« 自信に繋がるリスタート@J1 第13節 | Main | 大敗したヴェルディのこの先を考える。 »

July 03, 2005

WY Final!

とりあえずまだ昨日のトリニータ-マリの試合を見れていないので、昨日行われたWYのFinalのレポートを書いたので、とりあえずこれを今日の更新にしようかなと。

ワールドユースFinal アルヘンティナ-ナイジェリア(僕の読書+日常記録)

凄い粗れてしまったわけですが、それだけこの試合に勝ちたいという気持ちが良く出た試合だったのかなと。ただ、それを正直に勢いとして出したナイジェリアに対して、アルゼンチンが非常に巧みにゲームをコントロールするという事を放棄せずに、必要な局面でしっかり戦いながら、冷静にゲームを進めたという事が大きな勝利の要因になったのかなと。はっきり言って段違いの身体能力とスキルを兼ね備えたナイジェリアは大きな脅威だったと思うし、単純な足し算だけだったらナイジェリアが勝っていたと思う。でもあの状態で勝ったアルゼンチンのことを真摯に捉えて考えていくべきなのかなと感じました。どうしてアルゼンチンが勝てたのか、ファンタジスタを重用しろと言うのではなく(まあそれも大きな要因の一つではあるのだけど)、サッカーをより深く理解し、試合に勝つために必要な事を捉え、それを実行するという事。勿論その上でロジックだったりグループでの戦術意識というのも必要になるわけだけど、そういうのがうまくいかない時でも踏ん張っていくということにアルゼンチンの懐の深さを感じました。アルゼンチン自体伝統あるサッカーネーションだからスムーズに出来るけど、日本のような国にはまだまだない事、そして学ぶ意志のない国にはきっとずっと出来ない気がするし。そういう意味で日本にも沢山学ぶ事の多かった試合だったのかなと。本当に素晴らしかった。身体能力を埋める非常に質の高いサッカー脳。

と言う事でそういう部分に感動した試合でしたよ。まあ詳しい事はリンク先にて。よろしかったらどうぞ。

そういえば今日は赤いチームが勝ったのね。鹿島は盤石で、レッズは遅刻魔の不在が大きく影響するような試合だったけど、やっぱり勝つのは流石強豪と言ったところ。反さん踏ん張れよー(言いがかり)でも鹿島はやっぱり強い。次は直接対決。めちゃくちゃ分析しなきゃ(自分の中で)で派手は今日はここまでと言う事で。下にはとりあえず今日の結果だけ付けておきます。

|

« 自信に繋がるリスタート@J1 第13節 | Main | 大敗したヴェルディのこの先を考える。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/4817344

Listed below are links to weblogs that reference WY Final!:

« 自信に繋がるリスタート@J1 第13節 | Main | 大敗したヴェルディのこの先を考える。 »