« 代表周辺あれこれ。 | Main | 捨て去った色気の対価@J1 第23節 »

September 10, 2005

ここで勝たなきゃ水の泡@J1 第23節 Preview

一週間空くと何か変な感じですが、まだまだリーグ戦は続きます。下に目を向けざるを得ない感じなのですが、グラ戦で引き分けてようやく連敗をストップ、ようやく上向いた矢印を又下げないためにも、と言うことでアウェーゲームの楽天戦です。アキが吹っ切れたように絶好調みたいですね、イヴォ初物ですね、嫌な予感・・・・。

J.League Division1 第23節

9/10 19:00KickOff/ヴィッセル vs Fマリノス @神戸ユニバー「ここで勝たなきゃ水の泡」
F.Marinos         Vissel
   グラウ 大島          平瀬
     山瀬功        ホルヴィ イヴォ
ドゥトラ       奥  菅原       朴康造
   上野  那須        佐伯  遠藤
  栗原 松田 中澤     北本 マルティン 金古
     榎達            掛川

と言うことでマリは交通事故は置いておいて元々出場停止な隼磨と河合が出れません。変わりは誰かなぁと考えた時にバックラインの方は勇蔵、エースケのどちらかが埋めるのかなぁと。で隼磨の右サイドは復帰が濃厚な大ちゃんか大橋になりそうとのこと。久々の大ちゃんな訳ですが、どこまで戻ってきているのかが気になるところですね。で楽天の方はアツが代表辞退したわけだけど、まだ怪我の状態は良くなく欠場が濃厚とのこと。とりあえずメンバーはあくまで予想ですので(グラ戦予想がめためただったので自信喪失・・・)

正直どのような試合になるのか想像が付かないのですが、せっかく前節で戻した状態もこの試合で負けてしまえば水の泡になるだけに、内容云々よりもまずは結果なのかなぁと。勝つことで自信を取り戻す、勝ち方を思い出す、全てを解決するのは結果という良薬しかない状態なのも又事実ですからね。で、やり方としては9月に入ってリセットと言うことを前節の試合後にコメントとして出した岡ちゃん、そのリセットというのがどの方向に進むのかなぁと言うのが気になるところです。多分一旦理想を横に置いて、更に現実的な戦い方へシフトしていくのかなぁという気はしてます。グラ戦でもそういう感じは見えましたしね。でもフラットな状態に戻って修正する時間を得て、チームを改めて違う方向に導く事があっても不思議ではないし、そういう意味で読めない、想像付かないです。まあこの試合はこの先チームがどのような方向に進んでいくのかと言うのが見える試合になるのかなと。

まあ楽天は、アツくんの離脱とで改めて前線の再構築があったり、前節の失点の仕方などを見ても上昇カーブは描きつつもまだまだ課題は残っているようです。あのドフリーな感じが修正されていないと良いなぁとか身勝手なことを思っていますが、まずはサイドに一つの工夫を加えて(3つも4つもつけなくていいからね、人を集めちゃ駄目よ。シンプルにワンツーなり、キープからのオーバーラップとか単純な仕掛けで良いんだから)後手に陥るように崩して相手をパニックに陥らせるような形を作るのが先決かな。正直今はあんまりポジティブな点がないので、大ちゃんの復帰で少しはボールが回るようになればいいなとか、今回の一週間空きでコンディションが少しは整うと良いなとか希望的観測の方が前に立つ状態なんですけど、とにかく自信が戻るような試合をしてほしいなと。頑張れ頑張れ(プレビューじゃなくなってる)

で、鮪は?岡ちゃん。スケープゴート?仕事の内容としては高いモノがあったはずだけど?

ではその他の試合。こっちもプレビュー付けます。

9/10 19:00 KickOff/ガンバvs サンフレッチェ @万博「優勝への試練 第1R」

と言うことでHot6からエンジン全開で猛追して、ついに首位を奪取したガンバが、首位に立ってから初めてのゲームはサンフレッチェ戦、サンフレにとっても優勝を狙うためには絶対に負けられない試合。両チームとも出場停止もなくベストの状態でモチベーションもバリバリ、今週のメインマッチですな。

まあやっぱりステレオ的になりますが、サンフレッチェがここまで築き上げていている堅守とガンバの破壊的攻撃力のぶつかり合いが試合の趨勢を決めるのかなとは思います。ジニーニョ・小村・下田という堅実なディフェンスを構築するトライアングルとガンバのアラウージョ・大黒・フェルナンジーニョというJ屈指のアタックトライアングルのぶつかり合いはJ屈指のハイレベルな戦いになると思います。ただ、サンフレとしては必要以上に怖れてしまって、DFラインに吸収されてしまうような事態だけは避けなければならないのかなと。しっかりとバイタルを締めるという意味で引きすぎずにブロックを作った方がガンバに対しては効くと思う。簡単に言えば必ず中盤とDFラインでブロックを作り、一人一人が様々な形に変化したり動いたりするんだけど、ボールに対して必ず二人でいけるような状態、そして柔軟に変わる形に必ずカバーが効くように、穴の空かない形を組織で作るというのが大切なのかなと。前節のヴェルディの守り方は非常に参考になるモノだと思ったし、そういう意味では策略化の小野監督がどのような形の「ガンバシフト(対策)」を施してくるのか凄い楽しみです。

逆の視点から言うと、相変わらずアグレッシブな攻撃のツケが回ってくるガンバの守備には不安がある訳で、そこを数は少ないかも知れないけどそのチャンスをサンフレの2トップが結果に繋げるかどうか。3バックに対してマッチアップが山口にガウボン、シジクレイに佐藤寿人という形で特徴のミスマッチになるような形になれば、何となくズレは生まれてきそう。先に獲ると面白いんだけどね。

まあ色々な見方はあると思いますが、最近勝者のメンタリティを纏いつつあるガンバが、状況の変わっても、その勝者のメンタリティを纏い続けられるのか。プレッシャーもあるでしょうし。本当に注目点の多い試合となりそうです。


9/10 16:00KickOff/レッズ vs トリ@さいたま「過ちは繰り替えなさい」
9/10 18:30 KickOff/FC東京 vs エスパ@国立「大火事の中で」
9/11 19:00KickOff/ふろん太 vs 鹿島@等々力「苦境の中での追撃」
9/11 19:00KickOff/ジェフ vs 読売@臨海「手応えを本物に」
9/10 19:00KickOff/グラ vs レイソル@瑞穂「上昇気流は大好物?」
9/10 19:00KickOff/ジュビロ vs アルディージャ@ヤマハ「終わらない、諦めない」
9/10 19:00KickOff/アルビ vs セレッソ@ビッグスワン「ミラーゲーム」

と言うことで、残りが少なくなってくる訳で、そろそろゲームに対するモチベーションという要素も出てくるのかなと。今年は上が走っているだけに脱落してくるチームも多い、まあ後ろが詰まっているのでそんなに気は抜けないにしても、試合に影響するポイントがもう一つ増えると言うのもあるのかも知れませんね。今節ガンバと鹿島が負けるとリーグがもっと面白くなるんだけどなぁと、傍観者の目からいってみる(笑)ということで今日はここまでっす。

|

« 代表周辺あれこれ。 | Main | 捨て去った色気の対価@J1 第23節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/5867180

Listed below are links to weblogs that reference ここで勝たなきゃ水の泡@J1 第23節 Preview:

« 代表周辺あれこれ。 | Main | 捨て去った色気の対価@J1 第23節 »