« つれづれと雑感。 | Main | At first "fight" above all@WC Asian Final.Q vsバーレーン Preview »

March 28, 2005

2004-2005欧州移籍評価(1)

今日はよくWSDとかでやる企画を僕なりにアレンジしながら今年の移籍した選手達の働きを評価しちゃいます。考えてみたら、フットボールの世界でもバブルがはじけて段々レンタルやトレード、そしてフリートランスファーが増えてきているようですが、それでも欲しい選手にはお金を出すし、ある意味目が問われるのかも知れませんね。まあ色々と間違いやつっこみ、あると思いますのでよろしくです。とりあえずアタッカーで。

ちなみに表記的に
クラブ間の動き/移籍手法と金額/評価(A+~E-)
と言うことです。

ズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン)
アヤックス→ユヴェントス/完全移籍28億円/A

アヤックスではものすごい傍若無人ぷりでチームメイトとの確執が伝えられていた(それが理由とも言われてた)天才ストライカーには様々なビッグクラブからオファーがあったと思いますが、モッジの豪腕でユーヴェが獲得。これが大当たり。決めて欲しいところでなかなか決めきれないのが玉に瑕ですが、長身ながら抜群の足元と懐の深さ、そして美しいセンスで味方を活かしてくれる核として、負傷者続出のユーヴェのアタックを引っ張った。カペッロからも絶大なる信頼を受け、今この位置にあるのも間違いなく彼の貢献のおかげなのかなぁと。後はスティーレ・ユヴェントスに染まって余計なお口をつぐんでくれるのを待つばかり。安いぐらいです。

ウェイン・ルーニー(イングランド)
エヴァートン→マンチェスター・ユナイテッド/完全移籍52億円/A

イングランドの新星はものすごい契約でマンU入り。シーズン開始当初はユーロで負った骨折が癒えていませんでしたが、復活してからは「恐るべき子供」の真価を発揮。抜群のシュートセンスから来る得点力はもちろん、周りを活かす才能にも目覚めて、FW、トップ下など様々なポジションで能力を発揮。まだまだ成長途中ですが、厳しい経験を積み更なる成長があるのではないかと思うとファンは楽しみでしょうがないのかも。勝負所だったUCLミラン戦では老かいなるミランのDF陣に丸め込まれましたが、来年のUCLが早くも楽しみになる感じでした。

サミュエル・エトー(カメルーン)
マジョルカ→バルセロナ/完全移籍35億円/A+

抜群の身体能力を持つこのカメルーンのストライカーを巡って半分のパスを持つレアルとバルサの間でかなりもめたりもしたモノのバルサに移籍、そして得点ランキングを独走する大活躍。3トップのセンターで抜群の反応速度、独特の柔らかいコントロール、そして決定力で周りのファンタジックなパサー達から送られる決定機をゴールに結びつけた。周りとのコンビネーションの確立も早かったし、ヘンリク・ラーションの大怪我の後も、バルサのゴレアドールとしてチームを支えた。確かに安くはないが、それだけの価値はあったと思える。

エルナン・クレスポ(アルゼンチン)
チェルシー→ミラン/レンタル/A+

プレミア移籍後どうも順応しきれずに放出となって、ミランが引受先に選ばれた訳ですが、序盤は確かに試合勘が飛んでいたり、得点感覚も微妙なところだったのですが、少しずつ復調すると後はアンチェロッティの笑顔が見える。さすがセリエの得点王と言ったポジショニングと得点の嗅覚でゴールラッシュ、いつの間にかゴール数も二桁を超えて、シェバ離脱の後は立派にエースとしてチームを支え、マンUとの大一番でも2試合連続の決勝弾と完全に復調した。完全移籍の金額は上がるかも?でもものすごいイイ買い物だった。インテル悔しいだろうなぁ。

ディディエ・ドログバ(コートジボワール)
マルセイユ→チェルシー/完全移籍48億円/B

考えてみたらルーニーと並んでのビッグな金額での移籍劇となった訳ですが、金額を考えるとちょっとだけ物足りないかも?ただ序盤は彼の得点力がチェルシーを支えたのも事実。パワフルな突破と得点感覚はさすが。間違った買い物ではないとはおもうけど、貢献度を考えたらグジョンセンより下?

アリエン・ロッベン(オランダ)
PSV→チェルシー/完全移籍23億円/A

既に昨シーズンから決まっていたこの移籍が大当たり。多少怪我が多く、離脱期間も長いですが、そんな記憶を吹っ飛ばすようなスピードスターっぷり。彼を活かす4-3-3システムもはまって彼は一気にスターダムにのし上がった。チェルシーで今や一番価値のある選手かも知れない(ランパードやテリーかも知れないけど)技術も高く、本当にノリノリの時は止められない。怪我が多いのはスピードが出すぎるから?

ファブリッツィオ・ミッコリ(イタリア)
ユヴェントス→フィオレンティーナ/共同保有/A

背は低いけど抜群の突破力とシュート力のイタリア代表FW。今年は出場機会が減るのではないかと目されていたため、ヴィオラに移籍。これが大当たり。チームの誰もが彼に頼るし、彼もそれに応える形で相当きつい形からも何とかしていた。ただチーム状態は彼に頼るしかないのが現状なのは残念。彼がいなかったらとんでもないことになっていたとはいえ、彼への依存度の高さも良いとはいえないんだけど。ユーヴェには戻りたくないらしい・・・。

ハヴィエル・サヴィオラ(アルゼンチン)
バルセロナ→モナコ/レンタル/B-
ハヴィエル・チェバントン(ウルグアイ)
レッチェ→モナコ/完全移籍移籍金好評なし(18億?)/C+
モハメド・カーロン(シエラレオネ)
インテル→モナコ/完全移籍5億円/C-

サヴィオラはバルサのEU枠の兼ね合いで放出。ただライカールトのスタイルに合わないというのもあるみたい(別にEU外枠じゃなくてOKとの話もあるし)モリエンテスの再来として期待されたモノの、そこまでのセンセーショナルな活躍は出来ず。それでもヨーロッパの舞台を考えてもある程度の活躍はしていると思う。それに対してチェバントンにしてもカーロンにしてもイタリアでの活躍度を考えると多少物足りない出来。もっとやれても良いはずという感じがなくもない。ただ三人とも熟成度という面でジュリ・ロテン・モリエンテス・プルショと言った面々を持っていかれて再構築には時間が掛かってしまったという部分も加味しないとけないのかもしれませんが。

マイケル・オーウェン(イングランド)
リバプール→レアル・マドリード/完全移籍15億+ヌニェス/B-

銀河系政策の一環で今年の目玉として連れてこられたイングランド代表のエース。契約期間が残り1年と言うことで結構リーズナブルな額での移籍となった。しかしラウル・ロナウドの壁は厚く、なかなかスタメンで出れなかったり、言語的な部分でかなりの苦しみを味わっている。しかしプレータイムが少ない割にはゴール数は多く、彼のスピードやテクニックが通じていない訳ではないのかなぁと。ただ、物足りないのは確か。チームの不調時には獅子奮迅の活躍も見せたが・・・・。

シルヴァン・ヴィルトール(フランス)
アーセナル→リヨン/フリー/A-

アーセナルとの契約が切れて、どこに移籍しようかものすごい迷ったモノのリヨンに移籍。序盤はフィットするまで時間が掛かったモノの、フィットしてからは抜群の活躍。リヨン自体選手層は厚いのですが、若手のアタッカー達を引っ張る存在としても非常に効果的だった。リヨンとしては安い買い物に間違いなく、今年は本気でビッグイヤーを狙っている。

マルコ・ディ・バイオ(イタリア)
ユヴェントス→ヴァレンシア/完全移籍14億円/B-
ベルナルド・コッラーディ(イタリア)
ラツィオ→ヴァレンシア/メンディエタの未払い分穴埋め?/D+

二人ともイタリアに帰ることが濃厚?ってくらいフィットしなかった。ディ・バイオはそれなりに彼らしい突破やゴールセンスを発揮して結果は残したモノの、何よりも元々のヴァレンシアのスタイルと合ってない感じが・・・・。コッラーディはスペインのCFWとしては馴染みきれず全くと言っていいほどだめぽ(逆にポルティージョがヴィオラに来てダメだったのと全く逆のこと。センターにいれない)てゆうかラニエリの時にこれだけお金使ったこと自体、フロントは糾弾されるべき。ベニテスの時にこれだけ使ってれば残ってたよ。でも考えてみたらベティスに行ってのびのびやってるリカルド・オリベイラは彼らに押し出されたんだもんなぁ・・・。聞きたくない聞きたくないってかんじ。

アーメド・ホッサム・ミド(エジプト)
マルセイユ→ローマ(→トッテナム)/完全移籍8億円/D-

ズラタンと一緒でアヤックス育ちの天才ストライカーとして期待度は高く、様々な場所で期待されるモノの結果が残せない・・・・。非常に質の高いポストとエゴイスティックだけど爆発力のあるストライカーだけど、イタリアの水に馴染めなかった。ましてやモンテッラが爆発してCFWのポジションを完全に固定されてしまった事で順応することさえままならず・・・・。いつになったらポテンシャルを発揮出来るようになるのかと思ったら既にレンタルで放出。期待してた人は多いと思うけど(自分含めて)、いつになったら本来のポテンシャルを発揮出来る舞台が見つかるのかな?

ルイス・ガルシア(スペイン)
バルセロナ→リバプール/完全移籍12億円/B

柔軟に何でも出来る右サイドアタッカーとしてレギュラーで活躍していたが、バルサが大型補強で様々なアタッカーを取ってきたため押し出されるように移籍。しかし、スペイン政策をとる元バレンシア監督ラファエル・ベニテスの元、しっかりとプレミアシップに順応。怪我人が多く、苦しいチーム事情の中でもゴールだけでなく、様々な役割を担ってチームを支える。ただチームの順位が上がらない・・・・。

まあ他にもたくさんあると思いますが、とりあえず気になったところだけ。正直あんまり動いているような印象はなかったのですが、それでも効果は出ているのかなぁと。移籍に対する即効性もピンポイントなら結構行けるモノなのかも知れませんね。まあ仕事しないやつもいますけど(ボが付くミランから来た人とか)まあとりあえずチームにおける活躍出来る何かというのを明確にしていくことで失敗のリスクというのはある程度消せるのかも知れませんね。ただここに取り上げた人は結構特別な才能だからあんまり意味ないかも知れませんが。気が向いたらMF/DFをやろうかなぁと(せっかくカッコにしましたから)と言うことで今日はここまでです。

|

« つれづれと雑感。 | Main | At first "fight" above all@WC Asian Final.Q vsバーレーン Preview »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/3476751

Listed below are links to weblogs that reference 2004-2005欧州移籍評価(1):

« つれづれと雑感。 | Main | At first "fight" above all@WC Asian Final.Q vsバーレーン Preview »