« Whereabouts of a road to Istanbul@UCL SemiFinal 1stLeg | Main | 潮目の変わるとき@J1 第9節 »

May 01, 2005

対極のアイデンティティ@J1 第9節 Preview

さて、休む間もなく明日はJの9節。書きたいテーマもあるんだけど、それを許されない過密日程ですな。Fマリだけでなく他のチームも疲労が溜まり始める時期なだけに、その中でいかに動きの質と量を保ち、集中力も保ち、どれだけ戦えるのがポイントになりそうですね。伝統の一戦を前にFマリノスは連敗を脱出出来るのか、それではプレビュです。

J.League Division1 第9節

5/1 19:00KickOff/ヴェルディvsFマリノス@味スタ「アイデンティティのクラシコ」
F.Marinos        Verdy
  大島  坂田        宿敵 平本
    大橋            小林大
ドゥトラ     隼磨     平野   久場
  上野  那須      相馬  林   山卓
 栗原 松田 河合      戸田  米山 
    榎哲             高木

ということでプライドを掛けたこの一戦ですが、両チームとも怪我人が色々出てて正直メンバーが読めない状態です。いつもも対して当たらないけど、より微妙なところです。森本スタメンかなぁと思わなくもないのですが・・・・・。まあいいや、一番話題をさらってるのは今年のマリの10番山瀬功治ベンチ入りも?という話題です。正直急ぎ過ぎな気もしなくもないし、余り無理をして欲しくない気もあるのですが、去年のセカンド・ヴェルディ戦はハットトリックですからね。確かに岡ちゃんの気持ちもわかる気がします。しかし、奥・中澤といったメンバーがメンバーを外れたという話もあるし、ターンオーバーですね。まあコンディションのことはわからない部分が多いので、明日蓋を開いてみてということになりそうです。

良くヴェルディをみて思うのは、これほど自分たちのアイデンティティを強烈に前に出して表現しているチームはないのかなと。それは脈々と受け継がれた伝統のスタイルであり、オジーのスタイルでありと色々とあるのですが、あの細かなパスサッカーは「ヴェルディ」という札が付いている感じがします。もちろんリスクマネジメントに関してや、やりすぎな所もなきにしもあらずという感じですが、そんなのお構いなしに自分たちの抜群の技術で相手をちんちんにしてこれでもかと言うぐらい崩して相手を屈服させる、そういう角があるところもきっとヴェルディらしさなのだと思います。前節「5-4」という試合をして、どのようにチームが考えるのかはわかりませんが、きっと丸まってしまうようなことはないチームだと思いますし、逆に考えたらここまで守備に関してはかなり結果が残っていたグラ相手に4得点という純然たる結果を残したわけで、それだけ点を取ったと言うことに関して素直に自信に繋がるチームなのかなぁと。その勢いを持ったヴェルディに対してマリにとっても自分たちのアイデンティティを持ってどのようなプレーを示すのかというのが非常に楽しみです。まあ疲れてそれどころじゃないとは思いますが、こういう相手だからこそイイ試合をして吹っ切る要素にして欲しいなと。ただ今のFマリノスにとっての「アイデンティティ」というのは何なのか。以前にはカウンターで、というのがマリノスに受け継がれてきたモノだったような気もしますが、今のFマリノスのアイデンティティは岡田武史という名将が来て大きく変わってきたと思う。もちろんその前は俊輔や良治さんを中核としたポゼッションだけどゴールに向かわないという悪癖のようなモノはあったけど、それが岡ちゃんが来て固い守備を大元に、シンプルなボールの運びを主に前でアクセントを付けてゴールを奪う、効率的でリスクマネジメントもしっかりと計算して、勝利に最短距離のサッカーをしていく。ヴェルディとは真逆のスタイルで結果を残してきたわけです。アイデンティティで勝負が決まるわけではないですが、真逆のアイデンティティを持つ相手に対して、この勝負に勝つことで自分たちのサッカーにもう一度自信を取り戻すには格好の相手なのかなと。

今は身体がきついし、かなり疲れているからパフォーマンス的にいきなりぎゅーっと上がって相手を屈服させてパーフェクトな試合が出来るというのはほぼ皆無に近いわけですが、それを補うのは精神的な充足感というのが今のマリノスにとっては必要なのかなと。それはやはり結果だし、それがあれば少しは好転のきっかけとなるのかなと。まあちょっと回りくどかったですかね?とにかくアイデンティティを賭けたこの一戦、勝ちますよ。

【J1:第9節 東京V vs 横浜FM プレビュー】今季2度目の「伝統の一戦」!対決を制し浮上のきっかけをつかむのはどちらか!?(J's GOAL)

ということで愛すべき前座。
5/1 13:00KickOff/エスパvsアルディージャ@日本平「新旧オレンジダービー」
5/1 14:00KickOff/レッズvsグラ@埼玉「低迷打破?好調持続?燃える埼玉」
5/1 14:00KickOff/ガンバvs楽天@万博「坊主効果は楽天を救うか?」
5/1 14:00KickOff/トリvsFC東京@ビッグアイ「連敗脱出」
5/1 15:00KickOff/鹿島vsセレッソ@カシマ「カシマを止めろ!」
5/1 15:00KickOff/ふろん太vsジェフ@等々力「盾vs矛 カウンターvsムービング」
5/1 16:00KickOff/レイソルvsジュビロ@柏の葉「刺激の好転」
5/1 16:00KickOff/サンフレvsアルビ@ビッグアーチ「明晰頭脳の探り合い」

最近内容とかは構ってられないと思うわけですが、内容的に何かを目標にやっているというのではないFマリノスにとっては結果が残らないと本当に瓦解してしまうと言うことはあるのかなと感じたりしていました。いつもそれなりにやれるだけの強さがあるし、築きあげたモノがあるにしても、やはりそこに結果が伴わなければ相手を黙らせることは出来ないし、逆に何を言われても仕方ない部分があるのかなと。まあそんなこと気にしなければイイだけなのですが、内容が良かったとかそういう部分での精神的充足を捨ててでも勝ちに拘っているわけですから、結果が残らないとチームには何も残らないわけで。まあ何言ってるのかわからなくなってきたのでとりあえずそういうことです(なんのこっちゃ)ということで今日はここまでです。

|

« Whereabouts of a road to Istanbul@UCL SemiFinal 1stLeg | Main | 潮目の変わるとき@J1 第9節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/3928454

Listed below are links to weblogs that reference 対極のアイデンティティ@J1 第9節 Preview:

« Whereabouts of a road to Istanbul@UCL SemiFinal 1stLeg | Main | 潮目の変わるとき@J1 第9節 »