« 付けなきゃいけない落とし前@WC Asian Final.Q vs北朝鮮 Preview | Main | アメリカで掴んだ大きな手応え@F.Marinos W.Challenge vs L.A.Galaxy »

June 09, 2005

祝・WC出場決定!北朝鮮戦仮雑感。

とにもかくにも3大会連続でのWC出場を決めてくれました。選手・スタッフの皆さん本当におめでとうございます、というよりお疲れ様ですって感じです。試合が終わって出場権獲った訳ですが、何か感動するとか、興奮するとか言うより安堵したと言う感じが素直な感想です。前に進んで、ここが目標ではなくなってしまったこと、そして心のどこかにこれならやって当然と思う部分で、ここではもの凄い喜びという感じにならなかったのは、少しだけ寂しいし、ここまで昇ってきたことを後悔するような感じです。まあ今日は既にしこたま飲んできたので、簡単に又仮雑感という形で。その前に記しておきましょうね。

祝・WC出場決定!3大会連続、そして一番乗り!

World Cup 2006 Germany Asian Final Qualify
Group B/Korea DPR 0-2 Japan @ Supachalasai National Stadium,Bangkok Japan:73'柳沢敦 89'大黒将志

日本スタメン:GK川口能活、DF田中誠、宮本恒靖、中澤佑二、MF福西崇史、稲本潤一、加地亮、中田浩二、小笠原満男、FW柳沢敦(→85'遠藤保仁)、鈴木隆行(→46'大黒将志)
バーレーンスタメン:GKキム・ミョンイル、DFリ・ミョンサム、リ・クァンチョン、チャン・ソクチョル、ハン・ソンチョル、MFリ・ハンジェ、チョン・チョル(→28'キム・ヨンス)、キム・ヨンジュン、パク・チョルチン(→46'キム・ソンチョル)、FWホン・ヨンジョ、チェ・チョルマン(→61'パク・ナムチョル)

・勝って決めることが最初から決まって多様な試合だった気がする。全く負ける気がしない試合だったのかなと。北朝鮮はよくわかんない。ゲームプランも何も感じなかった。
・やはりいつもの勝手と違うのか、無冠客なスタジアムは異様。ただ外から聞こえてくる声。しかし選手達は暑さの影響もあるのかも知れないが、どうも緊張感を感じず曖昧な部分が目立ったり、ボールを受ける動きがあまりに少なく、硬直した展開の中で試合を進めてしまった。
・鈴木の出来が非常に悪い。というより現状では彼に頼る様な部分が減ったのかも知れない。守備貢献や身体を張ったポストプレー(あんまり意味ないというのは前も書いたけど、彼のポストは前にボールを繋ぐためだけでゴールと獲るためのポストが出来ないのは本当に萎える)など、苦しいときにはありがたいけど、良いときには彼の荒さが改めて浮き彫りになってしまう。ペナの中に入っていかない消極性など、力が上回ってるときは余り効果的ではないのかも知れないねぇ。彼に頼らなくても戦える状態になるのが一番良いと思うけど。攻撃停滞しちゃうからね、どうしても。もう一度、飢えみたいなモノを取り戻して欲しい。
・ボランチのポジショニングはあれで良いのかと思うぐらい、変な感じ。縦関係と言うべき感じだったが、稲本が戻り切れていなかったり、運動量という部分で非常に疑問な出来。後半はさすがに良くなったけど、何か試合勘が飛んでるのかなと感じは受けた。アピールのためにゴール獲りたかったんだろうけど、この状態では単に自己中なポジショニングに見えた。
・左の中田浩二、見てみたかったけどこのチームでは慣れていないという感じも。ただ守備は流石。相手との経験の差を感じる巧みな守備。攻撃に置いて突破ではなく、早いタイミングでの精度の高さが見たかったかも。まあそういう形でボールが来なかったこともあるけど。セットは相変わらず感覚的に鋭いね。もう少し見てみたい。
・暑くても、走らないとボールは繋がらない。まあドローで良いんだから、無理する必要はないか・・・とか色々と思いを巡らせている部分もあったけど。前半はセットぐらいかな?何となくこれが本番だと思えない緊張しない試合も珍しいね。友人の周りではもの凄い不満囂々。


・後半開始、大黒投入。珍しいジーコの素早い交代。これは妥当。期待度の高かったヤナ・グロコンビ。これがはまると言うより彼ららしいアクティブな展開で攻撃が流れ始める。いいね、若々しくて。
・球離れも良いので、小笠原も良いタイミングで前を向いてもらえるようになってきた。もちろん警戒はきついし、チーム全体の運動量が如実に変わった訳ではないので、囲まれて苦境と言うシーンもあったけど、落ち着いて進めていたのかなと。楔から大黒のダイレクトポストに絡んでスルーパスを柳沢への展開はバーレーン戦の残り香って感じで、良かった。ヤナギも強引にシュートへ持って行った形に成長を感じた。
・柳沢の成長を改めて感じる。何か雰囲気だけじゃなくて逞しくなってる。そしてシュートも5本枠へ!そしてゴールですよ。稲本のフィードをペナで大黒が競って、こぼれたところを後ろから走り込んで反応したのは柳沢!素晴らしいスライディングシュート!難しい形でこそ決めるのが柳沢って感じ!メッシーナでもFW起用される様になるよ、これを維持すれば。
・今までは攻撃も遅くなってカウンターという形が少なかったけど、この6月シリーズは前が動くことでそういう形で出やすくなったのかなと。ダイレクトのパス交換からカウンターなども出るようになってチームとして色々と整理されてきたのかなと。そして終了間際の大黒連発!一発目も綺麗な受け方からうまく外して左足で強烈に叩いて決まった!と思ったけど、キーパーの手に。でも二本目は稲本のチェックからマコのインターセプト、そして早いタイミングでスルーパス、これをうまくかいくぐった大黒が飛びだしてきたGK(遅いタイミングだったなぁ・・・)をあっさりかわして、ゴール!良かった良かった。ストライカーの仕事をこなしたね。意識もしっかりしてるし。
・北朝鮮は相変わらずDQN過ぎ。まあマコのしゃちほこキックがあったにしても、セルフコントロールと言うことを知らないらしい。後味悪いのはお国柄って感じ。まあ気持ち悪い人たちな事に変わりはないね。スポーツでも爽やかさがないね。
・まあグダグダだったと思う。まあ難しい条件だったけど、バーレーン戦とは真逆な悪い方の日本が出てしまっていたような感想を受けたけど、それでも勝てるのが地力を表しているのかも。とにかく良かった。

今回のことでワールドカップに行けることになった訳ですが、この2戦の相手の出来の悪さを見て、何に怖れていたのかわからなくなるぐらい、何かあっさりと勝って事で、自分たちで幻想を大きくしすぎたのかなという感じさえ受けました。もちろんその原因は日本代表チーム自体がここまで示してきたパフォーマンスにあった訳ですが、(今まで作ってきたサッカーに不安を感じる部分だったり、一回目の対戦の時にかなり苦しんだ記憶だったり、直前のキリンカップでの連敗だったり)その不安が敵を大きく見せたのかなと感じました。これからもきっとそういうことはあると思うけど、それを打ち消すのも又自らと言うことなんでしょうね。でもそういうことを繰り返して強くなっていかなければならないのかなと。例えば去年の2月のオマーン戦で5-0ぐらいで叩きのめして、最終予選も楽勝にあっさりと決めてたらこのチームはここまで何かを掴むことはなかったのかなと。このチームに関しては色々と考えさせられたし、選手達も色々と考えて頭を悩ませたと思う。そういうことがまた成長の一端を握っていたのは間違いない部分も考えたら、それは苦しいし、もどかしいけど悪いことだけじゃなかったのかなと。

まあでもこのチームの強さというのはある程度掴めてきたし(精神的な部分が大きな部分)、それがチームの中にようやく表面化する秘訣というのを掴んできたのかなと思ったり。ロジックに逃げる傾向のある日本のサッカーですが、ヒデが気付かせてくれた個々で負けない意欲だったり、改めて勝ちたい意志の大切さや、コミュニケーションの有効性を身をもって教えて貰ったのかなと。新たなる問題定義として又考えていきたいなと、まあもう一度としたら勘弁だけど。

後はこの喜びの淡々とした部分を思うと、やっぱり少し寂しいな。もちろんマリが優勝したときの方が全然感動したし、身震いするぐらいだったけど、日本代表ではどんなことになったら身震いするぐらい感動する事が出来るんだろう?と思うと、途方もないことをしないとダメなのかなぁと思うと、ちょっとだけ不憫だなぁと思いました。まあそれがここまで昇ってきた証明なんだろうけど。まあいいや、何かもの凄いめちゃくちゃになっちゃったので、明日改めてきっちりとした形で。とにかく今日はこの様々な感情が入り交じったけど、やっぱり嬉しい余韻を味わいたいと思います。と言うことで今日はここまでです。

|

« 付けなきゃいけない落とし前@WC Asian Final.Q vs北朝鮮 Preview | Main | アメリカで掴んだ大きな手応え@F.Marinos W.Challenge vs L.A.Galaxy »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/4476883

Listed below are links to weblogs that reference 祝・WC出場決定!北朝鮮戦仮雑感。:

« 付けなきゃいけない落とし前@WC Asian Final.Q vs北朝鮮 Preview | Main | アメリカで掴んだ大きな手応え@F.Marinos W.Challenge vs L.A.Galaxy »