« 希望のムードと厳しい現状@J1 第8節 Preview | Main | Whereabouts of a road to Istanbul@UCL SemiFinal 1stLeg »

April 28, 2005

的中する悪い予感@J1 第8節

はい、強風の中帰ってきましたよ。そして又昇格チームに負けちゃいましたよ。プレビュー見て貰ったらわかると思いますが、ドンピシャでしたね!やったね・・・・はぁ。とにかく切り替え云々ではないですよ。反省が必要です。とにかく簡単に。

J.League Division1 第8節

フロンターレ 2-1 Fマリノス@等々力「天気も雰囲気も大荒れ神奈川ダービー」
Frontale:28'マルクス 49'黒津勝 F.Marinos:72'那須大亮

F.Marinos Official

Fマリノススタメン:GK榎本哲也、DF栗原勇蔵(→64'上野良治)、松田直樹、河合竜二MF那須大亮、奥大介、田中隼磨、ドゥトラ、大橋正博、FW安貞桓(→52'大島秀夫)、坂田大輔
ふろん太スタメン:GK吉原慎也DF箕輪義信、鄭容臺、伊藤宏樹、MF谷口博之、中村憲剛(→87'佐原秀樹)、長橋康弘、アウグスト、マルクス、FWジュニーニョ、黒津勝(→67'相馬直樹)

このゲームの中で一番鍵を握ったのは、この日神奈川を覆った強風でした。シャツやパンツを棚引かせるほどの強風をバックから見ると右から左に吹く風で前半はマリが、後半はふろん太が攻撃方法に追い風を受ける形で試合が進みました。後は箇条書き。

・前半は長いボールが風に乗って大きく流れてしまい、なかなかこれを起点とした攻撃がうまく繋がらない。余りプレスが強いとかそういう印象は受けなかったし、穴はそれなりに見えるDF陣でしたが、どうしても受け手のアクションが出てこず、出先が簡単に読めるようなパスが多い。向こうも予測して早めにチェックにこれる状態なので、なかなか局面が打開出来ない。そして疲労は動きだけでなくプレーの精度にも影響、ボール保持の時間は多いが効果的な崩しがないと言う相手に思うつぼのような状態になっていました。意図を感じないと書きましたが、ほとんど大宮戦と変わらず力押しで何とかという部分が多くなってしまいました。
・フロンターレはあくまでもジュニーニョ。カウンターから彼に前を向かせて、柔らかいテクニック、爆発的なスピードを活かし、そこからどんどん来る。怪我明けという部分も感じさせず、マリのDF陣を次々とかわす怖さを持っていました。複数人でないと止められないと言った感じで、しかも周りを使うのがうまいというのも恐ろしい・・・・。
・持たされていたとはいえ、それなりにペースは握っていて、数多くのセットプレーがありましたが風に流されてなかなか精度の高いボールが飛ばず活かせない。
・そしてカウンターから失点、サイドのスペースに流れた黒津→長橋ダイレクトで中へ→ラインをかいくぐったマルクスが大外でフリーでクリーンにヘッド→ゴール。マリDF陣はオフサイドを取りに行っていましたが、マークに付いていれば何でもなかったのでは・・・・?ただ簡単な流れだけど精度とアイデアを感じるプレーでした。
・後半、ビハインドを返そうというキモチもあって前に出て行ったけど、又相手が引きすぎることもあってダイレクトなどが出て良くなってきたかなと所で、ヘッドのクリアミスから楔を入れられジュニーニョ→アウグストと落とされると、プレッシャーの掛からない状態で柔らかいクロス、トラップを掛けるモノの又かいくぐられて黒津がフリーで抜け出してヘッド、_| ̄|○
ボールサイドでプレッシャーが掛かってない状態でオフサイドトラップは危険でしたね。ましてや線審のジャッジも信用出来るモノじゃなかったし。ただこのシーンも精度を感じるプレーでした。
・苦しくなったマリは大島投入、これで起点が出来て、意図がはっきりしたこともあって流れのあるプレーが出始める。スルーに連発からのダイレクトプレー→ドゥトラがラインを突破し中に流し込む→しかし中が合わせきれず、大ちゃんのシュートも枠を逸れる、でもイイプレー、鳥肌モノ。
・相手が守勢に回ったこともあってセカンドボールもある程度支配し一気の攻勢、カウンターでぞっとするような黒津の決定機があったものの、那須のセットからのヘッド、大橋のシュート、坂田の突破からの苦しい体制からのシュート(これは無茶があったけど)など段々ゴールに近づき始める。しかし、それでも決まらずイライラというかチームに焦りが蔓延しはじめる。しかし、右サイドからのFK、ドゥトラのキックからGKと大島が競り混戦、こぼれてきたところを那須が詰めて1点差。その後も右サイドで坂田→隼磨縦突破からクロス→大橋ダイレクトボレーなど惜しいチャンスは出来るが決まらない・・・。パワープレーからも惜しいチャンスは生まれるがフィニッシュには繋がらず・・・。
・小競り合いからアウグストとマツがイライラをぶつけ合う。エキサイトしすぎて、元マリの吉原になだめられる様なシーンも見えたが収まらないマツは執拗な抗議。プレーを止めてしまい、それからは完全に頭に血が上って一つのプレーが切れると又つっかかていくような事が多く、オーバーヘッドで狙うが枠を逸れる。マリに誰もいさめられるような選手はいない。様々ないざこざが起こったが主審はロスタイムを取らず、ほぼ時間通りぐらい(短く感じたけど確認したら時間ぴったり)に終了の笛、全く持って無駄な行為で時間を潰してしまった。後味の悪い連敗。

と言う感じでした。まあ次に向かうしかないわけですが、全体的に雑になってしまうのは気になるところ。というより疲れてるからとは言っても丁寧に、丹念にやらなければならないシーンがあると言うこと。DFはボールサイドに人を集めるけど取れずに中がフリーでやられそうになったり、オフサイドで取れてしまえば楽だけど、プレッシャー掛かってない状態で掛けて逆を取られたり、雑で何か一個抜けてる様なシーンが多いのかなと。審判に対して取ってくれなかったと騒いだところで変わらないのですが、アジアでひと味違う経験をしているのに、こう言うところでそれを感じ取れず、危険なシーンでそれに頼ってしまったと言うのはもったいなかった。
攻撃に関しては後半はうまくいったけど、大事なところでは無理をしなければならないシーンも多く、その分プレーにブレが出て精度が落ちてしまいフィニッシュに繋がらなかった。一つ何かの工夫があればという部分では力押しのシーンが多く、雑なのかなぁと。上に書いたような連動して人が動くようなシーンがあれば、フリーマンも作れるのですが、まあ疲れからオフ・ザ・ボールの余り出ないことで一人一人のボール保持の時間も多くなって追い込まれてしまったりと、難しい状態ですね。ただ周りのタイミングと自分のタイミングだったり、そういう部分ではやはりまだまだ合わないシーンの方が多い。正直悪い方の予感が当たって、頭が痛いです。

コンディション不良は色々なところにひずみが出ているし、大幅にメンバーを変えてでも休ませる必要性もあるのかなと改めて感じるような試合でした。そして精神的ブレは前節安に出ていましたが、今日はマツに出て(隼磨も相当来てたけど、副審タックル)ともう限界寸前なのかなぁと。前節でのコメントにもあった通り、ここは正念場。個人的にリアリストなので、この状態を脱することはそんなに楽なことはないと思っています。今必要なのは改善点の各自の認識と精神的な立て直し、そして刺激だと思います。練習で出来ないなら頭の中だけでもすっきりすべきだし、苦しいけれどこのチームの力を信じるからこそ、今はチームとして何かをしていかなければならないのかなと。ましてや2年間積み上げてきたモノがあるんだし(何となく去年のセカンドの勝てない時期に似てるかなと思ったけど、プレーは悪くな勝ったしなぁ・・・あのときは)まあまだ2連敗ぐらいがたがた言わなくてもとは思いますが、負けた理由が同じで後に残るモノだったし、このままじゃ続けたら泥沼に入ってしまう気がしてならないです。岡ちゃん、本当に頼みます。

で、フロンターレは悪い部分が取れて、それは悔しいけど良かったなぁと思いました。あのロスタイムでの失点劇からチームがしっかりと学び、今日も凄い集中しているなと感じたし、意志もはっきりと相馬・佐原が入れる事で前に出し、プレーが切れるごとに声を掛け合っている姿を見たりして、チームとしてきっちりと実になっているんだなぁと感じました。ジュニーニョは相変わらず凄かったし、チームとしてやることがはっきりしているのは相変わらず、余計な部分がそぎ落とされていると言う所で関塚監督の手腕を感じました。後は引きすぎてしまって、相手にペースを完全に引き渡してしまうことと言うことでしょうが、イイチームになってきましたね(書いてて悔しい~)

と言うことでまあとにかく日曜日!今度は伝統の一戦。刺激的なこのカードでこの雰囲気でも振り払いたいですね。とにかく勝ちが欲しい・・・・。ダメだ、ネガティブになっちゃう。大橋と大ちゃん、鍵ですよ。プレーに色を与えて喜ばせてー。

その他の試合(まだ見てないのですが、多分追記はしない予定っす)
ジュビロ 2-2 レッズ@エコパ
Jubilo:19'前田遼一 85'p中山雅史 Reds:44'永井雄一郎 86'エメルソン

ジェフ 3-1 ガンバ@市原臨海
Jef:44'巻誠一郎 56'&72'水野晃樹 Gamba:74'吉原宏太

セレッソ 1-1 サンフレ@長居
Cerezo:89'pゼ・ロベルト Sanfrecce:44'ガウボン

楽天 0-2 鹿島@ユニバ
Kashima:29'本山雅志 63'野沢拓也

グラ 5-4 読売@瑞穂
Grampus:15'本田圭祐(!) 25'山口慶 26'マルケス 40'古賀正鉱 64'クライトン
Verdy:9'&38&61'平本一樹「覚醒」 84'pワシントン

FC東京 0-2 レイソル@味スタ
Reysol:38'クレーベル 64'平山智規

アルディージャ 3-1 トリ@大宮公園
Ardija:34'&40'クリスティアン 84'西村卓朗 Trinita:2'梅田高志

アルビ 0-0 エスパ@ビッグスワン

と言うことでもうふて寝。明日UCLのレポート上げます。と言うことで今日はここまでです。

|

« 希望のムードと厳しい現状@J1 第8節 Preview | Main | Whereabouts of a road to Istanbul@UCL SemiFinal 1stLeg »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/3900132

Listed below are links to weblogs that reference 的中する悪い予感@J1 第8節:

» 日々成長 [鯆組Blog]
ロスタイムの時間の使い方一つ取っても、 少しずつ学んでいる成果が昨日のゲームの結果。 相手クラブの、それもチャンピオンクラブのサポーターから 「イイチームになってきましたね」と書かれると嬉しいです。 でも、フロンターレまだまだ発展途上中。 いつの日か「ヤタガラスのエンブレム」を肩に背負う日が来るために、 「反省」はいくらやって構わないから「後悔」だけは絶対にしない、 そんないつでも前向きなフロンターレがやっぱり大好きです。 2005・J.League Division1-8t... [Read More]

Tracked on April 29, 2005 at 08:53 PM

« 希望のムードと厳しい現状@J1 第8節 Preview | Main | Whereabouts of a road to Istanbul@UCL SemiFinal 1stLeg »