« Dead or Arive@UCL Round of 16 Preview | Main | さすがに堪えた@ACL GroupLeague Day-1 »

March 08, 2005

言い訳の聞かない舞台へ@ACL GroupLeague Day-1 Preview

いよいよ、今年の1stプライオリティ、アジアチャンピオンズリーグの開幕ですよ。本当に注目度の低さに、フロントもそしてファンも辟易してしまいますが、これが世界に繋がる訳で嫌がおうにも力はいっちゃう訳ですよ。もちろんマリノスだけじゃなくてジュビロも既に機上の人となり、中国で開幕戦を戦いに行きました。今年こそグループリーグを突破して自国開催の世界クラブ選手権を果たしたいところです。と言うことでプレビュー。

AFC Champions League 2005
Group F 横浜Fマリノス vs 山東魯能(中国)@三ツ沢
AFCチャンピオンズリーグ2005(予選)横浜Fマリノスvs山東魯能(中国)済州登録メンバーについて(Fマリノスオフィシャル)

めんどくさいので、相手チームは「シナ」で行きます(笑)まあとにかく今シーズン第一の正念場ですね。怪我人だらけの中でゼロックス・開幕戦と悪い流れがチームにはある中でこの試合は絶対に落とせない。落としたら本当に苦しくなるし、ここで勝てなきゃACLは獲れないと考えてもイイくらい、それくらい重要度の高い試合だと思います。もちろん怪我人の復帰という意味ではアデマールがようやく登録メンバーに入ったモノの、この復帰がチームの問題点の改善になるかどうかはわからない部分があるし、今の状態でこのシナに勝てるかどうかと言うのは確かに微妙なところかも知れませんね。まあ簡単な試合にはならないと思います。この「山東魯能」というチームは中国スーパーリーグの2位だそうで、こないだの深センとそこまで変わらないぐらいの力のチームだと思いますが、今年は国内外から力のある選手を次々の獲得し、大幅に戦力を上げてるとのこと(03-04ルーマニアリーグ得点王ダンチウレスク、EURO2004に出場してたらしいブルガリア代表パジン、他にも代表レベルの選手を数名獲得)もちろん今期獲得なのでチームとしてうまく整備出来ているかどうかわからないし、Cリーグ自体が開幕延期だそうなので、実戦においてはまだ未知数という部分もあるので、感覚的には有利かなぁとも思えますが、何よりも情報がないというのは痛いですね。
で、気になるのはアホみたいにラフプレーで来られることが嫌ですね。もうA3で体験済みですが、ホームでは勝ち点3が欲しいマリにとっては、こういうのでリズムを狂わされてサッカー出来ないままタイムアップというのは避けたいですね。普通にやれば大丈夫だと思いますが、それでも悪い流れというのは恐ろしいモノだし、何よりも相手があんまり出てこない中でどのように点を取るのか、ある意味開幕節のレッズが鹿島戦で抱えた課題と似たような試合になるかも知れませんね。マリノスも開幕節、リトリートされたジュビロの守備ブロックを揺さぶることは出来ても決めきることは出来なかった。やっぱりドラゴンや坂田、安様の不在による迫力不足は否めないのもしょうがないところです。しかしそんなことを愚痴ってもしょうがないので、ポジティブに。ただ中盤でかなりスムーズさを増してあれだけ守られてもそれなりにチャンスが作れたことや公式戦に入ってもなかなか上がってこなかったドゥトラのコンディションが上がってきたこと、ディフェンスも誰が入ってもある程度安定して守ることが出来るようにもなった。後はこれにもう一手間というか精度を高めて攻撃の危険度を上げてゴールという結果に結びつけたいところですね。きっと相手は振られれば弱いだろうし(あくまでも深センの試合で見た感じだから真相は謎だけど)良く動いてどんどんスペースをついて行ければきっと勝てると(信じたい)です。
ただセットプレーでは最近非常に不安定になっているし(絶対ゾーンでやり始めてからおかしくなったと思うんだけど、これってどの相手でもやらせないみたいな考えから来るのかなぁ?)、試合終了直前にゴールが締めれなかったり、DFとGKのコミュニケーションが余り良くなかったりと修正しなければならない部分があるのもある訳で、その辺はきっちりと確認しながら不安要素をつぶしていきたいところです。相手には優秀らしいストライカーが加入したりもちろん中国の選手が持つ基本的な身体能力の高さなど注意しなければならない部分もありますから、気を抜かずにきっちりとやっていきたいですね。(てゆうか相手の特徴とかがわからないと全然詰めれないね)

マリノスは大量得点で勝つようなチームじゃないからこそ、こういう不安要素を地道につぶして勝つ可能性を高めていけなければならないし、ミスをしないからこそ強いチームだと思う。そういうのをアジアでも出して、まず第一歩を堅実に勝ち点3を取りたいところです、いや取らなきゃならない試合だと思います。去年の苦い経験を忘れるな!
【AFCチャンピオンズリーグ2005 横浜FM vs 山東 プレビュー】グループF突破のための直接対決、第一ラウンド。まず勝利を、ゴールを!(J's Goal!)

Group E 深セン健力宝(中国) vs ジュビロ磐田@深センスタジアム

はい、ジュビロの方はきついグループに入った訳ですが、個人的にはジュビロと水原三星(韓国)の一騎打ちになるのかなぁと思っているので、こういうアウトサイダーとの対戦はいくらアウェーだろうと無駄に出来ないのかなぁと。ジュビロも去年はアウトサイダーであった大連(中国)との対戦で勝ち点を落とし、苦い思いをしている訳で(詳しくは覚えてないけど、直接対決でもヤマハで負けたのが直接的なモノだとしても)それを繰り返さないためにもこの試合は非常に大切な意味を持っているのかなぁと。A3でマリノスは中立地ながら2-0で勝ったことを見てもそんなに強い相手じゃない。一番気にしなければならないのは何よりも開催地が中国であのラフプレーがあると言うこと。マリノスの所と一緒ですが、ああいうプレーがチームに影響を及ぼす可能性があるというのは、やはり頭の片隅に置いておかなければならないでしょう。ジュビロは経験豊富なチームなのでそこまで心配することはないでしょうが、お坊ちゃんサッカーではなかなか難しい訳でその辺は勝つという気持ちが必要になってくるのかなぁと。どちらかと言えばパワー系のチームなのでごり押しのセットプレーなどの迫力には要注意ですね。相手のプレーの荒さを付いてどんどん攻めていけば勝つ可能性は広がるのかなぁと。中山・名波は遠征に帯同していないようですが、こういうときこそ層の厚さを見せていきたいところです。

まあ手とか使って暴動とかを引き起こさないように気を付けてくださいませ。
【AFCチャンピオンズリーグ2005 深セン健力宝(中国) vs 磐田 プレビュー】ACL第1戦、アウェイの地でまずは初戦突破を!!(J's Goal)

と言うことで両チームともJと平行して戦っていくことで、コンディション的にも難しいとは思いますが、結果を残すことでしか目標にもたどり着く術はない。言い訳の聞かない厳しい環境の中で本当の強さというのを示したいですね。てゆうか明日は勝つよ、花粉が大量生産されて体中痒いし、鼻も辛いけど。と言うことで今日はここまでです。

|

« Dead or Arive@UCL Round of 16 Preview | Main | さすがに堪えた@ACL GroupLeague Day-1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/3226147

Listed below are links to weblogs that reference 言い訳の聞かない舞台へ@ACL GroupLeague Day-1 Preview:

« Dead or Arive@UCL Round of 16 Preview | Main | さすがに堪えた@ACL GroupLeague Day-1 »