« 繋がりつつある道@WC 2006 Asian Final.Q vs バーレーン | Main | 様々な悩みの共通点@WC欧州予選 »

June 06, 2005

ドバッとまとめて今日のニュース雑感。

と言うことで色々とまたもや溜まっているので、ドバッと。早速。

・日本代表関連。
日本がバンコクで初練習、稲本ら主力組(ニッカン)
豪雨の中初練習 サッカー日本代表=差替(スポナビ)

と言うことでバーレーンから直接タイに入り、早速練習した模様。中田浩二と稲本がヒデとアレックスに変わってスタメン組に入ったみたいだけど、俊輔の変わりはまだ決まってないのかな?

気候環境としてはその日になってみないとわからないけど、この日気温は33℃。でスコールに見舞われたりと、相変わらずの不安定な気候の様子。北朝鮮と当たるに至って気候としてはもちろん涼しい方が良いのかなと感じるけど、この辺は神様にすがるしかないかな?

本大会決めたらボーナス1人1000万円(ニッカン)

いかにもスポーツ新聞らしい話。一応色々と細かい規定はあるみたいだけど、最高で1000万円のボーナスが入るみたいですね。いつだったかスポニチにそんな話が出ていたようないないような・・・・。でもアジアカップと同じでベンチに入れなかった選手にも一律対象者となるのは素晴らしいこと。

高原、北朝鮮戦合流出来ず 日本代表追加招集なし(スポナビ)

で、国内で怪我の様子を見ていた高原はやっぱり北朝鮮戦も無理な様子。まあそのような様子は伝えられていたけど、しょうがない。で、コンフェデも多分断念する模様。まあこの辺は仕方ないかな?長いシーズン戦ってきているし、本当なら他の海外組もコンフェデの期間中は休ませて上げたいぐらい。コンフェデは追加招集なしの模様。大久保とか松井を呼ぶと言った話は結局違ったんだ・・・残念。

逆に北朝鮮代表には安英学が追加招集された模様。

小野が右足手術へ 復帰までに2、3ヶ月(スポナビ)
小野帰国、仲間新次官全復活に専念(ニッカン)

と言うことでバーレーン戦の勝利を現地で見届けて、日本に帰ってきたシンジは精密検査の結果、補強手術を受けることになったようです。復帰までには2~3ヶ月掛かるようで、この記事ではイラン戦で出れるかどうかと言う部分が言及されていますが、彼が新シーズンに間に合うかどうかの方が気になったりします。まあトレーニングキャンプとかはなかなか間に合わないと思うので、どうしても遅れは取ってしまいそうだけど。移籍とかに影響しなきゃいいけど・・・。

で、日本代表と同じ日に行われたその他の試合を簡単に。

WC 2006 Asian Final Qualify GroupB

Iran 1-0 Korea DPR @Azadi Stadium,Tehran
Iran:45'R.Rezaei

Standing M W D L GF GA Pts 
Iran    4  3 1 0  5  1  10
Japan   4  3 0 1  5  3   9
Bahrain  4  1 1 2  2  3   4
DPRK   4  0 0 4  2  7   0


WC 2006 Asian Final Qualify GroupA

Uzbekistan 1-1 Korea.R @ Tashikent,Uzbekistan
UZB:62'M.Shatskikh KOR:89'J.Y.Park

SaudiArabia 3-0 Kuwait @ Riyadh,SaudiArabia
KSA:19'&49'M.A.shalhoob 83'S.A.Hrithi

Standing    M W D L GF GA Pts
SaudiArabia   4 2 2 0  6  1  8
Korea.R      4 2 1 1  5  4  7
Kuwait      4 1 1 2  2  6  4
Uzbekistan    4 0 2 2  4  6  2

と言うことで同グループのイランは超省エネで勝ち。結局あの北朝鮮と同じでスタジアムで負傷者を出してしまった処分を受けて、スタジアムに半分しか人が入れない様な感じでしたが、観客だけでなく何か静かな試合だったなぁという印象。しかも監督退場というおまけ付き。何かイランも精彩を欠いている感じはしましたが、北朝鮮も引きっぱなしでほとんど攻撃の糸口を見つけられない感じで、何かうーんと言う感じでした。まあ反日というダークサイドパワーが加わると又違うんでしょうけど。ただイランの調子は置いておいて、きっちりと守っていたこと、あれだけ引かれると早々引き出せないし、崩せないという感じはしました。ただ連動した攻撃に対してどうかというのが気になりますね。ちなみにこれで北朝鮮のユン・ジョンス監督は次の日本戦はベンチ入り出来ない。

で、グループAは大混戦。ここまでこの最終予選で1勝も出来ていないウズベキスタンは、結構劣勢だったけどカウンター一発で抜け出したシャツキフがGKを鼻先でかわすループで先制。ディナモ・キエフのエースが力を発揮して初めての勝ち点3をもたしたかなと思いました。でも韓国はロスタイムにユース代表から飛び級で一気にスタメンまで上り詰めた朴主永(パク・チュヨン)がミドルシュートが弾かれてこぼれの折り返しをきっちりとゴールに沈めて何とかドローに持ち込みました。まあ絶対オフサイドなんだけど、ウズベクの選手も全く抗議しなかったし、何か力尽きちゃった感じか。日本の凋落ばかりが目に付いているけど、韓国も凄い波があるなぁと言う感じはありますね。サウジに3-0で負けた試合もそうですが、確かに個の力は凄い高いし、その個の力の活かし方を知っているから結構崩すんだけど、決めきれない。その間に集中力が途切れて一発のカウンターに沈められたりと、何か「あの」3年前の韓国の姿はないですね。最終予選は甘くないと言うより、何か噛み合わないと言う感じでそこまでチーム作りが進んでいないのかなという感じが見えました。
安様復帰即スタメンも審判への意義でカードを貰って結局途中交代。柳さんも出てたけど特に目立たず。安様はとこのチームでの居場所的に結構難しい部分がありそう。一人一人の局面打開力に頼る部分があるチームでどちらかと言えばサイドに逃げながらと言う感じだと、スペースが消えちゃうだけに・・・・。まあ良いんだけど、3位はやめてね。迷惑だから。

でもう一方のサウジ-クウェートは主審が上川・・・じゃなくてサウジの圧勝。ホームでは韓国も完全に葬ったことを考えてもめちゃくちゃ強い。ダイジェストなので詳しいところまではわからないけど、型にはまると凄い強いことだけは本当によくわかる。何かバーレーンと似たチームなんだろうけど、崩しの部分ではドリブラーががっつんがっつん仕掛けて、そして整わない間に一気の形で決め切っちゃう。完全にチーム自体がそのアタッカー達に任せている感じがあるのだけど、そのアタッカー達の選考方法として間違いなく技術とクイックネス。その分完全にフィジカル的な要素とかサイズというのは排除したような感じでさえありますね。
中心としてはもう随分長く代表に入ってるけど、ようやく彼の時代が来たかという感じな小柄なテクニック型のOMFアル・シャルフーブ。でそこにカフタニというめちゃくちゃクイックネスとキレのある選手が出てきた。カウンターでガンガン仕掛けて、そして結局韓国の選手は彼を止めきれなかったことを考えても本当に凄いかも。
中盤含めて守備がもの凄い徹底して激しくチャレンジ。身体能力的にはアジアでは高いレベルにあるだけに結構引っかけるし、そこからカウンターというのを特化していることを考えてもサウジも又日韓の傷をこういう形で考えてやっているんだなぁと感じました。

GroupAはまだまだ先が見えないけど、サウジは結構濃厚。当たり前だけど現在首位と言うこともあり、そして直接対決での大きなアドバンテージを韓国・クウェートに対して持っていますから。ただ韓国はまだまだわからない部分がありますね。次の直接対決、暑いクウェートでのアウェーの結果次第ではあららと言うことにもなりかねない。気候的にも厳しそうだし、移動距離も長いし。まあクウェートも状態としては余りよくなさそうだけど、勝てるかどうかは又別かも知れない。ウズベクは2連勝が全て。

グループの推移・展望はこんこんさんの「まったりサッカー観戦記」に詳しく出ていましたので、(僕の備忘録としてもおいておきたかったので)、よろしかったら皆さんもご覧になって下さい。。

ワールドカップ アジア最終予選 グループB 展望(まったりサッカー観戦記)
ワールドカップ アジア最終予選 グループA 展望(まったりサッカー観戦記)

と言うことでワールドカップ関連はおしまい。ヨーロッパ&南米は又今度。

・移籍関連、動いてますよ、国内外。
藤田、名古屋移籍決まる=Jリーグ最高年俸に(スポナビ)
名古屋が藤田獲得を発表(ニッカン)
藤田俊哉選手の移籍について[磐田](J's Goal)

ということで最終決定。何か周りで色々言われていた住居の問題とか、家族の問題とかを吹っ飛ばす高額オファーによる決断となった模様。その額、移籍金(違約金?)1.2億、年俸1億という法外な(?)金額でした。Jの移籍規約なら移籍金は掛からないはずだから、違約金という形が正しいのかも知れない。

レッズに行けば良かったのにとは思わなくはないけど(見てみたかった)レッズが低額のオファーしか出さなかったと言うこともあって、誠意を見せたことでグラに決定したとのこと(クラブ主導って話だけど、どうなんだろ?)まあグラに必要なのは間違いなくFWだと思うんだけど、彼のような選手はいて困る選手じゃないし、必ず何かを残してくれることを考えたら、大きいのかなと。ましてや勝者のメンタリティを持つ選手と言うことで(秋田の時も書いたけど)負け犬根性の染みついたグラを変える可能性は充分あるかも知れない。とりあえず今の軸は中村直志、で次世代をになうモノとして本田圭祐と候補がいるけど、彼らのお手本としても大きな存在だと思う。

チームのことを考えれば、結局の所まずは外人FWだと思うけど(浪速ゴンは獲ったけどさ、ナビでも点獲ったみたいだし)、ワシントンやハースのように周りを使える選手が残っていれば、中村直志と藤田で飛び出せる存在が多いだけに、今までのように一人に頼る形を払拭出来る可能性はあると思う。まあネルシーニョがどう考えるかというのがわからない部分だけどね。

キャリアの最終章に入った藤田だけど、彼のここまで築いてきた輝かしいキャリアに傷が付かないことを願うばかり。

ディエゴ・ソウザの加入合意=J1・神戸(スポナビ)

この選手の特徴はわからないのですが、ボマちゃんの所に空いた穴をこの選手が埋める様子。ポジションはOMFらしいですね。U-20ブラジル代表とのことで彼次第では一気に浮上というのを狙ってるのかも。楽天はもう一人FWを取る様子。何か裏技的な感じで取る言う話もありますが・・・。

ラウル、レアルを出てリバプール移籍も?(スポナビ)

と言うことで今日一番のニュースかも。まああくまで噂の粋をまだまだ出ないけど、これでラウルを切ったら、レアルをめちゃくちゃにけなしてやろうと思います。彼はレアル・マドリードのバンディエラ。もちろん不可侵でなきゃいけないわけじゃないけど、売っちゃいけない選手の一人だと思う。どれだけラウルがチームを支えてきたかと言うことを考えたら・・・・。

で、出先のリバポのことを考えたらポジションがあるのかというと又疑問だし、プレミアシップではなかなか生きにくい選手な気がするよ・・・・。モダンフットボールの寵児でもあるラウルだけど、はっきりとしてきた役割の中でこういうニュートラルな選手はなかなか難しい部分もあるのかな?スペイン代表を見ているとそう思う。

フィオレンティーナ、プランデッリが監督就任へ(スポナビ)

馬鹿なこと書かないようにね、マスコミさん。まあフィットするかどうかはわからないけど、奥さんの問題がなくなって心機一転のプランデッリが沢山の才能をどう活かすのかは見所かも。アドリアーノやジラルディーノみたいな得点力を兼ね備えた大型ストライカーはいない変わりに、ミッコリ&ボジノフという2枚の才能溢れるストライカーを活かす手法というのを持っているのかはサッカー好きとして気になるところ。しかも同タイプ。ただ彼の個を尊重した組織を作る力は今のヴィオラには一番必要なモノだし、はまる可能性もあると思う。個の力だけなら今年躍進したウディネやサンプをも上回る力はあるはずだし。

ヒデに関してはプランデッリはそれなりに評価はしていたと思うし(基本的にスタメンで、左右のバランスを取る選手として使っていたのだから)確執と言ったモノはなかったと思う。単にヒデがわがままなだけ。イタリアでも最高峰の技術を持ったOMFであるモルフェオとヒデを天秤に置いたら、モルフェオの方が確実にゴールを生み出す力は上でしたしね。ヒデのポジションの好みは別にして、こないだのようなフィジカルコンディションを持ってすれば、マレスカやオボド、ドナデルに割り込む可能性もあるし、右サイドで使われる可能性もあると思う(嫌がるだろうけど)

ただ懸念としてはヴィオラ自体はお金持ちなので、きっと又良い選手を買ってくると思う、しかもプランデッリ好みの。だとしたら出た方が良い方向に回るのかなと。もうイタリアではなく、スペインやイングランド、ドイツと言ったリーグに移るのも良いのかも知れない。ドイツは合いそうなんだけどヒデの給料が高いんだよねぇ。半分ぐらいなら手を挙げてくれるクラブはありそうなんだけどなぁ。

ウディネーゼ、ザッケローニが復帰へ(スポナビ)

もう一個セリエの監督関連で。ザック、ウディネへ。今更だけどスパレッティとウディネの相性は抜群だったんだねぇ。今までは残したいけどチームにはまらないことが多く、症状悪化って感じが多かったけど、ウディネで開花したって感じ。でもそのスパレッティの後にザッケローニ・・・、良い監督だけど選手の能力に頼る部分も多いし、ウディネの選手達がどんどん引き抜かれる状態の中では余りベターな判断ではないのかな?と感じたり。ただ個人的には良い監督だと思う。

セビージャの後任監督にはイルレタかアギーレが有力(marca)

結局UCLの予備選出場権は逃して、またライバルのベティスの後塵を拝したモノの、大きな躍進をしたカバロス体制のセビージャが次に狙うのは、言わずと知れた名将ハビエル・イルレタとメキシコとかでもやった堅めのハビエル・アギーレって話。アギーレとセビージャって結構イメージ的には合いそうな感じはする。後ろをきっちりするイメージ。イルレタは一度休んで、スペイン代表か、もう少し大きなクラブでやってほしいなと。セビージャじゃデポルと対して規模は変わらないし。もっと違う舞台で見たい。

クライファートがバレンシアへ(uefa.com)

どうしてクライファート?好きな選手だけど今のバレンシアに必要かと言われたら・・・・わからない。もちろん凄い選手だけどゴール取れないじゃん?ニューカッスルでは出てたの?UEFAカップでは出てたみたいだけど。ミスタの方がゴールに限ったら獲れるじゃん?必要?まあフリーだし、キケ・フローレスが欲しがったんなら良いけどさ・・・・。とにかくDQNっぷりが発症しないことを願うばかり。アイマールが楽に前を向いてボールを持てる形を作る存在としては非常に期待しちゃうけど。まだ28なのが驚き。

次のターゲットはセビージャのビジャ(又アタッカーかよ)

タッディ、ローマに加入(uefa.com)

今年の目玉の一人だったシエナのロドリゴ・タッディは噂通りローマに加入。フリー。右サイドのアタッカーとしては優秀だし、うまくチームにフィットすればトッティの負担は確実に減るのかなと。ただローマにはフローみたいな選手はいないから、モンテッラとのコンビは鍵になるかも。マンシーニとタッディの縦のラインは嫌だなぁ・・・・。

レッジーナ、モザルトとメストを放出へ=セリエA(スポナビ)

まあわかっちゃいたけど、その穴埋め出来る選手を買ってこれるかが最大の鍵かも(借りてくるのかも知れないけど)。ユーヴェにしてもミランにしてもそのままお金を払うと言うより、選手を貸す形で少し負担額を減らすのかなと思うけど、あの使えないボッリエッロのこともあったし・・・・。まあ俊輔が残るかどうかわかんないけど、レッジーナのことを考えたら、共同保有のボナをまず残すことが1stプライオリティかな?

と言うことで又たっぷりになっちゃいましたが、今日はここまでです。

|

« 繋がりつつある道@WC 2006 Asian Final.Q vs バーレーン | Main | 様々な悩みの共通点@WC欧州予選 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/4429838

Listed below are links to weblogs that reference ドバッとまとめて今日のニュース雑感。:

« 繋がりつつある道@WC 2006 Asian Final.Q vs バーレーン | Main | 様々な悩みの共通点@WC欧州予選 »