« 今週のヨーロッパ、魔法の試合と共に。 | Main | 奇跡の可能性@UCL Q.Final 2ndLeg Preview »

April 12, 2005

4/13@J1 第5節 Preview

今週は忙しいですね、と言うことで今日は出来たら2本立てと言うことで。まず明日はJですよ。でも自分は多分国立にはいけないので、なんかイイ予感はしています(今年まだ1勝1分け3敗なんですよ・・・)ということで簡単にプレビュ。マリ戦以外にも憎悪渦めく怨恨マッチもありますしね。

J.League Division1 第5節

4/13 19:00KickOff/レイソル vs Fマリノス@国立競技場
F.Marinos          Reysol
   大島  安         玉田  崔成國
      奥            クレーベル
ドゥトラ       隼磨    大野    谷澤
   上野  那須      近藤  明神  波戸
  河合 松田 中澤      中澤  土屋
      榎哲             南

と言うことで国立での「Hitachi Day」と言うことで一応アウェイの試合です。Fマリノスは後味の悪いドローの後の試合と言うこともあり、この試合では出来れば勝ち点3を獲りたいと事ですが、中2日での試合と言うこともありどうしてもコンディションの問題は付きまとう部分でもあります。これでまた4/13だと思うとぞっとしますが、グダグダ言ってもしょうがないのでとにかく戦うしかないわけで。怪我人が練習参加という情報も来ているのですが、それがどこまで回復し、試合に出れる状態まで戻っているのか、その辺が大きな鍵を握っているのかなぁという感じでしょうか。前節トランジッションの速いゲームをして終盤に燃料切れを起こしただけに、正直言って勝負を出来れば前半のうちにつけたいですが、そうも簡単にはいかないのかなぁと。一応希望的観測も含めて上野様復帰を望みたいところですが、熊林や原と言った選手の起用もあるかな?それとも大橋の状態がそんなに悪くなくて、頑張れる状態なら挽回のチャンスを上げて欲しいなぁと。まあ彼自身あんまり連戦には慣れていないと言うのもあるでしょうが・・・・。もしかして無理を強いてしまう選手もいるかも知れないし(ドゥトラと隼磨は特に・・・)、その辺は当日の状態を見てと言うことになりそうです。

ただコンビはまだまだなものの安様に彼らしい決定力が戻りつつあり、ドゥトラ・隼磨の状態は相変わらず良く、中断後の試合では運動量抱負に動き回っている奥もいるだけに攻撃陣はかなり期待しています。ここまでまだまだ定まりきらない部分や疲れによる集中力欠如により、守備陣がチームを支えられる状態ではないだけに、もう少しだけ攻撃陣には踏ん張ってもらって、何とかチームを勝ちに導いて欲しいです。もう少ししたら守備も安定してくるだろうし(もう不安材料は出きったでしょ?セットプレーにおけるゾーンマークはもうきつい・・・スタンディングヘッドでは走り込んでくるアタッカーに競り勝てない・・・)守備が安定してくれば、Fマリノスらしい試合も増えてくると思うので。まあその辺は持ちつ持たれつみたいな感じで。もちろん出来る状態ならターンオーバーも必要となるでしょうが、正直それどころじゃないというのもあります。岡ちゃんもそんなにメンバーをいじらないし、ここまでの起用を見ても信頼度的にまだまだ余り高いモノではないっぽいので、どうなるのかわかりませんがまだまだ色に馴染まないのかも知れませんね。原辺りは使っていけばチームを活性化させられる可能性は秘めているのかなぁと思いますが(アキみたいに)正直1戦1戦をこなすことで精一杯で先を見据えるような起用というのが難しいのですが、とにかく選手達が頭をフル回転させて動くべきところ、ボールを落ち着かせるところ、飛ばすところ、逃げるところなどを判断していって、勝負所では惜しまずどんどん勝負を仕掛けていくと言った感じにしていきたいですね。頭は疲れないのですから。

で相手のレイソルは、前節日本平でサッカー的には内容の良さを示していたエスパルスを破ってリーグ初勝利を得て、少しずつ自信を回復させているのかなぁと。まだまだ課題の残る試合だったようですが、それでも結果を得ることで好転することはいくらでもあるし、やっていることが間違っていないんだと考えられれば、自信が深まれば思いきりのいい動きも出てきてダイナミズムも溢れてくるでしょう。それだけにちょっと嫌だなという感じもあるのですが、去年のセカンドステージの借りを返したいですね。玉ちゃんの状態が余り上がっていないようで、崔成國との日韓のスピードドリブラーコンビもまだまだ「個」での強さを押し出すだけでまだまだチームとして崩すという形は構築出来ていないとは思いますが、やはり個でも大きな脅威と混乱を与えるプレーヤーなのでここをきっちりと抑えないと苦しいですし、失点に繋がっちゃうのかなと。他にも結果を残しているクレーベルの飛び出しや谷澤のテクニック、大野のパスセンスなど色々と仕掛けを持っているチームだし、どんどん突っかけられればどうしても体力的には苦しくなるだけに、どこまで我慢出来るのかというのがやっぱり鍵になってしまいそうです。マリもDFが瓦解しているわけではないので、カバーを絡めながら守っていくと言うことが必要になるけど、そんなに心配はしていません。心配なのはセットプレーなので。
DFにおいては去年からの継続でDFラインの整備においては力を入れていて、もちろん今年加入した土屋を含めて選手の質も高いので今のFマリノスにとってはタフな相手になりそうです。明神も合わせたセンターのトライアングルの距離を開かせて、カバーの効かない状態で安の個人技や大島の勝負強さを出せるようなチャンスメイクが出来たらいいなぁとは思います。後は現状のストロングポイントである両サイドが波戸・近藤の両サイドバックを凌駕出来るような形が出来れば、良い形は出来てくるのかなぁと。本当ならここでレイソル・キラーの坂田の復帰が望まれるところですが・・・・・。

とにかくこの試合で体力勝負的な試合に持ち込まれると本当にきついと思う。きっちりとゲームをコントロールしていくことは勝ちに近づく必須条件だと思う。前節のハーフタイムコメントじゃないけど、現状で出来るサッカーというのを選択していかないと後半ジリ貧になるのは目に見えているだけに、その辺は頭の良いサッカー、したいですね。無理に見合う成果というのを得て欲しいし、これだけきつい状態で成績が出ないと精神的にもブレが出てしまうと思うので。とにかくチームの総合力が問われる試合になりそうなだけに、11人だけでなく16人、はては28人で良い状態の選手で結果を残してほしいですね。今は内容的には求められないと思うので。

4/13 19:00KickOff/ジュビロ vs ジェフ@ヤマハ「代償」

と言うことで村井・茶野(・崔龍洙?)の移籍問題で、何もなくても凄いいいゲームになるのに、そこに怨恨という刺激的なスパイスが掛かって、とんでもなく盛り上がりそうなゲームとなりました。ジェフサポの遠征バスは3台でるようで、そのほかにもここで「敵地」ヤマハスタジアムに乗り込むようで、ミッドウィーク開催が残念なぐらい、凄い殺伐とした雰囲気になりそうです。ジュビロとしては思いがけない火の粉が降りかかってきた様な思いかも知れませんが、彼らが移籍して良かったというような試合をしたいところですし、ジェフとしては、移籍してしまった選手達が後悔するような試合にしたいところです。ではためで見ている人はそれを楽しめるわけで(笑)

ただチームの状態としては両チームとも正反対の状態なのかも知れません。ジュビロもターンオーバーで凌いでいるモノのなかなか状況は好転してこない。今までの連動する動きが影を潜めて、足元パスに終始して閉塞感を伴う攻撃しかできず、なかなかゴールが遠い。守備ブロックの整備はある程度進んでいるだけに、後はゴールを取ってと言う道筋のはずですが、彼らの良さでもあるパスレシーブのための動きが減退している状況でサイドにしか突破口を見つけられない状態なだけに、そうなるとやはり西と村井に掛かってくる比重は大きくなってくるのですが、しかし未だホットライン開通はままならない。ACLを除けば、セットプレーからの手でのゴールとカレンが決めたゴールの二つだけと本当に苦しんでいます。現状で個の力だけで何とかしようとしている状態では相手のDF陣に混乱をもたらすことが出来ていないだけに、エスパ戦で見せた菊池が見せたようなオリジナルポジションを離れてでも!と言ったようなリスクチャレンジの姿勢が欲しいところなのかも知れませんね(ただそんな菊池が使われないのはどうしてかしらん)中山のスペースメイクや執念の姿勢などがチームに活性化をもたらす唯一の術なのかなぁと思ったりもしていますが、それも限界があるだけに何とかこの刺激的なゲームで状況が好転する事を願う部分なのかも知れませんね。ここで勝てなきゃそろそろ懐疑的な視線はより強まって、抜き差しならない状況にだってなり得るだけに、ここはジュビロにとっても大きな試合になりそうです。
でジェフの方は、前節相性の良い大分を叩きのめしてリーグ初勝利。しかも期待の新エースマリオ・ハースが「スーパーマリオ」になり、キャプテン阿部も連続ゴールと期待に応えました。巻も好調を維持しているし、アタック陣は相当自信を深めている状態なのではないでしょうか。守備に置いてはまだまだ整備され切らず、毎試合2失点している状況なので何とも言えませんが(モダンフットボールの宿命?いやあれはしょうがないか・・・)、それでもチームとしてはジュビロに比べて明るい兆しが見えているのかも知れませんね。ヴェルディ戦での感想なのですが、ハースはトリ戦では鋭い動きでペナに入っていってゴールを取りましたが、懐の深いキープと周囲を見渡せる視野で飛びだしてくる羽生に決定機を導いたりと、かなり柔軟な姿勢を見せたりと攻撃に置いては新しいキーマンはジェフのぴったりの選手ということを見せてくれました。そこに開幕からゴールを取っている巻がゴールに突っこんだり、羽生も本来の鋭さを戻して抜群のスペース感覚を取り戻して決定機に絡んでいるし(決め切れていないけど)本当にジュビロとは真逆ですね。それだけに守備がどうなるのか、やはりオリジナルポジションを著しく崩すだけに運動量でカバーしきれないと大きなスペースを与えてしまうし、新しいコンビのDFラインもまとまりきってはいないだけに、どこまで失点を抑えながら良さであるダイナミズム溢れる攻撃をしていけるかがポイントになるのかなぁと。ジュビロも速い選手は沢山いるし、本来決定力溢れる崔龍洙・中山といったエースプレーヤーもいますからね。

このカード自体、何度も名勝負を生み出しているし、今は状態は真逆かも知れませんが、名勝負はそんな状態を苦にしないモノ。イイゲーム見せて欲しいですね。客の呼べるカードですし。結果はドローでもやもやして、千葉で決着付けて欲しいかも(笑)
【J1:第5節 磐田 vs 千葉 プレビュー】過去にも好試合の多い同対戦。磐田の復調なるか、千葉が意地を見せるか。熱戦に期待。(J's GOAL)

ということで他のカード。
4/13 19:00KickOff/鹿島vsアルディージャ@カシマ
4/13 19:00KickOff/レッズvsエスパ@駒場
4/13 19:00KickOff/読売vsサンフレ@味スタ
4/13 19:00KickOff/グラvsFC東京@瑞穂
4/13 19:00KickOff/ガンバvsアルビ@万博
4/13 19:00KickOff/楽天vsふろん太@ユニバ

と言うことでとりあえず第一幕は終わり。また夜にでも、今度はUCLのプレビューやります。仕事しろ、自分。

|

« 今週のヨーロッパ、魔法の試合と共に。 | Main | 奇跡の可能性@UCL Q.Final 2ndLeg Preview »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/3671141

Listed below are links to weblogs that reference 4/13@J1 第5節 Preview:

« 今週のヨーロッパ、魔法の試合と共に。 | Main | 奇跡の可能性@UCL Q.Final 2ndLeg Preview »