« The Splendid End@UCL Q.Final 2ndLeg | Main | 苦境、混乱、執念@J1 第6節 »

April 16, 2005

秀逸マッチメイクに漂う好ゲームな雰囲気@J1 第6節 Preview

それにしても今週のマッチメイクは本当に秀逸ですよね。どれを先に見ようか迷っちゃうぐらい、本当に楽しみなカードが満載です。その中でも今日は3つプレビューします。まあスルー出来ないと言った方が良いのかも。日産スタジアムに向かう僕としては、地上波のFC東京-レッズをビデオにとって、ジェフ-鹿島はディレイで見て、とか頭の中で計算している次第です。とにかくいきます。

J.League Division1 第6節

4/16 15:00KickOff/Fマリノス vs ガンバ@日産スタジアム
F.Marinos        Gamba
   大島  安         大黒
      奥         フェル アラウ
ドゥトラ     隼磨  家長       二川
   那須  原        遠藤 橋本
  中澤 松田 栗原  実吉 シジ 山口
      榎哲         日野

優勝候補同士のぶつかり合いで両チームともここで相手を叩いて、自分たちのチームの熟成度だったり方向性において強く自信を深める試合にしたいと考えるのかなぁと。ここで勝てば、マリにとってはこの厳しい連戦の中でコンディションに不安があっても十分台頭に戦えるという自信を掴み更に前に進む力を持てるし、ガンバにとっては現在勝ちきれない試合を続けて曖昧になりつつある自分たちのやっているサッカーの方向性にもう一度間違っていないんだという実感を得たい所なのかなぁと。一つのゲームですが、大きな意味を持つ試合になるのかなぁと思います。
で、Fマリの状態が気になるわけですが、大橋が靱帯損傷、河合が太腿肉離れと(どちらも軽傷)で多分この試合はさすがに回避すると思われる訳ですが、逆に上野様が復帰で多分ベンチから(さすがにいきなり先発は・・・行って欲しい気持ちもあるけど)、ドラゴンも明日の状態を見てと言うことだけどもしかしたらベンチはあるかも知れない。坂田に関してはレイソル戦で復帰を果たし、さすがに連戦で疲れている大島に変わってスタメンもあるかもと、まだまだ流動的な部分はあるモノの怪我人もターンオーバーしている状態です(笑えない)で明日の試合ですが、ここまで抜群の運動量でチームを支えてきた大ちゃんがどこに据えるのかで結構試合の展開も変わってくるのかなぁと。もちろん、器用にどこでもこなせる選手ですが、相手がガンバと言うこともあって結構守備に置いてはシビアな部分も求められると言うことを考えたら、結構負担が掛かってしまいそう。それでトップ下に入れるとしたら上がってくるヤットを見ながらも、相手が前掛かりになりがちなチームなだけに、その逆を突くカウンターの仕掛け人として大きな役割を担って貰いたいなぁと。
誰がどこにはいるというのはとりあえず置いておいて、やはり相手が攻撃に非常に特徴のあるチームなだけにそれなりに警戒をしかなければなりません。ガンバのスタイルとして機動力を活かして激しく動き回りながら、そこに個の局面打開を絡めてDFのずれを生じさせて、そこに飛び込んでいくことで使っていくことでゴールを狙う様な感じなのかなぁと。前で起点を作るフェルナンジーニョやアラウージョはどちらかと言えばボールを持つタイプなだけに球離れは良くないですが、逆にシンプルにボールを裁いていく二川やヤットがアクセントになったりと、こちら側から見ると非常に掴みづらいし難しい攻撃陣だと思います。もちろんフィニッシャーとして意識の高く、どんどんオフ・ザ・ボールの動きをアクティブにしてくる大黒が一番ケアしなければならないわけですが、一番気を付けなければならないのは、自分たちがパニックを起こして自らバランスを崩し、混乱に陥ってそこを突かれるという部分でしょうか。Fマリノスはどちらかと言えば、後ろに引くというより積極的にアプローチを仕掛けてそこで潰してしまうと言うのが得意な形だと思うのですが、相手が非常にキープ力があり、またいやらしいドリブルをして相手を引き出そうとしてくるので、その辺はバランスに留意していかないとその穴を突かれてしまうのかなと。前々節のレッズの純国産DFラインがガンバのアタックに対して示したやり方は結構効果的だったのかなぁと思いました。あくまでもアプローチは怠らないようにしながらも(ここはボランチと連携しながらバイタルエリアを消していく事はきっちりとやらないといけない)個人能力で対抗するのではなく、カバーに重きを置いて穴をうまく埋めていく事で相手のフィニッシュに誤差を生じさせたし、粘り強く出来ていたのかなぁと。その辺は難しい部分ではありますが、うまくバランスを取りながら相手が焦れるような展開に持ち込みたいですね。焦れてくれれば必ず裏は空いてくると思いますし、相手はスペースカバーやカウンターに対しての対応を非常に不得意にしているだけに、速い展開からスキルのある安様やスピードで裏を抜け出すことの出来る坂田と言ったアタッカーの決定力をうまく引き出したいですね。
ガンバに対しては非常に相性が良いし、幸い相手も勝負強さはまだまだこのチームにはなく、波に乗っている様な状態ではないだけに、コンディション的には苦しいですが集中力を持続させて、何とか勝ちたいですね。5/13と先は長いし、先を見ながらと言うのはなかなか難しいけど、一つ一つ大事に戦いましょう。

【J1:第6節 横浜FM vs G大阪 プレビュー】FW陣が続々復帰の横浜FM、粘りを見せた前節の強さは本物か? 戦力充実のG大阪と対決(J's GOAL)

4/16 15:30KickOff/FC東京 vs レッズ@味スタ
FC東京予想スタメン:GK土肥、DF前田、増嶋、ジャーン、金沢、MF今野、栗沢、宮沢、FW石川、戸田、ルーカス
レッズ予想スタメン:GK都築、DF堀之内、坪井、ネネ、MF鈴木啓太、酒井、山田暢久、アレックス、長谷部、FW永井、エメルソン

と言うことで去年のナビスコ決勝やセカンドステージの快進撃ストップなど様々なイイ試合を見せてきたこのカードですが、両チームを取り巻く状況は非常に極端な状態になりました。自慢の強力アタッカー陣は火を噴かず、愚行の繰り返しもあってリズムを失っているレッズに対して、開幕から果敢なアタッカー、運動量抜群のMF、強固な守りを疲労するDF、チーム全体がうまく機能し織りなすアグレッシブな4-3-3で首位からは落ちてしまったモノの好調を維持し続けるFC東京。正直勢いには雲泥の差がありますが、見所はたくさんあるのかなぁと。
本来勢い溢れる感じといったらレッズのお家芸みたいな感じもあるのですが、その勢いがないとなかなかチームはうまく回らず、決定機も決めきれない取った感じからなかなか抜け出すことが出来ません。もちろんレッズらしい圧倒するような攻撃も出ているし、色々あってレギュラーDFがいないながらもボランチと含めてきっちりと我慢出来るDFと内容的にはそれほど悲観するモノではないですが、ナビスコで結果を出してもこの状態というのはやはり何か原因があるのかなぁと。個人的には以前のレッズには攻撃においての切り替えの速さと局面打開に非常に長けたアタッカーを活かす脅威のファーストブレイクがあったと思うのですが、今はもう既に相手の布陣が整った状態で仕掛けざるを得ない状態に陥っている。これではいくら優秀なアタッカー達もなかなか崩せないし、停滞した状態はこのチームにとっては得意にしていない。じゃあ切り替え速くすればいいじゃんと思うかも知れませんが、その切り替えの速さを生み出していた要因がレッズにはない。それはフォアチェック、中盤の抜群の危機察知によるボール奪取能力、そしてラインを高く保つ事によるコンパクトな布陣、この3つの要素が重なり合って出来るプレッシングがあってこそだったのかなぁと。これが今のレッズにはないから、押し込んでスペースを失い、相手に凌がれてしまう。これを取り戻すことが良いのかなぁと個人的には思っています。ちょっと横道に(ちょっとどころじゃないか)逸れてしまいましたが、現在のレッズはちょっと苦しい状態にあるのは確かです。
ただFC東京もそんなに楽観視出来るような状態ではありません。前節のグラ戦の敗北で勢いに少し翳りが見え始めたのかなぁと思いましたが、怪我人も出始めるなど一個目のターニングポイントが来たのかなぁと。現状ではレッズの方が重傷な気もしますが、やはり相手のアタッカーは非常に優秀で脅威を秘めている訳で、天敵になっていた茂庭が離脱、右サイドで開くスペースを豊富な運動量で埋めていた加地も離脱、ナビスコ決勝等でも証明されていた抜群の危機察知とユーティリティ性でサイド・センター問わずに穴を埋め続けてきたベテラン藤山も離脱、金沢も不安を抱えているとチームを支えていた強固なDF陣に穴が空いてしまい、この状態でレッズのアタッカー陣と対峙出来るのかというのは非常に不安視される部分でもあります。また連戦でアグレッシブなスタイルが維持出来るのかなど決して状況は良くない。
こう見ると両チームとも不安を抱えている中でのこの因縁の対決は両チームの総合力と底力を試される一戦になりそうですね。レッズはこれ以上不振を極めたくないだけに、何とかこの停滞を振り払いたいところです。個人的には良い状態で見たかったなぁと言うカードですが両チームのプライドがぶつかり合うイイ試合になりそうな予感満載なだけに楽しみですね。
【J1:第6節 F東京 vs 浦和 プレビュー】DF陣の故障者続出に苦しむF東京とリーグ戦初勝利挙げ勢いに乗りたい浦和FW陣。両チーム共どうしても勝ちたい『因縁の対決』。(J's GOAL)

4/16 15:00KickOff/ジェフ vs 鹿島@国立
ジェフ予想スタメン:GK櫛野、DF水本、ストヤノフ、斉藤、MF阿部、佐藤勇人、水野、坂本、羽生、FWハース、巻
鹿島予想スタメン:GK曽ヶ端、DF内田、岩政、大岩、新井場、MF青木、フェルナンド、小笠原、本山、FW野沢、アレックス・ミネイロ

こっちの対戦は両チームとも非常に調子が良いし、結果も残していて、しかも両チームとも違う特徴を持ち合わせていてそのマッチアップに非常に興味がそそられる所です。ジェフは一人一人が労を惜しまず運動量を維持することで攻守に置いて非常にアグレッシブでダイナミズムに溢れたサッカーをするチーム、鹿島は一時の停滞を打破し待望だった「決定力」を持つストライカーを獲得、これが刺激になったのか試合の流れをうまく読む力も復活して、非常に老かいなチーム。こういうマッチアップの場合にどうしても鹿島の方が優位に立ちがちなのですが、それでもジェフはここのところ鹿島に対しては非常に自信を持っているようで、去年も2勝。きっと自分たちのサッカーを継続出来れば、質の高さで鹿島を圧倒し勝つイメージというのも出来ているのかも知れませんね。しかし、今年の鹿島はここ数年でもないぐらい非常に充実しています。どちらかと言えば後ろに体重が映りがちなチームでしたが、青木・フェルナンドのコンビが非常にアクティブに激しく動いて、その姿勢がチームをアグレッシブにもたらす効果を生んでいる。そして本山がキレを戻し、小笠原も責任感溢れるプレーでチームを引っ張ったりとまさしく「善循環」と言った感じです。何となくもう既にイイ試合をしてくれそうなわけですが、ポイントとしては2つ。
・連戦によりジェフの運動量が落ち込まないか、90分間通じて維持出来るか。
・鹿島はジェフのアクティブなスタイルに対してどのようにバランスを取っていくのか。
です。ジェフは運動量を保てなければ、鹿島の高質のプレーヤー達には個々では対抗するのは難しいし、チームとしても停滞してしまう。そこを運動量で補い、また得意の追い越しなどでどんどん相手を揺さぶりたい。連戦では疲れが溜まってなかなか身体も動かない事になりがちなだけにそこは気になるところです。で鹿島のポイントですが、ボランチが非常にアクティブだと言うこと話しましたが、ジェフの選手達はどんどんオリジナルポジションを捨てて動いてくるし、前線に飛びだしてくる。その中で前に出ることもしたいけど、彼らのケアもしなければやられてしまう。その辺のバランスをどのようにしていくのかというのが気になるところです。とにかくこの試合は勢いを持続させるためにも良い形で勝ちたいと思うのが両方ともあると思うだけに、とにかくイイゲーム見せて欲しいですね。

【J1:第6節 千葉 vs 鹿島 プレビュー】リーグ戦無敗の千葉と鹿島の直接対決は、中盤での激しい主導権争いが鍵を握る。(J's GOAL)

では長くなってしまいましたが、その他の試合。
4/16 15:00KickOff/エスパvsトリ@日本平
4/16 15:00KickOff/セレッソvsレイソル@長居
4/16 15:00KickOff/サンフレvs楽天@ビッグアーチ
4/16 19:00KickOff/アルビvsジュビロ@ビッグスワン「背水」
4/17 15:00KickOff/ふろん太vsグラ@等々力
4/17 15:00KickOff/アルディージャvs読売@大宮公園「3連敗いやよ」

と言うことでちょっと頑張っちゃいました。他のゲームも非常に力加減が抜群ですし、難しいゲームになりそうですね。ただそれだけ見所も多いし、色々と面白い部分もあり麻生ですね。二つほど単語付けましたが、それは気になると言うことです。まあもう上3つで頑張りすぎたので書きませんが。とにかく楽しませて欲しいモノです。と言うことで今日はここまでです。

|

« The Splendid End@UCL Q.Final 2ndLeg | Main | 苦境、混乱、執念@J1 第6節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/3719376

Listed below are links to weblogs that reference 秀逸マッチメイクに漂う好ゲームな雰囲気@J1 第6節 Preview:

« The Splendid End@UCL Q.Final 2ndLeg | Main | 苦境、混乱、執念@J1 第6節 »