« 無表情な敗北@J1 第7節・日曜開催分 | Main | 希望のムードと厳しい現状@J1 第8節 Preview »

April 26, 2005

Ambition mixes with tradition@UCL SemiFinal 1stLeg Preview

さあ今日はUCLの準決勝ですね。もうここまで来たチームだからイイチームばかりなのは言うまでもないことですが、本当に質の高い試合を見せてくれそうです。チームの総合力を考えると、この1stLegはアップセットを起こせるか、そこまでいかなくてもホームに繋げる試合が出来るのかというのが大きなポイントでしょう。傍観者となっている僕は、出来れば今日の試合は次に繋がるような試合が良いなと思っているのですが・・・・。とにかくプレビュ。

UEFA Champions League 2005 Semi Final 1stLeg
Apr 26/AC Milan vs PSV Eindhoven @Stadio Giuseppe Meazza
Milan             PSV
   Crespo Shevchenko       Vennegool
       Kaka        Farfan   Park.C.S
  Seedolf  Gattuso       Vogel  V.Bommel
 Kaladze Pirlo   Cafu  Lee.Y.P  Cocu  Ooijer
   Maldini  Stam         Alex  Bouma
       Dida              Gomez

と言うことで今日はこの試合です。PSVは今週通算17回目の優勝をぶっちぎりを表す5節残して決めたという状態で非常に勢いにも乗っているでしょう。今週末のフィテッセ戦は、コクやフェネホール・オフ・ヘッセリンク、アレックスやバウマやイ・ヨンピョなどレギュラー陣も休み、コンディションも良さそうです。この2週間は常にここに目が向いていたと思いますし、ミランをどのように考え、どのように戦うのか、名将フース・ヒディングが頭を悩ませているでしょう。ミランの方はネスタが累積警告で出場停止、その中でここに向かって治療してきたアンドレア・ピルロと今週末に怪我を負ってしまったヤープ・スタムもまだ微妙な状況ですが、一応出場を予定していると言うことです。ネスタの出場停止が響く中で、この二人のコンディションが戦えるところまで戻っているのかというのが気になるところですが、チームでやることはきっちり整理されているだけにミラン有利は揺るがない所でしょう。ただピルロが出場不能あるいは不調でボールロストの起点となる様なことになるとPSVにも十分可能性は出てくるのかなと。

もちろんポイントとしてはここまで高質のパフォーマンスを示してきた両チームの安定感抜群の中盤による主導権争いと言うことになるのかなと。ポゼッション型ではないPSVはあくまでもミランの急緩自在のリズムでゲームはしたくない、逆に良い形でボールを奪って早くスペースを活かすような形を作りたい。そのためにもポゼッションの起点となるピルロ(あるいはルイ・コスタ)を機能させたくないというのは今までのミランに対峙してきたチームと同じ事を考えてきた訳ですが、今のところ効果的な手法を示したチームはいません。しかし個人的にはミランにとってこのPSVと言うチームは結構やりづらいチームなのかなと。ミランはポゼッションを持つときは基本的にゲームをコントロールして、試合のリズムを自らに持ってくるという感じで、本来ゴールを取りに行く形としてはピルロ→カカで中盤に空いたスペースを素早く縦に突破することで中盤と最終ラインを分断し、カウンターのような形で相手を後手に回らせるような形です。それに対してPSVは中盤守備のブロックが非常にしっかりしていてバランスを大きく崩すこともなくボール奪取力も高い、ピルロに対しても朴智星をぶつけるという形を取ることも可能な柔軟できっちりと組織されたチームなだけに、結構難しい相手なのかなと。ミランは逆にそのPSVの中盤の守備ブロックをいかに超え、突破するかと言うことがポイントでしょうね。ただ、PSVがミランに対してイイ試合をするためにはやはり個をどれだけ抑えられるのかと言う点に掛かってくるでしょう。一発で試合を決めれる選手達に仕事をされてしまってはどんなに良い展開に持ち込んでも全てが水泡に帰してしまいます。もちろんミランはそういう力を前に出せるようなシンプルな形を狙いに来るでしょうし、どこまで我慢しながら自分たちの良い形の時にゴールを決めれるか、アウェイですしとにかくフィリップスに繋げる結果を持ち帰ることをまず第一に考えなければならないでしょうね。

データとしてはホームでは本当にミランは強いし、PSVとしてはかなり苦しい状態になりそうですが、まずは腰を引けた戦いをせずに、ミランよりを上回る運動量で楽にサッカーをさせないと言うことを考えていくべきかなと思います。ヒディングはアンチェロティが長い時間を掛けて作り上げた総合力の高いチームを破るような策はどのようなモノなのか、彼の育てた優秀で従順な駒がそれを表現出来るのかも含めて、本当に楽しみなゲームになりそうです。

Apr 27/Chelsea vs Liverpool @Stanford Bridge
Chelsea          Liverpool
 Gudjohnsen Drogba        Cisse
 J.Cole       Duff  Riise L.Garcia Nunez
  Lampard Makelele     Gerrard X.Alonso
 Gallas    G.Johnson  Finnan     Traore
  Carvalho Terry       Hyypia Carragher
      Cech            Dudek

で明日のゲームはセミファイナルでのイングランド決戦。今シーズンはチェルシーがほぼ完勝でタイトルの掛かったリーグカップ(これであってるんだっけ?)でも寸前の所で持って行かれてる訳でリバポにとってはリベンジマッチですね。もちろん来期のUCL出場権に関しても、試合消化が一試合多い状況で勝ち点4差で残り3試合、ホントに苦しいだけに一気にジャンプアップでこのタイトルと共に出場権も得たいところでしょう(まあ難しいタスクという事に代わりはないですが)ただここまでチームを支えてきたバロシュ(そこまででもないか)が怪我でちょっと出場出来るかどうか微妙なところでしょう。チェルシーとしてはリーグもほぼ手中にしている段階で後のターゲットしてはこのUCLに絞られていて、しかもクラック、アリエン・ロッベンが復帰とイイ風が吹いてきています。モウリーニョもベンチ入り禁止の処分が解け、これで本格的に念願のヨーロッパタイトルを狙いに行ける状況が整ったのかなと。
心境的にはリバポを応援したい気持ちで一杯なのですが、チェルシーはあまりに強大な壁なのです。非常に高く強い守備ブロックでユーヴェは倒す事が出来たモノの、又チェルシーのような柔軟な戦術運用能力と個の組み合わさったハイレベルなチームに対しては総合力勝負になりそうですし、どうしたもんかなと言う部分があります。今のところヨーロッパの舞台ではチェルシーの隙というのが、勝負の掛かる部分では見えないだけに非常に難しい部分ではあります。パウロ・フェレイラが怪我でグレン・ジョンソン(守るとしたらロベルト・フートかな?)が入るであろう右サイドの守備力には綻びが見えるぐらいです。ただ一つの穴を突きゴールを奪うと言うことさえ出来れば、勝負はどう転ぶかわからないのかなと。シャビ・アロンソが復帰して中盤には幅が出てきたし、クラックとしてルイス・ガルシアがポテンシャルを発揮しはじめただけに、中盤では互角な勝負は出来ると思うので、後はその穴をゴールに繋げると言うことだけでしょう。ただまずは自ら崩れていかないと言うことが必要になるのは間違いないでしょう。ユーヴェ戦のような集中力を持続させて無駄な失点をしないと言うことが必要になるのかなと。
で、チェルシーとしてはどのような布陣を敷き、どのような戦い方をしてくるのか、ロッベンの復帰でまた幅が広がったのかなと。ドログバも戻ってきたし、グジョンセンも相変わらず質の高い働きをしているし、覚醒したジョー・コールもいる。選択肢としては無数に広がっています。もしかしたら4-3-3に戻す可能性もあるのかなと。中盤でのボール奪取からの高速カウンターでプレミアを一時期席巻していたスタイルで敵なしだったし、何よりもその立役者だったロッベンという最強の槍が復帰してスピーディなカウンターアタックには磨きが掛かる。中盤も安定性は高いですし、現時点で見える唯一の弱点とも言える右サイドバックのところもカバーしやすくなるのかなと。もちろんどのような布陣になるとしてもマケレレ・ランパードのセンターラインという軸があるからこそなんでしょうけど。一時の非常に硬い守備というのは一つの綻びから多少怪しくなっているのは事実なだけに、どれだけアタッカー達がゴールを重ねるかという部分がポイントになりそうですね。局面打開、パス交換、ミドルシュートと何でもござれのアタッカー陣なだけに高く強いCDF陣ですけど、ユーヴェ戦と同じようには行かないでしょう。

指揮官対決という部分では1日目とは又違う趣の試合になりそうですが、腹の探り合いというプレミアらしい感じなりそうですね。ベニテスが何度も同じ間違いはしないと思うので、自分のやり方の中に新たな施術をして挑んでいって、モウリーニョの柔軟性を上回れるかと言うのが楽しみです。どれにしてもやはりプレミアシップなハイテンションな試合になることは間違いないでしょうし、それが好きな人にはたまらないでしょう。どちらにしても様子見なんてなしでプレミアらしい試合を発信して欲しいですね。

ということで今日明日のプレビューでした。あんまり1stLegで勝負が決まっちゃうと寂しいなと思うし、出来れば今日の勝ちがPSVとリバポになったら2ndLegが盛り上がりそうだなぁと思ったりしているんですけどね。とにかくテンションの高まるような試合になることを期待したいです。クライマックス迫る!って感じですな。と言うことで今日はここまで。

|

« 無表情な敗北@J1 第7節・日曜開催分 | Main | 希望のムードと厳しい現状@J1 第8節 Preview »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/3871460

Listed below are links to weblogs that reference Ambition mixes with tradition@UCL SemiFinal 1stLeg Preview:

« 無表情な敗北@J1 第7節・日曜開催分 | Main | 希望のムードと厳しい現状@J1 第8節 Preview »