に指揮を執り始めた楽天思い出してご覧なさい・・。

と言うことで脅しておいた所でまじめに。今週もマツがお休み(2週目)、他にもめぼしい情報は流れてこないので、前節の流れを汲んで同じメンバーになりそう(佑二が痛み止めを打ったらしいけど・・・ダメならエースケかな?)で、トリニータの方は特に出場停止はいなそうで、怪我人情報も伝わってこないので、安定してきた3-4-1-2(2-1?)での同じく前節から同じ流れの様子。

で、トリニータ(シャムスカ版)を見た印象としては、あんまり複雑なことはやっておらず、非常にシンプルで基本をしっかり抑えているという感じですね。前から一生懸命走ってプレスを掛ける(サボらない)、ボールの取り所は広く中盤をカバーするブラジル人ボランチコンビの所、奪ったらそこから早めにターゲットマン(高松)に当て、そこにサポートして仕掛けなり、サイドに展開なりしていく。DFに関しては粘り強く、カバーを意識しながらも、前への意識を失わないと言う感じかな。前任者が散らかしたままだった選手達の頭をクリアにし、そこから一つずつやることを選手達に意識させた。その辺のマネジメントが彼の一番の特筆されるべき要素かも知れませんね。選手達もそれを必死に、粘り強くやることで結果を出し、自信を深めてる様子で、かなり面倒臭い相手になっているのかなという感じです。

これだけ見ると凄い良さそうで、現状のマリと比べても勢い、モチベーションを合わせて考えると相当苦しい試合になりそうかなとも思ったり。でも付け入る隙はある。レッズ戦が非常に頭の中に強く残っていて、一つ嵌れば勝てる要素はあるのかなぁとも思います。

例)サイドで永井が抜け出した、ストッパーがアプローチに行くもののかわされ、センターの選手がカバーが同時に寄って、そのまま間髪入れずにスライディングで奪いに行ってかわされてしまった。

まあこのプレーを見て、最初「おいおい、頭悪いなー」と思ったのが本音です。実際せっかくカバーに行ったのに同じようなタイミングでタックルに行ってあっさりかわされて独走を許したわけですが、何のためのカバーなのか頭を抱えてしまいました・・・・。まあポジティブに捉えれば躊躇が無くて思い切りが良いのだけど、普通はディレイをして味方の選手の下がりを待つ、と言う選択が妥当なはず。このプレーであぶり出される要素としては、前に来る勢いを遵守しすぎて、危機管理という面では危うい部分もはらんでいるということ。まあもう整備されつつあることなんだけど、その辺をマリとしては逆手にとって得点のチャンスを作れればいいかなぁと思ったり。まあ岡ちゃんも味スタにスカウティングに行ったみたいだし、その辺はもしかしたら対策が練られているかも知れませんね。

で、肝心の自分たちのことですが、攻撃がレッズ戦から進歩しているのかどうか(毎回書いてる気がするよ・・・)そしてトリニータのチームでやってくる忠実なプレスに対して、どこまでボールを繋ぐことが出来るのかという所ですね。まあマグロンが入って又長いボールが減ったりとチームとして何を目指すのかぼやけてきている部分もあるのですが、ピッチで示されたものだけを見ればレッズ戦ではかなり沢山の楔のボールが入り、攻撃のスタートとなり得る要素の手応えはありました。まあレッズがかなりオープンで中盤での守備に置いては緩かったこと、そしてFWの動き出しのタイミングが良かったこともあって、沢山ボールが縦に入っていったことは否めませんが、それでも今までほとんどそういう形で組み立てられていなかったわけだから、進歩の跡は感じます。

ただ、前節より目の細かいプレスを掛けられてくるのではないかと言うことで、その中でレッズ戦のように前線にボールを繋いでいくことが出来るのかというのがまず一つ。前節久々にスタメンに名を連ね、ボールを引き出し繋ぐというレジスタっぽい役割をこなしたことが大きな要因となったわけですが(それだけじゃないにしても)、今節はよりボールホルダー、レシーバー共により徹底してプレスを前に掛けてくることが予想される中で、出し手と受け手の意識の高さが試されるのかなと。出し手の自信が失われれば、一つのパスに躊躇が伴い時間が掛かってしまうし、受け手の動きが伴わなければ狙い打ちされる。マリノスのポゼッションが失敗した理由の大きな一つと言うことを考えれば、これがいかに前に進んでいるのかと言うのが見えるのかも知れませんね。まあこういう手法を獲るかどうかはわかりませんけどね。

でも楔が入るだけでゴールが生まれる訳じゃないというのは前回書いた通り。その後、楔が入った後にどうするのか、FWのコンビネーションで崩すのか、OMFが絡んで崩すのか、サイドに展開していくのか、そういう部分の共通理解を高め、崩しにおいてのオートマティズムであり、アイデアの必要性があるのかなと思っています。ボールを繋ぐのはあくまでも過程であり、大事なのはここからですからね。明日に置いては、ここをオーガナイズ出来ているかいないのかが、ゴールのポイントだと思っています。まあそれが出来ていなかったら又偶然を祈るしかないわけですけど。

まあかなり現状ではマリを応援している人にはかなり我慢してきているだけにそろそろいいでしょ?先を見てもここで何とか勝ちの味を思い出して、次の試合に繋がるような形を見せて欲しいな。ということでおしまい。又長くなっちゃった_| ̄|○

と言うことでその他の試合。
10/1 15:00KickOff/レイソル vs 楽天 @日立「真剣勝負」

10/1 15:00KickOff/アルディージャ vs FC東京@駒場「復活祭?」

10/1 15:00KickOff/読売 vs ジュビロ@味スタ「悪夢を振り切って」

10/1 15:00KickOff/ふろん太 vs アルビ@等々力「代表の風を等々力に」

10/1 15:00KickOff/サンフレ vs グラ@ビッグアーチ「追撃の意志」

10/1 19:00KickOff/鹿島 vs ジェフ@カシマ「オシムは策を講じるか。」

10/2 15:00KickOff/エスパ vs ガンバ@日本平「100勝へ、優勝へ」

10/2 15:00KickOff/セレッソ vs レッズ@長居「全てをなぎ倒す意識」

と言うことで見所一杯は今週も続きますね。鹿島・ガンバ共に中盤の重要人物が出場停止、その中で結構きつい相手、後ろは追いかけてきてる、様々なものがのし掛かっている今節は直接対決とは又違った難しい試合になるのかなと感じたり。両チームとも非常に高い力を持っていますが、その力を発揮出来るか否かというのは非常に気になる所です。

で特に注目なのは鹿島-ジェフ。国立での第一戦は、ジェフの弱点を鹿島が見いだし付いた非常に面白いゲームでしたが、そういうゲームをした後でオシムたんがどのような策を講じるのか。勿論自分たちのサッカーに自信を持っているでしょうからそのままというのも充分考えられますが、作ったチームの穴を突かれるというのは監督にとっては痛いこと。その中でオシムたんが何か練っていても不思議ではないかなと。

後はセレッソレッズも楽しみ。まあとにかく優勝に向けては追いかけるチームも逃げるチームも負けられない。とにかくその辺の熱戦もチェックですね。と言うことで今日はここまでです。

|

« Premiership quality @UCL 05-06 GroupLeague Matchday2 | Main | チーズチャンピオンの末路@J1 第26節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/6195194

Listed below are links to weblogs that reference 勢いをこの手に@J1 第26節 Preview:

« Premiership quality @UCL 05-06 GroupLeague Matchday2 | Main | チーズチャンピオンの末路@J1 第26節 »