« 安堵と悔恨(仮)@J1 第4節 | Main | 今週のヨーロッパ、魔法の試合と共に。 »

April 11, 2005

もっと頭の良いチームに@J1 第4節 日曜開催分

・・・・・・・_| ̄|○

って感じでしょうか。暑く感じるぐらいの陽気と強い風の中で目をしょぼしょぼさせながら見ていたのですが、さすがにタイでの疲労は目に見えな形でむしばんでいて、それが最後の最後に来てしまったのかなぁと。とりあえずレポート。

J.League Division1 第4節 日曜開催分

Fマリノス 1-1 ヴィッセル@日産スタジアム
F.Marinos:34'安貞桓 Vissel:90'+2'河本裕之

F.Marinos Official

Fマリノススタメン:GK榎本哲也、DF栗原勇蔵、松田直樹、河合竜二、MF那須大亮、奥大介、田中隼磨、ドゥトラ、大橋正博(→46'清水範久)FW大島秀夫(→74'原信生)、安貞桓
楽天スタメン:GK掛川誠、DF河本裕之、北本久仁衛、ホージェル、MF丹羽竜平(→77'和多田充寿)菅原智、朴康造、三浦淳宏、藪田光教(→72'佐伯直哉)FW播戸竜二、三浦知良(→55'ホルヴィ)

序盤楽天の積極的な姿勢をもろに受けてしまい、マリノスが左サイド深く攻め込んだ後、播戸のミドルシュートから冷や冷やする立ち上がり、その後もヴィッセルのきついアプローチでボールを奪うと左サイドを中心とした小気味良いパス回しにかき回されてチャンスを生み出される。アツのクロスから播戸に飛び込まれて混戦となってあわやと言うシーンの後も、またも左サイドからアツのクロスが綺麗に大外でフリーとなったカズにドンピシャで合わされて哲也の正面だったものの鋭いシュートが飛んだりと、なにか落ち着かない。というのもそのアプローチのとまどってボールコントロールが大きくなったり、その勢いぶった押されたりと、なかなか前で受けきれない。それでもようやくサイドから攻撃のとっかかりを掴めたことでようやく良い形が出来はじめると、右サイドでは隼磨がアグレッシブに仕掛け、ドゥトラは変幻自在のポジショニングでイイポイントでチャンスを作ったりすると、中盤で横パスをインターセプトしたドゥトラがそのまま鋭いサイドチェンジを右サイドに走っていた安に通し、安が河本との1vs1で完璧に揺さぶり、そのまま中に切れ込みながらタイミングをずらしてシュート!コントロールされたシュートはバーに当たってゴールに吸い込まれ、今年リーグ戦初ゴールで先制します。この後も楽天の前の勢い以外のミスをうまく繋いでチャンスを作ったりする形で相手に脅威を与えると、冴えを見せていた隼磨が仕掛けて、5度目ぐらいのファウルを引っ張り合いの末、カードが出されるとボールを蹴ってしまいもう一枚カードを提示され、レッドとなってしまった(これに関しては厳しすぎる・・・、まあカードは違うプレーで出されるべきだったのかなぁと。合わせ技で一枚と言うことなんだろうけど)ちなみに遅れましたが、今日の主審は物議を醸し出したあのトリvsレッズを裁いた西村雄一(サッカーマガジンでは主審の採点3、今日はいくつつくのかな?)、きっと彼は私生活で何かあったのか本当にナーバスなジャッジが多かった。まあそこで数的優位を貰ったFマリノスですが、余り数的優位を活かすような形は作れず、そのまま前半を終えました。

後半、ペースを変えるため(ゲームを落ち着かせるため)大橋に変えてジローを投入。ジローは持ち前の運動量で前線から追い回して活性化させ、数的優位の生きるような形も段々出始める。しかしそれでも何かドタバタした感じが拭えず、追加点のチャンスもなかなか活かせない。カウンターからの攻撃のチャンスが何度かあったが、ラストボールやフィニッシュの精度を欠いてしまった。今日のゲームは非常にトランジッションが速いゲームだったので、段々疲労の影響も出て足が動かなくなると切り替えも遅くなり、後手を踏むようになる。逆に楽天はフレッシュな選手を入れて徐々に同点にするために前に出てきた勢いの前に押されはじめる。それでも何とか耐えていたが、ロスタイム右サイドで播戸に粘られたところを栗原のファールで良いところでFK。そこからホルヴィのキックは大外で待ち受けていた河本に対してマークを離してしまいヘッドを許し、哲也の反応もドゥトラのカバーを許さずに決まってしまう。同点。またもロスタイムの失点で勝ち点2を失う結果となった。

今日は楽天の非常に速い出足とアグレッシブな姿勢がよく見えた試合で、非常に相手の内容が良かった。玉際というかそういう部分では圧倒されていた部分があったし、何度もセットプレーなどでは危険な部分もあったし、サイドでも小気味良い突破を許してしまったりと辛い所があったのは間違いないところです。しかしそれでも一つのチャンスを決めきった部分、相手に退場者が出た部分を考えると望むべく最高の結果を得ることが出来たのかなぁと。ただ、その後もペースをコントロールせずイケイケとなってしまった部分もあって、試合自体がトランジッションゲームとなってしまい、余り数的に優位な状況を活かせなかったし、それどころか体力的にきつい状態の中できついゲームを自らに課してしまったこともあって、後半終盤のガス欠に繋がってしまった。もちろんコンディションが・・・・と言う部分もありますが、その前にチームとしての考え方の問題。状況を考えたら1-0でよかったし(もちろん追加点のチャンスを決めてたら・・・というのはあるけど、それは別問題)無理をする必要のない状況で前に出て行きリスクを冒す。もちろんそういう姿勢が必要なときもあるけれどリードしていて無理をする状況ではなかった。ファールに関しても言いたいこともあるけど、セーフティで良いわけで。まあそれでも最後にボールを回してどうにかしちゃえれば良かったんですけどね。正直今日はマリノスの良さでもあるゲームを殺しながらも壺を得た動きみたいなのがというのが出来なくて、楽天のペースに飲まれて雑な試合をしてしまったと思うので、サッカーの神様に今日は嫌われちゃったのから同点に追いつかれちゃったのかなぁと思います。

交代策にしても先を見据えてと言う部分がなきにしもあらずという感じですが、そのノブッキが前に出て行く仕事をやろうとしてしまったのは本当に不味かったかなと。あのときに必要だったのはきっちりとバイタルエリアを埋めて、ボールの出し手であったホルヴィを潰す事が必要だった。那須にしても河合にしてもそうだけど、やっぱり攻撃参加のリスクをもっと意識しなければならないし、時間・状況・タイミングというのをもう一度考える必要があるのかなと。ジローに関しては軽いプレーがあって失点の起点となってしまったけど、よく走って前だけで何とかしようと言う意図がある程度伝わっていたし、決定機を生み出すようなプレーがあっただけに悪くはなかったのかなぁと。まあ今日は一人一人の問題ではなくチーム全体の問題で勝ち点を落とした。それが全てだったのかなぁと。もっと頭の良いチームにならなきゃいけないし、勢いで勝つチームではないのだから。過密日程を言い訳にしていたら本当に進化はないと思う。体力的にはビハインドを元々負っている状態なのだから、方向性をきっちりと持って、ゲームの状況をもっとちゃんと理解し、その時々に必要な事をしていくことで、この日程の中で成績を積み上げていく事が必要なのだから。哲也はお疲れ様、よく頑張った。

まあ一番問題なのはマツがまた荒れる時期に入る兆候が見えたことかなぁと(苦笑)岡ちゃん、そろそろ退場しそうだよ、マツ。ひじうちの前にはイライラが頂点に達して蹴ろうとしてたし。播戸は嫌いなのかも・・・。まあそのイライラがオーバーラップをしたくなったり、中途半端なプレーをしはじめたり、プレーにイライラをぶつけてみたり、そして勝負所で集中を切らしてみたりと本当に怖いよ・・・。心理マネージメントはしっかりね。誰かが彼のイライラを抑えられると良いんだけど・・・。と言うことで選手評も早起き(いや、夜更かし)で書きました。よろしかったらどうぞ。

J1 第4節 採点&選手評(僕の読書+日常記録)

FC東京 1-0 ジュビロ@味スタ
FC:85'栗沢遼一

と言うことで今日はここまでです。もう主審に関しては嫌になっちゃうよね・・・・・。退場もそうだけど、全体的にひどかった・・・・。西村勘弁・・・。レッズの気持ちが今日は楽天にもマリにもよーくわかりました。

|

« 安堵と悔恨(仮)@J1 第4節 | Main | 今週のヨーロッパ、魔法の試合と共に。 »

Comments

おつかれさまでした。

昨日は勝ってもないのに騒いでしまいましたが、許してください、弱小なもので・・・(笑)

昨日はウチが比較的よかったのもありますが
それ以上に中盤のプレスがゆるかったのが
ウチにとっては消耗が最小限になりました。

全体をみれば岡ちゃんの言うとおりドローが
妥当な感じでしょうか。
本当は11人で決着つけたかったですね。

Posted by: marglid | April 11, 2005 at 04:58 PM

お疲れ様でした。

でも良かったですね、悔しいですがヴィッセルは勝ち点に値する素晴らしいゲームをしていたと思います。アプローチが速くて、フレキシブルで、左サイドのコンビも抜群に良かったですし、松永監督の腕は信用出来るモノだったのではないでしょうか。サッカーでは仕方ない部分なのかも知れませんが、個人的にはマリは内容的にはドローどころか負けていても仕方ないモノだったのかなぁと思っています。それだけ難しい試合でした。

審判に関してはご愁傷様です。アツ君はきっと無意識に蹴ったと思いますが、あそこまでナーバスにカードを出すなんてバカじゃないかと思いますよ。あの人に当たったことが運が悪かったんです。基準のなさにはどちらより云々というより、プレーしている選手達が可哀想でした。疑心暗鬼になってジャッジにナーバスになってしまうので。

とにかく今度はウイングでイイ試合して欲しいですね。いけないとは思いますが(苦笑)それでは。

Posted by: いた | April 11, 2005 at 05:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/3650421

Listed below are links to weblogs that reference もっと頭の良いチームに@J1 第4節 日曜開催分:

« 安堵と悔恨(仮)@J1 第4節 | Main | 今週のヨーロッパ、魔法の試合と共に。 »