« The mental toughness which surpassed all@UCL Final | Main | 心優しきテクニシャン募集。 »

May 28, 2005

ぬるま湯の中のハポネス@KIRIN Cup 2005 vsUAE

又負けちゃいましたね。引いた相手を崩しきれずにカウンターに沈むという見事な展開でしたね。正直言って微妙な出来というか、もの凄い悪い訳じゃないんだけど、特に良い訳じゃないし、そういう感じの試合でしたね。ペルー戦と比べてシンジが入ったことで改善された部分もあるんだけど、そこまで持って行くスムーズさに欠けたり、非常に戦う意志に溢れ戦い続ける選手もいるけど、集中力の欠けたプレーをしたり戦う意志の見えないプレーヤもいたりと、何か温度差を感じました。まあ簡単に。

KIRIN World Challenge KIRIN Cup 2005
日本 0-1 UAE@ナショナルスタジアム「ぬるま湯の中のハポネス」
UAE:69'アロ・アリ

日本スタメン:GK川口能活、DF田中誠(→77'茶野隆行)、宮本恒靖、坪井慶介(72'本山雅志)MF福西崇史(→82'稲本潤一)、小野伸二、加地亮、アレックス、小笠原満男、FW大黒将志、鈴木隆行(→65'玉田圭司)
UAEスタメン:GKイスマイル・アビー、DFモハメド・ハミス、オムラン・モハメド、アデル・ナシーブ、MFサレハ・アブドラ、アリ・アバス、ハイダル・アロ・アリ、ナワフ・ムバラク(→87'サウド・ジャシム)、ユセフ・アブドルアジス(→81'レダ・アブドルハディ)、FWイスマイル・マタル、ファイサル・ハリル

試合展開に関しては、ご覧になった方も多いと思いますし、大した試合でもなかったので簡単に。まあ日本が引き気味に迎えられるUAEに対して、様々な展開を絡めて崩しに行くが、フィニッシュまでなかなか繋げられず、度々日本のミスからUAEWYのMVPのイスマイル・マタルを中心としたカウンターに脅かされる。そして後半、その流れの中で楔→落としというダイレクトを絡めた展開からスルーパスを通されると、右サイドで坪井を振り切ったアロ・アリがスムーズにうまくコースへ流し込んで先制。この後日本が選手を入れ替えながら、攻勢に出るモノの結局フィニッシュになかなか繋がらないまま取り返すことが出来ずにタイプアップの笛を迎えた、そんな感じでしたね。では気になる所を。

小野伸二がもたらしたグループにおける共通意識の向上、それでも遠いゴール

今日一番目に付いたポジティブな面として、シンジが代表に帰ってきたことで小気味よくボールを回しながら、彼がボールと共に前に上がっていくプレーをして、ペナ付近でダイレクトプレーを促す形で攻撃の変化がもたらしたことです。特に良い距離感を保てた時にランニングを活かすダイレクトプレーが出たりと、非常に引いた相手に対して崩す可能性が見えました。

しかしそれでもゴールは遠かった。サイドを崩す意識の高さと裏腹にゴール前に詰める意識は薄く、結果として余りゴールに繋がらないプレーになってしまう事が痛かった。大黒に関しては常にゴールを意識しながら動いていたと思います。それを証拠にペナに入る回数も多く、惜しいチャンスもあった。しかし相棒の方がポストへの意識が高くなりすぎてゴールを取りたくないようなプレーに終始。ポストプレーヤーの意味をはき違えたプレーを覚えてしまったFWにゴールの匂いは全くなく、挙げ句の果てにボールに反応出来ずにがむしゃらさえなくしてしまっているような感じがしました。もちろんここまで頼りになる選手だとは思いますが、どうしえも牙の抜けたオオカミにしか見えない。UAEのトップの選手があれだけ体を張っていた事、DFライン深くで受けることの意義などを逆に教えてくれていたようなプレーぶりだったことを考えると、もう少し考えてプレーしろよと声を荒げたくなるような感じでした。何か前監督からFWの意義というのを見失ってる感のある日本のFWですが、本来の仕事というのをもう一度考え直すべき時が来ているのではないでしょうか。フォアチェックでの守備貢献もファールゲットも楔を受けて攻撃を繋ぐ仕事もあくまでオプションに過ぎないのですから。カレーにおける福神漬けのようなもんです。でトップ下に関しても、シンジを活かす意識はかいま見えるものの、存在感まで消してしまい消極的な出来。ランニングも出来る選手なのだけど、どうも主役を奪われてふてくされているようなプレーぶりが多く、非常に緩慢なプレーは目に余る出来でした。もちろん個人だけの責任ではないにしても、これではちょっと・・・。

好転し始めているだけに、フィニッシャーの質に掛かってくる要素は大きいし、厚みという部分でアタッカー達の積極性に掛かる部分が大きいのかなと思われるだけに、コミュニケーションを重ねて改善して欲しいなと。

競争意識の低さ、代表のプライド、危機感は高まるか。

以前話題に上った海外組偏重における国内組の"クーデター"がありましたね。あの時はまだ良かったのかなとゲーム中考えていました。何か危機感を感じない集中力を欠いたまま試合を続けていた選手達が非常に多かったのかなと。もちろん一番の癌はそういう選出や選手起用をしてきた監督にあると思いますが、それでも彼らが代表選手、ああいうプレーをするならはじめから辞退すればいいのにとさえ思いました。慣れという部分なのかも知れませんが、非常に緩慢な出来だったことを考えても、大きな刺激が必要とされているのかなと改めて感じました。もちろん勝たなければならない試合ではないし、モチベーション的には難しい試合なのかも知れない。でも本番が直前に迫った"壮行試合"でこのような出来では不安を覚えるのは必然。

見返してやるというダークサイドのエネルギーを使わなくても、代表に選ばれるという部分だけが光栄だと言うことも忘れて欲しくないし(苦しむことが前提だとしても)、自分たちが選ばれてる陰には行きたくても涙をのんでいる選手達がいると言うことも忘れて欲しくないなと。そこに代表としての「責任感」があると思う(まあ勝手に選んでおいてそんなモノ背負わさないでくれと思うかも知れませんが)今日の集中力のないプレーは本当にひどかった。ビルドアップの一つのパス、楔を落とすパス、何本ミスがあったか忘れるぐらいのひどいブレ、反省必須の部分なのかなと。こういう言い方はしたくないですが今日のシンジのプレーを見て、海外組のサッカーに取り組む姿というのは改めて学ぶべきモノがあるのではないかと思いました。悪いけど、監督だけの問題ではないです、一人のサッカー選手としてもう一度考えるべき部分があるのではないでしょうか。

何か書いてるうちにイライラしちゃいました。Jではあんなプレーしないのに・・・というのが大きな理由です。メソッドがないからというのは大きな間違え。と言うことで簡単に選手評、大辛。

川口能活(ジュビロ)→失点シーンに関しては、タイミングを外されたかな?今一度以前の鬼の能活を希望。喝を入れてやってほしい。

田中誠(ジュビロ)→右は出来ないのかな?坪井はきっと右ならもう少し自信持ってやれるのかなと。無難にこなしたが、マタルの様なフレキシブルな選手に振り回されたこととパスのブレなどは注意しないと。

宮本恒靖(ガンバ)→UAEのCFWに張り付かれて苦戦した。1トップに対しての対応に関しても不安の残る出来だし、キャプテンとしてああいう試合を続けさせてしまった部分でも責任は大きい。

坪井慶介(レッズ)→彼だけの責任ではないのですが、どうも左だと不安定だなぁ・・・。ボールに対して目がいってしまったことでその裏を完全に突かれた形だけど、読みが欲しいところ。

福西崇史(ジュビロ)→もう少しお願いだからやる気出して下さい。基本的にシンジを活かすと言うことでお留守番が多かった部分としては悪くなかった。ダイビングヘッド惜しかった。

小野伸二(フェイエノールト)→「すいませんでした、こんなしょっぱい試合の中で頑張らせてしまって」とチームメイトは謝るべき。ボールに常に絡みながら、リズムを作り、最後の崩しまでやっては最後にバテたのは必然。それだけ常に動き続けた結果だと思う。まさに獅子奮迅。悔しそうなポーズを取るのは彼(と大黒)だけがふさわしい。レベルの違いは見せた、存在感。

加地亮(FC東京)→そんなに怪我の影響はないのかなとは感じるけど、どうも思い切りが足りないのと判断の遅さと悪さは感じた。ブランクの影響かも。ただサポートのない状態では囲まれても仕方ないところか。これで試合勘が戻ると良いけど・・・。

アレックス(レッズ)→中に入るプレーやダイレクトプレーからの抜け出し等、それなりに存在感は見せたが、精度はモノ足りず。ビルドアップに関しても強引なドリブルをしなければならないなど、多少可哀想な部分もあったが・・・・ドリブルワークは抜けないねぇ・・・・。

小笠原満男(鹿島)→ダイレクトプレーに絡んだり、多少は良いところもあったが、プレーに絡む意識とランニングの意識が低く、やる気がなさそうだった。こんなプレーヤーじゃないはず。アピールすべき試合だったのに、この出来では口はつぐめ。君には任せられないよ。

大黒将志(ガンバ)→青いシャツを着ると決定力が落ちてしまうのかしらん。ただ動きとしては悪いモノではなく、前戦で唯一の脅威となった。もっとスペースメイクや脅威を分担出来る味方がいたら違ったのだろうけど。次もチャンスはあるはず。高原や柳沢との相性はどうなのだろう?ヤナギ辺りとは良さそうなんだよねぇ・・・・。パサーにはたまらない選手だと思う。

鈴木隆行(鹿島)→下がるな、深い位置でポストになれないポストプレーヤーに価値なし、サイドに逃げて何が出来る、ペナに入って競らないなんて言語道断、などなど凄いダメダメ。オプションだけで評価をしすぎたことに関して、世論が間違った方向に進んでいたのかも知れない。まあ俊輔がいたらセットがチャンスの山になるのかも知れないけど、相変わらずテストマッチでは全然だめぽ。カウンターとかに繋がらないのはこのポストプレーヤーが流れを切る事も多少あると思う。ビッグゲームで力を発揮することを願うばかり。それがなかったら代表にはいらない。

玉ちゃん(レイソル)→ドリブルで何かを起こしたい所だったが、サイドに逃げすぎたか。まだまだキレが戻らない・・・。

本山雅志(鹿島)→何か出来そうな雰囲気はあったけど、ドリブルで掛かってしまったりと、リズムブレイカーとはなれず。スーパーサブとしてはインパクトのない出来に。ペナの近くでプレーして欲しかった。

稲本潤一(WBA)→積極的に前に出て仕事をしようという意欲は見えたモノの良い形でボールに絡めず。というより、良い状態でボールが来なかった。

と言うことで久しぶりにちょっと毒舌モードでした。もちろん監督の問題もあるのだけど、選手の責任もあるはず(監督に苛立たないのはもうそれに飽きたから)もっと出来るはずだからこそ、もっと責任感を持ったプレーをして欲しいですね。その席は無償で与えられるモノではないのだから。もっとふさわしいプレーをして欲しい。本番になったら変わるかなぁ?と言うことで今日はここまで。

*なんでこんなに感情をあらわにしているかというと、少し前に書きためておいた記事が台無しになったので(苦笑)もう苦労したのに・・・・そのうち上げます。そんな空気になったら(笑)

|

« The mental toughness which surpassed all@UCL Final | Main | 心優しきテクニシャン募集。 »

Comments

こんにちは。
厳しいですね(^^;
でも納得の辛口コメントかも!
正直いうと、途中から得点の気配がないのと(失点の気配はあった!カウンター注意しろよーと思っていたのに)、
同じような攻撃の繰り返しに寝てしまいました(^^;

試合前は、小笠原に注目していましたが、俊輔が万全だったら小笠原はベンチかなぁ、と思いました。
俊輔に「やばいよ」と思わせる活躍を期待したのですが・・・フランスの松井の方が危険?1度呼んでくれないかな神様!海外組みだし(w

シンジは別格でしたね!パスやゲームメイクもすごいんだろうけど、1番気に入ったのはゴール前に詰める姿勢です!
パス出して、後は任せた!って感じじゃないのがいい!
大黒も頑張っていたので、残念というか可哀想ですね。相方があれじゃ・・・レッズの永井復活しないかなぁ

なんにせよ、本番で結果を出してほしいです!
またもやヘタレ文章ですみません。
文章って難しいですね(恥
最後にサントス選手はドリブル上手なんですか?

Posted by: ナツキ | May 28, 2005 at 08:53 PM

ナツキさん、コメントありがとうございます。

厳しくなっちゃいました。何とも言えないのですが、リスクを計算しているはずなのに肝心なところで空いてしまうDFや攻撃におけるちぐはぐな所など、おいおいと思う部分は多かったので、喝を入れる部分も含めて、半分は逆恨みなんですけど(苦笑)

小笠原は、まだペルー戦の方が良かったのかなと。パスを出しておしまいで、シンジとのプレーの対比はあまりに目立ってしまいましたね。
俊輔は正直言って怪我も抱えているし、強行軍なので小笠原にも手応えを掴んで欲しかったのですけど・・・。松井に関してはチームの基盤がしっかりして、ある程度の攻撃構築が出来れば、使ってみて欲しいですね。彼のクローズド・スキルの高さとアイデアはこのチームの暗い部分を明るくしてくれそうですし。ただ、組織的なサッカーを志向する人には何言ってんだといわれちゃいそうですけど(苦笑)

シンジも大黒も勝ちたい気持ちが出ていたし、ゴールが欲しいという気持ちがより感じて良いプレーでしたね。永井も今の代表にはいて欲しい選手かも。一人でいける選手ですし。個人的には大久保押しなんですけど(笑)

そうですね、とにかく良い調整をして頑張って欲しいですね!文章は全然わかりますから。逆にいつも読みにくい文章ですいませんと謝りたいのはこっちの方ですから(苦笑)それでは(又長くなってしまいました)
アレックスは上手だと思いますよ。ただ単独では厳しいですね。もう少し周りが引きつけるような形があると活きてくるのかなと。本当は昔のように献身的で迫力のある姿をもっと見たいなぁと思っていますが。

Posted by: いた | May 29, 2005 at 01:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/4307379

Listed below are links to weblogs that reference ぬるま湯の中のハポネス@KIRIN Cup 2005 vsUAE:

« The mental toughness which surpassed all@UCL Final | Main | 心優しきテクニシャン募集。 »