« 大荒れの開幕@J1 開幕節 | Main | Dead or Arive@UCL Round of 16 Preview »

March 06, 2005

Jリーガーに学ぶ技術。

少年期にスターのプレーを見て真似をする。そしてそれを何度もやることによって自分のモノにする。そういうことを現在では海外のプレーを参考に出来る環境もある訳ですが、生で見れるJリーガー達にも学べるプレーがたくさんあると言うことを紹介しようかなぁと。生で見ることでまた違うことを感じる部分もあると思うので、そんなプレーを。ただスペシャルアビリティ(例えばエメや永井の素敵ドリブルや石川直宏のスペシャルなスピード、中澤のヘディング等々)のようなプレーではなく、意識で変えれるようなプレーをやりたいと思います。てゆうかプロにも見習って欲しい事かも知れません。

・エメルソンに学ぶ前を向く技術
エメルソンと言えば素晴らしいスピードとドリブルでの豪快な突破、そして豪快なシュートでチームを勝利に導くプレーがものすごい印象が残る訳ですが、どうして彼がそんなに突破を計れる状況に持ってこれるのか、それは彼が前を向く技術が非常に長けているのかなぁと。前を向くために又彼は沢山のアクションを入れているというのがポイントなのかも知れません。日本の選手は最近スピードドリブラーも増えて仕掛けるような選手が多くなってきましたが、それでも前を向かなければその力を発揮出来ない訳で、そういう前段階の努力と言うのを取り上げて見ようかなぁと。
まずひとつと言えばそのDFに与える心理的影響です。前を向くためにはある程度プレーサークルにスペースを持っていなければならない。身体を密着させられたらそう簡単に前を向けない。結局エメルソンだからと言うことになってしまうのかも知れませんが、彼はとんでもないスピードを持っているので「身体を付けたら(距離を詰めたら)一発で行かれて追いすがれなくなる」という恐怖感があるからかも知れませんが彼に対しては結構行きにくい。まあただ相手にそういう警戒心を抱かせるだけなら相手の危機管理的なものも含めてそんなに難しい訳ではないので、まあ勘弁してください(苦笑)でまずDFは抜かれないためにある程度の距離を置いてアプローチさせる前提で、自分には前を向けるプレーが出来ると意識する事がひとつです。これは大前提なのですが、相手が嫌がることは前を向くこと(だからこそきつめに行くアプローチもある)、シュートに繋がるようなゴールの脅威を感じるプレーをされること。だからこそそれを強く意識することは大事だと言うことがひとつです。
エメルソンはもちろん受けてキープするようなプレーも腰や手の使い方がうまいので身体が大きくなくてもそこそここなしていますが、前を向けない時の選択に過ぎないのです。だからこそ前を向くために多くの努力をしている。半身になって受けるボディフェイクはもちろんですが、彼は縦に行くぞというアクションを相手に対して常に与えることで近い距離に近づかせず、それは大きなまたぎフェイントだったりトリックプレーだったりすることもありますが、まず警戒させる。そしてそこから今度はボールを受けた後、空間認知でいないことを確かめたらそこでもフェイクを入れて前を向くのです。ボールを奪われないための工夫というのをきっちりとしています。
非常に地味な駆け引きですが、こういう細かい技術があってこそエメルソンはスペシャルな能力を発揮する土壌を整えているということを忘れてはいけないのかなぁと。これがコンスタントに出来るから仕掛けられるチャンスも多いし、強いてはシュートが沢山打てる秘訣の大本だと思うし。凄い地味なことですけど、意識共に素晴らしいことで見習ってほしいですね。

・中山雅史に学ぶオフ・ザ・ボールにおける細かいポジションチェンジ
次、ゴン。凄いですよね、あれだけ闘志を持って走り回って無理なポジションでも諦めずに追っかけてマイボールにしたりと、その闘志は衰える所かより増しているんじゃないかと思うぐらいです。ただ、今日取りあげたいのはそこではなくて、彼の地道なゴールを取るための小さな動きです。オフ・ザ・ボールの動きというと近年では非常に重要視されて、この動きが選手の質を左右するぐらいの重要なコンテンツです。天才的な動きをする柳沢敦や大黒将志のような天分ではなく(天分かどうかわかんないけど)彼に学ぶのはゴールを取るための細かいポジション修正のことです。
そんなに身体能力が高い訳ではないし(まあ凄い身体してるからあるけど)足が速い訳でもない、スキルがずば抜けている訳ではない。でもJで一番ゴールを取っているのは中山雅史という選手なのは皆さん知っていると思いますが(現在148ゴール)、どうしてそんなに取れるのかと言ったら彼がそこにいるからです。もちろん感覚的な部分も優れているし、その闘志溢れるプレーでチャンスを繋いで、それをゴールに繋げてきたというのもある、そして優秀なパサーを抱えるチームに所属しているというのもあるのですが、そのチームメイトの非常に正確なパスの要求に応えるがごとくボールのポイントが変わるたびにDFとの位置関係を見ながらイメージを携えてポジションを修正していることがあるのからゴールが獲れるのかなぁと。多分ゴールを獲ることに対して妥協をしないからこそ、こういう地道な動きを続けられるのかなぁと思うのですが、ゴールを取るために必要な作業をサボらずにやり続ける事で自分がいつも良い状態でボールに対してアタック出来る、だからこそシュートの時に優位な状況を作っているというのをきっちりと自覚し意識を高く持っているからだと思います。以前ジュビロの選手のインタビューで「あの人は下手だから」と前置きしながらも「でもパスを出すタイミングには必ずイイポジションを取ってくれている」「沢山要求しているけど最終的にこなしてくれる」と言ったようなものをありましたが、彼がその要求に対してきっちりと彼の出来ることをしている証拠なのかも知れませんね。パスを待ち受けるだけでは相手も対応しやすい、だからこそその前段階でまじめにゴールを獲るための仕事を惜しまない。それが身体能力や身長などで優位に立てなくてもゴールを獲る方法を示しているのかなぁと。こういうのはスペシャルな武器を持ってる選手でもやって欲しいしそれがまたゴールをもっと沢山獲る秘訣になるのかなぁと。もちろんこうなるまでには沢山の失敗やパサーからの要求に対して常に努力してきたことで出来たことですが、そういう双方が要求しあうような姿勢も含め、学びたいですね。彼の先は長くないのだから。

・小笠原満男に学ぶボディシェイプによる視野の確保
イイ選手ですよね、小笠原。正確で落ち着いていて、運動量も豊富でチームを助ける仕事も苦にしない。プレースキックも速くて強いボールも蹴れる。多少苛立ちが顔に出たりするけど、現在のJの最高のゲームメーカーであることは間違いないと思います(ベストイレブンにもなんだかんだ言っていつも入ってるし)まあ彼のプレー全て(汚いプレーも含めて良いのかわからないけど、鹿島の中では少ない方かな?挑発とかは多いけど)が基礎プレーの教本になるようなプレーぶりなのですが、今回取り上げたいのはボディシェイプ、身体の向きや角度により視野を確保するというプレーに関してです。彼が精度の高いプレーを出来るのはこの技術が非常に長けているからかなぁと。
半身と言ったら簡単ですが、相手もいること中で常にボールを無為にすることなく視野を確保し、そのイメージの中でプレーしていくことがうまい。ルックアップと合わせてと言うこともあるのですが、例えば視野の確保というのでは有名なのはヒデの首振りプレー、これはプレーの前にやることである意味急転直下の出来事には対応しきれない部分もあります(意識としては非常に高い)名波もよくやってますよね。だから受けたときにそれだけ自分の中にピッチの絵が描ける訳ですが、小笠原はそれもやってるけど、プレーの中でもイイ視野を確保、流れの中で良いタイミングで供給することがうまい。ボディシェイプという概念自体、今のプレスサッカーには多少古いのかも知れませんが、やはり基本としてルックアップと合わせて視野を確保する術として細かいプレーだけど選手のクオリティの差を広げる技術。これがうまいから彼のプレーには無駄がないし、無理がない。あくまでもボールと共に視野を確保し、そのイメージをうまく表現出来るという意味では本当にモダンというかハイブリッドなプレーヤーだなぁと。センスのある選手は沢山いるし、技術が巧みな選手も沢山いるけど、彼のようにスムーズにプレーをしていることでミスを少なくしていくことはモダンサッカーの中では重要な事なのかも知れませんね。彼の場合はその視野の確保と共にプレーの中でもその姿勢と角度がイイから、イイ準備となってボールを受けるときに簡単に失わないし、無理な状況に陥りにくいので精度が落ちない。タイプは違うけど、パブロ・アイマールのインサイドキックの精度が高いのもは同じなんですよ。ある意味では準備動作としても素晴らしい訳でそういうことが身に付いているのは素晴らしいことです。
視野の広さと一概に言うけど、特別に広くないプレーヤーでも彼のようにそういう努力をしていくことで確保は出来るということを証明してくれていると思います(まあ小笠原は視野も広いから色々なところに飛ばせる訳ですが)結構ボールを持ってパニックに陥る選手は少なくない、特に後ろの人たちは。でもこういう基礎技術を磨くことで改善出来るのかなぁと。学びましょう、特別な事じゃない。

他にももっと沢山あると思いますが、とりあえずこんな所です。まあ地味なんですが、こういう技術というのはあくまでも習ってきた事だと思うのです。でも結構適当な選手もいるし、サボることでボールを奪われたりと結構怠慢なプレーを見ると、メソッドは浸透していてもそれが身になっていないと言うのを感じたりします。もちろんプロなので一芸に秀でた選手達もいるし、そこを買われて入ってくるので何とも言えないですが、ワシントンとかを見ても凄いうまかったりすると、やっぱり大事なんだなぁと思ったりもします。
僕も昔習いましたが、やっぱり突き詰めるには本当に難しいことだと思います。でももし突き詰めたらどんな特徴的な武器より武器となり得るのです。もちろん基礎技術とともにですけどね。特別に派手な部分に注目が集まったりすると何だかなぁと思う部分もあるのですが、こういう事ができると言うことにも日が当たると良いなぁと思ったりします。よく世界との差はフィジカルだとか、決定力だとか言われる部分もありますが、こういう部分を磨いてこそ言えることなのかなぁと。まあ技術的な部分であり、意識的な部分ですから一朝一夕には行きませんが、高まれば最高の武器となり得るのだから・・・・。同業者にも見習ってより高いレベルのサッカー(内容云々ではないですよ、一応。そういうことではなく)が見たいなぁと。そしてこういうスキルが非常に高い選手達が下からどんどん出てきてほしいなぁと。そうしたら又きっと一段上に登れるしリーグとしても魅力的になると思うので。と言うことで昨日のJを見たりして、確信めいたものを感じたのでちょっと書いてみました。てゆうか煮詰まってない感ばりばりなんですが、その辺はかみ砕いて呼んで頂けたら幸いです。と言うことで今日はここまでです。

|

« 大荒れの開幕@J1 開幕節 | Main | Dead or Arive@UCL Round of 16 Preview »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/3200605

Listed below are links to weblogs that reference Jリーガーに学ぶ技術。:

« 大荒れの開幕@J1 開幕節 | Main | Dead or Arive@UCL Round of 16 Preview »