« 勝負の鍵は1vs1!@WC Asian Final.Q vsイラン Preview(1) | Main | リスクとメリット@WC Asian Final.Q vsイラン Preview(2) »

March 21, 2005

今日のニュース雑感 -特別号-

今日は今週の欧州組の試合を含めながらニュースにしました。というのもコンディションも気になるところですし、とりあえずそれを中心に。

セリエA
インテル 3-2 フィオレンティーナ@スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ
Inter:27'カンビアッソ 53'ヴェロン 65'コルドバ Fio:40'パッツィーニ 87'OG

ヒデ準備OK、相手OGを呼ぶ/セリエA(ニッカン)

ゲームはインテルに力負け、今のヴィオラの状態では個の力に劣るインテルには勝ち目はほぼなかった訳ですが、ヒデの身体自体のキレはそんなに悪そうではなかったかなぁと。結果を導き出すようなプレーもあった訳ですが、周りとのコンビネーションは合っていなくて、彼自身もミスが多くその辺はまだまだチームでの居場所がまだまだ定まっていないのかなぁと。チームメイトから信頼がない証拠なのかも知れません。彼の悪いところでもある彼の価値観で周りとは噛み合わない「異分子」的なミスは本当に怖い部分もありました。むやみにクリアしないで繋ごうとしてミス→ピンチとか、キープして周りが動かずコースがなくなってタイミングを失う→インターセプトなど、その辺は残念。試合勘が戻っているという証明とはなりませんでした。ボローニャで復活してきたときのように常に周りに気を配りながらボールを受けるための動きを怠らず(というより小さな移動で良いの、パスアングルを確保する気の利いた動き)そしてミスをせずに前にボールを繋いでいくと言うことが復活への鍵となるのかも知れませんね。ただコパ・イタリアと合わせると2戦連続のスタメンと言うことで向上傾向にはあるのかなぁと(今回はヨルゲンセンのアクシデントによる棚ぼた的な出場ですが)

彼自身の動きが良かったと思ったのは、非常にダイナミックな動きでゴール前にフリーランニングをしていたりと(出てこないけど)アグレッシブさがあったので、コンディション自体は良さそうと言うこと。代表ではまず周りを理解し、コミュニケーションを獲りながらコンビネーションを高めて行くと言うことが大前提となりそうです。周りはヒデスタメン復帰を前提に動き始めているだけにどうにかなってくれるのを願うばかり。日本中が彼に期待していると思うので。

ユヴェントス 1-0 レッジーナ@スタディオ・デッレ・アルピ
Juventus:65'デル・ピエーロ

デルピエロが決勝点 ユーヴェがレッジーナに勝利=イタリア(スポナビ)

ユーヴェもそこまで甘くないと言うことなんでしょうね。レッジーナは本当に勢いが落ちて、降格圏の波に飲まれそうな状態になってしまいました。今までは勝利のベクトルがチームとして統一されていて、何とか我慢出来ていたのが段々違う方向に向き始めて、チーム自体も苦しくなってしまってきたのかなぁと。まあデッレ・アルピでの敗戦はある程度想定済みにしても。
でボナとバレストリが出場停止、パレデスもいなかったこともあって、かなり大幅にシステムを改修して望みました。4-4-2で後ろにはセンターバックのような選手を4人並べで2トップのような形でコルッチと役立たず(失礼!ボッリエッロのこと)を並べる形。俊輔は久しぶりの低い位置での出場。ただ相変わらずレッジーナは相手がユーヴェだろうと真っ向勝負は変わらず、ユーヴェの立ち上がりが異常に悪いこともあってうまくポゼッションを握り、本当に良い形でチャンスを作り出します。この日はサイドが非常に出入りが多く、うまく機能していたしDFラインも根性でやっていましたが、後半ユーヴェが目を覚ますと、ズラタンの素敵ヒールがアレックスの所にコロコロと繋がり、アレックスがきっちりと決めて先制。この後リスクを冒しながらユーヴェから買った選手を次々に出していくモノの(俊輔もここで交代)ユーヴェの堅いDFを崩せるような効果的なモノは見いだせずあっさりとシナリオに乗っかったような負けでした。ボナがいないと勝てない所か点も獲れないのは定説となりつつある(苦笑)
俊輔はここのところではましな出来かなぁと。モザルトとの久しぶりの底もモザルトが献身的に俊輔をサポートしてくれたおかげでボールタッチも多く良い感じでポゼッションの核として機能することが出来たのかなぁと(ユーヴェの動きが重かったのが一番の要素だと思いますが)キックの精度も鋭さが戻っていたし、守備もそれなりにこなせていたのは多少怪我の要素が抜けたのが良かったのかも。もう少しファールをせずと言うのを学べると良いけど身体が動いているというのは良いのかなぁと。まあそれでも今の俊輔の評価ではこの程度では評価されないだろうし、しちゃ行けないのかも知れませんが。とにかくレッジョは置いておいて、代表にとっては朗報かも知れませんね。

その他の試合
ローマ 0-2 ACミラン@スタディオ・オリンピコ
Milan:63'クレスポ 71'ピルロ

これでミランは山を抜けたのかなぁと。4月はパルマぐらいしか注意するような相手はいないし、オリンピコでの勝利は大きいです。本当安定して強いね。ピッポもそろそろ復調しそうだし。困ったもんだ。スクデット争いは間違いなくラストまでもつれると思います、ユーヴェが脱落しなければ(苦笑)5/8はサンシーロでの直接対決。凄いことになりそうな予感。

エールディビジ
RKC 2-4 フェイエノールト@マンデマケルス・スタディオン
RKC:6'ヴァスコンセロス 26'クローン・デリ Fei:24'&90+4'カステレン 33'カルー 90'ラゾヴィッチ

フェイエ危うい勝利 小野はフル出場で代表合流へ=オランダ(スポナビ
湯浅さん、ヨーロッパの日本人レポート3/21(湯浅健二のサッカーホームページ)

久しぶりにシンジを見ましたが、イイですね。確フェイエ自体は相変わらずバランスという言葉がないみたいですが、これはシンジのせいというよりフリットという監督の腕のせいでしょう(苦笑)まあ苦笑いモノですよ、良く2点で収まったなぁと。攻撃に掛かるときはエンターテイメント。シンジもパスディバイダーとしてだけでなく、攻撃に色を付ける存在として素晴らしいパフォーマンス。日本代表ではなかなかこうはいかないでしょうが、コンビを組む選手の裁量で高い位置を取らせてあげたら、日本も少し楽しいサッカーになるのかも。結果が出るかわかりませんが(苦笑)
ただ本当にセンスのある選手だし、頭の良い選手なのでバランスを取りながらタイミングを見て前に出て行って必殺のベルベットパスやアクセントとなるオーバーラップなんて言うのには期待出来るコンディションなのかなぁと。俊輔との縦のポジションチェンジもあるし、ヒデともコンビが熟成されればかなり流動性のある中盤は出来そうな予感。守備は度返しですが。とにかく本当に間に合ってくれて良かった。

ブンデスリーガ
HSV 2-3 ドルトムント@AOLアレナ
HSV:29'ベンジャミン 57'バインリッヒ Dord:10'ロシツキー 56'リッケン 82'エヴェルトン

高原も湯浅さんのところで。本当に評価が高いみたいですね。僕はダイジェストであの決定機逸をみてあぁぁあぁと思ったけど、フィジカル的に充実していて、だからこそあのヘッドを打てるということらしい。ドリブルワークも冴えてるし、ラストパスも出す。常時出場してセンターで身体を張りながらチームの攻撃を繋ぎ、前を向いてゴールを狙うというタフなタスクをこなしていることを考えたら、きっと調子は良いのでしょう。鈴木が出れないし、ここで結果が欲しいですね。期待していいですか?

こう見てみると個々はコンディション良さそうですね。全員合流したようで(ナカタコはまだかな?)後はどうにか調整して一つのチームとして同じ方向を向いて戦える事が出来るように調整して欲しいモノです。
中田英らも練習に参加 サッカー日本代表合宿(スポナビ)

じゃあ代表関連は終わり。

Jリーグにうってつけの米国選手(FC JAPAN-Jeremy Walker「A view from Brit」)

ジェレミーさんの提言、今回面白い。確かにJの補強の目はブラジルとかの南米系とおとなり韓国、そして東欧系ぐらいなのが現状の中、確かにアメリカにも逸材はいる。頭の良い選手も多いし、フィジカル的にも非常に高いレベルの選手も多い。組織的なサッカーに対する順応性も間違いなく高い。代表監督も長いスパンでやってアメリカの選手の特性を良く掴んでいるし(ブルース・アレーナだっけ?)J向きの選手は多いかも知れない。例に挙げられているPSVのビーズリーの他にもレバークーゼンのランドン・ドノバン、プレミアにはGK・DF中心に沢山いる(ハワードやフリーデルにしてもそうだし)その辺に目を向けてみたらと言うのを、マリのディドと話したそうな。岡ちゃんももしかしたら来年辺りアメリカから凄いのを見つけてくるかも知れない。確かに可能性はあるし、本当に質の高い選手がいると思う。速さや強さは韓国の比ではないし、費用対効果を考えても・・・・。今の日本にはテストマッチのプレーを見てアメリカたいしたことないと思っている感が蔓延しているから難しいかも知れないけど、可能性は感じるかも。うん、素晴らしい提言。来年の今頃には・・・。

横浜に強豪レアルら対戦オファー殺到(ニッカン)

マリのニュースを一つ。前々から様々な噂が飛んでたけど、他にも沢山オファーがあるみたい。これこそチャンピオンの特権?それともオファーの金額が高いから?まあそれは良いとして、調子に乗ってあんまり沢山ゲーム組まないでね。お金を稼ぐよりも選手達のコンディション意地が大事。疲れを取る大切な時期なんだから。

対戦候補
バルサ(決定?)ユーヴェ(濃厚?)ギャラクティコ(浮上)バイエルン(浮上)

ん~、再来年に回してもらえますか?(苦笑)

チェルシー問題は規律委員へ UEFAが発表(スポナビ)

フリスク引退に追い込んだと言われているこの問題は何か大事になってきてしまいましたね。その前にライカールトとフリスクが話していたかどうかの真偽もあるだろうけど、これでもし問題ありとなったら罰金?それとももっと大がかりな処分?うーん。ピッチのコーディネーション能力は抜群のモウリーニョもこの辺は品位を学ばなきゃいけないのかも。

アシュリー・コールのフライング交渉問題でFAは勝ち点剥奪するかもって話も出てるし、チェルシーはピッチ以外の所でも非常に騒がしい。

大久保嘉人インタビュー ~3ヶ月で掴んだ手応えと苦悩~(スポナビ)

まだ負傷が長引いて、チームも相変わらず低空飛行。でも彼自身は手応えもあるみたいだし、自信も失っていないのは本当に良かった。ロメオが爆発したりとと言うのもあるだろうし、チームもこんな状況だから焦りがないと言えば嘘になるだろうけど、スペインの水に馴染みつつあるのなら、またチャンスは来る。そして結果も付いてきそうな気がする。ただチームオーダーと彼自身の掴んだ手応えとは違う方向に進みつつある現状には多少の不安を感じなくもないけど。でも本当に余裕はないし、今すぐにでも頑張って欲しい。幸いインターナショナルマッチデーで休息の期間もコンビネーションを再び詰める期間もあるから再開したら爆発してくれるかも?

と言うことで長くて申し訳ないです。さすがにこの時期になると代表関連は多くなるなぁ。で最後にマツ第3子おめでとう!男の子ですって!名前楽しみ!と言うことで今日はここまでです。

追記:)昨日のエントリーがちょっと誤字脱字が多すぎて読みづらかったようで、大変失礼しました。まあいつもだから気にしてないよという方には頭が下がる思いですが、これから気を付けたいと思います。大幅に加筆・修正いたしましたのでよろしければご一読を。これからもよろしくお願いします。反省。

|

« 勝負の鍵は1vs1!@WC Asian Final.Q vsイラン Preview(1) | Main | リスクとメリット@WC Asian Final.Q vsイラン Preview(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/3387220

Listed below are links to weblogs that reference 今日のニュース雑感 -特別号-:

« 勝負の鍵は1vs1!@WC Asian Final.Q vsイラン Preview(1) | Main | リスクとメリット@WC Asian Final.Q vsイラン Preview(2) »