« Renewal F.Marinos, "Hot 6" of a counterattack!! | Main | WY Final! »

July 03, 2005

自信に繋がるリスタート@J1 第13節

ビデオ録画失敗~!細かい事は書けません(泣)とりあえず明日の再放送見てからになりそうですもうだめぽ・・・_| ̄|○

でも勝って良かったwてゆうか何で間違えたんだろう・・・・。

J.League Division1 第13節

トリニータ 0-2 Fマリノス@ビッグアイ「幕開けはタフマッチ」
F.Marinos:56'大島秀夫 86'坂田大輔

F.Marinos Official

Fマリノススタメン:GK榎本哲也、DF田中隼磨、松田直樹、中澤佑二、ドゥトラMF上野良治(→79'河合竜二)、那須大亮、奥大介(→89'塩川岳人)、大橋正博、FW大島秀夫、清水範久(→46'坂田大輔)
トリニータスタメン:GK西川周作"開花する才能"、DF有村光史(→81'阿部吉朗)、柴小屋雄一、三木隆司、吉村光示、MF梅田高志、川田和宏、西山哲平(→63'小森田友明)、吉田孝行(→46'高松大樹)、FWマグノ・アウベス、ドド

とりあえずようやくようやく見る事ができたのですが、旬も過ぎてしまったので、簡単に要点だけ。見所としては、やっぱり中断期間中に準備してきた4バックのシステムにおいての守備の整備、それに付随する中盤の攻勢の変化による流動性の有無とサイドバックのダイナミズムが攻撃面でどう出るのかというのが気になったわけですが、この試合では気候的な側面はあったとはいえ、良い出来とは決して言えないようなパフォーマンスでした。

まあまずトリニータの非常に献身的なフォアチェック、2トップの起点を作るための動きが良かった事で、マリはリズムを作れなかった(後半に入って良くなったけど)FWの下がって起点を作る動きに対して、3バックの時は多少無理が利いたというか、2トップに対しては余れた事もあって、下がってもそのまま付いていって獲りきってしまうと言う形もあったのですが、4バックになるとセンターに置いては数的同数なだけにその無理がなかなか出来ない。そういう意味では本当ならボランチがケアしていくべき所なんだけど、それが出来なかった事で、起点を作られサイドに良い形で散らされ、そして良い攻撃のリズムが出来たのかなと。始めたばかりと言う事はあるにしても、受けに回った時にどのタイミングで、そしてどのエリアでボールを取りにいくのかというのがはっきりせず、その辺は誰もが手探りの状態でプレーしていたような感じでしたね。

で、隼磨が久しぶりに守備に置いて後手を踏んでいたのが新鮮だったわけですが、純粋に縦を突いてくるようなタイプじゃない吉田孝行(怪我は大丈夫かしら、元マリであり、元フリエの子としては気になっちゃう)のチームタスクをこなしながらもかなり柔軟に動く動きに対してどうするのか解決策が見いだせなかった事は4バックの中で大きな課題が見えたのかなと。中に動かれて、誰が付くのか曖昧のまま決定機に絡まれるなど本当に不味かった。まあチーム全体として前に圧力を掛けるようなプレッシングの以外の守り方に置いては少し考えていかなきゃいけない所は多いと素直に感じました。それにしても佑二はチームを助けてくれるね、前半のうちにやられてたらちょっと不味かったと思うし・・・。後半のあの時間帯で獲られてたらと思うと・・・・。

攻撃に関しては気候を考慮してか、それともボランチがパスディバイダーとなれずゲームを作れないのかわかりませんが、ボールを飛ばす事を選択する事が多かったのかなと。那須は(相変わらずと言わざるを得ないかな?)ミスが多かったこと、良治たんのコンディションが上がってこなくて、中断前と同じように運動量が低くて攻守に中途半端で、またほとんど実効的な要素の低いプレーに終始してしまったこともあって、ほとんど攻撃が作れない状態だったことが大きく起因していると思うのですが(ボランチがこれではこのやり方は本当に苦しいと思う。きつい言い方だけど)、後半マリにリズムが転がってきたこともあって、ゲームとしては何とかなったのは本当にラッキーだったなぁと。坂田のパフォーマンスが流れを引き寄せてくれたこともあるにしても、吉田が引き続き出ていたら、もうちょっと難しい試合になってただろうし。ただ、結果としてFWの二人がゴールを獲ったことは本当に良かったと思うし、これで勢いに乗ってくれたらいいなと。特に坂田は今日のようなプレーの感触を継続して持ち続けて欲しいなと。積極性と粘り強いプレーは、これから先より必要な場面が出てくるはず(暑くなって間延びするようなシーンが出てきたら、求められるのは局面打開力だと思うので)それと大橋も良かった!FKでのアシストシーンはギャラクシー戦を彷彿とさせる鋭く速いボールでゴールを呼び込んだし、技術と精度という特徴を巧く出せていたのかなと。もう少しFWへのサポートと自分のプレーを出す場面のバランスとかが良くなるともっとゴールに絡めるようなシーンも出てくると思うし、そういう意味では期待感の伴う出来だったのかなと。

とにかく結果としては最高のモノだし、これからしっかりと曖昧な部分を整備すれば、安定してきて今度は攻撃陣に良いリズムを波及できるのかなと希望的観測。もう少し大ちゃんや良治たんには元気になってもらわないとまだまだ苦しいかなと思わなくはないけど・・・・。

ただ次の鹿島戦を考えると正直言って不安の感じる出来だったのは確か。曖昧な部分をめざとく、そして鋭く突いてくる鹿島相手には(特にジェフとの4-2のゲームはしっかりとジェフの弱点であった3バックのサイドのスペースを巧みに使ってゴールに繋げていたし)余り曖昧なところを残しておきたくないところだし、そういう意味ではどこまで修正出来たのか、そしてもう一度戻す選択肢はあっても良いのかなという感じはあります。まあ岡ちゃんは負けるまでやるだろうから変わらないと思うけど、バイタルのケアの問題とサイドバックとCDFの受け渡し、カバーを含めた単純な数的な問題など受けの守備に関して課題は残るだけに、次の試合ではよりシビアな部分が問われるかも知れませんね。とりあえず、しっかりと勝てて良かった。選手評はもう出来ないのでなし。

ではその他の結果。ヴェルディは毎年こういう試合を一回はやるんだねぇ。

ガンバ 7-1 ヴェルディ@万博「Spark!」
Gamba:44'&50'&62'アラウージョ"一人でデキタ!3G4A" 46'&79'大黒将志"大黒様" 65'宮本恒靖"ツネ様" Verdy:57'ワシントン

ジュビロ 1-2 ふろん太@ヤマハ「Juni&Hulk」
Jubilo:89'名波浩"芸術FK" Frontale:29'ジュニーニョ 85'フッキ

楽天 1-1 ジェフ@ウイング「パベル効果?」
Vissel:21'平瀬智行 Jef:68'阿部勇樹

レイソル 1-1 サンフレ@日立「屈辱に目覚めたエース」
Reysol:77'玉田圭司 Sanfrecce42'佐藤寿人

グラ 1-1 アルディージャ@トヨタ「赤い10番」
Grampus:53'古賀正紘 Ardija:27'クリスティアン

FC東京 2-2 セレッソ@味スタ「代表の存在感」
FC:53'戸田光洋 55'ルーカス Crezo:75'p&89'ゼ・カルロス

日曜開催分
鹿島 2-1 エスパ@カシマ「常勝復活の礎」
Kashima:1'&56'アレックス・ミネイロ S-pulse:87'太田圭輔

レッズ 2-1 アルビ@さいたま「エース」
Reds:58'山田暢久 64'田中達也 Alb:40'エジミウソン

と言う事で恐ろしく中身のないエントリーになっちゃいましたが、もうユースの3決も始まっちゃってるし、書く事も大してないので、とりあえずこんな所で。とりあえず見たら修正するということで下書きみたいなモノかも(苦笑)そういえば、今日一試合も見れていない(苦笑)とりあえず夜中にやるFC東京の試合と、間違えて撮っていたジェフの試合は見ようと思います(レポートはしないと思いますが)では今日はこの辺で。

|

« Renewal F.Marinos, "Hot 6" of a counterattack!! | Main | WY Final! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/4804523

Listed below are links to weblogs that reference 自信に繋がるリスタート@J1 第13節:

« Renewal F.Marinos, "Hot 6" of a counterattack!! | Main | WY Final! »