« WYプレビューと合わせて、軽めに今日のニュース雑感。 | Main | A challenge to conquest@ConfederationsCup 2005 vsギリシャ Preview »

June 19, 2005

何はともあれ、付いてきた結果@WY GroupLeague vsオーストラリア

正直試合中、このまま負けちゃった方が良いんじゃないかとか凄い思った訳ですよ。もちろん今の日本の指導方針+監督への不信感だったり、選手達も才能はあってもどこか戦う気持ちだったり、どうも覇気を感じないプレーに終始し、また動かない・・・・。まあゲームプランもあるのかも知れないけど、このままじゃ才能が死んじゃう気がして。でもこの先の選手達の事を考えたら、こういう舞台で本気の勝負を沢山積んだ方がいいのだから、やっぱり良かったのか。勝ち点2でのグループリーグ突破って初めて見たよ。結局は総得点でのグループリーグ2位。マドゥロ、GJ!そして前俊、熊を見返したね!

FIFA World Youth Championship Netherland 2005
Group A Japan 1-1 Australia @ Kerklade
Japan:87'S.Maeda Australia:75'Townsend

FIFA Official

日本スタメン:GK西川周作、DF柳楽智和、増嶋竜也(→80'森本貴幸)、水本裕貴、MF小林祐三、梶山陽平、中村北斗、家長昭博(→58'前田俊介)、兵藤慎剛(→67'水野晃樹)FWカレン・ロバート、平山相太

前半のようなとんでもないスローペースで、勝ちたいという意欲も、絶対に負けないという気迫も全く感じられず、戦う気持ちをロッカーに置いてきてしまったかのような消極的なサッカーに終始してしましました。ただ、今日は繋ぐ意識がいつもより少しだけ高く、慣れていないし動く意識が低いので、なかなか続いてパスは回らないモノの、むやみにボールロストすることは減ったのかなと。ただ守備に置いてもなかなかボールを取りきれず、アプローチに置いて後手を踏む部分も多く、淡々とゲームが進んでいき、結局0-0のまま前半を終わります。

後半、ようやく勝ちたい気持ちを持って試合に入ったことで、積極的に動いて良い形を作り出す。細かいパスからサイドを破いて、鋭いクロスを入れたりと惜しいチャンスも出来はじめ、さすがにあのもっさりとした前半の振り払うように戦い始める。まだまだ運動量は低いし、ラインが低く間延びして大きく中盤が空いてしまって、ほとんどDFラインでの対応となってしまってはいますが、梶山が少しずつ復調してボールを前に繋ぎ、平山もボールが収まるようになり、サイドに開く家長やカレンが仕掛けるなど、リズムは悪くない。しかし、ここで選手交代、前俊投入。前俊はアタッカーなので守備は出来ないのに、強要されて可哀想。家長はカードもあったけど積極的に動いていてこの采配に????と言う感じがありましたが、これでまた一時良くなっていたリズムを手放してしまう。ミスの多かった兵藤→水野とようやくまともな采配を振るって(怪我という要素もあるからどうなのかわからないけど)リズムを取り戻しに行くが、水野の運動量もカンフル剤にはならず、なかなか良い形が出てこない。平山の好判断からのクイックスタートから前俊が素晴らしいファーストタッチから相手をかわして、フィニッシュ!かと思われたが足元に入りすぎて奪われるなど、ゴールが遠い。後半30分、ここまで再三の安定したゴールキーピングでこのグダグダなチームを救い続けた西川がセットからハイボールの処理を誤り、これを詰められてオーストラリアに先制を許してしまう。しかしここからようやく覚醒した日本は攻勢に出る。大熊監督もようやくチキンから脱却して守備の要増嶋から森本へスイッチし、前への圧力を強め、又低く間延びの原因となっていたライン設定の修正等を施して、勝負に出る。この姿勢が功を奏したのか、バイタルに持ち込んだ梶山が、一度は阻まれたモノの手に当たった(?)事でボールが戻ってきたボールを苦しい体制ながら柔らかいボールを中に流し込み、これに反応した前田俊介が不得意な右足で振り抜き、これがGKの手を弾いてゴールに吸い込まれて、同点!時間は43分と終了間際のゴールでした。この後平山がカウンターから決定機を迎えるが、キックミスで逃すと、逆にCKからのカウンターを浴びて一気にゴール前まで持ち込まれ、チェックに入っていた小林が振られて目をつぶりたくなる瞬間、カレンが戻ってきてスーパーカバー!その後、CKが連続して続くが集中して守りきり、1-1。オランダ-ベナンは決勝トーナメントに1位通過が決まっていたオランダがマドゥロのゴールを守りきって、全勝での突破を決め、勝ち点2で内容も酷いモノの決勝トーナメントに進むことが決定、決勝トーナメント一回戦はアフリカ予選を4位で通過したモロッコと決まりました。

まあ本当にどうなっちゃうんだろうと思ってましたが、とりあえず選手のことを(強調)思えば、決勝トーナメントに進んでより厳しい経験を得れるというのは良かったのかなと。オーストラリアも決して強い相手ではなかったし(てゆうか弱かったと思う。単にでかくて、身体が強いだけでへたっぴばっかり、精度も低くミスも多かった訳だし)(8番のラテンな雰囲気漂うリズミカルなプレーと6番のパスセンスぐらいかな)、この相手に勝てないの?と思うような相手だった訳で、非常に不満というかこんなモノじゃないはずと未だに思う訳ですが、改めて未熟なところをさらけ出してしまいました。これは監督のせいではなく(まあ全般的には監督の責任ということなんだろうけど、てゆうか彼を登用する唯一の意味である精神的タフさや戦う意識など)選手達が非常に消極的で結果を怖れるような試合をしてしまうこと。せっかくの国際舞台であっても、ゲームの入り方が非常に消極的で意欲的にゲームに取り組まず、動く意識が低くパスの選択肢も広がらず、全く持って若さを感じない。才能に溺れているチームと成り下がってしまっているのかなと。意欲さえ高まれば、本当に素晴らしい力を持っている選手達なのに、そういう部分では精神的な要素でもまだまだ成長すべき、改善すべき点は多いです。

ただ、それでも自立の意識は出てきた部分もあります。それは繋ぐ意識。ここまでの試合に置いて全く機能せず、方針自体が疑問な放り込みサッカーから距離を置いて、繋いでボールを前に運ぼうという意欲があったこと。もちろん上に書いた通り、パス&ムーブ、パスコースの確保、オフ・ザ・ボールの動きなどが本当に質の低いモノでしたが、それでもミスをしてもそれを繰り返しチャレンジしたこと。大熊監督の方針を鵜呑みにせずに自分たちで考え、それを意識してプレーしたというのは改善の兆しというか成長の兆しがあるのかなと。まだまだこんなモノで納得してもらっては困るし、これからより判断力を速くし、積極的に動いて、どんどん前半から意欲的な姿勢を貫いて欲しいなと。貴重な時間である45分を無駄にしないで欲しいなと。今、ペースコントロールなんて覚える必要はないよ。まずは世界と真正面から対峙して経験を積むことの方が大事。自分たちでその機会を放棄しないで欲しい。その上ので結果であり、経験だと思うので。逆に大熊監督にも追い込まれてから勝負する勇気があったこと、決勝トーナメントでも最初から勝負して欲しいし、ベンチでは静かにして選手達を信じてあげてほしい。彼らの判断力を育てる場でもあるのだから、外でワーキャー騒がず、選手達を見守って上げて欲しい。前から思っていたのですが、オーバーコーチングは選手の成長を阻害しますから。

では選手評。簡単に。
西川周作(トリニータ)→ミスは言い訳の余地はないけど、君自体は素晴らしいパフォーマンスをここまで続けてチームを救い続けてきた訳だから、下を向かないで欲しい。個人的に非常に将来性を感じるし(特に初速反応の鋭さとセービングの安定度、そして観察力と読み)この経験を糧に、これからも成長して欲しい。ってユースが終わってから書くような文章になっちゃった。ミス以外は素晴らしかった。

柳楽智和(アビスパ)→多少ビルドアップで恐がりな感じもあるのは否めないモノの、守備に関しては身体を張って踏ん張るここのところのパフォーマンスを継続。長いボールは蹴っちゃいけない訳じゃない、逃げの姿勢で責任回避的に蹴るのではなく、タイミングを計り(周囲のサポートの有無、ターゲットと相手のポジショニング、ボールの質など)きっちりとビルドアップになり得るボールを蹴る必要性を感じて欲しい。がむしゃらな姿勢はこのチームに足りないモノ、続けて欲しい。

増嶋竜也(FC東京)→不安定。カバーなど良いシーンもあるけど、人に対しての対応、ビルドアップにおいてのやってはいけないミス、そしてライン設定と改善しないといけない点は多い。もっと強気に、結果を怖れずにもラインは高く。間延びの原因だし、何よりも消極的な姿勢を表しているのだから。弱気は最大の敵。

水本裕貴(ジェフ)→本当に安定しているし、家長・前俊とあんまり守備に置いて期待出来ない選手を前に抱えながらよく踏ん張って瓦解を止めていることを考えたら頭が上がらない。ビルドアップもトップチームの経験が活きているのか落ち着いているし、積極的にオーバーラップを仕掛けるなど、このチームでは一番頼もしいし、計算出来る。

小林祐三(レイソル)→ラインが低いのも手伝って、どうしてもフォアリベロ的な役割になってしまい、スペースをケアしきれない部分が多い。それでも後半は積極性を見せて攻撃に絡む意識も見え、ようやくJでのプレーが少しかいま見えた。このチームでは泥を被る存在だけど、もう少し影響力を強めたい。しっかりと取りきる強さを。

梶山陽平(FC東京)→前半だけの出来なら酷評もの。才能に溺れて動かない、こんなモノじゃないはず、と書こうと思ったのだけど後半はゲームの流れに乗ってボールに多く絡み、また前にも顔を出してチャンスを生み出すなど(アシストも記録、平山へのパスも素晴らしかった、あれは平山が反応しなかったことを責めてやってほしい、彼のためにも)らしさも発揮。良い形でボールを散らし、キープに置いても相手の身体の強さに負けずに踏ん張ってキープしたり、守備に置いてもうまくセンスを発揮してボールを絡め取るなど、ハイブリッドな部分をかいま見せた。まだまだこんなモノじゃないはずだし、意識をより積極的にし、切り替えを速くするなど運動量を増やせばもっと良くなる。こんな所で満足してもらっては困るよ。小さなパスの弱い部分など細かい部分は気を付けて。

中村北斗(アビスパ)→なんか大人しくなっちゃったなぁと言う印象。アジアレベルとは違うにしても、もっと上がってあの直線的な速いクロスを見たいんだけど、突破出来ないし、回数自体が少ない。確かに守備は安定するようになってきたけど、サイド(バックにしても)の仕事はそれだけじゃない。ビルドアップにより強い参加意欲を持ち、タイミング良くあがって仕掛けるシーンが見たい。これなら水野と変えられても文句は言えないかな。

家長昭博(ガンバ)→相変わらず積極的な仕掛けで閉塞した状況を打開しようという意欲が見える出来。細かいプレーが雑と言う個のチームの例に違わぬ悪癖はあるモノの、それでも十分に武器があるのだからそれを前に出していけばいいと思う。ただフィニッシュ、打ちたいね。平山なんか無視だ、打って良いよ。交代に疑問。彼以上に局面打開が期待出来る選手はいないのに。より動いてボールを呼び込む動きを。自分で自分の働き場所を作る意識を。

兵藤慎剛(早稲田大)→早くマリに来い、鍛え直してやる!と言う感じかなと。確かに様々なところに顔を出してボールにも絡んでいるのだけど、雑なプレーも多いし、実効的要素が少なく、余り意味のないプレーが多い。もっと周りを把握し、感じる力を強めてほしい。こんなに出来ない選手ではないはず。キックもぶれすぎ。出れない選手の分も考えて、雑なプレーだけは勘弁。Capのプレッシャー?交代は妥当。

カレン・ロバート(ジュビロ)→まあ攻撃に関しては相変わらずチームの攻撃が定まらず活きるような場面が少なく苦しんでいるが、その分動いているし、貢献度は高い。このチームに置いて動く選手は希少なだけに、ありがたみを感じる。しかし、カレンも例に漏れず雑なプレーが多い。まあそれでもあのスーパーカバーはゴールと同じくらいの価値。サポートの距離感とアングル等は改善の余地あり。

平山相太(筑波大)→ヘッドは当てればいいよ、振ることない。シュートは枠に飛ばそう、軸足の距離遠すぎ。ポスト早く裁け、判断遅すぎ。CKからの惜しいシュートはあったが、それ以外はかなりイマイチ。自分が巧いと思っているようなプレーが多いし、過信して欲しくない。足元は下手なんだから、自分の役割をまずこなすこと。突破に関しては確かに柔らかいけど、効果薄い。より感覚をとぎすませ、反応してほしい。タスクの鍵であり、エースストライカーと責任は重いがシンプルにプレーしてペナで勝負するという事をしっかりして欲しい。

前田俊介(サンフレ)→神!この才能を無為に扱われた事に本当に腹が立つ。理不尽采配のフラストレーションを爆発させて、逆に監督を救うゴール。彼もアタッキングエリアで光る選手、小野監督の彼の使い方を見ていると本当にそう思う。左サイドでもある程度光ったが守備を求められてもきつい。そういう部分をカバーするような采配をして上げて欲しい。見事なクラックぶり。

水野晃樹(ジェフ)→カレンと一緒でこのチームに置いて動く選手は希少価値が大きい。ただ動くだけじゃなく、ボールに絡んでも有機的に機能出来るこのセンスを90分使うべきなのではと改めて思った。チームの劣勢の中で下がらされる部分も多かったが、それでも動き回った。FKも変わらず鋭く、ベンチに置くのは勿体ない。

森本貴幸(ヴェルディ)→2戦目の不出来を乗り越える積極的プレー、とにかく勝つ意欲に溢れていたようなプレーでチームを鼓舞した。前を向けばさすがに鋭く、シュートこそなかったが流れを引き込んだ。ライバル前俊が結果を出しただけに正念場。ワンダーボーイも結果が欲しい。刺激しあってより高みに登って欲しい。

まあとにもかくにも決勝トーナメント進出を決めた訳で、もう結果に引きずられることなく真正面から自分たちのやりたいサッカーで勝負して欲しい。別に結果は出なくても構わない、結果を怖れず世界とぶつかり合うことでわかることの方が価値は高い。それをトーナメントでして欲しいなと。複雑な部分は否めないですけど、行くからには正々堂々とぶつかって散るぐらいの意識で頑張って欲しい。熊、弱気にならず最初から勝負に出ろ。初戦のようなギャンブルではなく、積極的に出来の良い選手を使い、選手達に前に出て戦う意識を促す選手起用をしてほしい。指揮官がびびってちゃ世界と勝負は出来ない。もうノルマを達成したなら、もう良いじゃないか。と言うことで今日はここまで。

|

« WYプレビューと合わせて、軽めに今日のニュース雑感。 | Main | A challenge to conquest@ConfederationsCup 2005 vsギリシャ Preview »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/4614275

Listed below are links to weblogs that reference 何はともあれ、付いてきた結果@WY GroupLeague vsオーストラリア:

« WYプレビューと合わせて、軽めに今日のニュース雑感。 | Main | A challenge to conquest@ConfederationsCup 2005 vsギリシャ Preview »