« 2005J.League 傾向と対策 -エスパルス- | Main | 2005J.League 傾向と対策 -アルビレックス- »

February 17, 2005

アジアの汚さ@A3 ChampionsCup 2005 vs深セン健力宝

落ち込んでますよ、坂田・・・・・・・。もちろん勝ったのは嬉しい!上野様のウエディングゴールなんて素敵やんって思ったけど、この先のことを考えると本当にやばいぞ?

A3 Nissan Champions Cup 2005

YokohamaF.Marinos 2-0 Shenzhen Jianlibao
F.Marinos:46'上野良治 63'熊林親吾

F.Marinos Official

F.Marinos Starting Member
GK榎本達也、DF河合竜二、中西永輔、栗原勇蔵、MF上野良治、那須大亮、田中隼磨、ドゥトラ、大橋正博(→87'塩川岳人)、FW坂田大輔(→30'山崎雅人)、大島秀夫(→60'熊林親吾)

と言うことでキムチ鍋にあたったのかはわかりませんが、体調不良者続出で怪我人に加えてかなりの数の出場不能に。この試合では上野神が戻ってきたのですが、そうしたら坂田がプレー中に内側靱帯を損傷?で結局見立ての所は全治2~3ヶ月の模様・・・・・。もうプレーレポートをする所ではなくなくってしまいました。

一応得点経過としては、前半は相手のラフプレーに悩まされたこともあり、あんまり攻撃が機能することはなく、サイドを起点に攻めるモノの中のサポートも希少で攻撃の形は作れず、スコアレスで後半へ。後半開始直後、左からのクロスボールが流れたところをハユマがカバー、中を確認してマイナスに折り返し上野様がきっちりとコントロールしたシュートを左隅に決めて先制(GKがへぼかったという噂あり)その後、カウンターのこぼれをエースケがサポートして右サイドに展開、またも右サイドでハユマが受けると今度は一人かわして突破、きっちりとクロスを熊林に供給するとクマタンきっちりとインパクトしてゴールで追加点!これで勝負は決まりました。その後も深センがラフプレーに体力を使いすぎたのかペースが落ちたところで細かいパスで相手をかき回し2度ほど決定機を作りながらこのまま終了。2-0で第2戦を終えました。

うーん、相変わらず攻撃においてのボール運びが拙かったり、受ける側のボールの呼び込みというのも少ないというのが一番の現況かも知れません。コンディションなのか、それとも意識の問題か、サイドで起点は出来るけど、その後が続かない。中でボールが収まらない。サイドから何とかしようというのも見えるけど、そこから数人でと言うのもないし、もう少しこれからどうにかしないといけない部分も見えました。このままだとホントにまずいかも。

守備に関しては何とも言えないけど、悪くないけどうまくいかない部分もあったのかなぁと。でっかい選手に対してどのように対応するのかなどはもう少し詰めなきゃいけないかも。アプローチとカバーの部分でん?って思う部分があるので、その辺は修正していかないと。そしてセットの守り方なんですけどゾーン怖い!何か曖昧な部分が出てきそうだし、事実危ない部分が出ているだけにちょっと再考の余地あり。普通にやればある程度守れると思うし(強いんだからさ)

で深センの方ですが、まあ浦項に比べても相当落ちるかなぁと。レベルは低く、縦に速いサッカーで前の強さを押し出してくるチームでしたが、正直全然弱い。まあ相手もコンディションがわからないですが、がたっと後半落ちたので楽でした。身体能力と玉際に突っこんでくる以外に余り脅威を感じないチームで、後半に入ってからもっと悪くなった感じでしょうか。で一番印象に残ったのはラフプレー、アジアで当たり前なのはわかっていても本当に洒落にならんよ、シナ野郎。鬼のアフターチャージ、抜かれたら必ず足踏みか後ろからの足狩りが襲ってきたり、小競り合い多数、ひじ鉄、ハイキックと何でもありのようで、さながらカンフーサッカーでした(苦笑)ジュビロの皆さん、おしゃれなプレーでおちょくったら怪我しますよ?ホントに洒落になってない。エースケさんも超ご立腹みたいだったし、栗原が暴れなくて良かったよ・・・・。

で注目していた選手達としてはクマタンが結果を残し、そして動き回ってフィットネスの良さも見せてくれました。ポジション的には期待されていたボランチではなくFWでの起用でしたが意図の感じるプレーは結構期待しても良いのかも?多少軽いプレーが低い位置では心配ですが、スキルは高いし、これからまた今度は本来のポジションで期待したいなぁと。大橋に関してはトップ下での起用でしたが、前半はほとんどと言っていいほど良い働きはできずこの日の出来としては余り良いモノとは言えませんでしたが。ただ後半相手が鈍ってからは余裕が出てきて軽快なプレーもあったし、決定機での大きなミス以外は彼らしいプレーも見れたのは良かったです。後半のああいう形でのプレーがスタンダードとしていけばある程度可能性は広がるのかなぁと。山崎は・・・・・、うーん。でも皮肉にもまだチャンスはあるし、結果を残したいね。姿勢としてはどんどん仕掛けてるし良いと思うけど、その辺のプレーセレクトと判断がちょっとね・・・・。簡単にはたけるポイントでははたいて、中で勝負したい所。那須はラフプレーの餌食だったけど、落ち着いて中盤で黙々と仕事をこなした形。相手の出来も良くなかったけど、こういう舞台で落ち着いてやれていることは復調したといっても良いのかも?完全な判断は次で出来るかな?キャプテンマークでもっと鼓舞するようなのが見たかったかも(テレビで移ってなかっただけかも知れないけど)まあ普段からそういうことが出来る子だから心配してはいないですけど。とにかく次が勝負所。次で信頼されるか静観されるかが決まるところだけに頑張って欲しいです。

と言うことでシナ野郎最悪、水原の時はどうだったんだろう?日本だから?そうだとしたらジュビロはアウェイには気を付けるように。こんなチームには負けちゃ嫌。個人的にああいうプレーをしている限り強くなれないし、アジアが舐められる元だと思った。それこそ腐ったサッカーだわ。きれい事と言われるかも知れないけど、最低。まあいいや、ああいうプレーもまた経験ですからね。ポジティブに捉えましょ。坂田の怪我がちゃんと検査して軽いモノだと願いながら今日はここまでです。

|

« 2005J.League 傾向と対策 -エスパルス- | Main | 2005J.League 傾向と対策 -アルビレックス- »

Comments

お邪魔します(*^_^*)
去年湘南の試合で熊林は何度か見ていたけれど大抵後ろ目での器用だったので、ああいうプレー振りを見たのは初めてでした。
怪我だの体調不良だのでやりくりが大変ですが、この時期の試合って意外な発見とかあって面白いですね。日程詰まっていて、やっているほうは大変だろうけれど。

坂田の膝、心配です。軽症であることを祈りたいです。

Posted by: いなほ | February 17, 2005 at 09:38 AM

はじめまして、コメントありがとうございます。

クマタンもジュビロっ子ですから何となく大ちゃんみたいにはまってくれるのかなぁと思うと楽しみですね。岡ちゃんはあんまりテストを積極的にするタイプじゃないっぽく感じたので、山崎や大橋にもチャンス掴んで欲しいですね。

にしてもアデ○まだー?北野も見たいし、塩川も見たい!

坂田にはホントに鶴です。心配心配・・・・。

Posted by: いた | February 17, 2005 at 01:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2965834

Listed below are links to weblogs that reference アジアの汚さ@A3 ChampionsCup 2005 vs深セン健力宝:

» 人がどんどん減っていく・・・つд`)。。。 [まっすぐなキモチ]
とりあえず一通り試合のビデオを見ました。 いつものことながら試合自体はよそ様にお [Read More]

Tracked on February 17, 2005 at 09:35 AM

« 2005J.League 傾向と対策 -エスパルス- | Main | 2005J.League 傾向と対策 -アルビレックス- »