« 今週分をカバーする今日のニュース雑感。 | Main | 自ら嵌った落とし穴(仮)@J1 第17節 »

July 17, 2005

流れを捉えて@J1 第17節 Preview

てっきり今日Jがあると思った人も多いのではないでしょうか?でも今週はHappy Mondayな海の日と言うことで結構珍しい日・月開催です。まあとりあえず「Hot6」で連戦続きの選手達には1・2日長い間隔が空いたのは良かったのかも知れませんね。一応これで半分と言うことでなんだかまとめて来ていて早いなぁという感じがするのですが、この「Hot6」残り2戦は今後に大きく影響してきそうな気もしたりと。と言うことでプレビュー。

J.League Division1 第17節

7/17 19:00KickOff/FC東京 vs Fマリノス@味の素スタジアム「燃え上がるアウトサイド」
F.Marinos          FC Tokyo
    大島  坂田         ルーカス
   大橋    山瀬    戸田   栗澤   ナオ
    上野  那須        今野  梶山   
ドゥトラ        隼磨 金沢        加地
    松田  中澤      ジャーン  茂庭
      榎哲            土肥

と言うことで「ファイヤーワークスナイト」と銘打たれた花火大会も兼ねた明日のゲーム。派手になりそうな感じもしますが、両チームのカラーを考えても固い、そしてシビアなゲームになりそうですね。マリはようやく4-4-2の形がある程度板に付いてきて安定した戦いが出来るようになってきたと思ったら、そんなときに大ちゃんが肉離れで4週間の離脱、良治神・大橋も怪我を抱えてなかなかどうして神様がなかなか味方してくれないなぁと思ったりする状態。対するFC東京の方はと言うと、前節のエスパルス戦で10戦ぶりの勝ち点3を得てようやくようやく長いトンネルを抜けつつあります。元々DFラインの欠員が大きな失速の元となっていた気がしたので、加地・茂庭・ジャーン・金沢という不動のレギュラーが戻ってきて、マイナスなリズムをようやく±0に持ってきたと言う感じなのかも知れませんね。前衛的なクラブを表すようなスペイン風味の4-3-3のチャレンジなど意欲的な姿勢がこの低迷により失われた感がある物の、去年まで慣れ親しんだ4-2-3-1に戻したことで、勝ちを引き寄せただけにこれから巻き返しに鼻息も荒いかも知れませんね。さてそれでは、またばらして。

・狙いは同じアウトサイドアタック、ぶつかり合う個性と対応力。

と言うことでやっぱりFC東京と言えば、切り替えの速さを前に出し、張り出した高いウインガーとサイドバックが織りなす仕掛けの速いサイドアタックが印象的ですが、現在のFマリも中盤でのビルドアップからドゥトラ・隼磨の豊富な運動量から繰り出されるオーバーラップを活かすサイドアタックが主な攻撃パターンなだけに、どちらがサイドで主導権を握っていくのかというのが非常に楽しみな部分でもありますね。システム上の問題などそういう有利不利というのは無いと思うので、そう考えると後はその個性のぶつかり合いと守る方の対応力に掛かってくるのかなと。
まずは攻撃面で見てみましょう。どちらもカウンターに置いても穴が空きにくい形だと基本的には思うので(マリはジェフ戦を見る限り、それなりにボランチがサイドバックが上がった後のスペースを埋めるリスクマネジメントをしっかりとしているし、FC東京の方はタイミングを見て仕掛けてくるオーバーラップなので基本的に最後まで行く可能性が高い、そしてセンターバックがズレながらうまくカバーする)、そうなると重要になってくるのは崩しという部分に移ってきますね。勿論キーとなるのはサイドバックのダイナミズム、それをシンプルに使っていくのか、おとりとして使っていくのかなど、その辺のアイデアなどの勝負になるのかなと。両チームとも中は高く又強いので、単純なハイボールではなかなか難しいだけに、その中でアイデアという部分をどれくらい付随出来るかどうかがスコアに表れるのではないでしょうか。
で逆に問われてくるのはDFの局面局面の対応能力なのかなと。クロスボールをはね返す能力としては両チームとも高いですが、局面的にSBが上がって数的不利を被る形になった時にCBがカバーに行くのか、前の選手がそのままマークに付くのかなどの手法によっては中がずれてくると言う部分もあると思いますし、中に入ってくる選手もマリで言えば山瀬、FC東京で言えば戸田と言った選手をどこまで捕まえられるのかなど、その状況状況によって変わってくる入り方に対応しきれるかなど、その辺がポイントになるのかなと。マリにとってやっぱり怖いのは戸田、右サイドでナオと加地が良いコンビでかなり付いてくると思うので、さすがにドゥトラだけでは苦しいし、彼が後ろに貼り付けられてしまう可能性も出てくる。勿論そこを破らせないためのカバーも大事なんですが、そこで中がずれると合わせてくるルーカスにマークに付けても、神出鬼没に走り回って出てくる戸田は本当に掴みにくい選手なだけに、注意が必要かなと。まあ決定力という問題を抱えているチームですが、そういう場面まで持ち込まれること自体余り好ましくないので、ボールと共に人を捕まえると言うことをどこまで出来るのか、チームのDFの完成度を問われる相手かも知れませんね。

・試合のリズムを捉え、波に沿うような戦いを。

ここまでFC東京は、自分たちが優位で良い内容でゲームを進めながら、結果としてはその反対になってしまうようなゲームが多かったです。この「Hot6」でも1勝3分けと言う結果ですが、ひっくり返れば4連勝してもおかしくない様なゲームをある程度展開できていたと思います(ん?まあちょっと違う部分もあるかも知れないけど)元々攻撃を作る力というのはJでもトップクラスで、茂庭・ジャーンという安定感抜群のCDFコンビも固く、また今野を中心に非常に積極的な中盤のプレスにはまってしまうと、はね返って大きな勢いで襲いかかってくる、成績としては出ていないけどチームとしての戦闘力は決して低い相手じゃない。ただ彼らがどうして結果が出せていないのかと言えば、彼らは波に乗ることにおいてはまだまだ未成熟な部分が多く、試合の流れをうまく捉えられない事が多いからなのかなと。良いリズムの時に作った決定機を逸し、徐々にリズムを失って、踏ん張らなきゃいけない悪いリズムの時に失点してしまったりと、試合の流れにうまく乗れない事が多いのかなと。そういう相手に対して、マリは経験をうまく活かしてそこでアドバンテージを持ってゲームをしていきたいですね。前節のジェフ戦のプレビューでも書きましたが、悪いリズムの時には無理にリスクを冒さずにしっかりとその攻撃を耐えることに主眼を置き、そしてリズムを引き寄せた時に勝負に出て結果を残す。そういうことが出来れば、自ずと勝ち点は転がってくるし、きっと勝利に近づけると思います。ジェフ戦ではそういうことは必ずしも出来ていたとは言い難かっただけに(先制点までは良かった、その後まだ流れがあった中でとどめを刺しきれずに徐々にリズムを失い、我慢しなきゃ行けな時間帯で同点とされてしまった)この試合ではしっかりとゲームの流れを捉え、良い波に乗りたいですね。

と言うことでこんな感じでしょうか。ジェフ戦で作った勝利の流れを継続してこのHot6で出来てきた良い流れを、「勢い」にしたいですね。味スタ行きたいなぁ、でも行けない・・・・。まあ良い試合になることを期待しています。最近マリは良い試合をしていることが多いので、多分イイ試合してくれると信じてますがw

ではその他のゲーム。
7/17 18:00KickOff/アルビ vs グラ@ビッグスワン「ホームの強さ、捉え始めた本当の強さ」
7/17 18:30KickOff/鹿島 vs トリ@カシマ「マグノ様、ドド様、よろしくお願いします」
7/17 19:00KickOff/ふろん太 vs セレッソ@等々力「踏ん張りどころ」
7/17 19:00KickOff/ジュビロ vs 読売@ヤマハ「戦っている"証明"の真偽」
7/17 19:00KickOff/ガンバ vs エスパ@万博「鹿を捉える本物の勢い」
7/17 19:00KickOff/楽天 vs レイソル@ユニバ「地獄の直接対決第2R」

7/18 19:00KickOff/ジェフ vs アルディージャ@臨海「オシムの選択、三浦の自信」
7/18 19:00KickOff/レッズ vs サンフレ@さいたま「ここで負けたら水の泡」

まあやっぱり注目は一番下ですね。レッズは補強の話も非常に話題を呼んでますが、ここで追いすがれなければ、その補強も水の泡になりかねない。ただ相手はサンフレ、守備が固く、対人も強いし、組織で守れると言うことで、相性としてはどうなのかなと。前節の出来は壊滅的だっただけにどこまで立て直せたのか、この月曜開催がどこまでうまくいったのかなど気になります。後はやっぱり鹿島とガンバも気になるし、ジェフ-アルディージャも気になるし・・・・J熱いですな。と言うことでここまでです。ファンサカもやらなきゃ!

|

« 今週分をカバーする今日のニュース雑感。 | Main | 自ら嵌った落とし穴(仮)@J1 第17節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/5000974

Listed below are links to weblogs that reference 流れを捉えて@J1 第17節 Preview:

« 今週分をカバーする今日のニュース雑感。 | Main | 自ら嵌った落とし穴(仮)@J1 第17節 »