« 2005J.League 傾向と対策 -サンフレッチェ- | Main | 期限と本番の狭間の今日のニュース雑感。 »

February 03, 2005

前進の手応え@親善試合 vsシリア

まあとりあえずカザフスタンよりはましな状態出来てくれたようで、それなりにいいシュミレーションが出来たのかなぁと思った試合でした。良い部分もあるし、悪い部分もあった。まあ今日一番良かったことは怪我人が出なかったことだと思いますが。それではとりあえず。

日本 3-0 シリア@埼玉
Japan:44'鈴木隆行 69'宮本恒靖 90'小笠原満男

スタメン:GK川口能活、DF田中誠(→81'本山雅志)、宮本恒靖、中澤佑二、MF福西崇史、遠藤保仁(→71'中田浩二)、加地亮、三都主アレサンドロ、小笠原満男、FW鈴木隆行、玉田圭司

試合展開についてはもう面倒なので省略。得点経過としては前半終了間際に加地のクロスが流れたところをアレックスが再び中に入れてマーカーと競りながらもきっちりと鈴木隆行がヘッドで枠を捉えて先制、後半CKからの流れで逆サイドでフォローしたヤットが精度の高いボールを中に供給、ニアで難しい体制のヘッドをきっちり宮本が決めて追加点、相手が退場者を出したりとゲームの展開が緩くなりどんどん突っかけられる中で終了間際に左サイドのアレックスからの浮き球に対して鈴木がスルー、連動して飛び出した小笠原が相手のブロックに来られながらもボレーで決めてだめ押しと得点経過としてみたら素晴らしい試合みたいです。

では気になった部分を。まず良かった部分、箇条書きにて。

・アウトサイドの充実ぶり。
まあ細かい部分では気になることもあったのですが、全てのゴールがアウトサイドから生まれたこと、きっちりとクロスボールが流れることを前提にフォローしていること、積極性が出ていてクロスを上げたりフィニッシュに絡んだりとポジティブな面が出ていること、そして精度の高いボールを供給することが出来たこと(フリーな状況だとしても)、そういう部分から見るとリトリートしてくる相手にも突破口となりえる可能性を示したのではないでしょうか。加地に関しては何かを掴んだのかも?アレックスはドリブルはイマイチだけど、キック精度は高いし、前半に見せた抜ききらないであげたセンタリングなどは真骨頂だしそれをFWと共有して数を増やして欲しいなぁと。あの抜けないドリブルはたまにでいいからさ。
・小笠原の充実。
特にセンターの位置で前を向いてボールを触る機会も多く、彼がプレッシャーに強い地域から逃げずにやっていたのが印象に残りました。それがチャンスに繋げられなかったのは明らかにFWや他のプレーヤーの低意識から来るモノだし、そういう部分ではもっと動かして欲しかったけど、自分も出してくれればやれるというのを証明したのかなぁと(相手のレベルもありますが)足元だけでなくスペースに走り込んでの3点目のシーンを見ても、非常に意識の高さを感じるプレーぶりだったと思います。多分北朝鮮戦はサブかも知れませんが、必ず彼に出番は来るし彼の存在が特に6月のアウェイ連戦では活きてくるのかなぁと。ましてやシーズンが終わって疲弊しきっている俊輔に変わって彼が中心に立つことでまたフレキシブルにチームが動かしてくれるのではないでしょうか。もともと力の差なんてほとんどないので後は自信や経験と言うことだと思いますし。

ただ正直悪い部分も目に付いたのも事実です。こっちも箇条書きで。
・フィニッシュへの意識がまだ低いこと
綺麗に崩しきろうという意識が高いのかなぁと。カザフ戦よりは多少良くなった気もしますが、もっと打っていいのかなぁと。打たないと相手はシュートという選択肢を消してどんどん来そうな気もする。また何かが起きる可能性を放棄しちゃってる感じもする。前半の玉ちゃんが抜け出して折り返しを狙ったシーンや福西が飛び出して外の選手にアウトサイドでラストパスを狙ったシーンなどは打てる状況だったし、強引に打ちに行って欲しかった。
・フリーランニングが少ない。
と言うか意識が低い、始動も遅い。小笠原が前を向いて出所を探しながらドリブルしているシーンなんて言語道断、動いて裏狙おうよ。正直ボランチの裏で小笠原が前を向いたシーンに出くわしたらもう前向きそうだなぁというのを感じて予備動作に入るぐらいの姿勢が欲しい。コンディション面での問題なのかも知れないけど正直ぬるいしもったいない。なんか動き出すシーンと動き出さないシーンの差がありすぎる。やれば出来るのはこの試合を見ても明らかだし、そこでこそ彼らの運動量を使うときなのにさぼってどうする・・・・。やるときとやらないときに差があるのかわからないけど、運動量をセーブしているような感じがしてもっと貪欲になれよって思いました。それとサイドからのクロスボールに対する動きも同様、クロスがタイミングよく入ってこなかったら動き直せ、クロスが入りそうなタイミングの時には前に流れてくることを予知して入っていかないと(サイドの選手もそのタイミングで上げて欲しいけど相手もあることだし)そういう部分でもさぼり癖みたいなのが見えた。この辺は要改善だと思う。結果が出ていてもレベルが高くなればなるほどこういう細かいプレーの差がチームの差となるのだから。ましてや厳しい戦いになる最終予選ではパサーにはきついマークが予想されるだけに、今日のように遅い動き出しではパサーがつぶされる。そんなことない様に改善して欲しい。これが出来るようになればもっとゴールも増える。
・ボランチのぬるさ。
奪われてはいけないところでかっさらわれそうなリスキーなプレーを中心に低調な出来。ボールを引き出した後に声が掛かってるにもかかわらずかっさらわれたり、ボールを奪ってからコントロールが大きくなったところをまた奪われるなんて言うプレーもあったりと、一番やってはいけない所でのミスを多数見かけたけど明らかに原因は低意識。確かに良いシーンも作り出した(ヤットはアシスト、福西はダイビングヘッド)でも基本的な仕事の時にミスやさぼり、低い意識のプレーは本当にこの人達は競争しようと言う意識があるのかと思った。中盤DFに関してもどうも余り良いバランスでは出来なかったし・・・・。小笠原の非常に高い意識のプレーと落差を感じたし、正直今日の出来が本番なら許されるモノではないと思う。しっかりしてくれ。
・チームの出来に差の出たDFのライン設定。
カザフ戦はラインの設定がある程度の位置に固定されて前でボールを奪いに行こうとした時にある程度のコンパクトになっていることもあってうまく連動して前から前からの意識を後ろから声でやらせたこともあってプレスが効いたのですが、今日は同じように前からフォアチェックを掛けてもどうも抜け穴がぼこぼこ出来てしまったりと、ボールを奪う形が出来なかった。チームのリズムが悪かったのはやはりこの部分にあるんだなぁと再確認。もちろんジーコの考えとしては宮本のやり方を望むと思うのですが、下がって守る分だけカザフ戦のような前への意識は出なかったし、どうしてもうやむやなシーンが出たりちょっと良いのかなぁと言う部分もあった。ボランチの出来が悪かったこともあるけど、それを後ろからコーチングしてやらせる事が必要だったと思うし。正直やっぱり個々の優先順位を変えるのは難しいのかなぁと思ったり。キャプテン大丈夫?
・カウンター&ドリブル対策。
まあ元々難しい事ではありますが、フィルターがない状態でどう応対するのかと言うのが非常に曖昧だったり、宮本自身凄い迷ってる印象を感じました。まあその前にCDFがオーバーラップして結局余り効果的な事が出来ずに奪われて数的同数や不利になってしまう事自体が問題なのですが、北朝鮮も狙ってきそうな状態なだけにその辺は一番修正しなければならないポイントなのかなぁと。あとは一人ドリブルで抜かれた後のフォローだったりの決め事がないのかものすごいパニックに陥る感じはvsイランを見据えると不安、まずその前のドリブルに対する応対もものすごいルーズ。この辺はテストマッチだからと言うことなら良いのですけどね。

まあとりあえずこれがテストマッチで良かったです、結果云々ではなくちょっと意識面で不安になる部分を非常に感じたので。さぼり癖が出てたりと甘っちょろい部分が出てただけに本番に向けて引き締めて欲しいなぁと。まあ本番になればと言う気もしますけどね。まあ相手も退場するまでは結構きっちりやってくれていたし、こういう甘さが先に出てくれたのは良かった。しかしそれでもこのチームも大して強くなかったなぁ・・・・。U17とかではアジアでも相当な強さを誇っていたりと強いのかなぁと思っていたけど、うーんって出来。でも結構日本としても低調な出来でもこういう結果を引き出せるようになっているのはやっぱり前に進んでるし、去年とは違うのかなぁと感じる部分でもあります。まあ何とも言えないけど、ここからコンディションをもう一度作り直して本番に向けて良い準備をして欲しいところです。と言うことで今日はここまで。

|

« 2005J.League 傾向と対策 -サンフレッチェ- | Main | 期限と本番の狭間の今日のニュース雑感。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2788311

Listed below are links to weblogs that reference 前進の手応え@親善試合 vsシリア:

« 2005J.League 傾向と対策 -サンフレッチェ- | Main | 期限と本番の狭間の今日のニュース雑感。 »