« 早すぎるクライマックス@UCL Round of 16 2ndLeg | Main | 断ち切った悪夢の連鎖@J1 第2節 »

March 11, 2005

何よりの良薬@J1 第2節 Preview

さあ毎週Jがあるサイクルに馴染もうかと言うところでこの試合を終えると代表の予選があるので、またインターバルを挟む訳ですが、こういうインターバルは勝って終わって良い雰囲気で入っていきたいところです。もちろん開幕節をこなしたことで色々と収穫や課題が出てきていることでしょうが、とにかくマリノスとしては負の連鎖をここで断ち切りたいところです。と言うことでプレビュ。

J.League Division1 第2節

3/12(Sat)16:00Kickoff セレッソvsFマリノス@長居
F.Marinos         Crezo
   大島 清水            黒部
     奥             森島  古橋
ドゥトラ     隼磨   ゼ・カルロス    廣山
   上野 遠藤       ファビーニョ 布部
 中澤 中西 栗原     山崎 クアドロス 江添
    榎本哲             伊藤

と言うことでA3の水原三星戦から悪夢の4連敗と本当に魔の3月となりつつあるFマリノスですが、ここで幸か不幸かセレッソとの対戦になりました。正直余りセレッソ戦にイイイメージがわかないのも事実です。もちろんゆるゆるの去年の1stの勝ちも覚えていますが、何か白熱した展開になって結局勝ち点3を得れない様な展開になっちゃっていると言うことが気になるところです。現状のFマリは正直攻撃構築に関してはドゥトラのコンディションが上がり左サイドに大きな起点が出来たことで良くなってきているのですが、チャンスをゴールに繋げることが出来ず、閉塞した流れの中で自慢のDFが我慢しきれなくなってきているのが現状です。終了間際にやられていることに関しても、ゴールが獲れなくてアドバンテージを取れないことと無関係とは言い切れない部分もあるだけに、この負のループを断ち切るにはやはりゴールが欲しいところです。そういう意味ではまだ去年ボロボロだった守備を再構築中のセレッソと当たれるのはそんなに悪いことではないのかなぁと。しかし相手云々じゃないのはきっと試合を見た方なら誰もが思う事なのかも知れません。内なる問題、シュートがことごとく枠に飛ばない、飛んでも正面と得点の匂いがなかなかしてこない非常に悪い状態というのは明らかです。もちろんエースがことごとく出れず、そのために獲得したアデマールも未だに使えない状態(だよね?岡ちゃん。水曜日のあの展開で使わなかったんだから)でジローも大島もはっきり言って自信喪失状態の中でどのようにゴールを取るのかと言うのがポイントになるのかなぁと。非常に重い雰囲気が漂う中、去年二桁を取った頼れる大ちゃんも本調子にはほど遠く、正直多大な期待は掛けられない。本当ならこう言うときに期待したいのがセットプレーなのですが、キッカーが調子悪い上(ドゥトラは良いけど)セットプレーのDFのリズムの悪さか攻撃でもいい形というのが出てこない。本当に八方ふさがりの状態です。
ただその中でドゥトラが良いのと、ここのところ決定機を演出出来ていないモノの今年は心境著しいハユマが風穴を開けてくれることを期待したいなぁと。ドゥトラは本当に今良いコンディションにあるだろうし、開幕前の判断が遅く独りよがりなプレーが消えて左サイドを活性化させてくれています。対面は移籍してきた廣山ですが、西(実は今年はジュビロのキーマンになるであろうと思っているんですよ)さえ前に出させなかった今の状態なら正直心配はないと思っています。で右の方ですがハユマは確かにまだ1vs1のDFやクロスボールの精度など成長の余地はありますが、豊富なスタミナを活かして何本も上下動をしていくうちに徐々に相手の逆を付き、切り替えの速さで主導権を握って行ければ必ずサイドに突破口は開けるはず。ゼ・カルロスというセレッソ界隈で非常に評価が高いアタッカーが相手ですが、怖れることはないと思います、ただCDFとボランチで手厚いカバーもしてあげたいところです。サイドに突破口を開くことでまだ馴染んだとは言い難い大島の良さをシンプルにペナの中で活かしてあげることが出来るのかなぁと。もちろん彼一人では厳しいですが、細かい仕事を求めすぎて良さであるゴール前での積極性や思い切り、そして細やかな技術というのが相殺されていることを考えたらシンプルに「ゴールを獲れ」と言うことをメッセージとして付けてあげれるのかなぁと。もちろんジローにも。
まあセレッソに関しては開幕戦も見てないし、正直どんなチームかもわからない部分もあるのですが、上向き気はしなくもないです。開幕戦では負けたモノの12本のシュート(枠内7)とプレビューで書いた前の駒を活かすだけのパスルートというか攻撃構築が出来つつあるという気がしなくもないので。もちろん能力の高い黒部・西澤(同時併用はないかな?スタメンでは)には注意が必要ですし、今のボランチにとって森島・古橋のようなフレキシブルな特徴を持つ選手には、ちょっときついかも知れませんが、自信を取り戻すためにはここできっちりを抑えて、前の選手達とのチームの歯車を合わせてあげたいところです。切り替えの速さや安定感はかなりの差があると思うので、そういう部分で相手のやりたいことをさせないようにして優位に立ち、こういう時の最高の良薬となる「ゴール」そして「勝利」というモノを得たいところです。もちろん選手達も思うところはあるでしょうし、このくらいでへこたれていてはアジアなんて絵空事。敗戦と言う屈辱をバネにして貪欲に戦って欲しいところです。良い結果をおみやげに灼熱のインドネシアに行きたいですね。

3/12(Sat)15:30KickOff/フロンターレvsレッズ@等々力
フロンターレ予想スタメン:GK下川、DF箕輪、寺田、伊藤、MF中村憲剛(山根?)、久野、長橋、アウグスト、FW我那覇、ジュニーニョ、マルクス(フッキ?)
レッズスタメン予想スタメン:GK都築、DF坪井、トゥーリオ、ネネ、MF酒井(鈴木啓太はまだ?)、長谷部、平川(鈴木復帰で山田?)、アレックス、山田(鈴木復帰で長谷部?)、FWエメ、永井(田中達也?)

で注目カードとしてはこれでしょうね。今日のエルゴラにも赤バックのエメ、青バックのジュニーニョと去年のJ得点王同士の直接対決が煽られています。どちらも非常に抜群のスピードを武器にチームの爆発力を支えるエースに焦点はあたりますがこの選手達を抑える側にも注目したいところです。というのもレッズは別に良いんです。まあジュニーニョも非常に質の高い選手ですし開幕戦で勝負強いところも見せましたが、彼らも2ndのチャンピオンとしてのプライドもあるでしょうし、個々としてもアルパイが出場停止でも坪井が出てくるという事で質が高い。開幕戦の失態は繰り返さないとモチベーションも高いと思うのでその対決はあくまでも余興として(ちょっと違うけど)まあレッズはDFとGKのコミュニケーションで問題があるだけにその辺はフロンターレにとってはチャンスはあると思いますが。
ただ一番注目して見たいのはエメを中心とした永井や田中達也と言ったJ1最強の高速アタッカー陣に対して、高さ・強さはあるモノの速さに対してどのような対応をしていくのか、関塚監督のメソッドの元でレッズ攻撃陣を封じる事は出来るのかというのが焦点が当たるのかなぁと。もう既にレッズの攻略法はある程度わかっているとは思いますが、その上でどうするのかなぁと。どうしてもポゼッションはいくらホームとはいえ、レッズの方が獲ると思います。その中でラインを下げてスペースを消すのか、それともラインを設定しながらマンマークにカバーというスタンダードな形で挑むのかという戦術的な選択含め、どうするのかが非常に興味深いかなぁと。J1のアタッカーは立体ではなく平面的な勝負で仕掛けてくるので、もし戦術的に封じ込めることが出来ても強引な個の独力突破もある。エメはコンディション次第ですが(いや、上げてくるな、開幕負けてるし)、永井は開幕から絶好調で相当なキレを見せていただけにそこで踏ん張れるかなど、J1で戦う上での第一関門としてイイ試験になりそうです。これで0で抑えるようなら本当に上に来る資格を得たと考えてもイイかも知れない(もちろん長いシーズンだからそうなるかはわからないけど)それだけに去年のセカンドチャンピオン相手にホーム開幕戦、最高の舞台でフロンターレにとっての「J1適応試験」になりそうです。

3/12(Sat)15:30KickOff/鹿島vsガンバ@カシマ
まあ一応優勝候補対決ですしね。ただ、ガンバは去年までのバランスが崩れているというのをどこまで改善出来ているかと言うことがポイントになりそう。それはオフェンスにしてもディフェンスにしても。オフェンスはパサー色が薄まり、アラウージョやフェルナンジーニョが独力突破や中央突破に傾倒してしまうと強さのある鹿島DFは崩せない。二川やヤットがどこまでコントロール出来るかがポイントになりそう。後はこれは西野さん次第だけど、宮本・シジクレイ問題に拘りすぎると又足元掬われる気がする。この二人がセンターの4バックはあり得ない。カバー型でアプローチに行けないのは前節露呈しているし、その辺は監督としての資質が問われる(今更だけど)鹿島としてはその穴を小笠原が逃すはずもないので、それを周りの選手が期待に応えられるかが鍵かなぁと。本山が前節のようなへたれプレーならスタメンも考えなければならないかも。本気を見せろ、影響力を見せろって所でしょうか。本山も働くようになると鹿島はかなりガンバにとっては手強い相手になる予感。アレックス・ミネイロは少しは馴染んでいたらポテンシャルが見たいところ。FJかマジーニョか(苦笑)新井場ダービー?盛り上がらない予感(苦笑)

その他の試合。
3/12(Sat)16:00KickOff/サンフレvsFC東京@ビッグアーチ
これも楽しみ、優勝を狙う(争うと言ってるの間違い?)と公言しているサンフレにとって、最高のスタートを切ったFC東京相手にどこまで戦えるのか、両サイドはかなりのホットエリアになりそうだし、両チームとも開幕戦ではそれなりに手応えを感じているだけに好ゲームになりそう。FC東京は開幕戦と同じようにチャンスを決めれば自ずと優位に立つかなぁと言うことで決定力、サンフレはどこまでジャーン、茂庭(怪我?)の強力DFをガウボンを起点にずらせるか。もちろん凌いでからと言うことだけど、佐藤寿人のスピードと得点感覚は必ず何かを起こせる気が・・・・。

3/13(Sun)15:30KickOff/ジュビロvsグランパス@ヤマハ
狡いよね、又贔屓だ、日曜開催。マリはアウェーで土曜日開催。Fuck’n椅子男(あてつけ)まあいいや、今のジュビロは正直森の中、攻撃面に置いて光が見えてこない。良さが消えて、流動性も消えた。二つの個のコンビでしかなくこれを整備する時間もないのでまだまだグループで崩すようなシーンはなさそう。グラはまだまだ2トップ傾倒気味だけど本田圭祐のパスセンス含めて変化が出てきたし、中盤も整備されてきた感がある。4バックの定着はまだ先にしても、ポゼッションを逆に握る展開になったときにリトリートしてブロックを作るジュビロを崩せるかが鍵になりそう。そんなときこそ、マルケスな気も・・・。ハンドに注意(笑)

3/12(Sat)19:00KickOff/ジェフvsレイソル@臨海
そういえばこないだちばぎんカップで臨海無敗記録は止まったのでは?でもキャンペーンまで張られるよう千葉デルビーです。まあ何となく最近は毎年逆の道のりを歩んでる気がしなくもないですが、毎回接戦という印象あるんですけど今年はどうなるんだろ?西部さんもジェフサポになった訳で、少しジェフ有利?崔成国デビューもこの試合かな?結構沢山話題もあるけど、勝負の綾はあくまでも前線かなぁ?中盤はジェフの方が優位に立つと思うのですが、ハースのフィット含めて不安があるジェフに対して、ボールを前で納めてくれる安永や山下と言った選手が健在で活き活きしてる玉ちゃんがいるレイソルに分があるかも知れない。まあその分ジェフは量で沢山シュートチャンスを作ってあげたいところ。とにかく熱く乱闘が起こるくらい盛り上がって欲しいですね、千葉の祭ですから(笑)

3/12(Sat)15:00KickOff/読売vsエスパ@味スタ
去年のセカンドは大虐殺だったんだよねぇ。ヴェルディのスーペルショートパスに大混乱、蹂躙蹂躙の末の4失点(個人的に見てて最高に楽しめました、これぞヨミウリ!って感じで)しかも本当にお祭り状態だった。今回も中盤で小林大悟・慶行・平野(林?)のトライアングルを捕まえられないようだと同じ事も・・・・。健太エスパは意図しているサイドアタックで相馬や山卓を守備に忙殺させるような展開になると面白いけど、チームの熟成度の差は感じる・・・・。ワシントン対策をロジェーリオがしているようですが・・・・。

3/13(Sun)14:00KickOff/アルビvsトリ@ビッグスワン
反町監督本領発揮なるかと言った感じ。さすがにやられすぎた開幕戦のショックを切り替えて修正出来るかというところ。当たり前だけど前節ちんちんにされた左サイドはてこ入れは必死、鈴木健太郎SB復帰で立て直しかな?トリニータは開幕戦のサッカーを最初からやったらチャンスは十分、マグノも良いけど、ドドもキテる。何で前節はあのスタメンだったのか理解不能だったけど、確かに変わっているのは間違いないところ(何となくファンボ・カン監督に謝らなくてはならなくなる予感 苦笑)結果が欲しいですね、両チーム。

3/12(Sat)15:00KickOff/アルディージャvs楽天@埼玉スタジアム
埼スタでやるんだ、入るか?でもJ1お披露目には最高の舞台。これで連勝になんて事になったら本当に台風の目になるかも知れない。ただ楽天相手にどのように三浦監督が考えるのか、ガンバの時のように相手を尊重していくのか、それとも自分たちの形を押していくのか。まあもともと相手を尊重して前半耐えて後半勝負のチームだけど・・・・。楽天がJ1の厳しさを教えるかな?ガンバとは違ってもっとわかりやすいチームだと思うけど乗せると怖いチームでもあるし。台風の目争いって感じ。純マーカス(アメリカU19代表候補に名前が上がったなんて知らなかった!)、昨日のスポニチ裏一面おめでとう(笑)注目度高いから頑張れ!

と言うことで珍しく全試合ソフトタッチでプレビューしてみました。長くなっちゃってすいません。まあ本当に結果は何よりの良薬となるのは間違いないと思うので、横浜から大阪に念を送ります!と言うことで今日はここまでです。

|

« 早すぎるクライマックス@UCL Round of 16 2ndLeg | Main | 断ち切った悪夢の連鎖@J1 第2節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/3261233

Listed below are links to weblogs that reference 何よりの良薬@J1 第2節 Preview:

« 早すぎるクライマックス@UCL Round of 16 2ndLeg | Main | 断ち切った悪夢の連鎖@J1 第2節 »