« Hot Area@J1 第15節 Preview | Main | エメ祭と共に今日のニュース雑感。 »

July 11, 2005

厄日@J1 第15節

むー、相性の悪さも手伝って難しい試合になってしまいましたね。鬼門名古屋アウェー、雨など、色々とマリにとっては嫌な条件が整ってしまって、ドロー。勿論負けなくて良かったとも思うのですが、様々な周辺状況を考えるとやっぱり勝たなきゃいけない試合でもあったのかなと。しかし、ここと言うところに落とし穴がある、「深津」ですな(スラダン)

J.League Division1 第15節

グランパス 1-1 Fマリノス@瑞穂「一瞬の隙、職人芸」
Grampus:53'藤田俊哉 F.Marinos:52'中澤佑二

F.Marinos Official/Grampus Official

Fマリノススタメン:GK榎本哲也、DF田中隼磨、松田直樹、中澤佑二、河合竜二、MF上野良治(→83'中西永輔"祝J300試合出場!")、那須大亮、奥大介"祈・復活"(→81'清水範久)、大橋正博、FW大島秀夫、坂田大輔(→75'久保竜彦)
グランパススタメン:GK楢崎正剛、DF杉本恵太(→76'井川祐輔)、古賀正紘、増川隆洋、中谷勇介(→73'渡辺圭二)、MF吉村圭司、中村直志、クライトン、藤田俊哉"真骨頂の歴代3位・移籍後初ゴール"、本田圭祐(→73'豊田陽平)、FW中山悟志

「神のお告げ」な岡ちゃんの河合左サイドバック起用vsSBの出来にお怒りネルシーニョの快速アタッカー杉本恵太右サイドバック起用は結果的に負けという形になってしまいましたね。まあそれがゲームの展開を握っていたわけではないけど、狙いをある程度形に出来ていたのはグラ。そしてそれが表れていたマッチアップだったのかも知れませんね。様々な判断を困難にさせる場面を意図的に作った(と思う)事でグラの攻撃はマリにとっては非常にきついモノでした。レポートは省略、というよりグラのオフィがもの凄い詳細に乗せてくれてるので、それを見てくれたらと。ちょっと羨ましい。では簡単に要点を分けて。

・制圧された中盤。押し込められたMF、目線を散らされたDF。

と言うことで「難しい」と書いたのは、こういう部分だったのかなと。基本的にここで取るんだというポイントが定まりきらず、非常に流動的というか形のないグラの中盤のポジショニングにかなり混乱させられてしまいました。昨日のプレビューでベストは前からのプレスで相手の良さを出させない、ベターでもしっかりと組織を作って相手の攻撃を向かいうてる状況を整えて対応することと書いたのですが、結局どちらも出来ませんでしたね。まあグラのボールの周りが良かったこともあるのですが、藤田の所在ないポジショニングにしても、中村直・クライトンの攻撃参加にしても、誰が見るのか、どこでボールに取りにいくのか、というのが全くと言っていいほど整理出来ず、局面的に数的不利な状況に追い込まれたりして、劣勢に陥ってしまいました。意図的だと思うけど、攻勢に出ていても最初から高い位置にいないで、空いたスペースを見極めて低い位置から飛びだすと言うことでフリーになったり、相手を釣ったりしていた中村直志とクライトンのいやらしさにマリはすっかり混乱させられてしまったのかなと。そんなときこそ、タイミングを見計らってマツか佑二がアタックに行ってぶんどって欲しかったという気持ちは正直ありましたが、相手の距離間が非常に良い感じに保たれていたこともあって、軽いパス交換でイナされる可能性も高かったし、そういう意味ではやっぱり今のマリにとっては非常に難しい相手でした。哲也のビッグセーブの数々、水際でなんとかできるだけの高い能力を備えた選手達なので1失点で済んだわけですが、この攻勢を受けることでOMFの位置が自ずと低い位置からとなってしまい、FWとの距離が開いてしまったため、攻撃に置いても時間が掛かってしまったりと、この守備の混乱は攻撃にも悪影響を及ぼしたのは明白。主導権を握ってリズム良くサッカーをするためには、これからもう少し整備していく必要性というのを改めて感じました。

バイタルを使われるという状態では問題は同じ所にありそうなんですが、トリニータの時はFWの出入りによるもの(CDFのマークの付き方とカバーの問題)、今回は中盤の選手の流動的なポジショニング(中盤の選手がどこまで付くのか、人に付くのか、ゾーンを築くのか)、又違う原因でもあるといえます。トリニータ戦で出た課題を鹿島戦ではしっかり修正出来ただけに、次の時にはまたうまく修正してDFからチームの背中を押せるようにしたいところですね。

・改めて感じたドゥトラの穴。埋めきれない時にどうするか。

マリにとってやはり左サイドは、相手とのアドバンテージを作る意味では大きな存在なのですが、河合も頑張っていたけど不在というのが目立ってしまった結果になってしまいましたね。HotAreaと言うことで本職ではない杉本を突きたいと書きましたが、逆に本職でない河合が彼の勢いを付けたスペースを突く動きに四苦八苦してしまい、後手に陥ってしまいましたね。普段なら対人に置いて非常に積極的なアプローチでがつんと得意な河合ですが、どちらかと言えばスピードの止まった状態で止める方が得意で、いきなりトップスピードで来る相手に対してはちょっと不慣れな部分があったのかなと。まあ起用した側の問題だけど、やはりこれから隼磨の方も含めてSBのバックアップでは考えて行かなきゃいけないのかなと思わされました。普通にエースケでも良かった気はするけど、神のお告げなら仕方ないとは思うけど、無理に4バックをやらなくても・・・・変則の3バックみたいにして、隼磨を高い位置に上げたりしても良かったかな・・・・。まあ結果論ですけどね。

大きな変化の時期を迎えるグランパス、アタッカー頼りからの脱却。

マリのことではないのですが、次に鹿島と当たると言うことも含めて、グランパスのことをちょっと。ウェズレイ・マルケスというグランパスの大看板だった二人が抜け、今までは彼らの能力に頼ってきた攻撃が多かったのですが、彼らがいないと言うことでどうしてもチームで崩してゴールを獲ることが求められていく中で、藤田の加入が大きくチームを替えたのかなと。チームの重心が中盤に移った事で随分チームが変わってきていて(ナビスコ見てないことバレバレ 苦笑)FWには独力打開を期待するだけではなくて、ポジショニングでラインをコントロールし、ラインが下がることで生まれるバイタルに藤田や本田と言った存在感を出す事は勿論、後ろから見極めて中村直志・クライトンが上がって攻撃に厚みを加える形は非常にコレクティブだし、可能性を感じるモノだったのかなと。中盤の選手を見ると、能力が高く、しかも特徴として「動きながら存在感を出す」という要素がある(本田は例外かな)ので、コンビネーション・共通理解が高まれば、より質の高いモノを見せてくれそうです。勿論ルイゾンが入ってきて、新たな課題も出てくると思うけど、思った以上に藤田が加入したメリットというのが、即効的に出ているのかなと感じました。次は鹿島、この試合でキレていた中村直志やゴールを獲った藤田など相手のゾーンに捕まらないで、鹿島のDFラインをトラウマにするぐらいちんちんにすることを期待してますw

と言うことで直接対決で叩いたことで10に縮めた差は、又12と広がってしまいました。残念ですが、こういう風に勝ち点を拾っていくしかないし、もう前を向いていくしかないですからね。ホテルがとれず、新幹線も走らなくてバスで横浜まで帰らなきゃいけなかったり、そして一番大事なゲームでも鹿島との差が開いてしまった。何か選手達にとっては厄日のような感じになってしまいましたが、まあもう切り替えていくしかないし、追いかける側として勝っていくしかないのだから、シンプルですよね。ただこういう試合で勝たないと追いつけないと言うことを考えちゃうんだよね・・・・鹿島は最悪の内容でも勝ち点積み上げてるし。まあ考えてもしょうがないので、次ですな。

ではその他の試合。
鹿島 2-0 ふろん太@カシマ「独走へ、トップフォーム」
Antlers:47'OG 79'小笠原満男

ジェフ 3-2 アルビ@臨海「臨海劇場。教え子、屈す」
Jef:53'佐藤勇人 61'巻誠一郎 86'要田勇一"ヨーダ" Albi:40'エジミウソン 59'上野優作"采配的中"

レッズ 1-2 アルディージャ@埼玉「意地のリベンジ」
Reds:44'トゥーリオ Ardija:18'トニーニョ 22'桜井直人

ジュビロ 3-0 セレッソ@ヤマハ「意地と成長のハットトリック」
Jubilo:51'&55'&70'前田遼一"牛肉1kg"

FC東京 0-0 東京ヴェルディ@味スタ「全ては無に帰す」

楽天 0-3 エスパ@ウイング「まずはシャツの色を白黒に」
S-pulse:35'チョ・ジェジン"HappyBirthday" 43'久保山由清 65'チェ・テウク

ガンバ 3-2 レイソル@万博「猛追」
Gamba:15'宮本恒靖 56'フェルナンジーニョ 82'山口智 Reysol:57'小林祐三 80'明神智和

トリ 0-1 サンフレ@ビッグアイ「諦めない優勝への道」
Sanfrecce:89'ガウボン

しかし、鹿島の試合は本当に良くなかったのに、結果としてセット2発で勝つと言うことで本当に嘘じゃない勢いというか自信というのをチームに感じたりして凄い嫌な気分です。勿論色々と不安要素もあるわけですが、ちょっとどこかがプレッシャーを掛けないと(=どこかが追いつく)、そのまま走ってしまいそう。今はその下が混戦だけど、ここに引きずり込まないと鹿島のペースダウンはあんまり見込めないのかなと。てゆうか小笠原移籍しないかな・・・・・。そういう意味では今日のガンバの勝ちは大きいですね。

と言うことで今日はここまでなんですが、昨日は休んじゃってすいませんでした。非常に私事なんですが、昨日は右手の小指を折りまして、全く更新どころではありませんでした。小指が使えなくても、僕は左利きだし、キーボードを打つ時も我流なので、全くと言っていいほど小指を使わないので、何とか打てています。でも又休むかも知れないのでその辺はご理解を。ではこれまで。

|

« Hot Area@J1 第15節 Preview | Main | エメ祭と共に今日のニュース雑感。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/4919557

Listed below are links to weblogs that reference 厄日@J1 第15節:

« Hot Area@J1 第15節 Preview | Main | エメ祭と共に今日のニュース雑感。 »