« 2005J.League 傾向と対策 -アルディージャ- | Main | 2005J.League 傾向と対策 -レッズ- »

March 01, 2005

久しぶりに今週のきままにセリエ。

今日は「傾向と対策」をお休みして、久しぶりにヨーロッパを。本当はニュースでも良いのですが、最近適当にはてなの方でやってるので、それはいいとしてとにかく色々と素敵だったので、早速。

セリエA第26節
レッジーナ 1-0 キエーヴォ@スタディオ・オレステ・グラニッロ
Reggina:41'中村俊輔

と言うことで、パーフェクトキックでしたよ。下に関連のリンクにもありますが、玉質が変わってきたのが実を結んで良かったなぁと。今までのキックはふわっと浮いて横に流れながら落ちるといった感じで、ある意味カーブみたいなボールだけど、最近は本当にボールスピードが上がってきて横に滑る「スライダー」系のボールになってきたなぁと。サカマガでの企画にもありましたが、彼のこだわりが結果に繋がって本当に良かった。もちろんもっと速いキックを蹴る選手がいるだけに、俊輔がFKでこれからもっとゴールを取るにはキーパーとの駆け引きなどももっと必要になるのかもしれないですけどね。でも何よりも決勝点!こういうゴールはより信頼を高める結果だっただけに本当に良かったw

最終予選から帰ってきてミラン戦に出た後、怪我と風邪で2試合欠場、ボウディアンスキやコルッチ、テデスコとかがそれなりにイイ働きをしてたみたいだし、確かにコンディションは揃っていなかったかも知れないけど、存在意義を問われる部分もあったと思う。こういう時に出した結果の意義は決して少なくない。去年はこう言うときに結果も内容も出せずにイマイチだったことがあるだけにね。イイパスも出していたし、ドリブルもキレてた。彼のキックはレッジーナの最大の武器になっているのは明白。この勝ちで勝ち点35、てゆうか8位。まだまだ気が抜けるほどの差はないけど、下はずるずるしてるし、あと2勝ぐらいで間違いなく残留出来る!気を引き締めて何とか決めちゃいたいね。

俊輔決めた!高速FK(ニッカン)
俊輔“高速スライダー”FKで勝利(スポニチ)
俊輔 25メートル決勝FK(放置)
レッジーナ・俊輔、2試合ぶり復帰いきなり鮮烈FK!!
ヨーロッパの日本人・・今週は、ケガと風邪から復帰した好調の中村俊輔(湯浅さん)

インテル 1-1 ミラン@スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ
Milan:74'カカ

Inter:GKトルド、DFサネッティ、コルドバ、ミハイロビッチ、ファヴァッリ、MFヴェロン、ザネッティ、カンビアッソ、スタンコビッチ、FWマルティンス、ヴィエリ
Milan:GKジダ、DFカフー、マルディーニ、ネスタ、カラーゼ、MFピルロ、ガットゥーゾ、シードルフ、カカ、ルイ・コスタ、FWクレスポ

インテル無敗伝説終了~!!!記録は38だそうな。でミラノダービー通算100敗目。一番負けたくない試合で負けちゃったのですが、負けるときはこんなモノなのかな?と言う感じの失点でした。CKからのリフレクションを足を滑らせクリアしきれなかったマルティンス、そこに走り込んできたガットゥーゾがミドルを放つとGKの前でカカの足に当たり、ボールは無情にもトルドの逆を転がって・・・・とにかくお疲れ。試合的にはインテルの方が得点の香りがしたのは間違いないけど、ジダの調子も良かったし、ミランのユナイテッド戦で見せた安定感が際だってたのも事実(その分得点力はね・・・でも堅い)まあ何でそんなに悪くなかったヴェロンを代えたのかわからなかったり(代わったエムレが残っちゃったことによりオフサイドが取れなかった)この日はマンチーニのこういうときに冴えを見せていた采配は不発。チームに落ち着きをもたらせるプレーヤーがいなかった事もあって、うーんと言う感じでした。レコバ出てたらなぁ(笑)ミランは首位キープ。

ユヴェントス 3-0 シエナ@スタディオ・デッレ・アルピ
Juventus:35'&63'pデル・ピエーロ 50'エメルソン

一言だけ、何でこのパフォーマンスが出来なかったの?アレックス。本当にキレキレ。1点目のヒールキックは彼らしい瞬間を彩るおしゃれなプレーだったけど、これがギャラクティコ戦で出てれば・・・・。
多分次のUCLでは、アレックスが出るでないは置いておいて、多分3トップかな?ブラージも出れないしね。

パレルモ 2-0 ローマ@レンツォ・バルベラ
Pal:54'ブリエンザ 90'+1'トニ

ローマにも追いつける可能性があるって事なんだよね、レッジーナ。これって凄くない?パレルモ強いなぁ・・・・。でも今年は序盤のメッシーナやレッチェと言い、今のレッジーナも含めてプロビンチャがものすごい頑張ってるのは嬉しい限り。

ラツィオ 2-0 パルマ@スタディオ・オリンピコ
Lazio:19'pオッド 90'A.フィリッピーニ

元ビッグ7同士の足の引っ張り合いはラツィオがパルマを蹴落とす結果に。昔はこの試合も黄金カードの一つだったのになぁ・・・・。不況って怖い。
さよなら、パルマ。今オフはジラルディーノはもちろん、フレイやボネーラ、ボヴォやマルキオンニも含めて草刈場だろうなぁ。

フィオレンティーナ 2-2 ウディネーゼ@スタディオ・アルテミオ・フランキ
Viola:22'ボジノフ 34'アリアッティ Udinese:42'ムンタリ 56'ディ・ナターレ

勝てる試合っぽい試合に勝てないヴィオラの闇は深い・・・・。ボジノフの負傷退場は本当に痛かったけど、それでもあのリードを守れないのはどうにもならん。それこそ、もうなりふり構ってられないなら、リガノを頂点にミッコリとボジノフ並べて、7人で守るみたいな方が成績は残る気がする・・・・。ぶつっと切れる集中力、粘りのない守備、そして繋がらない連携。結局のところ、個の能力をぶつけてる状態は変わってない。うーん、頑張れ。ヒデはしゃあない。

今日はリーガとプレミアは諦めました(笑)でも本当にユーヴェの失速からセリエはにわかに盛り上がってきてる気がします・・・・。残り12試合、スクデット、UCL枠、UEFA枠、そしてもちろん降格争いも含めて楽しくなりそうな予感!と言うことで今日はここまでです。とにかく俊輔おめ!

|

« 2005J.League 傾向と対策 -アルディージャ- | Main | 2005J.League 傾向と対策 -レッズ- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/3122297

Listed below are links to weblogs that reference 久しぶりに今週のきままにセリエ。:

« 2005J.League 傾向と対策 -アルディージャ- | Main | 2005J.League 傾向と対策 -レッズ- »