« Ambition mixes with tradition@UCL SemiFinal 1stLeg Preview | Main | 的中する悪い予感@J1 第8節 »

April 28, 2005

希望のムードと厳しい現状@J1 第8節 Preview

えーと、何か忙しいですよね。と言うことで明日はJの第8節な訳ですが、その前にもうご存じの方も多いですが、山瀬功治さんが復帰しましたよ!練習試合ですけど、今日ついに30分ピッチに立って、惜しいシュートを放ったり、やっぱりうまいと唸らせるような可能性を感じる出来だったようです。何か嬉しいなぁ・・・、早くみたいなぁ、とかポジティブに思うわけですが、今日の岡ちゃんのコメントに「もう一度やったら選手生命の危機に陥る」とかいうのを見るとやっぱり無理して欲しくないし、少しずつ徐々に戻ってきて欲しいと思ったりキモチの方も忙しいです。とにかくとりあえず、レポが乗ってるところを紹介しておきますね。まあ先に見ている方も多いかも知れませんが、僕の備忘録も含めて。しかしめでたい!

山瀬功治バー直撃の惜しいシュートを放つ横浜刹那主義さん。
久保と山瀬(兄)を見に、トレセンへスタジアムの風景さん
練習試合結果」Fマリオフィシャル

他にももちろんドラゴンがこれからって事だったり、後藤が素敵なゴールを決めたり、とこれから楽しみですね。それではプレビュ。

J.League Division1

4/28 19:00KickOff/フロンターレ vs Fマリノス@等々力「神奈川デルビー@J1」
F.Marinos        Frontale
 アデ○  坂田         黒津
    大橋         ジュニ  マルクス
ドゥトラ     隼磨   アウグスト    長橋
   奥  那須        中村  谷口
 栗原 松田 河合    伊籐 チョン 箕輪
    榎哲             吉原

と言うことで神奈川ダービーが久しぶりに復活しますよ。向こうも怪我人が沢山出て苦しい戦いを強いられている部分もありますが、それでもJ1の水に馴染みはじめて前節では破れたモノの中村憲剛の美しいスルーパス(俊輔みたいだった)からサブの黒津が決めたゴールなどはフロンターレのもう一つの魅力(Fマリにとっては脅威)が出始めているのかなと。ただ正直現状では相手のことを気遣っていけるほど状態は良くないのかなと。前節のアルディージャ戦でも対策らしい対策は立てている様子はなかったし、そのおかげで無策な戦いぶりで貴重なホームでの試合を落としてしまったりと、なかなか難しい状態です。コンディション的な部分では身体のキレ以外にも判断力・イマジネーション・メンタルタフネスのような精神的・頭脳的な部分にも影響が出始め、ましてやチームとしてもかなりのインパクトがあり、連敗したらズルズルという話から見ても、神奈川ダービー云々の前にチームとしての正念場となりそうです。

Fマリノスとしてはやはりまずはターンオーバーを考えなきゃいけない訳ですが、考えると休みをもらえていない選手と言ったら中澤が結構出続けていてかなりコンディション的には落ちているのと、何よりもA3からずーっと出場し続けている隼磨、そして疲労からかセルフジャッジや審判の相性などで精神的ブレが出始めている安様(韓国帰国で子供と遊んでリフレッシュしてきたみたいですが)などはターンオーバーの候補なのかなと。ボンバに関してはエースケさんもいるし、ブラジル人キラー河合も戻ってきた様子で変えられる余裕はあるのかなと。ただ隼磨に関しては岡ちゃんも頭を悩ませているようですが(休ませ時かも知れないと言ってますね)、今日の練習試合で塩川を使っていることからもまだまだ隼磨に頼らざるを得ないのかなと。安様に関してもコメントしていますが、出来れば一度は休ませておきたいし、アデ○も出してみても良いのかなと思わなくもないだけにベンチスタートもあるのかなと。まあもちろん目の前の試合をこなし、勝ち点3を得るための努力をしていくしかないわけですが、やはりぐるぐる回していかないとFマリノスのコンディション作りはかなり底を横ばいをしているだけに、その辺は都合していかなければならないのかなと。それにしても毎回ターンオーバーとかコンディションを考えなければならないというのは辛いところです。

で相手のフロンターレですが、我那覇と寺田の怪我での欠場はほぼ決定事項ですが、それでもアタッカーの層は厚いです。ましてやジュニーニョが前節復帰?と思われながら、ズラしてきっちりと調整してここに合わせてきた感もあるのでかなりの注意が必要なのかなと。J1でも大暴れし、すでにかなり高いレベルというのは証明済みだし、何よりも周りも使えるし、引き出しておいてと言う形を持っているだけに、コンディション的に辛い状態のFマリノスにとっては結構面倒臭い相手になりそうです。他にもマルクスのスキルフルなドリブルワークと得点感覚、前節ゴールを決めて勢いのありそうな黒津、飯尾もいるし、相変わらず爆発力は保っているのかなと。得意な攻撃の方であるボール奪取からのショートカウンターはあまりにソリッドで柔軟性も高く、まともに受けると結構崩される危険度が高いだけに、不用意なボールロストは避けたいところです。後は個人技で意図的に引き出してバランスを崩そうとしてくるので、その辺の駆け引きというのは注意しないと不味いかも知れませんね。
寺田の抜けてしまったセンターにはチョン・ヨンデの起用が噂されているようですが、余り見たことがないし(確かボランチの選手じゃなかった?去年はネルシーニョにリベロ起用もされてた気もするけど・・・・)どちらにしてもフィジカル系の選手ではないだけに、ここを突きたいですね。他の二人は結構強いし、前節みたいな無意図な長いボールだけでははね返す力は強そうなので、何よりも安が出れるにしても坂田、アデ○にしても空中戦で起点というのは正直攻撃を繋げる術としてはかなり不安定なビルドアップになってしまうだけに、長いボールにしてもスペースや低いボールなどを使ったり、それ一辺倒にならないようにしたいところです。

正直現状では、フィジカル的な不安もあって切り替えが非常に遅く、不用意なボールロストも多いだけに、アタッカーを前面に出してシンプルに速く仕掛けてくる相手はマリにとっては非常に嫌な相手です。ただ、相手の守備には必ず破綻する部分はあると思いますし、ボランチは谷口にしても(またもマリ卒業生か・・・・しかもイイ選手だしなぁ)中村にしても組んでそんなに時間は立たないだけに、まだまだバランスと言うところでは詰め切れていないと思うので、そこを大橋や大ちゃんがバイタルエリアをうまく出入りしながら使いたいですね。この状態なので前節の不味かった部分の修正出来ていないというのは承知だけど、省エネでもボールを引き出す動きはなるべく怠らず、局面的にはフリーランニングを爆発させて相手のDFラインを混乱させて、坂田やアデ○の能力を引き出せる状態を作りたいですね。アデ○のバースデイ一日遅れゴール期待!ここでこの雰囲気を払拭したい所です。

【J1:第8節 川崎F vs 横浜FM プレビュー】連敗を避けたいJ王者・横浜FMを相手に、故障者の相次ぐ川崎Fはどう挑むか。注目の神奈川ダービー!(J's GOAL)

4/28 19:00KickOff/ジュビロ vs レッズ@エコパ

まあきっと放映予定のBSもこんな状態で迎えるとは思ってなかったですけど、凹んでいるとはいえイイカードに間違いはないわけで、どちらが復調のきっかけになりやすい勝ちという結果が得れるのか気になるところです。ただ現在復調傾向にあるのはジュビロの方なのかなと。棚ぼた的ではあるモノの(主力の怪我という恩恵)若い選手達がモチベーションと運動量をチームにもたらして、ようやく動きが出始めて鹿島戦でも結果は出なかったモノの調子の良い鹿島相手にもそれなりにイイゲームをしたと思います。もちろん課題としてのカウンター対策や3バックの外側の部分などはまだまだ改善される傾向は見えないですが、攻撃に置いてはかなり光明は見えています。カレン・前田の動ける2トップが起点を作ることに置いてはかなりボールを引き出しているし、そこからサイドをうまく使うことで崩しに関してはかなり良くなってきたのは間違いないです。この試合に置いてもトップの起点とアウトサイドの積極的なランニングが出来れば、それなりにイイゲームは出来るのかなと思います。
レッズの方は結構重傷なのかなと。FC東京戦の復調傾向がセレッソ戦で一気にしぼんでしまったのはやはり詰め切れていない部分が多く課題が解決されず、そのままになっていることが今になってネガティブに出てきてしまっているのかなと。もちろん元々レッズの良さである恐怖感のある攻撃という駒は揃っているし、守備に置いても怪我人が出ているとはいえ質が低いわけではない。今は歯車が噛み合わない状態というのがあるのだとは思いますが、今のレッズには調子の良かった頃のレッズとは違う部分もあるのも事実です。攻撃に置いても流動性と前へのスピード、守備に置いては前への意欲がもの凄い強くボールが欲しくてたまらないと表現していた強烈なフォアチェックを起点にしたプレッシングが今のレッズには欠けているのかな。FC東京戦では外人3バックが軒並み欠場という事で逆にカバーを重ねる様な形がうまくいきましたが、トゥーリオ復帰で足並みが崩れて早い時間に2失点を喫するなどチームとしてかなりちぐはぐな部分があります。でもレッズのカラーを考えたら、もう一度チーム全体でプレスの意識を戻して、そこを起点に良い部分を取り戻すというのがベターなのかなと思わなくはないです。攻撃に置いてはチームの流れさえ良くなれば勢いに乗ってそれなりに流れると思うし、こういう攻めてくる相手に真っ向勝負というのを取り戻して戦って欲しいなぁと。

何でこんなにレッズ贔屓っぽい事を書くかというとやっぱりレッズが強くないとJ全体的には盛り上がらないし、現状でJで一番魅力的なソフトはレッズだと認めざるを得ない部分もあるだけに、ここらでそろそろ復活の兆しを掴んで欲しいなぁと。まあ藤田が欲しいなら、そのおみやげに勝ち点3をプレゼントするのもイイかも知れませんよ?まあとにかくアグレッシブな試合にして欲しいですね。負ければ最下位争いのカードとなるとはねぇ・・・・、サッカーってわからない。

4/28 19:00KickOff/ジェフ vs ガンバ@市原臨海

このゲームはどちらが守備で頑張れるかに掛かってきそうですね。ガンバは相変わらずアタッカー陣は好調で、ブラジル人二人と大黒の使い分けという部分でチームが整理出来はじめたという部分はあると思いますし、ある程度ゴールが獲れる自信というのがチームにはみなぎっているのかなと。ただ相変わらず守備に置いてはルーズな部分も多く、失点を重ねてしまう悪癖は治ってないのもガンバの色となりつつあります。前節はシジクレイを一列上げて、宮本をラインに組み込んだけどそれでも結局根本の部分は変わっていないだけに、ジェフの出入りの激しいアタッカー達を捕まえきれるのかというのがガンバの鍵になりそうです。
ジェフは攻撃に置いてはJでNo.1の得点力を示していますが(失点もリーグNo.1 苦笑)、やはり今年も上にも書いた通り抜群のオフ・ザ・ボールの動きと細かいパスワークが融合したアクティブな攻撃がうまくいっている成果でしょうね。ハースもフィットし、巻もコンスタントにゴールが取れているし、復帰出来れば今期はかなり戻してきた羽生との兼ね合いも凄い来てるだけにジェフとしてもやはり攻撃には自信を持っているでしょう。ガンバの守備陣のマークがかなり緩いので、うまくスペースメイクして崩すというのもお手の物でしょう。しかしジェフのアタックは諸刃の剣です。ボランチやアウトサイドも積極敵に絡んでいくと言うだけにオリジナルポジションを離れるだけにいくらよく走るとはいえ、カウンター時にはかなり危険なシーンを作られることも多いだけにこの失点数も仕方ないと言えば仕方ないのかなと。ただ、いらない失点があるのも事実。前節は不運もあったモノのストヤノフが戻ってきますがどこまで修正出来ているのかが気になるところです。ポジショニングの曖昧さやマーキングの不徹底、オウンゴールにしても危険なシーンが多いという証明かも知れません。捕まえにくいガンバのアタックラインに対してどこまで対応出来るのか、相手は3人でも十分崩せるチームなだけに楽しみです。

案外固いゲームになったりするかも知れませんが、今Jで一番見ていて楽しいカードになるのかも知れませんね。両チームとも攻めて勝つチームですし、非常にアクティブで素敵なサッカーをするだけにイイゲームみたいですね。

ではその他の試合。
4/28 19:00KickOff/FC東京 vs レイソル@味スタ
         グラ vs 読売@瑞穂
         楽天 vs 鹿島@ウイング
         アルディージャ vs トリ@大宮
         アルビ vs エスパ@ビッグスワン
         セレッソ vs サンフレ@長居

と言うことで又長くなっちゃったけど、この希望のムードを結果に繋げたいなぁと思ったりしてます。神奈川で一番強いチームというのもやっぱりキープしたいですしねwとにかくそろそろすっきりしたいですね。と言うことで今日はここまでです。

|

« Ambition mixes with tradition@UCL SemiFinal 1stLeg Preview | Main | 的中する悪い予感@J1 第8節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/3888708

Listed below are links to weblogs that reference 希望のムードと厳しい現状@J1 第8節 Preview:

« Ambition mixes with tradition@UCL SemiFinal 1stLeg Preview | Main | 的中する悪い予感@J1 第8節 »