« 疲労、甘え、迷い@東アジア選手権 vs北朝鮮 | Main | 総取り替えと「ガイアの夜明け」の雑感。 »

August 01, 2005

つっこんでつっこんで今日のニュース雑感。

「まさかの敗戦」って言葉を今日何度耳にしたか・・・・。WC予選やコンフェデなどの国際大会ではないので、ここまで大きな反響があるとは思わなかったですよ。まあ今まで騒ぎすぎというのはあるにしても。でもこういう試合をゴールデンでやった罪って重くね?まあいいや、その後日談やら、白い巨人が過密日程に狂っちゃった話とかニュース雑感行きます。

・負けてニュースになる代表。
色々つっこんでいこうと思います。

北朝鮮後 ジーコ監督会見(スポナビ)

――合宿などでシュート練習を重ねても、精度が上がらない原因はどこにあるのか?

自分の経験から言って、やり方は間違っていないと思う。その時の置かれた状況、相手にリードされて精神的に押し込まれた状況の中でも(シュートの)精度であるとか、バランスの問題とか、精神的に焦らないということも含めて。とにかくこの問題というのは代表だけではなくて、クラブでもずっと(練習を)続けていく必要があるし、このあたりのところを今日の試合をもう一度振り返って、どうして枠に飛ばなかったかチェックして、選手たちに今後どうしていかなければならないか伝えていきたいと思う。決してやり方が間違っているとか、選手たちが一方的に悪いとは思わないので、とにかく一日一日を大切にしながら、自分たちがやってきたことは間違いではないと信じながらやっていけば、必ずよくなると思う。

何かジーコへの質問って、選手に向けられる質問に似てる。練習して精度が上がらないって、選手に聞いたら?原因はどこにあるって、自分たちの国の問題を代表監督に押しつける事自体が間違ってる気がするけど?クラブのユースの監督や高校サッカーの監督に聞いてきたら?そういう選手を育てているのだから。シニア世代で技術論を出すこと自体間違ってる。ジーコの方針も間違ってるわけだけど、ぶつける質問を間違えてる気がする。準備していないことをなんでするのか?とか、パワープレーの練習はしていたのか?とか。それで気付かせてあげないと(苦笑)

北朝鮮戦後 選手コメント(スポナビ)

玉田圭司(柏レイソル)「もう切り替えています」

出だしが悪かった。(試合の)始めというのは大事だと思うし、気持ちで負けていたわけではないが、相手の方が自分らしさが出ていた。(試合中、日本にも)いいときもあったと思うけど、コンビネーションとかがやや少なかったと思う。(気持ちの切り替えのポイントは?)僕はもう切り替えてます。

何か玉ちゃんずれてない?みんな気持ち的に負けてるって言ってるよ?

巻誠一郎(ジェフ千葉)「ゴール前でのプレーを増やしたい」

土肥さんに、『前半のうちから、チャンスがあるから準備しておけ』と言われていた。0-1で負けている状況で、FWとしては点を取ることだけを考えていた。だけどパワープレーの練習をしていないので、ボールと合わなくて難しかった。
 北朝鮮はしっかりと守ってくるので、攻めるのが難しそうだと外から感じていた。自分としてはもうちょっと起点になるプレーをしたかった。もっとゴール前でのプレーを増やしたい。

パワープレーの練習をしていないと暴露してしまった初代表の巻くん。でも注目したのは土肥ちゃん発言。GKは凄い戦術眼持っているだねぇ。まさにその通り。前で戦える選手が必要だった。お見事!

三都主アレサンドロ(浦和レッズ)「焦りが出た」

最初の試合で勝利したかった気持ちはある。1つのミスでやられて、引いた相手に対し、得点を取ることができなかったので残念。立ち上がりはいい形で攻撃できていた。先に点を取っていれば違うゲームになっていたと思う。セットプレーをものにしなかったのが自分としては悔しいなと思っている。中国、韓国も引き分け。次の試合じゃ勝つしかない。後はない。中国にはぜったい勝ちたい。
~略~
 焦らず、スペースを早く作ってラストパスを大事に送ろうとした。いい攻撃、シュートも何度もあったが点にならず、焦りが出た。暑いときは相手も暑い。ミスはそんなに多くなかったと思うが、失点につながるようなミスが何度かあった。

ひぃぃぃぃぃ。(多分言おうとしていることとは違うんだろうけど、どの口で言うんだって感じ。アレックスの発言は「(チームとして)ミスはそんなに多くなかった」と言うことだと思う。)

川口能活(ジュビロ磐田)「技術的なことより精神的なこと」

 試合の入り方がよくなくて、非常に悔しい負け。あと2つ勝てばいいと思うので、反省して次に切り替えます。
 技術的なことより精神的なことで、自分たちのプレー、自分たちが持っている部分を出そうという意欲が欠けていた。本来僕たちが持っている闘争心とか、技術・戦術的なものも出せなかった。相手の頑張りを上回るものを出さないといけない。もっとゲームに入る部分で、高い集中力を持って次は臨むべきだと思う。
 引き分けもあるけれど、勝負事だから勝つか、負けるか。50%、60%で勝てるほどサッカーは甘くない。100%、120%を常に、どんな試合でも出し切らないといけない。

流石能活、真理をついてる。まさにその通り。後ろからもっと怒ればいいじゃん、甘えてんじゃねぇ!って言ってやってくれ。昔なら絶対にキレてた試合だったと思うけど。

枠に飛ばないと嘆く前に(7/31@大田)宇都宮徹壱の日々是東亜2005(スポナビ)

と言うことで最後はまじめに宇都宮先生のコラム。web上ではもの凄い高い評価を受けてますね。個人的には、うなずけるとこ、半分、納得いかないとこ、半分って感じです。先に書いておきますが、僕は宇都宮さんの文章は好きで、良く参考にさせてもらうことも多いです。でも納得いかない部分は納得いかない。以下僕が引用した部分。

「チームを壊す」というのは、今大会の隠れたテーマになるだろう――前日の日記で、私はそのように書いた。誤解されては困るのだが、ここでいう「チームを壊す」というのは、決してネガティブな意味ではない。  例えば絵画や彫刻の世界でも、あるいは作曲や小説の世界でも、よく「壊す/創る」というニュアンスの言葉が使われる。一度完成したと思われる作品を、ただ表面を撫でるのではなく、あえて抜本的に見直し、無駄な要素はごっそり削ったり塗りつぶしたりして、そこからさらに作品の完成度を高めるための試行錯誤をしていくのが、ここでいう「壊す/創る」である。「壊す」ことも、実は非常にクリエーティブな行為なのだ。

 そうした行為は、当然、サッカーのチーム作りにも当てはまるだろう。より強い日本代表を作るためには、ワールドカップ開幕まであと300日というこのタイミングこそが、早すぎず遅すぎず、チームを発展的に「壊す」絶好の機会であると考えるのである。
 極論するなら、チーム作りというものは、そもそもが破壊と創造の連続であるわけで、チームの指揮官には「壊す」勇気が求められる――というのが私の持論だ。思えば、これまでのジーコ・ジャパンは、やれ「ディフェンスラインが崩壊した」だの、やれ「誰それがけがをした」だの、そうした外的要因によってのみ、チームの顔ぶれを入れ替えてきた。そして「結果がすべて」のワールドカップ予選では、マンネリともいえるくらいメンバーを固定して、チームとしての熟練度でもって厳しい戦いを勝ち抜いてきた。
 だが、その大願を果した今だからこそ、今度は自発的かつ積極的に、指揮官は「チームを壊す」べきである。そしてそれは、ワールドカップでひとつでも上を目指すために絶対不可欠なイニシエーション(通過儀礼)である、とさえ言えよう。

枠に飛ばないと嘆く前に(7/31@大田)宇都宮徹壱の日々是東亜2005(スポナビ)

まあ確かにその通りと言えばその通りだと思う。このチームには、沢山の不安要素があり、そういう部分を改善するためにも今のチームを「壊す」必要性があるのは明らかだと思う。確かにチーム作りというのは「破壊と創造」の連続であり、それは非常にイマジネーションを必要とされ、そしてリスクの伴う事で、強いて言えば監督の判断力が問われる部分なのだと思う。

ただこのコラムにはその先がない。具体例がない。壊せ、作り直せと叫ぶことも良いと思うけど、そこに付随する代替案がない。何を壊すのか、そして壊した後に何を付け加えるのか、その先がないものには説得力を感じない。そこは専門家じゃないからと逃げるのなら、批判をするのもやめた方が良い。このコラムは確かに真理をついてい留とは思うけど、それならもっとつっこんで書いていって欲しい。きっと宇都宮さんは沢山の試合を生で見ていて、壊すべき部分、再構築する部分というのはしっかりとイメージ出来るはず。現に2日前に「ファミリー制度の破壊」「競争による活性化」と言うことを書いている。だからこそ、もっとこれに関しても具体例を書いて欲しいなと。そしてこれに同意する人たちに対してもそう思う。批判するならそこに代替案をきっちりと明記すべきだと思う。同意するなんて意味無い。

以前日本にはスタイルがない、今作っている最中というのを書きましたが、それは見ている人たちも又考えていく必要があると思う。それが又日本のスタイルの希望論となると思うし(まとまらないとは思うけど)、日本のサッカーを構築する一翼を担う部分になるのかなと思ったり。勿論人によって正しいと思う事もあったり、違うだと思うこともあると思うけど、そこに「日本のサッカー」という具体的な像を描くことで、「日本の求めるべき姿」は浮き出てくるのではないでしょうか。

と言うことで言い放しになるとつじつまが合わなくなるので、壊すモノと再構築していくモノ、僕の思うところを。

まあ壊すべきと言うかこのチームにはいらないモノが沢山あるのは事実。ファミリー的な要素はまだいらないし(大会前には必要だと思う、ex/'98エメ・ジャケのフランス代表でもそういう連帯感をチームマネジメントに用いた)、可能性を探るべきだとは思う。でも一番の問題は何よりも相手のサッカーに合わせてサッカーをするスタイルをやめなければならないのかなと感じる。強豪にはポテンシャルを引き出されるのか対等に渡り合い、素晴らしい試合をするけど、アジアレベルになると相手の気迫、コンタクトに押され、受け身な態勢で強豪相手にしていたような積極的なサッカーが出来ない事。そこには、改めてこのチームにどこが相手でも変わらずに主体的にやっていく事(ex.トルシエ氏のプレス&ラインのゾーンディフェンス、ブラジルの個人技を生かしたポゼッションスタイル)がないことを表しているし、現在も相手によって、又出る選手の違いによって変化し続けているというのがあると思う。勿論戦術的な柔軟度は持っていて欲しいと思うし、凝り固まる必要など無いのだけど、何か一つチームの骨子となる部分を作る必要がある。そこで僕の考えとしては、現在のしっかりとボランチと守備ブロックを作りながら、深くカバー主体のDF手法を捨て(壊し)、もっとラインを押し上げてよりコンパクトな布陣を保ち、前からのプレスをより強めると言うのがベターなのかなと。ズルズル引くと後ろに体重が掛かり、切り替えの速さが付随しない限りパスコースが出来ず、攻め手が無くなりリズムを失うことが(特に国内組だけの時は)多いだけに、そういう形をなくすためにも、前への守備、前への意識を高める必要があるのかなと。ラインディフェンスをしろとかそういうことではなくて、チーム全体が前に体重が掛かることで、チームの受け身な姿勢も消えると思うから。そのためにもDFラインの選手はより個として強い選手を使うべきだし、その中でカバーも効く選手を使うべきだなと思う(佑二はそのままだとしてマツとかマツとか茂庭とか茂庭とかトゥーリオとかトゥーリオとか)まあ将軍様オーバーラップとかはしなくても良いけどね。まあそれが僕の考え。

と言うことで、批判する方。代替案を考えてみるのはいかがでしょう?少しは建設的になるし、考えることは必ずしも無駄にはならないと思う。と言うことで最後だけはまじめにしたけど代表おしまい。

・欧州に動きアリ。巨人、狂う。

イタリア紙がサムエルの移籍決定を報道(marca)
Inter-Samuel: e fatta(La Gazzetta dello sport)

これかな?イタリア語なんてさっぱりなんで(外来語がさっぱりなの、日本語も不自由してますが)、よくわからない部分もあるのだけど、ガゼッタがインテルとレアルの間でアルゼンチン代表ワルテル・サムエルの移籍合意に至ったという報道があったようです。まあ真偽はわからないけど、噂に上り続けていて驚きはないです。ただ思うのはレアルフロントの不見識、サッキがいるのにこんな愚行を行うなんて・・・。エルゲラとパヴォンと怪我ばっかりのウッドゲート、後はメヒア?まあ中盤のDF力は去年より増しになる可能性はあるけど、どうなんだろ?グラベセンがパブで暴れそうなくらいストレス溜まっちゃいそうだ。

移籍金は5.8億?33億で買ったのに何を考えているのだろう?話ではロナウドの未払い分があるから、ソラーリにしても相当安い額で手に入れることが出来たのではと?sounoさんが話しておられましたが・・・・・。まだとりあえず公式には出ていない。今日発表?

マドリー、ロビーニョ問題に決着(uefa.com)
R.マドリー、ロビーニョ獲得を正式表明(marca)
レアル・マドリー、ロビーニョ獲得を正式発表=スペイン(スポナビ)
レアルがロビーニョ獲得を発表(ニッカン)
ロビーニョ移籍 サントスと合意(スポニチ)

もめにもめたこの移籍。もっと泥試合になるかなと思ったけど、ようやくようやくクラブ間で合意して、正式に発表出来る事になったようです。8/25からと言うことで予備選とかには出れないのかも知れないけど、それでも未来のクラックを得たと言うことは大きいのかも。

ただこんなにアタッカー集めてどうするの?バプティスタも取ったんだよね?しかも30億という巨額を投じて。オーウェンは放出にしても、60億の投資?これならバラックを取るべきだったんじゃないの?しかも本人は来たがっていたのに・・・・。レアルの中盤を支える大きな力になると思うんだけどな。そんなのおかまい無いって感じ。相変わらずファンタスティックな事をするクラブだと思うけど、これでノータイトルだったらフロレンティーノ・ペレスに白いハンカチが振られるかもね。バルサは強いよ、理に適ってるし。

マドリー、バプティスタを獲得(uefa.com)
バチスタ、R.レアル移籍へ(marca)

と言うことで上にも書いたけどアーセナルの争奪戦の末獲得。そこまで必要だとは思わない。優秀な選手でアタッカーの特徴を見るとまたバプティスタも違った特徴を持っているけど、確実にMFとDFの補強の方がプライオリティは先のはず。さっきも書いたけどアリゴ・サッキがアドバイスしているクラブとは思えない動き。もうやめちゃったの?それとも・・・・。

バプティスタに関しては、アーセナルもも狙ってたけどアーセナルに必要な人材なのかよくわからなかったから、別に良いんじゃないかな?アーセナルもアタッカーより攻守を高いレベルで出来るMFかDFでしょ?ヴィエラ売っちゃったし。今年は動く動くと言ってる割には目立った動きはシュツットガルトからフレブを取っただけだし、これから動きそう。

と言うことでめちゃくちゃ長いけど、とりあえずここまでと言うことで。バルサ戦?やりますよ。やりますってば(苦笑)最近タイトルが適当なんじゃないか?もうネタ切れ、思いつかないんです_| ̄|○

|

« 疲労、甘え、迷い@東アジア選手権 vs北朝鮮 | Main | 総取り替えと「ガイアの夜明け」の雑感。 »

Comments

とても深い考察ですね(^^)
特に代表論の所を興味深く読ませていただきました。
確かに、日本のコアとなる美学が少しでもできたらいいですね。自分は歴史とともにできるだろうなんて、希望観測的に思ったりしていますが、日本サッカー界に主体的なものがなければいつまでもあいまいなままかもしれません。
指揮官はビジョンをあまり語らないし、不透明感がジーコジャパンには付きまとってきました。
自分も含め、批判論もジーコじゃなあ…って所で、まずこまってしまってるんだと思います(泣)

しかし、なんでインタビューアーは、ジーコ監督に、「サッカーに対する哲学は?ビジョンは?」って聞かないんですかね?
憶測だけが飛び交う現状で、一番皆が聞きたいことだろうに。

Posted by: ISM | August 01, 2005 at 06:45 PM

ISMさん、こんにちわ。

深いですか?いやいやいや。
以前にも書いたのですが、これが出来たら又日本のサッカーは一段上に上がれるのかなと思ったりします(上がれるかどうかは別にして歴史ある国々とも同じステージで戦えるようになるのかなと)ただそのためにはやっている選手や協会の人は勿論、見ている側も考えていく必要があるのかなと。
勿論ジーコじゃなぁと言う感じはわかります。行き当たりばったりの部分も多いですしね。ただジーコの後も日本のサッカーは続くわけで今は非常に興味深いアテンプトの途中だと思います。それを目をふさいでしまうのは少し勿体ないかなと思ったりしています。

ジーコの頭の中はわからないので、本当のところはわかりませんが、哲学やビジョンというのは良く出ているのかなと言う気がします。才能ベースの選考、ファミリー的なt強い信頼関係、メンバー固定等によるより深いコンビネーションの構築などなど、「ブラジル流の才能の融合」と言ったところではないでしょうか。そんなことを西部さんがコラムにしていたので置いておきますね。よろしかったら見てみて下さい?→http://www.skyperfectv.co.jp/sports/soccer/column/kenji_nishibe/kenji_nishibe_000005.html

ではでは。

Posted by: いた | August 02, 2005 at 07:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/5263130

Listed below are links to weblogs that reference つっこんでつっこんで今日のニュース雑感。:

« 疲労、甘え、迷い@東アジア選手権 vs北朝鮮 | Main | 総取り替えと「ガイアの夜明け」の雑感。 »