« 徒然と更新情報と雑感。 | Main | 迎えた終焉、踏み出す一歩@J1 第20節 »

August 23, 2005

激動の中で見据える現実@J1 第20節 Preview

相変わらずだなぁと、苦笑いしちゃいますね。考えてみたら兆候はアルディージャ戦であったのだから、ジュビロ戦でそうなったのも考えられる範囲だったのかも。まあもうそんなの慣れっこで、岡ちゃんに説教されたのでこれから当分は大人しくなってくれそう。相変わらずだけど、岡ちゃんももっと気付くの早いと良いのにね、まあ気付いてたからシカトしてたのかも知れないけど。まあそんなこともありながら、方針転換もあったりと激動の中で、神奈川ダービーです。忙しいのに行く気満々です。

J.League Division1 第20節

8/24(Wed) 19:00KickOff/Fマリノス vs フロンターレ @日産スタジアム「見据える現実」
F.Marinos          Frontale
   久保  坂田       ジュニーニョ 黒津
     山瀬功            マルクス
ドゥトラ       隼磨  アウグスト      長橋
    上野  マグロン      中村  谷口
  那須 松田 中澤      伊藤 寺田 箕輪
      榎哲              相沢

と言うことで理想を追いつつも成績を残すというプランが見事に崩壊したこともあって、あっさりと方針転換。まあシステムだけの問題ではないにしても、前に枚数を掛けて攻撃に厚みを加えるポゼッションは機能していなかっただけに、回帰政策もしょうがない帰結なのかなと感じるところです。まあ掲げてたものの完成図やちらっと見せた片鱗には非常に期待出来る部分もあっただけに少し残念ではあるけど、もう本当に抜き差しならない状態なので仕方ないですね(まあ現状では熟成していきそうな雰囲気がないし)と言うことで慣れて固い3-4-1-2にしてある程度整理された形で望む神奈川ダービーな訳ですが、前回の対戦は悪夢の連戦でへろへろの中見事な形からの速攻に沈んで2-1、ダービーっぽくないとか言われてるけど、やっぱり連敗は避けたいですね。しかし最近妙にカウンターに弱いFマリにとっては非常に嫌な相手です。ジュニーニョは言わずもがな、マルクスも又点取り屋として目覚め始めているし、黒津は成長中、我那覇も戻ってきたとアタックラインは充実。人間山脈DFラインも揃い踏み、元Fマリちゃん(ユース)谷口も非常に元気、なんか不安でしょうがないです。個人的にはマツが今回反省したので、その後は当分は大人しくしてくれると思うので、きっとやってくれるんじゃないかと思ってるんですけどね(DFで)。

で、まあ選手個々のコンディション(心身含めて)を鑑みて上記のような形になるみたい。那須をDFラインに入れそうですが(2004前期Ver?那須の対人能力にはちと不安、カバーは上手だけどね。)、勇蔵はカレンと河村にやられて大きなダメージでもあったのかしら?エースケさんや河合はどうなんだろう?この辺の並びが気になるところ(河合が良くなってるなら河合も良いな、ブラジル人に対しては無類の強さを見せるから)まあ他にも那須がDFラインに入ることで妙におっかないボランチの並びだったりするのが気になったりするのですが、その辺がどう出るかは気になるところですね。まあシステム云々でそう変わるとは思えないのですが、良くなる可能性があるとしたら、守備に関しては柔軟性が増すこと、そして積極的な姿勢をとりやすいことなのかなと。マリのCDFは基本的に前で獲る姿勢が強いから、前に出てカットするようなプレーというのは多い。4バックの場合も守り方としては変わらないのだけど、そこにカバーというか、穴を開けないためのリスクマネジメントをうまく整備出来なかったこともあって破綻しやすかったのかなと(まあカバーとスライドしかないわけだけど。2003年の時は、柳さんが右サイドに入って変則的な3バックみたいな感じで守れていたから破綻しなかったのかなと)、3バックの場合はある程度余裕があるから無理も利くし(相手にも寄るけど)、そういう前に出るとかで後ろの枚数が一枚減っても対応出来る形になるのかなと。それによって思い切りも良く前に出れるだろうから起点を潰せる可能性がより高まって、守備からリズムを作ることは可能になる=そして全体のリズムが良くなってくれるといいなと。まあとにかく安定はしてくるんじゃないかなと。
攻撃に関しては、正直現状が良くないので何とも言えないけど、システムとか形じゃなくて、オフ・ザ・ボールの意識だったり(何回書いてるんだって感じ・・・)共有意識だったり、そういう結びつきというものが大切なのは明らかなだけに、4-4-2だろうが3-5-2だろうが、しっかりと頭を回してサッカーをして欲しいなと。2-2のボックスと4-1の中盤構成による違いもあると思うけど、2-2よりポジションが固定化されて(2-2のボックスは流動的な形を作りやすいし、前に人が多いと言うことでパスコースも多いのだけど、その分攻守に置いてバランス感覚が必要となるし互いの距離・間隔を常に意識しながら動く意識も必要、その中で自分を出すというのは難しい部分で、フリーでは出来づらかったのかなと。そういう部分ではまだまだ詰め切れていない部分が多すぎた気はする)仕事が結構限定されて、ある意味考え方とか求められることと言うのはシンプルになるのかなと。そういう部分では山瀬(大橋/大ちゃん)が思いっきり消えると言うことも少なくなるだろうし、サイドを人数掛けて崩すなんて事をしなくても、スペースをうまく使うことで崩せる形も出てくると思う。まあボランチのパスディバイドとゲームメイクの創造力、スペースケアなどのリスクマネジメント等々今までと同様に重要度が高いのは変わらないから、そういう部分で二人(鮪・良治神)がどれだけ仕事してくれるかに掛かってくるのかなと。

まあ正直フロンターレの状況よりもマリの現状が気になる今日この頃です。明日の試合はトランジッションの速いゲームになると思うので、集中力と個人、そして攻守のバランスが鍵になりそう。まあカウンターのピンチは少なからず(展開によってはわからないけど)あると思うけど、その時にしっかりとスピアヘッドを差し違えても止める強気なDFを見せて欲しい(アルディージャ戦の西村、ジュビロ戦のカレン2点目、河村3点目みたいにディレイでアプローチしきれずというのはなんかすっきりしないし、がつんと止めてくれ)、そして切り替え速く、その中で良いポジションを獲って逆にソリッドな所でもやれるというのを見せて欲しいなと。てゆうか山瀬がここで仕事して欲しい。切り替えとポジショニング感覚で切り裂いて欲しいなと。そのためにもタイミング速く、前に前にの意識でね。リハビリじゃないけど2003年の時のような姿勢というのが今一番必要だと思うし。とにかく優勝を諦めないためには絶対に負けれない(連敗したら終わり、それだけダメージがでかいし、反撃ムードは一掃されると思う。まあ再開後の一戦の負けは連敗じゃないけど堪えたけど)大事な一戦。必勝。

ではその他の試合、小さくプレビューつけて。
8/24(Wed) 19:00KickOff/ガンバ vs ジュビロ@金沢「J最高のエンターテイメントフットボール、金沢にて」

8/24(Wed) 19:00KickOff/鹿島 vs アルビ@カシマ「エマージェンシーコール」

8/24(Wed) 19:00KickOff/レッズ vs 楽天@駒場「新戦力の破壊力vsフレッシュな危機感」

8/24(Wed) 19:00KickOff/ジェフ vs セレッソ@臨海「臨海伝説」

8/24(Wed) 19:00KickOff/FC東京 vs グラ@味スタ「灰色な状況を打破するのはルイゾン?ササ?それとも…」

8/24(Wed) 19:00KickOff/エスパ vs 読売@日本平「エース不在」

8/24(Wed) 19:00KickOff/サンフレ vs アルディージャ@ビッグアーチ「積み重ねる重要性」

8/24(Wed) 19:00KickOff/トリ vs レイソル@ビッグアイ「重苦しい空気を纏いながら」

と言うことで後はやっぱりガンバ-ジュビロが気になりますね。凄い試合見せてくれそう。まあ総じてそういう期待値の高い試合はワンサイドになりがちだけど、ジュビロはサッカーの質が戻り始めて調子良いし(負けたからじゃないけど)ガンバは連敗だけは絶対避けたい、その中でこのほぼニュートラルな地での一戦は相当盛り上がりそうな予感(スタジアムの雰囲気がどうなるかはわからないけど、ゲームの中身は)。今一番破壊力を持っているガンバと、Jを数年支えてきた美しい構成力のジュビロ、これに触れられると言う幸せは金沢の方にとっては素晴らしいことだと思ったり。そんな試合になると良いなと。
で後はやっぱり鹿島、大岩・岩政と好調を支えてきたセンターバック二人が不在、金古がレンタル出ていると言うこともあって絶対的な枚数としては足りないだけに(明日は青木を下げて、羽田とのセンターコンビになりそう、ボランチにリカルジーニョとフェルナンド)、それをカバーするとしたらやっぱり攻撃力なのかなと。そこで小笠原が今節は出場するとのこと。不安な守備陣をゲームコントロールで助けられるかというのがポイントになりそうかなと。ポゼッション高めて守備の時間を減らす、先制点を取って余裕を持ってゲームを進められるようにするとか、そういうことが出来るかどうかがポイントなのかなぁと(まあそこまで不安がある訳じゃないと思うけど、青木も出来る子だし、山本ジャパンでもやってたじゃん、駄目駄目で成長遅れたけど)受けるような展開にしてしまうと、アルビの大雨というアクシデントがあったにしてもガンバから4点取るぐらい勢いあるアタッカー陣にパニックに陥れられてもおかしくないしね。その辺はゲームの流れとして楽しみなところ。反さんは菊地を小笠原か本山に当てるんじゃないかな?

まあ折り返しを過ぎてそろそろ絞られてきても良い頃。その辺は勝ち点推移、そしてこれからの勢いがこの節でどうなるかに注目したいところです。明日雨降りそうなのがちょっと(地域的に細かいことはわからないけど、台風来てるらしいし)では今日はここまで。

|

« 徒然と更新情報と雑感。 | Main | 迎えた終焉、踏み出す一歩@J1 第20節 »

Comments

こんばんは。

3バックに戻るみたいですね。(次節のみ?)
あのアメリカでの遠征はなんだったんだろうと思えてきますね。
あそこで山瀬怪我したのが祟った?

まぁ、ハラハラな試合展開もいいんですが、その後に歓喜があるからいいんであって、負けちまったら orz

いやいや、頭を垂れている場合ではないですよね!
本当、連敗は避けたいとこ。
マツもインタビューでカッコいい事言っているけど、結果を出してほしい!
シンプルに行こう!ボールを相手ゴールに入れるだけなんだから!恐れずチャレンジ!

Posted by: ナツキ | August 24, 2005 at 12:31 AM

返事遅くなって申し訳ないです、ナツキさんこんにちわ。だいぶ状況が変わってしまいましたね(苦笑)。

システム云々ではなかったみたいですね。まあ3バックにして少しは良くなるかなと思っていたのですが、こういう刺激にもかかわらず好転しないというのは思った以上に状態が悪かったと言うことなのかも。
山瀬のあの遠征での怪我してなきゃもう少し熟成は進んでたかなぁ・・・・。

まあ実際負けちゃったわけですが、悔しいけど、これで消えちゃいましたね。でも褒められたサッカーはここのところしていなくて、それにもかかわらず全く修正されていなかったということも現実的にあったわけで、時間の問題だったのかも知れないですけどね。

でも優勝がなくなってもサッカーが終わるわけではないですし、来年にも続くことだから、変わらずと言うのは難しいにしても意欲的に取り組んで欲しいなと。そこで切れたからと言ってサポも来るし、お客さんも来るわけだから気のない試合はして勘弁です。ただでさえ、日産はタダ券配ってますし。良いサッカーをすると言うことをしっかりと捉えて、良い積み重ねをして欲しいです。ナビもありますし。なんか趣旨がだいぶずれてますね、ごめんなさーい。

ではでは、本当に遅くなってごめんなさいでした!

Posted by: いた | August 26, 2005 at 04:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/5607345

Listed below are links to weblogs that reference 激動の中で見据える現実@J1 第20節 Preview:

« 徒然と更新情報と雑感。 | Main | 迎えた終焉、踏み出す一歩@J1 第20節 »