« 劇場型フットボール@KIRIN Challenge Cup vsホンジュラス | Main | ここで勝たなきゃ水の泡@J1 第23節 Preview »

September 09, 2005

代表周辺あれこれ。

えーと、本当ならFマリのことをやろうかなと思っていたのですが、代表戦になるとお客さんが増えてそれなりに代表の事を求められてるのかなと、代表の事書いた方が良いのかなと言う考えが働き、もう少し考えてみようかなと。まあ先に繋がる要素として、この試合で組み合わせとして沢山のコンビが見れたこと、前半守備がどうにもならなくて緊急避難的に生まれた3センターの可能性、後は監督会見、選手コメント等々。代表あれこれ(これ使ったか思い出せない・・・・)って感じで。では。

・様々な組み合わせが見れた「テストマッチ」、改めて必要な要素と共に。

と言うことでジーコ曰く「欧州組のテスト」と銘打たれてディフェンスラインより前は全て欧州組がスタメンに名を連ねたホンジュラス戦ですが、その中で色々な組み合わせが見えました。とりあえず2点。

1.チームを趨勢を決める俊輔とヒデの使い方。
まずは一番注目の集まったこの二人のOMFでの併用。イラン戦以来かな?うまくいったイメージだと03CCの縦(ヒデが幅広く動きながら前を窺い、俊輔は後ろで作りながら機を窺う)関係なのかなぁとか思いを巡らしていましたが、序盤は高さで差を付けるのではなく、横関係からゲームに入った感じでしたね。どちらかが中に入ったらもう一方はサイドに開くと行った感じでポジションが重ならないようにという思いがあったのでしょうが、これは二人の距離感が狭まることはなくどちらかが存在感を出すと行った感じに留まって、余り機能したとは言い難かったです。原理として周辺察知が鋭く、プレッシャーにも負けずに(この試合は試合勘が飛んでいたこともあって手痛いミスもあったけど)センターエリアで存在感を示せるヒデと、所在ないふらふらとした動きをしながらもサイドに寄ることで、精度の高いボールでチャンスを演出したり、ここのところ高まってきている(2年ぐらいかな)フリーランニングの意識を発揮するなどフリーとなる事で存在感を示す俊輔は合いそうなんですけどね。まあボランチの組み立てというのに難があったことも考慮に入れるとしてもイマイチだったかなと。

しかし、守備の不安定もあり、ヒデがボランチを助ける意味で自主的に少しポジションを下げて3-1(ミラン風味、ダイヤモンドのような形に)の様な中盤システムとなったのですが(おかげでボランチがバイタルを開ける事に躊躇がなくなり、それなりに守備は安定。やられたシーンはアプローチが不徹底で良い精度のパスを出させてしまい、又マーキングも緩かったことにある)、攻撃に置いて俊輔とヒデの関係が縦になると、05CCでの良いイメージもあって、ヒデの縦パスを基盤にしたゲームメイクと俊輔の動きがフィット、良いリズムを作ることが出来ました。まあこれに関して思ったのは俊輔云々は置いておいて、今の日本代表にはやはり中田英寿の低い位置でのゲームメイクが絶対的に必要と言うことが改めて実証されたのかなと。昨日のレポートでも書きましたが中盤でしっかりと組み立てられないとこのチームのリズムは生まれてこない。でも、ヒデが下がると、良いタイミングで前にボールが供給され、また力強く後ろからバックアップする事で攻撃に厚みも加わり、本当にチームのリズムが生まれる。この後小笠原が入って2-2の形に戻ったりしたわけですが、ヒデの低い位置での組み立て、俊輔と小笠原が高い位置でプレーをする形は何の躊躇もなくうまく機能し、攻撃に置いて停滞することはなかったし、こういう要素を見るとようやくとも言えますが、ヒデの適切な使い方が見つかったと言えるのかも知れませんね。

2.トップの組み合わせ、結果を残した高原と柳沢。2人の関係と加速装置の必要性。
えーと次は、2トップの組み合わせについて。まあ前述の通りこの試合で(大味な展開があったにしても)高原が1ゴール、柳沢が2ゴールと二人とも結果を残した訳ですが、改めて逞しくなっている所を見せてくれましたね。この二人のコンビはいつもポジションバランスを意識しながらプレーしていた感じが見て取れ、二人の関係でワンツーからダイレクトシュートにいったり、前を向いて持ったところでデコイランをして(デコイじゃなくもらうためのランニングだと思うけど)スペースメイクしたりと、今まで余り見られなかった2トップでの関係での崩しなどは高原・柳沢の積年のコンビネーションがなせる技だったのかも知れませんね。共に特徴がぶつかり合うこともなく、ポジションの高さなどに差が付いていたり、飛び込むところでは二人ともしっかりとゴールの狙える位置にいたりとバランスの良さを伺えたプレーぶりだったのかなと。

しかし、改めて思ったのはこのチームは余りポストに頼らなくても攻撃をクリエイティブに組み立てることが出来るので、一人はスペースを突けるようなアタッカーがチームとしてはいいのかなと。上記の通りヒデと俊輔の縦関係の確立により、かなり縦に入るタイミングが速く、その速さをポストで停滞させるのではなく、スペースを狙って更にスピードアップすると言うことの方が相手守備を崩せる可能性は高まるのかなと。選択肢としては玉ちゃんや田中達也、大久保となりそうですが、スピードがある選手達の特徴が攻撃の幅が更に加えてくれるのではないかなと。又局面打開が必要な時に彼らは果敢に仕掛けて穴を作り出してくれると言う意味では大きな武器となってくれると思いますから。まあその効果は05CCで実証済みな訳だし、トランジッションゲームで突き崩すというのは世界と戦う上で必須だと思います。

・緊急避難的に生まれた4-3-1-2、このシステムに感じる新たな可能性。

まあこの試合、ダブルボランチで試合に入っていったわけですが、一方のサイドに引きつけられてしまいバイタルがぽっかり開いてしまったり、二人のバランスが多少前掛かりになってしまって裏を取らそうになったりと急造な所を露呈してしまい、出来として余り良いものではありませんでした。その中で、ゲーム中にヒデが自主的にポジションを下げることでゲームを安定させようとした3センターという緊急布陣の時間があったわけですが、その形にちょっと可能性を感じたりしてしまいました。勿論、個でのミス、そしてぶっつけということもあって曖昧な部分もあったわけですが、それを差し引いてもこの布陣には戦術的整合性とポジティブなポイントがあるのかなと(勿論システムでサッカーをするわけではなく、それをやる選手達の働きが重要なんですが)具体的に書けば、守備に置いては中盤でのアプローチに思い切りよくいけるようになる事で中盤のプレスに置いて曖昧なところが消えること。ボールサイドに二人寄っても、ポジションをずらすことでバイタルをケア出来るから、その分だけ彼らとしては精神的に安心していけるというのがあるのかなと。そして攻撃に置いては、前の人数が減ることはそこまでネガティブではなく(まあヒデからのボールの出所が減ると言うことで前に入る俊輔を含めた前のパスレシーブ意識の更なる向上が必要だけど)柔軟に上がれるポジションということもあって、捕まえにくい選手が増えて更に中盤の流動性がでてくるのかなと。またアンカーがしっかりとリスクマネジメントをすることで役割分担も付きやすく、攻める意味でも思い切りが出てくるのかなと。このチームに置いてはまだまだ曖昧なところが残る結果となったこのゲームでしたが、そういう部分を少し解決出来る可能性をはらんでいるのかなと。
まあここからは想像でしかないのですが、この3センターは日本代表が抱える二つの問題を解決出来る可能性がある布陣なのかなと。1つはシンジ復帰後にどうするのかという問題。ヒデを固定するとしたらOMF?それともボランチ?小笠原が良い状態なだけにベンチ?様々な選択肢があるわけですが、まあ状態が戻ってくればベンチに置く駒じゃない(チームバランスはあるけど)そういう意味ではそんなもどかしい問題を一気に解決する策としても面白いし、何か収まりが良いのかなという感じがしなくもありません。それと大きな問題となったサイドがすっかすかにやられまくる事に対して、どうやってカバーするのかというのが大きな問題として浮上してきました(まあ人を変えるという選択肢がない訳じゃないんだけど、あんまり期待出来ないじゃん?)まあ状況的にカバーにいけなかった事自体が大きな問題ですが、センターバックの二人が思いきってカバーに出れるためにはそのカバーで空いたポジションを埋めるしかないのは明らかです(もう一つとしてはズラして対応すると言うのもあるんだけど、アレックスと加地さんはマーキングはあんまりねぇ)そこでアンカー。勿論中盤DFにおける扇の要として、バイタル近辺のスペースカバーが主な仕事となるわけですが、センターバックがずれていった時にそこにすっと下がって空いたところを埋めれる仕事をしてくれれば何とか少しは問題が軽減出来るのかなと。変則の3バックとも言えるイメージでしょうか。今の日本代表のメンツだと中田浩二が適任かなぁと思いますが(まあ機能の仕事ぶりは置いておいて、特徴として)、福西も十分出来そうだし、そういう意味では欧州遠征で試して欲しいなぁと思ったり(勿論3センターのサイド、ヒデとシンジだけじゃなく小笠原もヤットも稲本も慣れればいけると思う。ボールハンターの今野や阿部もこのポジションかな?)まあどうなるかは分からないので戯れ言ですけどね。

・会見やらコメントやら。

ホンジュラス戦後 ジーコ監督会見(スポナビ)

まあ相変わらずの種明かしっぷりなんですが、特筆して言うことはないかな?まあ精神的な要素にご満足の様子。確かに下を向いてもおかしくないところで、踏ん張った(まあ相手が尻つぼみ的な部分というのもあるにしても)というのは確かに評価出来る部分。よくプロレス的と言われるけど、ビハインドメンタリティというのはこのチームの色でもあるから、そういう意味では前に進んでるのかなぁ・・・・(まあ最初っからきっちりやらないところがだめなんだけさ)

試合後 ホンジュラス代表デラバス監督会見(スポナビ)

守備頑張れだってさ、まあ4点も同じ様な形で獲ればそうもいえるだろうさ。でも本当にその通り、避けては通れない守備の修正をジーコが出来るのか、コミュニケーションを通じて改善することが出来るのか。何となく前が主導権を持っている気がするし、そういう意味ではチームバランスが問われるところなのかも知れないですね。

国内組だけで戦ってたらどのようなコメントに変化してたんだろう・・・。

まあこっちから一言メッセージを送るとしたら、君たちも守備頑張れ(苦笑)

守備崩壊?攻撃はOK?5-4で勝利[P.2](All about)

と言うことで上のリンクは選手コメントまとめたモノ。気になる人。

宮本恒靖選手 「もう少し前から守備したかったけど、あまりうまくいかなかった。もっと現実的になって守備のやり方を変えて試合をすればよかった。理想を求めてしまった。後半相手に同じようにやられないようにしようとハーフタイムには話した。ディフェンスラインとボランチの間が空いてから浩二を真ん中においてヒデを左に置いた。前との距離が遠くてバランスが悪かったから。サイドでキープできる選手がいるチームに対しては、少し引いた中で守備をすればよかった。

このメンバーでやるのが久しぶりで、連携がうまくいっていない中で、高い位置で奪うことが有効ではなかった。少し下げて人数を多くしたほうがよかったのかな。最初のうちはなかなかボールが取れなかったから。でも日本の早いカウンターは有効だった。失点しないための見極めを今後どうするか。それをやっていかないといけない」

All About

まあツネ様のコメントなんですけど、ツネは前からの守備がうまくいかない時点で現実的な守備ができれば良かったとのことですが、個人的にはもう吹っ切れちゃえば良いんじゃないかな?吹っ切れるとそれなりに凄い事するチームだし。てゆうかチームの作り方として現実的じゃないんだし、もう当たって砕けろ的なファンタスティックなチームになって欲しいなと(上に書いたこと台無し 笑)まあ半分冗談で半分本音。ラインを上げて、どんどん前からプレッシャー、抜かれたしゃーないわ、根性と神の降臨に賭ける。まあそれでもいい気がする。まあ2002年から考えると、凄い方針転換。

この人は相変わらず・・・。

と言うことで代表周辺を色々と考えてみましたがいかがだったでしょう。でも今回の試合は同じ舞台のトルコ戦を、払拭するゲームなのかなぁとポジティブ変換してみたり。まあ色々なモノが見えてきたと言うことで、テストマッチらしい試合が出来て良かったと言うことで締めましょう。まあ時間があるないは考えない!てゆうかみんな同じ条件だし、比べてもしょうがないけどお隣は再構築だしね(うぇ~へっへっ)と言うことで今日はここまでです。

|

« 劇場型フットボール@KIRIN Challenge Cup vsホンジュラス | Main | ここで勝たなきゃ水の泡@J1 第23節 Preview »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/5853897

Listed below are links to weblogs that reference 代表周辺あれこれ。:

« 劇場型フットボール@KIRIN Challenge Cup vsホンジュラス | Main | ここで勝たなきゃ水の泡@J1 第23節 Preview »