« Fマリノスアンケート、お返事コーナー -感謝の意を込めて- | Main | Fマリノスアンケート、お返事コーナー -感謝感謝でその2- »

September 25, 2005

赤いスタジアムに触発されたプライド@J1 第25節

はい、遅れましたがレポートです。今節は勿論二つで、エントリーごとに分けて書きます。と言うことでまず去年のCSの再戦、Jの華となるであろう試合、レッズ-マリから。なかなか難しい状態にあるものの、守備に置いてはようやく手応えのあるものを再建したFマリにとっては真価を問われる試合となった訳ですが、うん、その手応え間違ってない。前節よりキレと連動感を欠いていたとはいえ、Jでもトップクラスの攻撃力を持つ相手にしっかりと守りきることが出来たというのは、目標であるナビの2ndLeg・ガンバ戦に向けて良い傾向かも知れませんね。しかし、相変わらず攻撃に関しては・・・・、でもようやく目処が立ちそうな、まあこれから次第。

J.League Division1 第25節

レッズ 0-0 Fマリノス@埼玉「せめぎ合うプライド、戻りつつある粘り」

F.Marinos Official

Fマリノススタメン:GK榎本達也、DF栗原勇蔵、中澤佑二、河合竜二、MF那須大亮、マグロン(→82'上野良治)、田中隼磨、ドゥトラ、奥大介(→80'大島秀夫)、FWグラウ、坂田大輔(→72'大橋正博)

レッズスタメン:GK都築龍太、DF坪井慶介(→67'内舘秀樹)、堀之内聖、ネネMF鈴木啓太、長谷部誠、山田暢久、アレックス(→71'平川忠亮)、ロブソン・ポンテ、FW永井雄一郎(→76'トミスラフ・マリッチ)、田中達也

前半。
レッズはカウンターからアタッカーがサイドに張りだして3バックの外側のスペースを狙う事で相手の守備を切り崩す狙い。しかし、序盤勇蔵の守る右サイドを狙われたり、囲い込んでも獲りきれなかったりと言うシーンがちょくちょくあるものの、こぼれてきたところは中澤が潰す事で事なきを得る。徐々にレッズの攻めに慣れ、守りのリズムが出来ると高い位置でボールを奪うことが出来たり、注意察知に優れる中澤の超速カバーもあってシャットアウト。そんな安定した守備から攻撃のリズムが出来る。

このゲームに置いてポゼッションとしてはマリノスが握ることが出来たのですが、その核となったのは鮪と大ちゃん。中央で巧みなテクニックと躊躇なきパスセレクトでずばずばと楔を入れることでリズムを作り出したマグロン、又そこに絡むように気の利くプレーで最近なかなか無かったバイタルでのプレーを見せた大ちゃん、これまでにないプレーで攻撃らしい攻撃が出来ていたのかなと。しかし、その後の崩しの手法としては共有意識が無いこともあって拙いプレーに終始、しっかりと人を揃えたレッズ守備陣を振り回すようなことは出来なかった。結局セットプレーから決定機があったものの決めきれず、非常に締まった前半は0-0で折り返す。

後半。
レッズは、積極性を押し出すかのように前へのらしい守備で、少しずつリズムを引き寄せる。前半ほとんど存在感の無かったアレックスが高い位置から中への突破に掛かりシュートに持ち込んだり、長谷部、鈴木啓太、山田暢久と中盤の選手が次々とミドルレンジから狙うなど、前半とは違う押し込んだ形となる。しかし、中盤のスペースが大きく空き、そこをFマリノスが高い切り返え意識からカウンターを狙ったりと、守勢だけにはならない。ある程度展開としては本来の構図となりました。

Fマリノスは、前半のような高いラインを維持することは出来ず、どちらかと言えば押し込まれるような形も多かったのですが(まあラインは分からないけど)、いつもと違ったのは守りっぱなしにならず、アタッカー、そして出て行ける選手達が高い切り替え意識を保ち続け、カウンターが出やすい形を作れていたのかなと(今まではそれを有機的に、そして速く前に繋ぐことが出来ず、カウンターさえ出なかった。FWやトップ下のチームタスクに縛られすぎないポジショニングの変化、出し手のリスクを背負うパスなどが背景にはあったのかも知れませんね)まあレッズが前傾しすぎた感じもあって、バランスが崩れていたと言うことがありましたけどね。
しかし、ここでも数的同数、数的有利の形となっても、最後の崩しの中でのイメージ共有という課題は解決できず(てゆうかサッカー脳の低さ、動きの変化など主体的なイメージが出てこなかった)、決定機を作り出せなかった(あった、マグロンのミドルパスから大ちゃんが3バックのサイドに飛びだしてボックス間際からドライブシュートもバー上、これも連動した形じゃなかったけど、この試合を象徴するような二人のコンビからのプレー)

坪井の負傷交代の後、終盤に入っていく中で両チームとも共に交代策で何とかゲームを動かそうとし、それもあってか激しい攻め合いへとゲームの展開がシフト。レッズは良い形でボール奪取から、中盤からの流れるような展開でポンテのヒールで長谷部の前がオープンに、ドリブルでボール運び、前を走っていた田中達也へスルーパスが通るが、鋭いシュートは枠外。
逆にFマリはセカンドアタックからドゥトラが中に流し込み、鮪がセンターから突破に図ったところでファールをもらい、センターやや距離のあるFK。交代で入っていた大橋が狙うが、都築が逆を突かれながらフィスティングで逃れる。その後CKの流れで、ミドルシュートが弾かれたボールを大橋が拾い精度の高いフィード。これに反応した栗原が大外から飛びだし抜群の1stタッチからシュートを狙うが、都築の勇気ある飛び出しに又も防がれ決めきれない。

この後雨が強くなる中、共に勝ちへの意欲を失わずに激しく攻め合ったものの結局スコアが動くことはなく、スコアレスでゲームを終えました。

個人的には非常に満足なゲームでした。まあ確かに勝ちきれずに残念と言う気持ちもなくはないですが、それは相手も同じ事なのかなと思いますし(特にロスタイムのカウンターの連発)、現状のFマリにとって結果は必ずしも大事ではないですから。満足だったのはゲームの過程と中身。以前のように最後まで集中を切ることなくゲームをして、最後まで互角に渡り合った。中盤で主体的にゲームを作って良い形に発展しそうな攻撃の片鱗を見せ、シュートも10本以上打った、決定機もセットプレー絡みながら多少あった。上向きなことは確かかなと。今までのゲームよりよっぽど掴むものは大きかったと思います。きっとこの赤く染め上げられたスタジアムが思い出させてくれたのかも知れませんね。では二つほど、これからのことを。

・マグロンを活かせ!これからのキーとなる攻撃整備。

このゲームで光ったのは守備だけではありません。連続スコアレスとなってしまいましたが、攻撃面に置いてもFC東京戦とは全く違う非常に中身の詰まったゲームとなりました。大きな違いとしてはバックラインから繋ぐ、飛ばすと言う差があった訳ですが(以前から書いてますが飛ばすことが駄目なわけではなく、飛ばした後何をすべきかという共有意識の問題。単なる放り込みになっていることがよくない)、そういう過程の中で沢山高い位置にポジションをとったアタッカーに楔が入り、深い位置から攻撃を仕掛けることが出来たことにあるのかなと(実らなかったけどさ)

その仕掛け人となったのが、この日久々にスタメンに入ったマグロンです。久々のスタメンとなった今節、相変わらずの高質のテクニックで自分のボールとし、精度と自信を感じるショートパスでどんどん前の選手にボールを出していったことで、良い形でボールが収まる事になったのかなと。まあその後、素晴らしいアイデアや複数の選手が同じイメージを持って動き出してスペースメイク&アタックという形が出来てこなかったため、崩し切ることは出来ませんでしたが、ここ数試合の事を考えれば格段の進歩だったのかなと。

ただ、マグロンって結局何なのさ、岡ちゃんが起用をためらう理由と今日のパフォーマンスの違いって・・・コンディション以外で。ということで簡単にマグロンの良い点、悪い点をまとめてみました。

良い点
・抜群のテクニック、そしてプレーサークル(足が長いからね)の広さを活かしたキープ。多少(いや、だいぶ)リスキーに見えるんだけど、あんまり獲られない。
・視野が広く、パス精度に優れ、躊躇なく見つけたところにパスを付けることが出来る。ボールの置き所(ファーストタッチ)も良くて、球離れも良い。
・前線に飛びだすようなアグレッシブなプレーこそないものの、非常に気が利くポジショニングを取り、常にボールに絡めるような位置でサポートに入っている。
・中盤のオーガナイザーとして切り替え意識が高く、特に守→攻の頭のスイッチに切り替わりが速いので、ポジショニングも良く、バックラインから良い形で引き出せる。
・繋ぐ意識が高く、バックラインから引き出そうとパスレシーブアクションをサボらない(これは言いたくないけど、他のボランチはやってくれない。長いボールを許容する動きとなっている)

悪い点
・Jのサッカーにおいてはリズム・テンポの速さがブラジルとは違うため(日本の方が相当速いと思われる)、90分同じペースで仕事が出来ない。
・守備に難。どちらかと言えばアプローチに積極的に行き、リーチを活かしてボールを掠め取る(ヒデが上手なプレーに似てる)プレーを得意にしているのかなと感じるけど、かなり軽いため結構あっさりかわされる。
・守備に置いては気が利かない。スペースカバーにあんまり鼻が利かず、危機察知能力は低め。攻撃時にはバランスを気にしているのだけど、実際人が来るとアプローチに行かなければと言う危機感が穴を開けてしまったり(ブラジル的と言えばブラジル的かな・・・)

と言うことで攻撃面はさしずめミランでピルロのバックアップでレジスタやる時のマヌエル・ルイ・コスタ(元ポルトガル代表、パスを出す時の綺麗なフォームも似てる、鮪はドリブルしないけどね)って感じです。端的に言えば、守備は期待しない方が良いけど、その代わり攻撃に置いてクオリティを付随してくれると言うこと。現状では後ろが安定してきて、マグロンが入ってもそんなに影響がない(うまくはないけどサボる選手じゃないしね)だけに、よりフィットしてくれば中盤のリズムメーカーとして構成力アップに一役買ってくれるのかなと(まあナビのアルディージャ戦で見てから分かってたんだけど使わないからさ・・・愚痴)

まあそうは言ってもこの試合は無得点だったわけで、小躍り出来るような状況ではありません。あれだけ前にボールが収まっても、その後ダイレクトプレーが出るわけでも、コンビネーションからの動き出しがあるわけでも、瞬間的なひらめきがあるわけでも、個力による突破があるわけでもありません。そういう意味ではここから先の方が重要なわけです。しかし、今回マグロンがやったことが、チームのスタンダードとして意識として認知されれば、「崩しに入る」スイッチになる可能性が十分にあるのかなと。

現状では何とか相手のDFにある穴を探してその穴を突こうとしていますが、そういう穴を作るためには積極的なフリーランニングだったり、ダイレクトプレーだったり、局面打開やアイデアと言った個の力というのが必要になります。しかし、現状で単独でガンガン突破出来る選手は見あたらず、俊輔やシンジのように違いを生み出せるようなファンタジスタも見あたらない(後藤や狩野を使ってみても面白いけど、大ちゃんのようにボールを引き出せる訳じゃないし、強いプレッシャーの掛かる位置ではまだ難しいかな・・・。経験を積んだ大橋でさえ、難しい状態だし)そうなると、チームで動いて崩していくしかない。今までは、長い距離でもフリーランニングをするなどダイナミズムを利用して崩そうという意識こそ感じられるものの、チーム全体がこれがスイッチだ!という共有されたものがなかったため、闇雲に個々がバラバラに動き出すから、結局出し手と受け手の関係でしかなく、相手を揺さぶれない

で、今回マグロンの楔のパスがそのきっかけ、チームが動き出すダイナミズム発生のスイッチとなる可能性があるのかなと(他にもマグロンは非常に攻撃面に置いて気が利くサポートをしているので、簡単に使う意識が出てくればワンツーの崩しというのも見れそう?特にサイドで隼磨辺りと)そこにチームで動き出すという仕掛けを作る事で、共有意識となり、動き出す選手が多くなることでよりゴールへの可能性は高まるのかなと(絡み合うまではだいぶ時間は掛かるだろうけどさ)ただこれから先はオーガナイズする側の問題。何もしなかったら(できなかったら)ここまで。岡ちゃん、頼むよ?

・レッズはこのドローに何を見るか。

レッズにとっては非常に痛かったドローでしょうね。ただ、今日のパフォーマンスで、しかもちょっと良い時を思い出して良いサッカーをしたFマリに対して、あのパフォーマンスで勝ちが妥当だったかといえば、No。サンフレッチェ戦のような、相手のゾーンを揺さぶるような形があれば、もう少し違ったのかなぁと思いますが、今日は凝り固まった形になってしまい、崩すための変化という点では乏しかったのかも知れませんね。そうなるとポンテ、長谷部、アレックスと言ったクオリティを持つ選手達がどうにか出来れば良かったのでしょうが、ポンテはキレもイマイチ、今まで見せていたような最前線と中盤の曖昧なポジションを動くことで相手を揺さぶることが出来ず、長谷部は守備に奔走させられることも多かった。アレックスは・・・。

ただ、こういう展開はこの先にもあると思います。その中でレッズが優勝戦線に食らいつくには、もう一つ安定感と閉塞した時の決め手(マリッチの存在感と高さの有効利用かな?前線への深みというか・・・高さの差を付けて田中達也の鋭い動き出しをより活かせる形を作ったり)が必要なのかなと。後は開き直ると言うことかな?低いラインではレッズの良さは出ない。あくまでも高い位置からの前への意志を感じるディフェンスの勢いをチームにフィードバックしていき、速いタイミングで高質のアタッカーに預ける。カウンター(ショートカウンターも含めて)だけじゃなくて、擬似的に自分たちで速く仕掛けられる形を作るかのようなイメージかな?段々難しい状態になってきているけど、こういうものを糧にしない手はない。てゆうかマリより完成度の高いDFラインはないと思うので、後は撃ち合いで勝つだけだから、ある意味ではシンプルでしょ?直接対決もあるし何とか食らいついてリーグを盛り上げて欲しいです。そして僕の優勝予想のためにも(マリを除いた優勝候補の筆頭はレッズだし)

すいません、又長くなっちゃいました。とりあえずこの試合に関してはここまでです。他の試合に関しては、次のエントリーで。勿論首位決戦のレポートも。読みづらい、長い、というのはこれからの課題ですねぇ。書きたいことが先に立っちゃうから、だらだら・・・。これから何とか努力します。ではとりあえずここまでです。あ、まだまだアンケート募集してます。まだ投票していない方、ご協力お願いします。

Fマリノスについてのアンケート

|

« Fマリノスアンケート、お返事コーナー -感謝の意を込めて- | Main | Fマリノスアンケート、お返事コーナー -感謝感謝でその2- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/6119296

Listed below are links to weblogs that reference 赤いスタジアムに触発されたプライド@J1 第25節:

» 田中達也 [GoodsRSS-スポーツ選手最新情報]
沢山の人々からのリクエストにお応えして のティッカーを作成しました。 最近はブロ... [Read More]

Tracked on September 28, 2005 at 04:56 PM

» 長谷部誠 [GoodsRSS-スポーツ選手最新情報]
沢山の人々からのリクエストにお応えして長谷部誠のティッカーを作成しました。 最近... [Read More]

Tracked on September 30, 2005 at 03:40 PM

» 田中達也 [GoodsRSS-スポーツ選手最新情報]
沢山の人々からのリクエストにお応えして のティッカーを作成しました。 最近はブロ... [Read More]

Tracked on October 07, 2005 at 03:05 PM

« Fマリノスアンケート、お返事コーナー -感謝の意を込めて- | Main | Fマリノスアンケート、お返事コーナー -感謝感謝でその2- »