« A problem "After Zico" which cannot go when I avoid it | Main | Get over Shunsuke Nakamura, an injury and falling through. »

August 13, 2005

今の勝利と先への希望を@NABISCO Cup Q.Final Preview

明日はナビスコですね。お盆のせいなのか、ナビ自体の注目度が低いからなのか、三ツ沢のアクセスの悪さなのかわかりませんが、明日はイマイチ集まらないようです。まあ仕方ないのかな?僕もナビスコあっさりスルーしてたしね。とにかく準決勝進出が掛かったこの試合、しっかりとアドバンテージを保っていきたいですね。

YamazakiNABISCO Cup 2005 Quarter Final

8/14 19:00KickOff/Fマリノス vs アルディージャ@ 三ツ沢「勝負と試金石」
(1stLeg アルディージャ 0-1 Fマリノス@熊谷)
F.Marinos        Ardija
   大島  坂田       トゥット 横山or森田
 山瀬功    大橋     藤本     久永
   那須 マグロン    純マーカス トニーニョ
ドゥトラ     隼磨    冨田       西村
   松田  栗原        奥野  平岡
     榎哲            荒谷

と言うことでマスコミは代表から帰ってきた佑二が出場するかが争点としているようですが、岡ちゃんとしてはイラン戦、(リーグ戦再開の)ジュビロ戦と連戦になることを懸念していることもあって、出場させるかどうか悩んでいるようです。他にも大ちゃんやドラゴン等続々と怪我人が復帰し、又マグロンもこの試合で規約上出場可能となりと、久々にメンバーを決めるのを悩んでいるような感じですね。対するアルディージャはある程度メンバーの揃った状態のようですが、ここまでアルディージャの前線の核となっていたクリスティアンが移籍交渉のためにブラジルに帰国したとのことでこの試合には間に合わなそう(アルディージャやめるの?サンパウロと交渉?)まあ代わりには森田、横山、桜井、トゥットと控えているので駒の数的には事欠かない状態ですが、彼の存在感がないのはFマリノスにとってはラッキーかも知れませんね(抑えやすいというのもあるかも知れないけど、絶対的な武器を持つ選手はやっぱり怖いからね)まあしっかりと一週間空いたと言うことで、両チームとも相手を分析し、又前戦で気になった部分を修正出来るだけの時間があっただけに、どのように反映されるのかが気になるところです。では又ポイントに分けて。

・マグロン加入でどう変わるか、「速いポゼッション」の進捗度合い。

勿論トーナメントと言うこともあり結果が重要視されるゲームなのは間違いなのですが、やはりプライオリティとしてリーグが前に来てしまう僕は、この中断期間中にどれだけポゼッションサッカーのクオリティが上がっているのかが気になってしまいます。で、前戦ははっきり言って出来の良いモノでもなく、大宮が引いていただけでそこを崩すというテーマとしてだったら、あんまり評価出来るような代物ではなかったのかなと。まあ暑いからね。チームとしてのサイドアタックを主としている部分もあるので、そこまで「崩す」と言うことを意識していないのが最大の要因だとは思うのですが、中が高く、オオシも復帰直後で彼らに後手を踏んでいた中で、もっと柔軟性というのが出てきても良いのになぁと思ったり。まあドゥトラと隼磨の献身的で果敢な上下動を活かす形でうまくスペースを使うというのが出来ちゃうからと言うのもあるんでしょうけどね(これは素晴らしいこと、まあクロスの精度は目をつぶるとして)で、今回はボランチに鮪が入りそうな模様ですが、これでどのような組み立てとなり、パスルートにどの程度の変化が出るのかが楽しみでもありますね。鮪の良さとしてボールを獲られないでDFラインからしっかりと引き出せる所、そして良く動いて顔を出すから、DFラインで出しどころがないという状態を防げる点なのかなと。勿論低い位置でおっかないキープもあったわけですが、それが公式戦になってどうなるのかが楽しみなところです。速いタイミングでの長いボールの精度というのが目立った点ですが、あのキープ力で相手のDFをいなしてずらすという効果も期待したいですし、鮪自身がしっかりとポゼッションの核となることで那須がより思い切りよく上がれると言う効果も見てみたいところ。心配な部分としてはJのテンポに乗っていけるか、そのスピードの中でマリノスの速いポゼッションという狙いを遂行出来るかと言うのが気になるところです。まあ今でも出来ているというわけではないですが、やはりJのリズムというのは確実にあるし、その中で早めに崩しどころを探して散らしていくというのは、慣れという部分も必要な気がしますしね。まあレシーバーの動き出しの速さ、そしてその動きの質というのも問われるところですが、チームとしての意識というのが少し見えるのかも知れませんね。マリノスに鮪を組み込むことでどのような事になるのかというのは注目点だと思います。

で、鮪も注目ですが、個人的にはOMFの二人の動き方に変化があるのかというのが一番気になるところ。リーグ中断前までは、二人の意思疎通というのが余り無く、一人一人が単独で動いている状態が多かった訳ですが、絡みがない状態ではどこを崩すにしてもなかなか難しい部分があるし、ボランチのダイナミズム頼りでは彼らの存在価値としては疑問に思う部分もあります(それなら2-2のボックスより3-1のダイアモンド型ミランスタイルの方が良い気がする)。大橋はサイドに逃げる傾向が強く(その分素晴らしいクロスをあげるけど)、山瀬はセンターでの局面打開を計りたいのだけど周囲との呼吸があってこないため、欲しいタイミングでボールが出てこない(だから後手に陥り囲まれて潰される)、まあ個としての働きが余り良いモノではないとこともあって、二人とも自分の特性を出すのに必死になっている部分もあるのかなぁと感じる部分があるのですが、それがこの中断期間で変わったのか、と言う感じでしょうか。早めの動き出しでボールを引き出し、そこに近づいていく形でパス交換をして相手DFラインを崩しに掛かるという要素が出てくれば、サイドだけでなく中でも色々なチャンスが生み出せる可能性というのはあると思いますしね。

まあ掲げてる限り少しずつでも進歩していかないと攻撃面では光は見えてこないし、その光が出てこない限り、反撃というのも難しいと思うので、この試合をしっかりと試金石にして欲しいですね(勿論結果も大事だけど)

・アルディージャの4-4ゾーンを崩せ!キーマンは山瀬功治!

と言うことで相手のアルディージャを絡めてなのですが、多分アルディージャとしては1戦目と同じく、ラインをリトリート、連動して中盤も下がることでバイタルの警戒を強めるような守備ブロックを組んでくるのかなと。まあカウンター狙いだと思います。もちろん1点ビハインドがあるので積極的に出てくる可能性もなくはないと思いますが、彼らのチームカラーにそぐわない部分があると思うので、しっかりと守備から入り、隙を突いてビハインドをはね返そうとしてくるのではないでしょうか。

Fマリノスはこのアルディージャのフラットの4-4ゾーンディフェンスを苦手にしているのかなぁという感じがするのは、多分偶然ではないと思います。元々そこを突破しようという意識があるのはドゥトラと隼磨ぐらいで、中盤の攻撃構築に置いては空いてるところを使うという意識が高いため、ピッチに均等に散らばり、ゾーンを消されるとなかなかボールが回っていかないというのは傾向としてあるのは事実。まあその中で、どうやってそのゾーンをかいくぐってバイタルエリアでポイントを作り、そこから崩すのかというのがポイントとなるのですが、打開策としては一般的な例として3つぐらいでしょうか

・中盤のラインを引き出し、その引き出して出来るスペースにOMFが顔を出して受けて、DFラインと中盤のラインを分離させる(ex. ACミランのピルロの速縦のパスからカカがうまく中盤を局面打開して、ショートカウンターのような形を意図的に作る)

・サイドなどにポイントを作り、そこから的確なオフ・ザ・ボールの動きを連動させることで速いダイレクトパスが出来る形を作り、局面的に2vs1、3vs2の形を作り、崩す。(ex. ユーヴェのアタッカー達の見せる形。オートマティズムに近い形で、楔とフリーランを絡めたダイレクトプレーから相手のギャップを作り、裏を取る)

・1vs1で優位に立ち、相手のDFを後手に陥らせることでゾーンが機能させず、ギャップを作る。(ex. バルセロナ、ロナウジーニョの個人技からカバーをさせるような形を引き出し、DFがずれるところで生じるスペースをエトーやジュリがスペースを突く)

まあ海外の例はあくまでもわかりやすくしただけで同じようにやれと言うのではないので、誤解なさらぬよう。まあ一番効果的でマリが狙う形としては、一番上のDFラインと中盤を分離させるというのではないでしょうか。やはりゾーンをそのまま相手にしてはなかなか難しく、収縮されては奪われるという形になりかねない。その中ではやっぱり機能させないというのが一番だと思います。勿論速いポゼッションというのも鑑みると、相手の状況が整わないうちに崩すというテーマもあるのかなと思いますし(カウンター的な要素も含むと言うことなのかも知れないけど、シンプルなカウンターとは又違って手数は掛けるけど、動き出しが速くて相手が整える暇を与えないということなのかなと)そういう意味ではアルディージャは絶好の相手なのかなと。

で、そのキーとなるのは山瀬です。山瀬がボランチから速いタイミングで良いポジション(トニーニョとデビ純の間とか)でボールを引き出すことで、中盤のゾーンを一気に通り抜けてしまい、センターで3vs2の数的優位を作り出すと言う形を引き出して欲しいなと。もちろんそれがマグロンや那須、マツからすぱーんと通るような一本の速いパスなら尚良しですし、それがドゥトラや隼磨からはいる斜めのパスをスペースで受けると言うのも良いでしょう。とにかく主眼に置くのは中盤のブロックをDFラインと連動させないと言うこと。しっかりとブロックを作られた状況では崩せるモノも崩せない、そして一本のパスでもよりリスクを負わなければ崩せないと言うことなのかなと。

まあ個人の技術の差を埋めるための組織であり、ゾーンDFだと思うので、どこかに破綻を来させるような形が出来ると良いなと。

三浦監督は非常に頭が良く現実的な指揮官なので、玉砕覚悟のゲームプランは敷いてこないと個人的には予想しています。だからこそ大宮のやり方はある程度経験していて予想も出来ると思うし、ゲームプランも同じなのだから何度も同じ間違いはしないで欲しいなと。前半で拮抗した、そして攻めあぐむような展開にさせてじりじりさせて、前に出ることで出てくるスペースに対しての警戒が緩くなったところで、キレのあるアタッカー達で乾坤一擲のカウンターを仕掛けるというのは見えている。ただそれは常套手段でもあり、わかっていてもやられてしまうと言うのがあるのですけどね。とにかく集中力を切らさず、しっかりと戦い、尚かつ先に繋がる試合となればいいなと。欲張り?

と言うことでその他の試合。今日開催もあるんだよね

8/13 19:00KickOff/ジュビロ vs ジェフ@ ヤマハ「置き土産を活かせるか」
(1stLeg ジェフ 3-2 ジュビロ@国立)

8/13 19:00KickOff/ガンバ vs セレッソ@ 万博「プライドを賭けて」
(1stLeg セレッソ 0-3 ガンバ@長居)

8/14 18:00KickOff/レッズ vs エスパ@埼玉「お披露目」
(1stLeg エスパ 0-1 レッズ@日本平)

と言うことでここまでなんですが、どうもナビは注目度が低いみたいですね。テレビやマスコミの扱いもそうですけど、スタジアムの入りとしてもどうも足が鈍い。でも今年のナビは、そんなにメンバー落ち激しいわけでもないですし(若年層代表がないこともあって)代表組もチームに戻っているだけに出るかも知れないし(田中達也や坪井、大黒等は欠場濃厚)、何よりもホーム&アウェーの醍醐味を味合うなら絶対に2戦目は面白いと思いますよ。まあアウェーゴールがないから、ちょっとピリピリ感はあれだけど、それでも前戦の布石、結果を受けて、試合に変化がついてきたりと、緊張感と共にそんなゲームプランを楽しめるというのはサカヲタ的にも充分楽しめる要素は詰まっていると思います。大阪ダービーは大きな差が付いてますが、今日はジェフとジュビロの因縁対決がめちゃくちゃ良い試合になりそうですし、レッズもマリも踏み外す可能性がない訳じゃない。まあナビスコも面白い!ということでナビスコに恩を売ったところで今日はここまでです(オレオ送ってこい)

|

« A problem "After Zico" which cannot go when I avoid it | Main | Get over Shunsuke Nakamura, an injury and falling through. »

Comments

こんにちは。

>オレオ送ってこい
ワロタw

マリ勝って良かったですね。メール見て喜んでました!(実は、先のコメント書いたすぐ後に旅行に行ってたので。なもんでコメントも書き直す余裕が(汗))
どうだったんでしょうか?鮪は活躍できたのかな?久保の名前もあったけど。
お気に入りのサカティが点取ったので嬉しいですがw
次はガンバ?苦手にしているイメージはないですが、個人的には今一番イヤなチームだなぁ(^^;

Posted by: ナツキ | August 15, 2005 at 10:43 AM

こんにちわ、ナツキさん。良い旅行は出来ましたか?

オレオは送って来てくれませんでしたが、1億円に向けてしっかり勝てたことは良かったかなと。まあ負けることはないと思ってたので11vs11で見たかったくらいですが。

まあ詳しくはレポートにでもしようと思うのですが、鮪は良かったですよ。まあ評価は様々だと思いますが、今のFマリにとってはこういう気の利く選手は必要なのかなと。まあ那須とのバランスはまだぎこちないですが、慣れればきっとボランチの位置からでも坂田や久保に一発スルーが出る気がします。技術が正確なのも頼りになりそうですし。久保も迫力ある動きで何本もクロスに飛び込んでいましたよ。スルーパスで退場を誘ったシーンもそうですが、身体が軽そうでしっかりと反応出来るし、身のこなしも戻りつつあると言う感じを受けました。悪化していないことを願うばかりです。
坂田のゴールは逆側で全然見えなかった(と言うより何が起こったのか把握出来なかった)のですが、めでたいですね。でももっとって感じです。後半は大宮もラインを上げて結構前掛かりだったので、インザーギみたいにラインに身を寄せてすぐにでも飛び出せるようなポジショニングをしてたらもう少し取れたかなと。抜ける意識をもっと高く!何本オフサイドになっても良いから。

ガンバ戦怖いけど楽しみです。まあノリノリで相手は強いけど(これが嫌ですね)、良い試合になりそうですし、強い相手に対してはもっとしっかりしたサッカーをしてくれそうですし。まあ負けちゃうかも知れないですけどね(苦笑)今年のリーグ戦でちんちんにされた借りを返して欲しいなと。

ではでは。

Posted by: いた | August 15, 2005 at 02:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/5448469

Listed below are links to weblogs that reference 今の勝利と先への希望を@NABISCO Cup Q.Final Preview:

« A problem "After Zico" which cannot go when I avoid it | Main | Get over Shunsuke Nakamura, an injury and falling through. »