« もっと頭の良いチームに@J1 第4節 日曜開催分 | Main | 4/13@J1 第5節 Preview »

April 12, 2005

今週のヨーロッパ、魔法の試合と共に。

今日はヨーロッパの各国リーグをやります。というのもやっぱりクラシコ!ホントに面白かったですねぇ。これが地上波生中継とかだったら、もっと凄い反響があったのかなとか話していたのですが、とにかくスペインサッカーの粋というのを見せて貰いました。日本人選手のチームやCL残ってるチームと一緒に。

リーガ・エスパニョーラ
レアルマドリード 4-2 バルセロナ@エスタディオ・サンチャゴ・ベルナベウ
R.M:7'ジダン 20'ロナウド 45'+2'ラウル 65'オーウェン
Barca:29'エトー 73'ロナウジーニョ

まず先に書いておきますが、エンターテイメントになるぐらいの技術力がある同士が本気を出して戦うと、こんなに激しいモノになるんだなぁと改めて実感しました。これぞスペインサッカーの粋と書きましたが、本当に楽しませて貰いました。ロスタイム30分とか提示しないかなぁと思うような試合でした。もっと見たいと言うことです。
前のクラシコがあまりにバルサが一方的に勝ったこともあって今日は本当にレアルの選手一人一人が凄いモチベーションを高めて試合に入り、序盤から自分たちの出来る最高のプレーでバルサをまさしく「潰しにいった」。そして運動量がいつもの倍になったような感じがあって、ロナウドが入る前の好きだったギャラクティコ・アタッキングフットボールを見せてくれました。バルサは気迫に気圧されたのか、それとも面食らったのかわかりませんが、彼らの爆発的なフリーランニングに棒立ちになってしまうぐらいの的確で動きがあって、しかもスピード感溢れる攻撃に対して抵抗出来なくなってしまったのを見ても、それだけレアルの攻撃があまりに圧倒的だったような感さえ受けました。何となくだけど見とれてたんじゃないかと思うぐらい。
ただやられっぱなしにならないのが、バルサの強さ。相変わらずのボールを持つと本当に綺麗なサッカーをするし、絶対に守りに入らない。常に攻めるという意識が高いから、穴もあるけど正面からぶつかるから凄い名勝負を生み出してくれる。あのサイドバックの凄い高い位置なのはそれだけの自信と裏付けがあるからこそなんだろうなぁと思うときっとどのチームも真似出来ないなぁと思いますよ。それが同じくボールを持つと素晴らしいレアルが相手だとしても。もちろん穴はあるし、この試合ではそういう部分を見事なまでにレアルに突かれたのはある。それでもこういうサッカーをすることを許されるチームに値しているのだから、なんの文句も言えないわ。
で、一番凄かったのはやっぱりカシージャス。神―ジャス?って思うぐらいのスーパーストップの連発。相手のバルデスが(あの状態でのゴールだから止めろと言うのは酷だけど)スーパーストップがなかったのがスコアに表れたんじゃないかと思うぐらい、ものすごい反応で止めまくった。例えカーンやブッフォンでも乗っているカシージャスほどの神っぷりはそうないと思うと、本当に出すのか?と思ってしまう。彼がいなかったら、それこそペレスの首が飛んでてもおかしくないと思ってしまう。
僕は普段こういうサッカーはどうかと思うけど、これがやっぱり世界一のサッカーなんだと思うと、やっぱり実際目の当たりにして凄かったし、色々言うのがばからしくなってしまうのも正直ある。それぐらい凄かった。ベルナベウの雰囲気もそうだけど、それを心の底から望むし、だからこそ大久保もああいうことを言うんだと思う。あれはどの国のどのクラブも真似出来ない雰囲気と内容なんだなぁと思うと、純粋に楽しめました。特別なカードで特別な内容。サッカーは楽しいモノだと言うことを改めて感じました。

でリーガの優勝争いも少しわからなくなったのかなぁと。まだ6ポイントの差があるけど、このサッカーを続けたらレアルは多分全部勝つでしょう(まあそんな簡単じゃないし、クラシコだからっていうのも確実にあると思うけど)その中でバルサはエトーが怪我で長期離脱もあり得るわけで。やはり彼がいることでバルサらしいサッカーが展開出来ていたというか最後に決めちゃう強さがあったわけだけど、それがなくなるとなるとどうなっちゃうのかなぁと。最初の頃にやっていたロナウジーニョを真ん中に置いて、そこから2トップみたいな形で攻撃をしていくのかなぁとか思ったけど、形を変えずにマキシをいれるのかな?ラーションも今年は無理だろうし・・・。このオフェンスの再編成次第ではリーグも終盤に掛かって蓄積疲労もあるし、崩れてしまう可能性もある。ましてやここまで超ハイペースで走り続けてきただけに動きがなければ今までのレアルのようになってしまう可能性だってなくはない。何となくサッカーの神様はそれでもここまでの経過を賞賛するかのようにバルサにタイトルをもたらす様な気がしなくもないけど、素晴らしいチームほどタイトルとは縁遠いというのも過去何度もあったわけで。残り7節、どちらがサッカーの神様に愛されるのか、経過を楽しみに見守りたいと思います。ということでごちそうさまでした。

では日本人プレーヤーと今週末控えるUCLの試合を控えるクラブの動向を簡単に。
マジョルカ 0-2 サラゴサ@エスタディオ・ソン・モイス
Zar:56'サヴィオ 85'ビジャ

結構久しぶりに長いプレータイムを得たけど何も出来なかったみたい・・・・。それ以上に問題なのはチームがほぼ終わってしまった?もうおしまい?でもそんな雰囲気が出ちゃってる気も・・・・。

セリエA
レッジーナ 1-3 パルマ@オレステ・グラニッロ
Reggina:53'pモザルト Parma:21'&49'モルフェオ 63'シンブリーシオ

俊輔は前半のみの出場。ミドルシュートでゴールを狙ったりしてたけど、少しずつチームの信頼を失いはじめているのかなぁという印象。やっぱりあのポジションでシーズン2ゴールは少ないのは明らかで、そういう意味ではやはり結果が求められる。チームとして真ん中がいなくなってしまうと言う課題が大きくあるし、チームとして2トップの方が攻めやすそうと言うのはある。その中で自分の居場所を再び見つけられるのかというのが課題なのかも知れませんね。ただレッジーナでゴールを生み出す可能性が一番高いのは俊輔のプレースキックなのでそう簡単にははずせないだろうけど。後勝ち点6~9で残留ラインに乗れるのと思うのだけど、ここからが遠い・・・・。4連敗は辛いところ。パルマもモチベーションも非常に高くて、この日は本来の強さを出されてしまった。ついてない。

フィオレンティーナ 3-3 ユヴェントス@スタディオ・アルテミオ・フランキ
Fiorentina:14'パッツィーニ 36'キエッリーニ 75'ダイネッリ
Juventus:22'デル・ピエーロ 59'&83'イブラヒモビッチ

ヒデさんはおやすみ。ふと思うのだけどキエッリーニが出てるのにものすごい違和感。しかも点取られてるし・・・・。まあ気になるのはユーヴェの状態。本当にディフェンスが自信喪失状態。点の取られ方が悪すぎる。もちろんDFだけの問題じゃないけど、今の状態でリバプールを0に抑えられるのかというと正直?を付けざるを得ない。攻撃陣は逆に状態が上がってきた。ビッグゲームで決められないアレックスだけど、らしいゴールが雰囲気を変えてくれるのか・・・・もういつの間にか12ゴールな訳で批判されてはいるけど、結果も残しているだけに後は以前の勝負強さを取り戻せるか・・・。ズラタンは本当に頼りになるだけに、ネドベドと共にラインを壊すような動きが出ればゴールは獲れる。やはり鍵はDFだけど怖いなぁ・・・。ミランもドローだったのでとりあえず勝ち点差は開かず。

エールディビジ
NAC 0-2 フェイエノールト@フジフィルム・シュタディオン
Fei:43'カルー 83'小野伸二

シンジはなんだかんだ言って8ゴール?凄いね、もう少し速ければと言うのがあったのも事実だけど、そろそろオランダは卒業かなぁ? スペイン?イングランド?イタリアはなさそうだけど・・・・。

と言うことで他の所も気になるけど、とりあえず今日はここまでです。でも色々と他の動きも出てきているみたいで・・・・。今野がボローニャ?まあいいや、とりあえず今日はここまでです。

|

« もっと頭の良いチームに@J1 第4節 日曜開催分 | Main | 4/13@J1 第5節 Preview »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/3665860

Listed below are links to weblogs that reference 今週のヨーロッパ、魔法の試合と共に。:

« もっと頭の良いチームに@J1 第4節 日曜開催分 | Main | 4/13@J1 第5節 Preview »