« 前進の手応え@親善試合 vsシリア | Main | Let's Go Toronto! »

February 03, 2005

期限と本番の狭間の今日のニュース雑感。

えーと、ヨーロッパの移籍市場が閉まったり、シリア戦後の様々な周辺事情などとりあえず気になるところから。もちろんマリのオーストラリア合宿に関しても。

・準備は完了?
シリア戦後 ジーコ監督会見全文 キリンチャレンジカップ2005(スポナビ)
シリア戦後 選手コメント キリンチャレンジカップ2005(スポナビ)

ジーコはこの試合に関してはおおむね満足な様で(まあ3-0だしねぇ)指示としては試合前にシリアは細かいスキルがあるので多少引き気味にしてミスに応じてボールを獲りに行くと言うこと、相手の1トップに対して3人で警戒することはないとのことでのオーバーラップ奨励、などのよう。まあそれの是非は置いておいて、コンディションできつい部分があったことを理解してのこの内容に理解を示している様子。気になるところはツネの評価。マツとの差はキャプテンとしてと言う部分なのかな?ジーコもそういう部分を非常に重視しそうな監督だし、ジーコがパパならツネは長男みたいなもんだとしたらマツはやっぱりきついのかな・・・・。まあプレーの好みもツネっぽいし。ツネがマツみたいにやってくれたら別に余計なことは言わないですけどね。

ツネに関してはコメントでも出ているように、カウンターに対してのチームとしての共通理解をもう少しキャプテンシーを出してどうにかして欲しいかなぁと。ボランチの出来云々も確かにあるのですが、そのバランスは後ろからのコーチングをきっちりとね。で一番注目が集まったのは非常に意欲的でプレー内容も充実していた小笠原。非常に自信になったようですが、傍目で見ているのとなんかだいぶ印象が違うなぁ・・・。守備に関しては連動力が足りない気がしたけど(この試合に関しては)、クロスの質は高かったと思うし、中の入り方もこれから改善出来ると思う・・・・。まあ良いんですけどね。でも本当にこれで一皮むけるかも知れないなぁ。

注意して欲しいところだったり、昨日の試合については書いたのでスルーしますが、監督含めONとOFFを使い分けて、すっきりとリフレッシュして欲しいモノです。

「絶対的な父性」としてのジーコ(スポナビ/宇都宮徹壱)

でその周辺をコラムにされていた宇都宮さんのコラム。シリアに関しては余り興味がないのですが、バーレーンと直接対戦したシリアと出来たのはやはり良かったのかも知れませんね。ただコンディションは何とも言えないとのこと。後は以前から何度も飛び交ったジーコの海外組偏重の是非についての部分。玉ちゃんや小笠原の果敢なアピールが実を結ばないだろうという事についてどうもイマイチと思うところがあるようで。まあ今回のテストマッチで好パフォーマンスを見せた小笠原に焦点が当たるところであり、ジーコもその辺は理解しているモノのやはり俊輔が帰ってくればと言うことになればと言うのが、競争意識が高まっても結果としては「元の木阿弥」と言うことになるのかも知れないというのは理解できないわけではありません。ですが小笠原に関して言えばこれで±0だと思う部分もある。彼に関してはここまでは-の部分が大きいプレーに終始してきたし、ここで活躍してようやくその-を返上出来たのかなぁと。この2戦が良かったから評価逆転なんてあり得ない。ただ一番評価出来る点はその意欲が前に出てきたことであり、結果云々はもうジーコの好みでもあると思うからそれは行っても仕方ないのかなぁと。まあ特別なことがない限り俊輔がスタメンで小笠原はベンチに座ると思う。でも小笠原がここで掴んだモノは消えないし、ましてや俊輔のコンディションはここから落ちていく方の可能性の方が高いのだから(シーズン後半に入り疲労も蓄積される、ましてやシーズンに入る前にアジアカップでも激務をこなしている訳だし)この好パフォーマンスは無に帰さないと思うし、これから大きな力となると思う(昨日書いたね、これ)高原と玉ちゃんに関しては素直に玉ちゃんを使って欲しいですが。

そういう意味ではこの1~2戦で大きく評価が変わることはないし、納得いかない部分もあるにしてもこのチームにも積み上げられた部分があるというのをまた理解しなければならないのかなぁと(まあジーコを擁護している訳でもないですが状況は明らかに好転傾向にはあると思う、楽観はしませんけどね。出来ないとも言えるけど)ただ一つ言いたいのは国内だろうが海外だろうが同じ代表選手だし、対決図式を煽るような形はやめて欲しいと思う。そんなカテゴリーに意味はないし、すぐに変わってしまう可能性があるモノなのだから。あくまでも個々の実績や現状の状態などで冷静に考えていく必要があるのではないでしょうか。無意味。

2006 FIFA WC アジア最終予選/グループB vs北朝鮮代表(2/9@埼玉スタジアム)日本代表メンバーについて(JFA Official)

で発表、俊輔と高原がヨーロッパから呼び戻され、稲本とヒデに関しては今回はスルー。西が怪我のために外れてこのメンバーとなったようです。稲本は戻さないか・・・・。まあカーディフの試合を1試合(確かブラックバーンとのFAカップ)しか見てないけどフィットネスはまだ重いかなと思ったけど、それだけ今回のボランチのメンバーは信頼されてるのかなぁと。まあ現状で大幅に変えるというのも考えられない訳で、まあサプライズはなしって事で。もうとにかくこのメンバーに頑張ってもらうしかない訳ですが、ここからは監督の仕事ですね。どう組み合わせるのか、やっぱり一番気になるのは2トップの組み合わせかな?

・やっぱり大きなモノは最後の最後、欧州移籍市場クローズ。
フィオレンティーナがボイノフを獲得=セリエA(スポナビ)
フィオレンティーナ加入のボイノフ「僕が新しいバティに?」=セリエA(スポナビ)

移籍金17.5億+バルデスでレッチェが合意、レッチェは夏にチェバントンをモナコに売り渡して、この冬もまた大きな移籍の主役となっちゃいました。正直かなりのビッグサプライズ。この若さでセリエでのある程度の活躍を見せていた前シーズンから注目されてミラノやトリノ、そして国外からも熱視線って感じだったのですが、今シーズンはチェバントンの変わりにエースとしてレッチェの前半戦の躍進の原動力となって、ヴィオラが動いて獲っちゃったって感じです。正直動くとしたらシーズン後でゼーマンの元で沢山勉強してからって感じにするかなぁと思っていたのですが、いきなり・・・・・。てゆうか売らないって言ってたしなぁ・・・・。ヴィオラのティフォジは早くもバティの再来と期待されているようですが、相変わらず過去と重ねるのが好きね(笑)

ヴィオラは正直せっぱ詰まっているし、昨日も結局ボジノフも出たけど勝てなかったこともあってすぐに結果が求められそうだけど、まだ18の彼にはちょっときついタスクとなりそう。ミッコリとタイプが重なる気がするけどどうなんだろ?もう少しレッチェでゼーマンのサッカーの中で見ていたかったなぁ。

デポルティボのパンディアーニがバーミンガムにレンタル移籍=スペインL(スポナビ)

でヴィオラも狙っていた様子の暴れん坊パンディアーニ。イルレタとの軋轢から出て行くだろうと言われてたけどクローズ寸前でバーミンガムにレンタル。まあ今シーズンでイルレタ政権が終わることもあって契約終了と同時に戻ってくるのかな?しかしデポルはいつも二人のいいアタッカーを抱えてどっちかしか活躍しない現象が起きるなぁ・・・・。マカーイ×ディエゴ・トリスタン、ディエゴ・トリスタン×パンディアーニ・・・・、しかし来シーズンデポルはどうなるんだろう?

で、逆にデポルはコロコロさんを獲得。結局ミランでは全くと言っていいほど出番もなかったし、出ていたのはほとんどレンタル先だし、そろそろ腰を据えてクラブで結果を残したいだけにこの移籍は良かったのかな?デポルはナイベト後のDFは不安定に輪を掛けたような状態だっただけに嬉しい加入なのかなぁと。能力は高いし、頭も足元も両方うまいし、ラインコントロールも判断力も優秀。ましてや攻撃参加も得意とかなりのモダンディフェンダーだと思うし、デポル反撃の大きな起爆剤になるのかも?契約期間は2011/6まで。

エウベルがドイツ復帰 ボルシアMGと契約=ドイツL

これが決まる前に一応契約解消という形になってました。円満解決、バイエルンのエースアタッカーだった時代を思い出せるかが気になるところですが、リヨンではもう必要とされていなかっただけに非常に良かったのかなぁと。ニウマールもこれでなんの気兼ねなく登録出来るしね。正直どうせ契約解除されるのだからどこかJが動くんじゃないかと思ってたけどそういう動きはなかったのかなぁ?まだまだものすごい仕事をしそうな力はあると思うから、アイウトンを狙った楽天辺りは狙うかなと思ってたんですけどね。ほら、ブンデス得点王繋がり(笑)

ソラーリがレアルと2009年まで契約延長=スペインL(スポナビ)

インテル終戦。ダーヴィッツを使わないなら交換すれば良かったのに(苦笑)トントンぐらいじゃ?でも最近はセーザルに1stプライオリティを置いてたから以前に比べたら熱は冷めてただろうけどそれでもやっぱり欲しい人材だったと思うんだけどなぁ・・・・。

ソラーリはイタリア向きだと思ったんだけどな、インテルで活躍するしないは別にして(笑)

ヒルデブランド、シュツットガルトと再交渉か?=ドイツL

延長しないでレーマンと交換してください(笑)

アストン・ビラがジェンバ・ジェンバを獲得=プレミアL(スポナビ)

なんのために獲ったんだ?でも毎回成功する方が気持ち悪いか・・・・、でも最近は失敗の方が多い?そんなに悪くはなかったとも思うけどまあしょうがないか。しかし3.1億?安いなぁ。

Jクラブがジダンに破格オファー(スポニチ)

最後の最後に大ネタ投下(笑)でも今のギャラクティコじゃ出せないよねぇ。いなくなったら単なるレアルになっちゃう(笑)まあ自動車メーカーと言ったら日産・三菱・トヨタ・・・・・。マリ系で考えるとゴーン繋がり?戦力的に考えると山瀬の抜けたレッズ?ボーダフォンから沢山のお金が入ったし・・・・、アルパイプレミア帰るんでしょ?夏に。トヨタが本気出したって事も考えられるけど、やっぱり考えれば考えるだけ実現性は薄いねぇ(笑)

大体いくら掛かるんだよ・・・。潰れちゃよぅ。

・マリニュース。
練習試合結果 南オーストラリア州選抜(マリオフィシャル)

Fマリ 8-0 南オーストラリア選抜(1st4-0/2nd4-0)
F.Marinos:1'奥様 7'坂田 13'&24'栗原 54'p&77'&82'山崎 55'翔くん

またも爆勝。こないだは翔くんや大橋が爆発してただけに今回は山崎が爆発、アピールしてるねぇ。楽しみだわ、A3。しかしドゥトラ様大丈夫?手骨折してるんじゃないの?わざわざ出る必要って・・・・。後は後藤くんはトップで使うのを結構試してるみたいだけど・・・・。どうなんだろ?バッジオとかゾラみたいなプレーしてたら凄い楽しみなんですけど!それにしても着々とジローがゴールマイレージを溜めてますね(笑)とりあえずこういうスコアシートを見てる限りだとある程度順調なのかな?坂田がゲームに復帰、大ちゃんも前の試合でも出てたみたいだし(やっぱりオフィのミスだったのね)後は大島か・・・・。アキと上野神がいないのが気になるけどベテランお休みの温情?とにかくしっかり体作って頑張れ頑張れ。

Fマリノスオーストラリアキャンプの様子(Fマリオフィシャル-MiniTopics)

41℃・・・・・。みんな焼けちゃいますね、ドゥトラが黒いですよ、いつもに増して。でもみんな顔が赤くなってる感じがする(笑)大ちゃんのひ弱な肌が心配心配・・・・。てゆうか何で毎年キャンプに行くとバーベキューするんだろ?とにかく怪我なく体作ってね。

と言うことでめちゃくちゃ長くなっちゃいましたが、今日はスルー出来ないですしね。やらないって言ったのにやってごめんなさい。明日からはまた「J.League傾向と対策」に戻りますので。とにかく様々な思いはあるにしてもやっぱりWCには行って欲しいですし、選ばれた選手には頑張って欲しいモノです。と言うことで今日はここまで。

|

« 前進の手応え@親善試合 vsシリア | Main | Let's Go Toronto! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2795049

Listed below are links to weblogs that reference 期限と本番の狭間の今日のニュース雑感。:

« 前進の手応え@親善試合 vsシリア | Main | Let's Go Toronto! »