« 久しぶりに今週のきままにセリエ。 | Main | 2005J.League 傾向と対策 -アントラーズ- »

March 02, 2005

2005J.League 傾向と対策 -レッズ-

「Jリーグ傾向と対策」も残り二つ、今日は今年こそリーグタイトルを、と意気込む浦和レッズです。レッズは失敗の糧を必ず成功の素として実らせてくるだけに、熱いサポーターも今年に対して期待感が非常に高まる新シーズンでしょう。去年勝ち点を一番積み上げたチームでハンデを背負う優勝候補もあるだけに、現在一番優勝に近いチームかも知れませんね。さて、今年はどんなサッカーを見せてくれるでしょうか。

・移籍動向
【IN】
移籍加入:西谷正也(←ベガルタ)梅田直哉(←モンテディオ/R復帰)徳重健太(←セレッソ/R復帰)
新人獲得:細貝萌(←前橋育英高)赤星貴文(←藤枝東高)近藤徹志(←東福岡高)サントス(←関東第一高)大山俊輔、中村祐也(←レッズY)
【OUT】
山瀬功治(→Fマリノス)西部洋平(→エスパ/R→完全)西村卓朗(→アルディージャ/R→完全)室井市衛(→ヴィッセル)三上卓弥(→サンガ)小林宏之(→フロンターレ/R?)

と言うことで去年とは違って大型補強はなく、実質山瀬の放出で逆に-という部分も見受けられますが、それだけ現有戦力に自信があると言うことなのかも知れませんね(山瀬騒動の後、社長はかなり動いていたみたいですが)ただ今年のレッズの姿勢としてはトップチームの力にはある程度めどは立ってるから、才能ある若手選手の獲得に尽力し、それを育てて将来的に世代交代がスムーズに行くようにと動いたのかなぁと。高校レベルではトップクラスの才能である赤星貴文、細貝萌(はじめ)、近藤徹志を数クラブの競合の末獲得、ユースからも二人が昇格と確実に先を見据えた獲得になっているのかなぁと。サントスも将来的に帰化も見据えてと言うところもあると思いますし(べらべらだし)そういう意味では野心を感じるようなモノではないですが、継続的にトップクラブでいるための努力をしたという意味では非常に意欲的な動きだったのではないでしょうか。後はこの選手達が一人前に育てるということが必要になりますけどね。でもレッズは育成はそれなりにうまいので、将来的にもレッズは・・・・。
で放出の方なんですが、やっぱり山瀬ですよね。ごちそうさまでした。ただ怪我人を2.5億で売るというのは犬飼社長がいかに豪腕かというのがわかります(苦笑)ただチームの機能性を考えるとこの攻撃の核が抜けてしまった事での影響は去年実証済みなだけに、ブッフバルト監督も頭を悩ませなければならないのかなぁと。後はレンタルに出していた選手を完全移籍させたり、出場機会の少なかった選手を出したりと実質的には-はないので、去年とそこまで変わらない戦力で2005年に挑む形になりそうです。

・傾向

2005 Reds Style
4-4-2            3-4-3
   エメ  永井            エメ
    長谷部           田中  永井
アレックス    山田   アレックス    山田
   ネネ  鈴木        長谷部 鈴木
アルパイ 闘莉王 坪井   ネネ 闘莉王 坪井
      山岸             都築
FW:岡野雅行、梅田直哉、横山拓也、新井翔太
MF:酒井友之、平川忠亮、西谷正也、千島徹、大山俊輔、中村祐也、細貝萌、赤星貴文
DF:内舘秀樹、堀之内聖、南祐三、近藤徹志、サントス
GK:徳重健太、加藤順大

まあ去年と変わらないというのが第一印象ですね。新しい選手が入ってきていないのでそんなに変わらないのですが、今年の課題としては「興味をそそられ、又脅威を感じるクラブ」で取り上げた通り、破壊力抜群の局面打開力に対して対応策を練られ(てゆうかリトリートされて裏のスペースを消されたとき)封じられたときにどのように相手の守備陣を崩しゴールを奪うのかということです。ましてや山瀬がいなくなって攻撃の変化がつきづらくなるであろう今年、そういう意味では一番のキーマンはエメルソンでも永井でもなく長谷部の双肩に掛かってくるのかなぁと(まあエメがどうにかすればいいにしても)今年はボランチから本来のポジションであるトップ下に入るみたいですが、彼がこのポジションでどれだけ働いていけるのかというのが、レッズの今年の行く末を握ってるのかなぁと。彼の特徴はあくまでも視野の広さと高いパスセンスだと思うのですが、今年は周りを使いながら前と絡もうという意識も高いし、距離感覚を狭めてるコンビネーションで崩そうという意図が見えます。そういう意味ではトップの選手のマークを外して能力を出しやすい環境を作るという意識がかいま見えるのかなぁと。さいしんカップのザスパ戦でもそういったプレーが見られたようですし、アシスト二つと結果も残っているだけにそれなりにマイナーチェンジはうまくいってるのかなぁと。ただ懸念されるところは、ボランチと違ってプレッシャーの強さは段違いになる中で、どれだけ自分のプレーが出来るのかと言うところです。もちろんレッズの場合はどうしても前に大きな脅威があるので、他のチームとは少し状態は違うにしても去年大きな成果を出している彼に対しても特別な警戒をされることは確か。プレッシャーがきつくなることで自分のプレーが出来なくなる選手というのも沢山いるだけにその辺がどうなるのかなぁと。後ろから出て行って絡むとのと前にいてというのは動きの質も変わってきますしね。その辺は大注目です。
でエメルソンですよ、やっぱり。怪物ですよ。去年は自身初の得点王、今年は海外からのオファーを蹴ってまでレッズに残りリーグタイトルを、と意気込んでいるようで彼に対して各チームがどのような対応を取ってくるのか、そして彼がそれをいかに打開するのかと言うのがどうしてもレッズの趨勢を握ることになるでしょう。もちろん上に書いた通り長谷部が活躍して個に依存しない攻撃が構築出来たにしても、です。やはりエメがいるからこそのチームですし、エメが今年は燻るようなことになるとどうしても他にも影響は出てくると思う。それだけ彼の脅威的な破壊力に対して相手が受ける影響というのは大きい。それがなくなるとしたら、普通のチームに成り下がるというのも十分考えられる事なのかなぁと。もちろん去円の良かったときのようにフォアチェックから高い位置でボールを奪い、相手の守備が整っていない状態なら永井や田中達也の局面打開力も活きてくると思いますが、普通の状態の時に少なからずどうしてもエメルソンに相手が引っ張られると言うことはあるだけに彼らにとっては活躍しやすいと言うのもあるのかなぁと。ただシーズンは長いし、エメルソンにも怪我や小康状態というのも十分あり得ること。もしかしたら夏には移籍してこの怪物の大きな穴が空くかも知れない、その時にこの二人の準エースがどのようにするのか気になるところです。もちろん3人が並び立つようなときにはもう少し選手間の距離感というのを意識していくというのがいいのかなぁと。個々が独立して動くような嫌いがあるのでもっとコンビを使ってもってという感じもあります。レッズにとってはアタッカーの働きがチームにとって非常に大きなウエイトを占めるので、これがどこまで整理出来るのかというのは大きなポイントだと思います。
守備に関しては去年からのフォアチェックを含め、前に強い守備は健在ですし、懸念される様な裏に対する対応も坪井が復帰してある程度改善されることを考えたら、去年と同じくらいの結果は残すのではないでしょうか。鈴木啓太のスペースに対しての危機察知能力も去年実証済みですし、とにかく安定させて前にどれだけイイボールを預けてあげられるかというのをやるというのが後ろの役割でしょうね。ネネのボランチ起用含めて色々とブッフバルトも能力の高い選手の起用法を考えているようですし、その辺の組み合わせ含めて安定した基盤というのを去年に続いて作っていきたいところですね。トゥーリオがガンガン上がる様なことを言ってましたが、その辺は破綻の原因となり得るだけにチームでどうカバーするのかなど考えていかなければならないポイントなのかも知れませんね。
去年シーズン1位の得点数、シュート数などJ最強の破壊力を持つチームなだけに誰もが期待し、そしてまた脅威を感じていますが、長いシーズンで調子の波が必ずあると思います。特に攻撃に関しては水物だし、レッズの場合は特に選手のコンディションによるところが大きいだけにその辺はチームとして残る大きな課題だと思います。その時にチームでどうやって勝ちをたぐり寄せるのか、確かに素晴らしい内容でいつも勝てれば良いのですが、そんな試合はシーズン通して多くない。だからこそ掠め取るような勝ちを取るためのチームの経験や逞しさをこのチームが持っているかどうかが優勝できるかどうかの大きなポイントになる気がします。ただそれもこれだけ大きな強い個があるからこその贅沢な悩みとも言えると思いますが・・・・。てゆうかそんなときに決めるから怪物なんだよなぁ・・・・。

・対策
まあこのチームの攻略法は去年のFC東京が見せた2つのサンプルケース、そしてFマリノスも2つのサンプルケースがあります。それは同じようにラインを引いて迎撃体制を作り、アプローチとカバーの関係を強く結びつけて相手の局面打開に対して効力を発揮させない事がいかに出来るかと言うところにあるのかなぁと。もちろんその課題が解決されると結構お手上げというかチーム力でぶつかり合って屈服させるしかない訳ですが、こう考えるとレッズは戦う前からアドバンテージを持っているんだなぁと感じさせられます。結構レッズ対策としてはかなり去年も書いたのでその辺は割愛しますが、DFラインの前に対する強さをいなして引き出していくというのは、今年も効果は出ると思うので我慢しながら隙を狙っていくという形がいいのかなぁと。とにかく先にやられない、対応策を必ず練るというのが必要になると思います。ノープランで戦うと惨状となるのは去年色々なチームが味わっていますからね。

と言うことでやっぱり今年はレッズがFマリや大型補強のジュビロを抑えて優勝候補だと思います。まあ課題もあるけど、ライバルとなるチームが様々な問題を抱えているし、他のJのチームは自分たちの形に拘る余り対応していくことを是としない風潮もあって、それもレッズには追い風と働くでしょう。後はチームがいかに安定してコンディションを保つことが出来るか、苦しい時に指揮官が何かをもたらすことが出来れば、自ずとタイトルに近づくのではないでしょうか。まあそんなに簡単にはやらせないですけどね。開幕にエメや田中達也、鈴木啓太などが不安を抱えるようなので、早速課題がどうなっているのか見れそうなので楽しみです。てゆうか他のチームもレッズに対して敬意を払うことをしてほしいもんですよ(苦笑)今年はレッズを中心にリーグは回っていくと思うので、さいたまダービー、怨恨まで絡んできた新しいナショナルダービー(vsFマリ)、因縁のFC東京戦などなど見所もいっぱいですし、Jを盛り上げてくれそうで楽しみです。個人的にもどのようなチームになるのかというのはサッカー好きとしては非常に楽しみです。

*と言うことでレッズ側な方々からの、御指南・ご指摘・感想・反論・つっこみなど、米と欄・トラックバック等でお待ちしています。もちろんそれ以外の方からもお待ちしています。と言うことで残り一つだぁ!長かったなぁ。ということで多分まとめもやります。まあもう開幕と言うことでにわかに騒がしくなってきましたし、非常にワクワクしてきましたwサッカーっぽいニュース系は最近はてなで楽しくやってるので、そちらもよろしくです。と言うことで今日はここまでです。→「僕の読書+日常記録。

|

« 久しぶりに今週のきままにセリエ。 | Main | 2005J.League 傾向と対策 -アントラーズ- »

Comments

コンプリートおめでとうございます。
で、我がレッズですが、酒井友之はどこに(泣)
せめて控えには入れてあげてください(笑)。
でも今年は長谷部トップ下メインなので、
彼の出番は多くなりそうですが。
ちなみにネネのボランチはさいしんカップで
試しましたが、あの調子ではないと思います。

Posted by: skcook | March 04, 2005 at 01:32 AM

ありがとうございます。酒井すいません(泣)先に入れてて、ネネボランチ?なんて聞いたので変えたら忘れてました(苦笑)訂正させてもらいました。

やっぱり長谷部はトップ下ですよね、となると鈴木啓太・酒井のコンビですね。ネネは確かにそんなにボランチ向きな感じはしないですね(笑)個人的にはどうせ上がるんだから、トゥーリオにすればいいのにと思ったりもしました(笑)フォアリベロみたいになりそうですけどね。

それではまたよろしくお願いします。

Posted by: いた | March 04, 2005 at 02:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/3135076

Listed below are links to weblogs that reference 2005J.League 傾向と対策 -レッズ-:

« 久しぶりに今週のきままにセリエ。 | Main | 2005J.League 傾向と対策 -アントラーズ- »