« PC Crash! | Main | 本番前の心境。 »

February 08, 2005

当たり前の事を当たり前に@WC Asian Final.Q vs北朝鮮 Preview

WC最終予選の初戦・北朝鮮戦がいよいよ差し迫ってきましたね。と言うことプレビュー気味に明日の試合に向けてのことをやっていこうかなぁと。

個人的に北朝鮮戦は普通にやれば勝てる相手だと思います。この試合は北朝鮮云々よりこのチーム(ジーコ・ジャパンのことね)の今まで積み上げてきたシビアな部分というのを試される一戦なのかなぁと感じています。というのもまあ断片的に伝えられる北朝鮮の情報(信用出来るかどうかはわかりませんが)だったり、力の相互関係などを鑑みると日本が自分たちの形をいかに出すのか、そしていかに勝つための仕事を出来るのかというのが問われるのかなぁと。それが出来なければまた苦戦してしまうかも知れないし、今度は相手の一発に沈められるかも知れない。そういう相手なのかなぁと思います。ではそんな感じでまとめてみようかなぁと。

・ボランチに求められるリスクマネジメント。

これに関しては北朝鮮がこういう部分を狙って来るであろうと言うのと、シリア戦でのボランチの低意識と油断による失い方の悪さから来るモノです。シリア戦のことに関しては、マッチレポートにしたのでそこに書いたのですがボランチの所でボールが収まることが多いのですが、前の動きが足りなかったりとかアングルが悪かったりポジショニングが良くなかったりする理由はあるにしても、前にボールが出せなかったときにボールを持って止まってしまったときに、北朝鮮は抜群のスタミナでどんどんアプローチを掛けてくるだろうし、横パスに関してはインターセプトを狙ってくるのかなぁと思う部分があります。シリア戦で結構プレーが停滞したときにコントロールやパスのミスだったり周りの状況の不確認、周りの声も含めて足りない部分が見えました。その時に後ろから突っつかれてボールをカットされてカウンターのピンチを引き起こしただけに、一番気を付けなければならないポイントだと思います。シリア戦はコンディションも谷間の所で選手達も口々にきついと話していたので、北朝鮮戦に向けてコンディションが上がってくればボールも受けに来るだろうし、そういう動きももっと増えるでしょうから、出せるポイントさえあればどんどん出してくれるだろうと思うのでそんなに心配してはいないのですが、ボールが出せなかったときに慎重に失わないようにボールを動かしていくという事が必要になってくるのかなぁと。本番ではこういう即失点に繋がるようなミスは、1点を争うシビアなグループを想像すると本当に許されないだけに、こういう部分でのいらないミス・いらない失点というのを出来るだけ避けていきたいところです。北朝鮮はそれを誘発するプレーをしてくるだろうし、それを狙ってくることは十分考えられるのですから。

・右サイドアタック中心?再び問われる左サイドのディフェンス。

と言うことでスパサカでは、一次予選タイvs北朝鮮でのopta(かな?)のデータではかなり攻撃においては右サイドに偏って仕掛けてくるようです(ボールタッチのエリアのやつ)そうなると日本に置いては攻撃が得意なアレックスの担当するエリアなだけにその辺での引っ張り合いと言うことに非常に興味があるところです。オマーン戦でもオマーンの10番ドゥールビーンがアレックスの裏側でボールを受けて中澤を引き出そうとしてきただけに北朝鮮もスカウンティングが進んでいれば、日本の守備の弱いところを突いてくるのではないでしょうか(ましてや得意なサイドな訳で)アレックスに関しては攻撃面に置いては加地同様サイドからの攻撃に手応えを感じているようで、その部分ではようやく復調傾向で非常に頼もしいのですが(まあ昔を思えばこんなもんじゃないかった記憶もあるのでもっと期待したくなりますが。特にMVPを獲ったときのようなスピードに乗ったフリーランニングとか)守備に置いてはシリア選手のドリブルに対してものすごい軽いDFでスコンスコン抜かれてみたり、まだまだDFに関しては守り方は以前に比べたらはなっているモノの物足りない部分があるのも事実です。そういう部分では出来るだけ周りでバックアップして彼には前で仕事が出来るような状況を作ってあげたいところです。ただボランチは意識しすぎるとバイタルエリアのカバーがいない状況とかもできあがったりするので、その辺コーチングを後ろからしつつ、バランスよくカバーしていって欲しいし、もちろん日本の壁・中澤にもアレックスがやられても尻ぬぐいをしてやって欲しいなぁと。もちろん引き出されるという事になるのですが、その辺はその前に上げさせないと言うことで何とかケアして欲しい。まあ彼には負担が掛かりそうですが、やってもらわなきゃ困るので頑張って欲しいモノです。ただ好調だし、最近あっさり抜かれたりやりこめられたシーンとかをめっきり見なくなったので多分大丈夫だと思いますが。でアレックスはボールを持ったときも低い位置ではドリブルしないというのを徹底して欲しい。あそこでとられたらもしどんなにいいDFをしても台無しだし、失点のピンチにまで繋がってしまう危険性もあるので。彼が仕掛けるのはあくまでアタッキング・サードに入ってからで良いし、シリア戦のように質の高いボールを中に入れる事に高いプライオリティを置いて(突破ではなく)を頑張って欲しいなぁと。でオーバーラップに関してですが、こういう試合ではあくまで少なめの方が良いのかなぁと。相手が引いてる、崩せないから焦れていくというのは展開によってはあるのかも知れませんが、バランスを保って時間帯や状況をよく考えて判断していって欲しいなぁと。これは田中マコに関しても同じです。まあどんなレベルのアタックなのかわからないので何とも言えませんが、サイドバックのオーバーラップ、FWが流れてのごり押しだったりと様々な形で仕掛けてくることが予想されるだけに、その辺はチームでバランスをとってきっちりと止めて欲しいですね。

・誰が起用されようと求められること。

さて、この北朝鮮戦に向けてのテストマッチで非常に良いアピールをした選手の起用法を巡って、結構色々な考えが出ていますが、ピッチに立った選手がやらなければならない事はやはり運動量を保つことです。プレーヤーのタイプというのもありますが(特にFWね)消えることはなるべく避けて欲しいし、これはアプローチがきついからと言ってずるずる下がらず(これはトップ下にも言えることですね、バイタルから逃げない)、前で踏ん張ってボールを受ける動きをやめないことが必要になってくるのかなぁと。もちろんそれはMFにも求められることで、ボランチの選手にボールを止めて長くパスレシーバーを捜させることをさせない、横パス・バックパスをさせないようなオフ・ザ・ボールの動きを常にしてボールの流れを停滞させず、そしてDFの視点を固定させないことが必要になるのかなぁと。戦前の予想のように引いて守ってきた場合はやはり相手の目線を常に動かして相手のマークをずらすことが必要になるだけに、そういう場合はやはりボールを動かして視点を変えさせる、ドリブルによる局面打開からの展開、そしてミドルレンジからのシュートを警戒させることによっての前への警戒を増やすということが常套手段ですが、今までの試合を見ている限り、ミドルシュートやドリブル突破による展開は余り頼りに出来ないだけにやはりそうなるとパスを展開して相手の視点を常に動かすことでマークをずらせるだけのタイミングを作り、そして良い攻撃に繋げていくと言うことが一番あっているのかなぁと。もちろん個のひらめきによるファンタジックプレー一発がゴールに繋がってくれればそれでも良いのでそれは小笠原(や俊輔)に任せるにしても、チームとしてはやはりそういうところを意識的にやっていくことが良いのかなぁと。そのためのパスレシーバーのオフ・ザ・ボールの動きを常にやっていくというのが必要になるのかなぁと。

と言うことでまあ改めて思えば当たり前のことを当たり前に、そして致命的なミスを避けてやっていけば自ずと勝利を引き寄せることは出来るのかなぁと。しかし考えてみたらジーコはいつもこういう事を求めていたのかも知れませんね。そういう意味では確かにクラシックなのですが。もちろん戦術云々で相手はかなり長い時間チームで動いているだけに、例えどんなに優秀なタスクを持っている監督が率いていてもそういう部分で上回るには難しい部分はあるでしょう。向こうはそういう意味では戦術に従順な戦いをしてくると思います。このチームはそういう部分では奇をてらったりするわけではないですし、特別な勝つためのタスクというのがあるわけではないので、こういうチームに対して勝つためには基本になることをきっちりと続けてやっていくことが必要になるのかなぁと思っています。正直国内組Onlyのチームはテストマッチで2試合いいプレーをしたけど、シンガポール戦やドイツ戦、はたまた去年の今頃のぬるいテストマッチ2試合(国内組OKだって言う人が結構オマーン戦で海外組が動けなかったと言うのを引き合いに出す人見ましたが、その前のテストマッチでぬるい試合をしたのも考慮に入れましょうね。あそこでひどいプレーをしたからというのもあるのですから。今回の事を考えたら)などを思い出すと正直ちょっとだけ不安だったりもしますが、まあやってくれるでしょう。プレッシャーや力の入り過ぎには要注意ですけどね。確かに本当なら予選でなければ見所いっぱいで、「戦術がちがちのチームに対してジーコは自分のやってきた価値を示せるか?!」とかあおれるのですが、本番なので別にそんなことはどうでも良いのでまずは結果を出して良いスタートをして欲しいなぁと思うばかりです。と言うことで今日はここまでです。

正直俊輔いないと思うとやっぱり残念・・・・(本音)

|

« PC Crash! | Main | 本番前の心境。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2848977

Listed below are links to weblogs that reference 当たり前の事を当たり前に@WC Asian Final.Q vs北朝鮮 Preview:

« PC Crash! | Main | 本番前の心境。 »