« 今の勝利と先への希望を@NABISCO Cup Q.Final Preview | Main | 必然の勝利と「もっと」の意識@NABISCO Cup 2005 Q.Final »

August 14, 2005

Get over Shunsuke Nakamura, an injury and falling through.

まあ結果的に勝って良かった。でも俊輔個人で見ると、結構最悪レベル?怪我もあって、出場を危ぶまれていたところだから、フィジカル的に難しい部分もあったのだろうけど、このパフォーマンスは信頼を失いかねない・・・・。とにかくチームとして結果が残って良かった。そしてSPL初アシスト!まあこれでミスが帳消しになる訳じゃないけど、価値は示せたかな?これを望まれていると思うし。

ScotLand Premeir League Day3
Celtic 3-1 Falkirk@Celtic Park
Celtic:49'J.Hartson 75'&90'A.Thompson Falkirk:39'pD.Duffy

セルティックスタメン:GKボルツ、DFカマラ、バルデ、マクマナス、テルファー、MFレノン、S.ペトロフ、A.トンプソン、中村俊輔(→80'C.ビーティー)、FWJ.ハートソン、ズラフスキ(→61'マロニー)

・前半は振り返りたくないぐらい悪い出来。ファールを受ける度にモチベーションを失っていくような感じと言い、その中で集中力を欠いたようなミスの多発と言い、ドリブルワークという部分でもプレーディスタンスをうまく捉えきれず一気に詰められて奪われたりと、効果的なプレーがほとんど出来なかった。まあセルティック自体何をしたいのかよくわからなかった部分もあって(ごり押し的な要素が前に出過ぎた、まあ打てるからと言うのはわかるけど狙いすぎ。まあそういう部分もあって)リズムに乗れなかった部分はあるにしても、攻撃のアクセントを付けるべき選手の不出来はチームの攻撃の方向性を失わせた部分もあるかも。

・それでも動きの量自体は少なくなく、守備にも積極的に参加、気付けば戻るレベルの俊輔が、しっかりとバイタルエリアまで落ちて戻りきれないレノンのカバーに走ったり、しつこくアプローチに行って攻撃を遅らせたりと、そういう部分ではある程度(あくまでもね、チーム自体が前から行く守備というのもあるからね)貢献はしてるかな?色眼鏡的な部分は否めなくて、俊輔にも特別扱いするなという方にはまだまだと思われるかも知れないけど。

・セルティック自体左サイド偏重の傾向があるのかな?こないだもそうだけど、トンプソンがいて、左に流れがちな俊輔とアタッカーに左利きが多いせいもあるのかも。ただそこでペトロフがバランスを取るという訳でもなく、速い攻撃に対するリスクマネジメントという部分ではフォアチェックが機能しないと怖い部分も。クロスはね返されてカウンターとか・・・。

・まあそんなこんなで失点。最悪の形でボールロスト、速くシンプルなカウンターという形で、中盤に空いたスペースからシンプルに巻くようなスルーパスを通されてセンターバックは置き去り、絞っていたカマラがGKと挟み込むような?形となってしまいPK。これを沈められて先制を許す。まあ仕方ない形だけどセルティックのバランスの悪さを突かれた形か。

・一本アタッキングサードでペトロフからの横パスをこじゃれたコントロールでディフェンスをいなしてバイタル侵入、シュートに行けそうな所があったけど、コースを消されて打てず。ああいうプレーが高い位置で出てくると良いんだけどなぁ・・・。

・さあ後半、左サイドで受けた俊輔から右に走り込んだペトロフへ大陸横断パスで一気にチャンス。これは結局決定機には繋がらないモノの、素晴らしいパスは足元ぴたり。これでリズムを取り戻せるといいけど・・・。

・で、ようやく結果に繋がる大仕事!左サイド深くで受けると、エンドラインを沿うようにきついカーブの掛かったボールをあげるとハートソン大将、相手を押さえ込んでヘッド!これが決まって同点ゴール!俊輔SPL初アシスト、良いカーブが掛かってドンピシャの良いクロスで存在証明!とりあえず一安心。てゆうかハートソン大将は開幕ハット、2戦目3戦目と連発。恐ろしいよ、何点獲るんだよ。

・ただ相変わらずカウンターへの脆さが顔を窺わせる場面も。マークするのかラインを上げるのか、はっきりさせたいところ。てゆうか中盤のバランスが・・・・・まあこれが強豪と言うべきバランスなんだけど、すっかすか。レノンが振られると厳しい。ペトロフはどこに行ったんだという感じの場面も。レノンはこのチームのバランスを保つ意味では一番重要な選手なのは明らか、ただ負担度も高過ぎる。

・ボールタッチのエリアが段々高くなってきた。仕掛ける部分ではまだまだ感じが掴めていない部分もあるけど、それなりにリズムは出てきた。右サイドに流れて深い位置で1vs1。対峙した中でサポートを簡単に使ってアーリーからハートソンへ。これは駄目だったけど、目先を変えるという部分も、リズム的に悪くない。

・動きは最高、シュートはイマイチ、マロニー登場。ズラウスキはなんか馴染めていない感じ。プレーの特徴も掴めない。そんな事してたら俊輔にバックチャージ。ズルズル引きながらもらうと標的にされそう。小さなスペースに見つけて、動きながら(前にね)パスコースを作って受ける形が前戦はあったんだけどなぁ。

・俊輔には何を求められているのか、中盤でのボールタッチ多くしてボールを回しながら、機を見てクロスボール等の精度の高いボールで前を使うことなのか、それともポストに対してのサポートなどバイタルに果敢に入っていって仕掛けてゴールを狙う動きなのか、勿論理想としてはそれをバランス良くやっていくと言う感じなんだろうけど、チームとして楔が多い訳じゃないし、何とも言えない。と言うより前に行く動きを増やしてもボールが回らなそう。

・サポーターもイライラ。俊輔にもブーイング?困っちゃったね。確かに今日の出来は良くない部分もあるし、信頼を失っても仕方ない部分も。しかしここのサポーターはコーチみたいな役割もしたり面白い。後ろから詰められると沸いて選手に気付かせたり。全く気付いてなかったのに、そこですっとかわしたりと間違いなくサポの声で気づいてかわした感じがした。

・マロニーが入って前に動きは出た。マロニーとハートソンのコンビネーションは悪くない。ポストマンと衛星的なシャドー。ただ俊輔と被る場面も。プレーエリアが低めだからかな?でもこれで中盤のバランスが良くなれば面白い。

・膠着状態。セルティック攻勢はホームでまだドローという部分もあるから当たり前なんだけど、なかなか崩せない。フィニッシュで良い形が作れないという感じでもどかしい。俊輔はうまく溜めてサイドバックをうまく使う形でサイドは浸食という形を作ってはいるのだけど・・・。

・そんな事言ってたらキタ!ペトロフからの柔らかいミドルパスをハートソンが強靱な身体でポスト、ヘッドで優しく落としたところにトンプソン、ボレーでずどん!トンプソン抜群のミートとシュート力、プレミアシップらしい(スコットランドだけど)豪快なゴール!俊輔にもこういうのをコンスタントに打てるようになって欲しいな。なかなか難しいだろうけど。

・俊輔も良くなってきた。左のトンプソンを起点に一度受ける動きがあったモノのコースが狭くボールが出ず戻すような形でレノンへ、ここでもう一度動き直すというか動きを止めなかったことで俊輔にボールが出て、チェックに来たDFをアウトサイドパスでいなして、ここでも止まらない、マロニーがダイレクトで返してくれた事でバイタルにフリーで侵入、そのままシュート!シュートは上にふかしたけど、素晴らしい流れだったし、今日一番のプレーだった。ああいう風に動きを止めずに、流れに乗れれば充分やれる。そしてストラカンが狙っている形なのかも知れない。こういう良い流れのプレーを速いタッチで誘発されること、そしてシュートの意識を高く、コースカットに来ても強引に打つぐらいでも良いくらい。ここでビーティと交代。アシストは別にして、最後に好感触なプレーがあって良かった。

・ボルツ(セルティックのGK)にそこはかとないファンタジー系GKの匂いが・・・・。いや、良いんだけどね。眠くならないし(まあこの時間じゃ眠くならないけど)

・トンプソン、勝手に入ってカードをもらったり、ハードタックルにぶった押されてと、イライラしてるけど仕事するねぇ。良い流れで右オープンに流れたところにペトロフが飛び込む、ペナ間際で倒されて左利きの選手に最高のポジションでFK、トンプソンこれをファーに見事に沈めて3-1。素晴らしいキック、GKは一歩も動けず。俊輔これじゃなかなか蹴らせてもらえないかも。フィーゴ状態(べかむさんが入って、なかなかセットのチャンスで蹴らせてもらえない、うまいのに)かも。結局3-1。最初はどうなるかと思ったけど、勝って良かった。まあ力の差もあるかな。


と言うことで、まあなんとかかんとかと言う感じかなと。確かにセルティックはこのリーグでは抜けてるというのはよーくわかった。攻撃の良い流れの誘発するための人数を掛けるプレー、その中で中盤でのリスクマネジメント、そのバランスが気になるかな?後はアタッカーと中盤のコンビネーション。ハートソン大将は良いとして、スタメンに使われる「4億円」ズラウスキはどういうプレーがしたいのかな?マロニーちゃんとビーティは、何となくわかったけど、ズラがつかめない。まあいいや。

で、俊輔。確かに怪我があったにしても、本当に流れに乗れずにミス連発、自分の存在をこのチームの中で示せなかった前半は本当に酷かった。こういうプレーは正直いただけなかったね。でもそれを後半で帳尻あわせが出来たのは良かったかな?まあこの程度ならもう少しゴールが取れそうな感触というのは相変わらずあるし、後は純然たる結果だと思う。交代間際のプレーの感触をずっと残して欲しいし、あれをより意識的に引き出すことでチームの流れを作って欲しいなと。でもアシストの時に、セットのキックではなかなか蹴らせてくれないトンプソンが真っ先に駆け寄って祝福してくれて、大将が感謝の意を示してくれたり、チームメイトに祝福される姿はニヤニヤしてしまった。このプレーでチームをビハインドを挽回、そして流れを引き寄せたという意味では重要なプレーだったと思うし、これでようやくチームに一員となれたかな?次はオールドファームダービー!アイブロックスに乗り込むよ!俊輔はしっかり怪我治しとけ。この試合に出れなかったら、ここに来た意味を又一つ失っちゃうしね。とにかく頑張れ頑張れ。

俊輔以外にも日本人選手は良いスタートを切ってるっぽくて(見てない)嬉しい限り。プレミアシップ開幕(実はプレビューでもしようと思ったんですけどね。拙い知識だけど)で、稲本がマンC戦でスタメン出場、しかもそれなりによかったと言うことでそれもめでたいし、ル・マンが大勝でリーグ・1初勝利!これもめでたい!しかも松井はスタメンでレ・キップは7点という高評価、幻のゴールやアシスト、攻撃面で本当に良いプレーをしてるとのこと。これも見たいなwヒデもビザの申請が通ったみたいだし、デビューはウエストハム?(8/27?)これも楽しみ。と言うことでとりあえずここまで。

|

« 今の勝利と先への希望を@NABISCO Cup Q.Final Preview | Main | 必然の勝利と「もっと」の意識@NABISCO Cup 2005 Q.Final »

Comments

こんにちはw

連発ですみませんw
俊輔、調子悪かったんですか!怪我!?
さすがダイジェストですね。旅行から帰ってやべっちFC見たら、いいクロスをあげるとことかしか出てなかったので、てっきり活躍なのかと(^^;
本当、怪我を治してコンディション上げて、ついでにコンビネーションもあげて、ダービーには本当に活躍してほしいですね!

やっぱり、横縞に違和感があるなぁと思いつつ、ではw

Posted by: ナツキ | August 15, 2005 at 10:53 AM

こちらでもこんにちわ。連発歓迎ですよ。

怪我してたみたいですよ、結構ニュースでもやっていましたが、次のオールドファームを見据えてこの試合は回避するのでは?と見られていたぐらいのようです。まああれだけ動けていたので心配はないと思いますが・・・。

うーん、まあ結果を残した事、そのプレーが流れの悪い中での同点ゴールを呼び込んだことを考えたら、価値のあるプレーだったのは確かで、評価されてしかるべきなのは確かです。でも大騒ぎされるほど良いプレーではなかったのも確か。瞬間で輝くプレーヤーですが、単純なミスをして良いって訳じゃないですからね。特に前半・・・・。味方もかなり前掛かりなので、単純なミスがあると一気に失点のピンチになることもあり得ますからね。
まあまだ2週間ですし、多くを求めすぎても駄目ですね。とにかく次は今シーズンの評価を左右する大事な一戦だと思うので(駄目なら叩かれる、活躍すれば一躍スターダム)しっかりと準備してほしいなと。怪我は大丈夫かなぁ・・・。

横縞になれるのは来月くらいかも・・・。僕も慣れません。ではでは

Posted by: いた | August 15, 2005 at 02:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/5463576

Listed below are links to weblogs that reference Get over Shunsuke Nakamura, an injury and falling through.:

« 今の勝利と先への希望を@NABISCO Cup Q.Final Preview | Main | 必然の勝利と「もっと」の意識@NABISCO Cup 2005 Q.Final »