« 静かで華やかな開幕@UCL 05-06 GroupLeague MatchDay1 | Main | 借りは即返さなければならない@J1 第24節 Preview »

September 16, 2005

Tension with international war@UCL 05-06 GroupLeague MatchDay1

昨日試合を見ながらふと、「何でこういう国際カップ戦ってテンションが上がるんだろう」と思ったわけですよ。なんでかなー?今考えるとリーグは日常で、違う国のチームと当たるというのはやっぱり非日常で、しかも違うテンションのチーム同士の戦いというのがあるのかなぁと感じたり。ACLもやっぱりテンション上がったし・・・まあそこに行くまでの道程というのもありますしね。で、Matchday1の2日目です。何か結果としては荒れなかったけどゲーム自体は荒れましたねぇ。リアルタイムではヴィジャレアル-ユナイテッドを見たのですが、うん、ルーニー。やっぱりその辺は選手達もかーっと高まるモノがあって抑えきれないモノがあるのかなと。まあルーニーが子供と言うことなのかも知れないけど。とにかく。

UEFA ChampionsLeague GroupLeague Matchday1
GroupD Villareal 0-0 Manchester.U. @ Estadio El Madrigal

ヴィジャレアルスタメン:GKヴィエラ、DFクロンカンプ、キケ・アルバレス、ゴンサロ・ロドリゲス、アルアバレーナ、MFエクトル・フォント(→70'ロジェール)、ホシコ(→46'タッキナルディ)、マルコス・セナ、ソリン、FWフォルラン、グアイレ(→66'ルチョ)

マンUスタメン:GKファン・デル・サール、DFオシェイ、ファーディナンド、シルベストル、エインセ(→33'リチャードソン)、MFアラン・スミス、フレッチャー、スコールズ、FWルーニー、クリスティアーノ・ロナウド(→80'朴智星)、ファン・ニステルローイ(→80'ギッグス)

僕がこの試合を選んだ理由としては、前の試合でベティスがああいう負け方をしてしまったと言うことで、初戦の入り方というのが気になったので。初出場としてはビジャレアルも一緒ですし、相手が百戦錬磨のユナイテッド、しかもこのチームの顔・リケルメ抜きと、ある意味ベティスよりきつい条件とも言えます。ただ、そういう中での試合としては良く出来ていたのかなぁと。ユナイテッドが良いか悪いかは別にしてね。

で、試合の方は昨日の試合を彷彿とさせるようなオープンな展開、その中で個のクオリティ、経験で上回るユナイテッドの方がどちらかと言えばゴールに近い展開を生み出しているような感じを受けました(前半は特に惜しいチャンスの連続、ニステルのプッシュがあればというシーンはスーパーカバーに・・・)まあ試合展開とヴィジャレアルの特徴がマッチしなかった感じは受けましたが(元々ポゼッションを握って、リケルメの個人能力を活かしてズレを引き起こし、フォルランの決定力を活かす形な訳で、その核がいない、巧くボールが回らないと言う感じで、逆にユナイテッドのスタイルに近いスピーディーな展開に持ち込まれた事で苦しかったかなと)、そこで何とかヴィジャの守護神ヴィエラを中心に踏ん張ったことがこのゲームが緊張感溢れる試合となったのかなと。しかしその中で試合を大きく変えてしまったのが、あのルーニーの退場。後半に入ってヴィジャレアルが少しずつペースを取り戻していた中で、ルーニーとしてもドロドロしたモノがあったのかなぁと思いますが、いかんせん若すぎる行為。アルアバレーナに対してタックルに行かなければならないシーンでもなかったのに、タックルに行き、そしてニールセンを挑発してとまあ出されても仕方ないですな。ファギーも呆れてたらしい。これで数的優位を得て吹っ切れたヴィジャレアルは、フィゲロア、ロジェールと次々と攻撃の駒を投入して勝負に出ますが、そこは歴戦の雄マンチェスターユナイテッド、切り替えて中盤をコントロール擦るような手はずを整えて何とか際どいシーンを乗り切り、結果としてはスコアレスドローとなりました。

まあヴィジャレアルが頑張ったというのは前述の通りなのですが、ユナイテッドとしては決めきれなかったことはあるにしても、キーン不在でアラン・スミスをアンカーとして使わざるを得ないに中盤にしてもそうだし、いつまでたってもクリスティアーノ・ロナウドのクロスがニステルに合わないことだったり、何かあやふやなままの部分が前節(マンチェスターダービー)にしてもそうですが、全然変わってこないねぇ。まあ怪我人でかなり無理が来ているとか色々あるのでしょうが、ファギーはもう一度締め直すというか再確認の作業をした方が良いのかなと感じました。有機的に繋がったり、チームとして大体の部分では整備されているので、そのあやふやな何かをなくすことですぐに好転すると思います。

ヴィジャレアルとしては数的優位を得た時点で仕留めたかったという気持ちもあるでしょうが、負けなかったのはラッキーとも言える部分も。まあ様々な事を考えたらこのドローは満足出来るモノなのかなと。リケルメもいなかったし、相手ユナイテッドだしね。まあフォルランの恩返しゴールはソールド・トラフォードに獲っておきましょうよ。とにかくグループリーグと言うことを考えたら悪い結果じゃない。次にリケルメが復帰出来れば、この先面白い存在になってくれる予感です。

GroupD Benfica 1-0 Lille @ A Luz
Benfica;90'+2'F.Miccoli(!!!)

GroupC Werder Bremen 0-2 Barcelona @ Weserstadion
Barca:13'Deco 76'pRonaldinho

ブレーメンスタメン:GKラインケ、DFオヴォモイェラ、ナルド、パサネン、シュルツ、MFバウマン(→63'ダニエル・イェンセン)、フリングス、ボロウスキ、ミクー、FWクラスニッチ、バルデス(→83'フント)

バルサスタメン:GKヴィクトール・バルデス、DFベレッチ、プジョル、オレゲール、ファン・ブロンクホルスト、MFマルケス、シャビ(→79'ファン・ボメル)、デコ、FWジュリ(→66'メッシ)、エトー、ロナウジーニョ

蛍光イエローがまぶしいよ。あのダサイユニが相手ならブラウグラナでも良かったんじゃないの?と思った試合前。試合としては確かにブレーメンは頑張ったし魅力的なサッカーを展開出来たとは思うけど、強いチームはこういう事でぶれないし、自分たちのやるべき所をしっかり抑える。そういう試合だったのかなと。

ホームの大声援もあってブレーメンは本当に良く攻めていたけど、なんだかんだ言って(テレビで見るとバランス悪そうで下手にしか見えないんだけど生で見ると実は巧い@横国)クローゼの不在は決定力という点でかなり大きかったのかなと。変わりにスタメンだったバルデスも総合的に高い能力を持っていて(何でもござれのタイプ)去年痛い目見ているのし良い選手なんだけど、今日に関しては本当に運がないというか何というか・・・(逆に同じドイツ勢のバイエルンはゲレーロのシュートが完全に失敗なのに転がって入っちゃうというのは運なんだろうなぁ・・・)。まあこういう言い方は嫌だけどクローゼがいたらと言う試合だったと思う。失点に関しても先制点はアンラッキーだと思うし(まああそこまでちんちんにされたというのはあるけどさ)

で、バルサは本当に巧い。それだけで良いのかなと言いたいところだけど、まあ珍しく危うい試合だったかなと。でもこのチームはしっかりと守備も出来るというか、我慢出来るだけの整合性を持ち合わせているチームなんだなぁと改めて感じた。以前アンカーの守り方というのに感銘した覚えがあるのだけど、この日もバランス良くギャップを埋めて、守りきった(危なかったけどね)で、メッシが良かったねぇ、やっぱり彼は特別な才能だよ。サッカーセンスの塊というか本当にその周辺を感じる力というのが凄いし、その感覚がこのスタープレーヤー達が織りなす即興性に溢れるテクニカルフットボールにもしっかり馴染めるのかなぁと感じたり。あのPK奪取のシーンにしても単純なワンツーだけど、ボールに入ってくる時の回り込むような走り方とかそういう細かい部分に凄いセンスを感じるわけですよ。やっぱりそういう事が自然に出来るのが天才なのかなぁと。Number(福田健二特集が読みたくて買った)に出てたメッシの特集にも出ているけど、世界で一番上手な選手達と練習し、更にテクニックを磨いていったら本当にとんでもない怪物になるんじゃないかな・・・。このまま成長していったら本当に何でもいける完全無欠のゲームメーカーになる気がする。って褒めすぎか・・・。

とにかくこの勝ちでバルサには既にグループリーグ当確ランプが付いたかな。ブレーメンは落ちると良いんだよ。

GroupC Udinese 3-0 Panathinaicos @ Stadio Friuli
Udinese:28'&73'&76'V.Iaquinta(!!!)

では後は簡単に、イアクインタ、ミッコリとイタリア人アタッカースパークですなぁ。イアクインタの3点目はセンターフォワードっぽくて最高。

GroupA Club Brugge 1-2 Juventus @ Jan Breydel
C.Brugge:85'Yulu-Matondo Juventus:66'P.Nedved 75'D.Trezuguet

GroupA Rapid Wien 0-1 Bayern Muchen @ Ernst Happel
Bayern:60'C.Guerrero

まあ順当にスタート、両チームともアウェーでのスタート(ユーヴェのあのシャツなにさ)だったけど、苦労はするにしても力の差はある。このグループは無風区間ですな、限りなく。僕ちょっとお気に入りのイバンシュイッツも出てたけどどうだったんだろう?
ユーヴェに関しては、ホントにトレゼゲの一人舞台というか一人遊び状態で、なかなか決まらないのでやきもきしたけど、その辺はネドベド様がやって、その後はカモらしい遊びのあるループのスペースパスに反応して2試合連続のループでトレゼゲが決めて、しっかりスタート切れました。ゼビナの穴をどうするのかな?新加入のブラジル人バレンティーナを使うのかなと言われてたけど、そこにブラージとは驚かされた。でもそれなりだったし、この先もこれはそれなりに期待出来る。まあ次はヴィエラが出場停止だから、センターにはいるだろうけどね。まあブラージのプレーは本当にチームを後ろ向きにしがちだから、3枚にして前を増やしても良いとは思うけど、まあ次も勝つでしょ。普通に。てゆうかこのグループは3戦、4戦しか見るべき所がない(言い過ぎ)

GroupB Arsenal 2-1 FC Thun @ Highbury
Arsenal:51'GilbertoSilva 90'+2'D.Bergkamp Thun:53'Fereirra

GroupB Sparta Praha 1-1 Ajax @ Sparta Stadium
Sparta:66'M.Matusovic Ajax:90'+1'W.Snaejder

考えてみたらアーセナルは退場者まで出しても、勝てたと言うことは去年より良いのかな?まあこれ見ると今年もダメかなぁと思ったり・・・。まあアンリいないからと言うのはあるけど、根本的な問題が残ってるしさ・・・。ベンゲルさんもこのスタイルには相当なるこだわりというかこれで勝たなきゃ意味がないとまで思ってるっぽいから好きにやって欲しいんだけどね。とにかく今年こそすーっと抜けて欲しい、このグループだし。
で、一つ思うのはスナイデルはそろそろ移籍なんじゃ・・・・。勿論ファン・デル・ファールトが抜けて更に責任感の伴う立場にはあるんだけど(ラフィはいまいちな時もあったにしても期待を一心に受ける選手だからねぇ)、そろそろどこかに行っても良いんじゃないかな?てゆうかユーヴェに来て欲しい・・・。

と言うことで今年の風としては良いサッカーをするチーム(整合性のあるチーム)というのに優しい風、そして苦しいところにはとことん厳しくと言う感じもあるかも。まあそれだけ今シーズンは高質なサッカーが上に上がって、上に上がれば上がるほど凄い試合が見れそうな予感。しかしやっぱりテンション上がるなぁ。次は来週、来週は勿論リバポ-チェルスキですな。多分来週もこんな感じの更新パターンになりそうですが許して下さい、読者の皆様。アクセス見ても海外サッカーはイマイチ興味を引かないのかしらと思ってるのでちょっと良いのかなと感じたり・・・。まあアクセスよりも自分の満足なのでやりますけど。苦境のFマリとかもやりたいんだけど・・・まあそのうち(濁った目)では今日はここまでです。

|

« 静かで華やかな開幕@UCL 05-06 GroupLeague MatchDay1 | Main | 借りは即返さなければならない@J1 第24節 Preview »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/5964914

Listed below are links to weblogs that reference Tension with international war@UCL 05-06 GroupLeague MatchDay1:

« 静かで華やかな開幕@UCL 05-06 GroupLeague MatchDay1 | Main | 借りは即返さなければならない@J1 第24節 Preview »