« 何かの力が働くJリーグ@J1 第29節 レッズvsフロンターレ | Main | 差のない意識、差を分けた意識@J1 第29節 トリニータ vs ジェフ »

October 31, 2005

Fly high,Again@J1 第29節 Fマリノス vs ヴェルディ

早めに書かないと忘れちゃいそうだから、どんどん書きまっせ。で、まずはようやく見れたFマリ-ヴェルディ。本当に良かった、本当に。今までだったら負けパターンのゲームだと思うんだけど、ようやく長~い長~いトンネルを抜けた!それだけが救い。うん。

J.League Division1 第29節

Fマリノス 1-0 ヴェルディ@国立競技場「Fly High,Again」
F.Marinos:82'中澤佑二

F.Marinos Official

Fマリノススタメン:GK榎本達也、DF中澤佑二"重責解放、その分高く"、松田直樹"実質リーダー"、中西永輔、MF上野良治、奥大介(→89'那須大亮)、田中隼磨、ドゥトラ、山瀬功治(→89'マグロン)、FW坂田大輔、久保竜彦"復活の序曲"(→79'グラウ)

読売スタメン:GK高木義成"ピンクじゃなーい"、DF上村健一(→85'弦巻健人"ユースの星")、林健太郎、戸川健太、MF山田卓也、小林大悟、小林慶行、平野孝、FWジウ(→75'町田忠道)、森本貴幸(→81'柳沢将之)、ワシントン

雨が降りしきる国立、両チームとも下向きな状態の中で伝統のクラシコ。今年は実質2分け(ゼロックスはPK負け)マリは久保竜彦が8/20のナビ杯準々決勝vs大宮戦以来の出場、腰の負傷もある山瀬もスタメン、そして負担と重圧に苦しんでいた佑二の負担の軽減のため、マツにゲームキャプテンを変更と不遇を返上のために岡ちゃんも色々と手を打ってきた。ヴェルディの方は、戸田・相馬・平本が出場停止、特にチーム復調の鍵であるボランチ能登だの出場停止は痛い。センターは小林大悟と小林慶行の二人のテクニシャンが担う。前はジウ、ワシントン、森本というトライアングル。

前半
序盤から引き気味に構えるヴェルディな感じもあって、ポゼッションを握るという前節のアルビ戦と同じような構図。ヴェルディの山田卓也・平野がかなりマリノスのサイドアタックを警戒して、余りオリジナルポジションを崩さないでゾーンを埋めるような対応をしてくるが、それでもドゥトラ・隼磨の活発な上下動でサイドからクロスという形を徹底して攻め、(それしか無いとも言う)その上下動の活発なランニングで圧倒する。

が、決定機までも生み出すものの詰めが甘い。セットプレーからの佑二のヘッド、久保・上野と近距離からのシュートもゴールに至らない(佑二のはピンク改め黄色の抜群の反応力、ファインセーブ)結局無理に自らポジションバランスを崩して穴を開けるようなことも少なく、脅威を感じるような攻撃も喰らわなかったが、ゴールも獲れなかいまま。前半は0-0。

後半
後半もほとんどマリペース。楔も入るし(ヴェルディの中盤のフィルターの粗さもあって)、早いタイミングでのクロスも久保の存在もあってそれなりに機能、しかし相変わらずゴールは遠い。逆にヴェルディは、チーム全体での復調とまではいかないが、前に入れば(マリの楔への対応はかなり早く厳しいこともあってそんなに数はない)3枚の技術とコンビネーションで崩す部分もかいま見え、前半とは少しパワーバランスは崩れてきた感があった。

どちらもチームが嵌りきっていないこともあって(攻撃に置いてはマリは量は◎、質は△、ヴェルディは量は×、質は○)、どことなくもやの掛かるような展開となるが、その中でセットからの決定機を決めるか決めないかが勝負を分ける。ヴェルディはCKから、リフレクションがワシントンに渡り、一度はDFに当たったもののもう一度今度は難しい態勢からのループ。これが前目にポジションを獲っていた達也を上を越えゴールに向かう、がバー、しかしそのボールにも反応したのがこのゲーム、ドゥトラに対応して我慢に我慢を重ねていた山田卓也。ヘッドで合わせてがら空きのゴールを狙ったがこれを枠に収めることが出来ず決定機を逃してしまう。

逆にマリ、その前にも久保が坂田の左サイドの突破から折り返しを外して実際「この日もダメか」的な雰囲気も漂った中での82分、グラウとマグロンで少しリズムが変わった中、戸川のミスを突いてグラウが仕掛けて奪った右サイドタッチライン沿い少し遠目のFK、ドゥトラのキックは鋭くゴールに向かうインスイング、これにGKの前で高く飛んだのが佑二!すらせる形で変化の付いたボールに高木は反応しきれず、これがゴールに突き刺さって待望の先制点!そして結局これが決勝点。ようやくようやくヴィッセル戦以来の勝ち点3を得ることが出来ました。

一つの決定機が分けた明と暗とでも言いましょうか、非常に刹那的なゲームとなりましたが、もしかしたら底の深度の違いだったのかも。マリにとっては上にも書きましたが、前節と似たゲームでどちらかと言えば負けパターンなのかなと思っていました。ポゼッションを握って攻めるものの攻めきれなかったり決めきれなかったり、そして疲労から運動量が減り、ミスが生まれ、失点に繋がる。ただ今日は相手に助けられたとはいえ、我慢して、何とか勝ちに繋げることが出来た。実際、この試合は今のマリにとっての精一杯、考えられる上ではこれしかないというような勝ち方を実現出来たのは非常に大きいのかなと。

勿論、足元のオンパレードでサイドに凝り固まった柔軟性のない攻撃を筆頭に内容は相変わらずのグダグダな感じは続いています。でも勝った。それが今一番必要だった訳だから、今はそれで良いのかなと。現実的に結果を求められるような位置でしたし、先を見据えてと言う余裕はありませんでしたしね。

にしても、久保の復活はめでたいね。かなりチャンスがあった中でゴールは獲れなかったけど、思ったより動けていたし、制限されていたようにも、我慢したようにも思えないし、何よりも飛んでた!岡ちゃんが会見で言っていた通り相手の脅威となって、シュートに絡めるポジショニング感覚は試合勘が飛んでいるとは思えないぐらい素晴らしかった(決まらなかったけどね)後はこの復調に継続性があるのか。

まあ久保の存在もあって、サイドからの攻撃に怖さも出て、サイドの徹底も形になったし、トップの役割分担もある程度はっきりして坂田も今までよりは動きやすそうだったし、チームに一本筋が通った感じがあった訳ですが、本当ならこういう特別な個がいようといなかろうと、ある程度の形を作って、結果を出せるようにならなきゃね。

まあ残留が完全に確定という訳じゃないけど、少し余裕が出来て先が見えるようになった訳だから、そういう意味ではこれからは少し先を見ながらの試合をしていって欲しいなと。岡ちゃんが「選手がいないから」的な発言をしたこともあったけど(安・久保不在時でゴールが獲れない事だっけ?)、言い訳は逃げ。そういう基盤をないだけ。だからこそ、もう一度模索していってほしいなと。まあ岡ちゃん留任ありきの話だけどね。(岡ちゃんが留任しなかろうとチームは続くわけだから、選手達は高い意識を持ってやっていくのは当たり前。今のままじゃダメよ)

少しだけヴェルディのこと。残留のためには5連勝(?)が必要と完全に追いつめられてしまった訳ですが、今の状態ではちょっときついかな・・・。まあこの試合に関してはチームのダイナミズムを担う相馬、そしてチーム復権の鍵となる守備の引き締め役である戸田がいなかったから本来の姿ではないにしても、対策してきたアウトサイドが走り負けて破られ、中のマーキングも曖昧、楔を切るべきセンターハーフはボールを追いかけるような守備だったこともあって、あんまり影響力を発揮出来ず、自分たちの特性も消えてしまった。まあ抑えどころを抑えきれなかったことは別にしても、チームとしてかなりぼけてしまった感じを感じました。

個人的に何をすべきというのは限られていると思います。勝たなきゃいけないし、なかなかうまくいっていないことも考えたら、無駄な失点を抑えて決定力のあるFWのゴールに賭ける。ただ、そんな大まかな形では難しい。どういう守備でボールを奪うのか、どういうパスルートでジウやワシントン、森本(こういうサッカーをするなら独力突破の期待出来る平本の方が良いかも知れない)に繋ぐのか、そういうことを詰めていく必要があるのかなと。まあヴェルディのアイデンティティを無くして欲しくないという勝手な外野の思いもあるけど、ちょっとリアリスティックな改造計画。

今のまま3-4-3。見た限り、まずは中盤の守備がまったくうまくいっていないので、テクニシャンはとりあえずベンチ(又は前に張るか、小林大悟とかは前の方が良いかも知れない)ハードに走れて戦える戸田と山卓のセンター、サイドにダイナミズムに溢れる相馬と柳沢の4枚にして3-4のブロックを作って、数的優位な形で対応出来るカバー&サポートの意識の徹底。で、まずは失点の危険性を削る。で、奪ったら(特にサイドの選手が)早く切り替えてパスコースを作り、前の選手に繋ぐ。そして前の選手はワシントン以外近い距離を取りながら、局所的に人数を集めて突破、そしてワシントンに賭ける(後はアウトサイドの選手がここまで走る)。まあ、どうなるやら。頑張れ、やっぱり落ちたら寂しい。

と言うことでこの試合はここまで。本当に良かった、良かった・・・・。実際どうなるかと思ってたからね。降格はしないだろと自分でも思ってたのに、これだけ状態が悪くて相手がモチベーション高い→全敗と言うことを考えたりもしたからね。まあこの一勝でプレッシャーから解き放たれて、又高く飛んでくれることを望みたいものです(まあいきなりは無理でもその準備を)と言うことでここまでです。

*今週は1習慣空くし、ゆっくりやりますよ。次はトリニータ-ジェフ→セレッソ-鹿島+FC東京-ガンバ(総合)の予定。

*今日で10月も終わりな訳ですが、まだ落ち着きません。不安定な更新な感じで、無駄足を踏ませたりしてたらごめんなさい。まあ少しずつ落ち着いていくと思うのでそうしたら又通常営業に戻していこうと思います。予定は未定って感じで(笑)

*ちなみに選手評は出来たら追記予定。天の邪鬼なのでやらないかも知れませんが。

|

« 何かの力が働くJリーグ@J1 第29節 レッズvsフロンターレ | Main | 差のない意識、差を分けた意識@J1 第29節 トリニータ vs ジェフ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/6799479

Listed below are links to weblogs that reference Fly high,Again@J1 第29節 Fマリノス vs ヴェルディ:

« 何かの力が働くJリーグ@J1 第29節 レッズvsフロンターレ | Main | 差のない意識、差を分けた意識@J1 第29節 トリニータ vs ジェフ »