« 代表周辺を考える。 | Main | こんな時間にまとめて不定期ニュース雑感。 »

May 23, 2005

個々が考えるべき事@KIRIN Cup 2005 vs ペルー

と言うことでキリンカップのペルー戦です。飛車・角どころか金・銀・香車落ちぐらいのペルー代表に負けちゃう日本代表が素敵ですね。でも大丈夫!相手にとって今日の日本も飛車角落ちぐらいに見えてましたよ(苦笑)モチベーション的にも危機的状況に陥っていて選手達もステップアップのチャンスと捉えていたペルーの方が高かったのかなと思ったりもしましたが、それよりもまずサッカー脳の差が出たのかなと。戦術云々の差はそんなにないことを考えたら(余り意識のない日本vs新監督就任間もないペルー)、選手個々が何をしなければならないのか、どのようにしていくのかなど、サッカーを考える要素に置いてペルーに負けていたのかなと。まあ結果なんてどうでも良い試合でしたが、そういう部分で不安を残す内容になりましたね。まあそれもデフォだと考えたら、それもよし。前置きが長くなりましたが、簡単に。

KIRIN World Challenge KIRIN Cup 2005
日本 0-1 ペルー@ビッグスワン「定まらない目線」
Peru:90'+3'バサージョ

日本スタメン:GK川口能活、DF田中誠、宮本恒靖、坪井慶介、MF福西崇史(→69'稲本潤一)、遠藤保仁、三浦淳宏、アレックス、小笠原満男、FW鈴木隆行(→79'本山雅志)、玉田圭司(→53'大黒将志)
ペルースタメン:GKフローレス、DFポルティージャ、グアダルーペ、ビジャルタ、テネマス(→61セバスコ)、MFバサラル、ラローサ(→90+1イスモデス)、ロバトン(→58'チロケ)、メンドサ、FWモスト(→86'バサージョ)、アルバ(→79'サラス)

静かな立ち上がりという感じで、どちらも速い攻撃を意図していなかったこともあってか中盤で相手の出方を探るような形でスタートするが、細かいパスで相手をいなすことから先の展開に両チームとも冴えがない(日本は楔のボールに対して前に圧力を掛けられてポストが機能せず、ペルーは日本の忠実なアプローチの前にボールを失う)徐々にホームの日本がサイドアタッカーが徐々に高い位置でボールに絡むことで攻撃の糸口を掴み始めると、ペルーはリトリートしてスペースを消すDFの姿勢を強くする。しっかりと整備された状態のペルーに対して攻め込む日本は、なかなか良い形に繋がる組み立てが出来ずに手を拱く状態に。局面打開として個の突破に頼るだけで、そこで突破口が開けないと苦しい状態に。一度大きなサイドチェンジからアレックスが仕掛けるなど、アツらしいキックの精度を活かしたダイナミックな展開も見せたが、そのような展開も数えるほど。中はペルーの選手もサイズがあるので簡単にはね返されてしまうし、ミドルシュートも枠に飛ばずとなかなかペルーのDFを崩せなかった。さすがにこれだけ攻撃の芽を自ら潰していくとペルーに流れが行き、終盤はそれなりに攻められるが基本的に何もない前半になった(別にひやりとするシーンなし)

後半、両チームとも多少積極性が増し、トランジッションの速い展開の中で互いにチャンスを作るが、ペルーの選手のミドルは能活の正面を突き、ヤットの綺麗な左サイドへのスルーパスからアレックスがクロス、師匠が頭で合わせるが枠に飛ばずとゴールは生まれない。この後玉ちゃんの怪我により大黒が入る。ペルーのDFラインが引きっぱなしになったことで完全に流れを掌握した日本はボールを回しながら、質の高いオフ・ザ・ボールの動きをする大黒を使うことで前線に動きが出るようになり、引いたペルーのDFの狭いスペースには入り込むような形が出来はじめるがなかなかフィニッシュに結びつかずもどかしい展開。その中で稲本が福西に代わって入るとより前への攻勢を強める。かなり前掛かりになる事で、度々恐ろしいぐらいに広がるDFラインの前のスペースを使われてカウンターを浴びるシーンもあるが、逆に日本もバイタルでの細かい展開から稲本が飛び込んだりとボランチのオーバーラップを絡めてダイナミズムを出す感じで追いつめる、しかしペルーDF陣も水際で抵抗されたこともあって、ゴールに繋がらない。良い位置でのFKもあったが、この日の日本のキッカー達は枠に収めることが出来ず、結局ドローかと思ったロスタイム、スローインから展開で前掛かりになっていた裏を突かれて3vs3の数的同数のカウンター、チロケがドリブルで前に進みながらに速いタイミングで坪井を消える動きで振り切ったバサージョへスルーパスを出され、受けたバサージョは角度がないながらも能活の飛び出しをうまくいなしたチップキックでゴールに流しこみ、ロスタイムでの失点再び。これが決勝点となり日本は敗れてしまいました。

まあこの試合のテーマ自体、曖昧なモノだったと思うし、何を求めて試合をするのかというのが見えなかったと言うことがある訳ですが、個人的に気になっていたJの連戦をこなしてきた選手達の疲労度とコンディションですが、やっぱり結構残っているのかまだ良さそうには見えませんでしたね。というよりかなりばらつきがあるのかなと。足が動いていない感じでしたね。青いシャツを着てるといつもそんな風に見える?いやいや・・・・(目と耳をふさぐ)

ただ疲れてるとはいえ、頭も動いていない感じが見受けられるのは残念です。まあ代表での試合勘を取り戻す試合とはいえ、あまりにも出し手と受け手の関係でしかない攻撃が多いし、第3の動きとかがなくて連動しない単発のアタックばかりなのはその証明なのかなと。その辺は監督が・・・とか、戦術が・・・・とかの問題ではないと思います。自分が絡まないからとウォッチしてるのではなく、次の動きを予測して細かくポジションを修正したり、無駄になるかも知れないけど選択肢を増やすためにフリーランニングをしたりとか、攻撃における選択肢を増やす働きが今はほとんどない。だからこそ、崩せない。カウンターが効果的に出ないことの遠因だと思うし。今の代表選手はそういう部分が絶対的に足りない気がする。

このチームは約束事というのが少ないからこそ、コミュニケーションが大事だと言われますが、それ以前にゲームの中で一人一人が頭を動かすことが必要なのではないかなと。何を当たり前のことを・・・と思うかも知れませんが、今の代表には全く工夫やインスピレーションを感じないし、知性を感じないので。ただ、逆に考えたらよく考え、頭を動かしていくことで、もっと良くなる部分は増えてくるのではないかという感じがしました。今日のゲームもそうですが、何となくゲームをして、何となく終わってしまった感じ。稲本が入った後は少し変わりましたが(まあバランスが崩れたという部分ではそれが失点の原因ともなってしまったけど)この辺にヒントがあるのかなと。ベンチに座っていると戦況を見守りながら「自分ではどうしようか」と考える、そしてその中で解決法を導き出してピッチに入った時に表現できる。そのプレーの中に思考が混ざっているからこそ、より効果的な動きが出てくるのかなと。スタメンから出ている選手達が試合を進めながら、感じたこと、思うことをもっとやっていくべきなのかなと。それをやっていかないとこれ以上は良くならないのかなという感じがしました。

とりあえず海外組が合流して又色々と変化する部分もあると思うので、今日の失敗を糧にまた一歩ずつ進んでいって欲しいですね。では簡単に選手評。

川口能活(ジュビロ)→失点のシーンのタイミングは良かったと思う。相手がうまかった。今日の失点には思うところがありそうなので、又話し合って欲しい。

田中誠(ジュビロ)→あの失点シーンの対応は厳しい場面だったけど中途半端。まあ間を与えてもらえなかったことは相手がうまかったとも言えるけど、何かして欲しかったかなと。中は切らないと。疲労の度合いが強そうに見える。

宮本恒靖(ガンバ)→相変わらずラインは低いんだけど、今日はそれなりに。最後のシーンはサイド捨てて中のカバーに行く・・・は無理かなぁ・・・。ガンバの時のような軽率な対応は少なかったし、前への意識が高くインターセプトもあったり、その後の攻撃参加と言いそれなりにクレバーなプレー。

坪井慶介(レッズ)→最後のシーンはどうなのかな?あの辺がブランクかなと思ったり。あまりに無力すぎた。触って捕まえておかないと。アグレッシブにプレーしていたように見えたし、他はそれなり。

福西崇史(ジュビロ)→消極的だし、何がしたいのかよくわからない。バランサーとして機能していた訳ではないし、上がってアクセントになる訳でなし。妥当な途中交代。前を向けば良いパスは出せるのに・・・・。

遠藤保仁(ガンバ)→前半は福西同様良くなかった。どうしてサイドがあれだけ孤立したのかと言ったらボランチの仕事量が少なかったから。後半はパートナーが代わってそれなりに良くなった。前に出て行ったときはそれなりに危険なパスも出していたし、押し込んだ後に空いた2.5列目をうまく使った感じ。ガンバの時のようなプレーをもっと!ただバランス的に前傾過ぎだけど。やっぱり組むならアンカータイプと組ませる方が良いのかな?

三浦淳宏(楽天)→局面的に良いプレーはあった、加地との違いも見せた。けどポジショニングと運動量かな?前が空かないにしても、もう少し積極的なランニングがないと・・・・。自分がボールを持たないときの意識が低い。守備負担が少なかっただけに・・・・。

アレックス(レッズ)→うん、余り良くなかった。コントロールにブレが・・・・。仕掛けのシーンではあれで良いと思うけど、相手もうまかったし。ただ受ける意識はアツよりはあったかな?もう少しコンディションが上がれば・・・・。

小笠原満男(鹿島)→今日のスタメンミッドフィールドの中では一番良かったかな?受ける意識は高かったし、前を向けば広い視野を活かした綺麗なパスもあった。ただ疲れもあるのかキックのブレはあって、シュートは当たらなかったし、パスも精度がね。アピールとしてみたら弱い。

鈴木隆行(鹿島)→強烈にアタックに来てくれない相手だっただけに、ファールを誘ううまさは出ず。そういう流れもあって前を向けるシーンもあったけど、その後のイメージとスキルが貧困すぎる。攻撃の流れを相変わらずぶった切っていた。本山と師匠が合体したら良いのに。ズルズル下がるポストプレーは意味ない。前任者が求めていた体尾上けど、我慢して深い位置で(バイタルエリア)ポストを受けてよ。裁くタイミングを逸したりと・・・・。シュートは惜しかった。

玉ちゃん(レイソル)→闇は深そう・・・・。怪我は大丈夫かな?2トップで絡む意識を。このチームは2トップの絡みがなさ過ぎ。共にポジショニングがお互いを意識しない自己中なポジショニングに終始しちゃうからかも。もう少しお互いの位置関係を活かした形が見たい。

大黒将志(ガンバ)→断然良い。オフ・ザ・ボールの動き、ゴールへの意識、それに伴う動きの量、スタメン2トップを完全に凌駕。シュートに絡む意識も高く、流石現在J得点王と言ったところか。ヤット・稲本とのコンビも良く、ボールを引き出す動きは秀逸、スタメンで見たい。

稲本潤一(ウエストブロミッチ)→コンディションが良さそうで、非常にアグレッシブに働いた。ヤットとのバランスが非常に悪かったが、指示とのこと(前に出てと言うことらしい)ミドルシュートやスルーパスなど入るスペースの判断の速さなど、ポテンシャルは見せた。結果が残っていれば確実にプライオリティはひっくり返せた様な動きだったのかも。

本山雅志(鹿島)→特になし。

と言うことでまあとにかくこれで慣らし運転は終わり。今度のUAE戦では海外組を含めた慣らし運転になりそうだけど、中東対策としてはあってるかどうかはやって見なきゃわからないにしても、きっちりと叩いて気分良くマナマに乗り込んで欲しいですね。この数日でコンディションを整えながら、今日出た課題を修正することはもちろんですが。と言うことで今日はここまでです。

|

« 代表周辺を考える。 | Main | こんな時間にまとめて不定期ニュース雑感。 »

Comments

日曜日なんとなく見ていました!
玉田を可哀想と思い、
大黒がいいなぁと、マリに居たらなぁと思いw、
ロスタイムに、キーパーがヨシカツだと忘れて、「決めろー」と叫んだら決まってしまい
後悔しました(^^;

ボールが回るときは、面白いかなぁと思いましたが、サイドで孤立するのは相変わらずか??
個人的には1-3あたりで負けてほしかったが、あのペルーでは厳しいでしょうか。
キャプテンのいうとおり、いい薬というか刺激になってくれればと思います。

Posted by: ナツキ | May 23, 2005 at 10:09 PM

ナツキさん、コメントありがとうございます。

玉ちゃんはチームでの不調をもろに被ってしまっていますね、逆に大黒の自信溢れたキレのある動きがより引き立ってしまっては辛いところでしょう。

サイドに関しては使い方が定まっていないと言うか、孤立と言うよりゲームに参加する意識が希薄なので、能力の高い相手に対しては封殺されて手詰まりという可能性は高いかなと。サポートに関してもサポートしてその先が貧困で・・・・受ける方も然りですが。イメージする力が低いのかなと個人的には思います。

今の日本代表は失点はある程度防げると思いますが、攻守の切り替えの遅さや共有イメージの貧困さが祟っての得点力不足と言った感じですね。ペルーは非常にモチベーション的に高かったので、0-1は妥当な点数かなと。

確かに情けない敗戦だったと思います。刺激というより糧ですね。同じ失敗は許されないですし。とにかく頑張って欲しいところです。

それではまたw

Posted by: いた | May 24, 2005 at 04:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/4243093

Listed below are links to weblogs that reference 個々が考えるべき事@KIRIN Cup 2005 vs ペルー:

« 代表周辺を考える。 | Main | こんな時間にまとめて不定期ニュース雑感。 »