« 2005J.League 傾向と対策 -FC東京- | Main | Fan of the Game!@UCL Round of 16 1stLeg Preview »

February 21, 2005

2005J.League 傾向と対策 -ジェフ-

えーとジェフについてなのですが、これで補強は終わりって事で良いのかな?チームとして大きな動きもあり、そして様々な喧噪に巻き込まれたオフシーズンでしたが、本質の部分では変わらない骨太のオシムサッカーを今年も描くことが出来るでしょうが。と言うことでジェフ「いちばら」です

・移籍動向
【IN】
移籍加入:マリオ・ハース(←シュトルム・グラーツ/オーストリア)滝沢邦彦(←グランパス)高橋泰(←サンフレ)瀬戸春樹(←トリニータ)芳賀博信(←ジェフA)ガブリエル・ポペスク(クライオヴァ/ルーマニア)イリアン・ストヤノフ(キューステンディル/ブルガリア)
新人獲得:川淵勇祐、竹田忠嗣(←共にジェフY)堀川恭平(←済美高)中原浩介(←一条高)中牧大輔(←東京学館浦安高)藤田義明(←順天堂大)
【OUT】
村井慎二、茶野隆之(→共にジュビロ)崔龍洙(→ジュビロ/←サンガR)マルキーニョス(→ヴェルディ/R返却)羽地登志晃、金位漫(→共にヴォルティス)鷲田雅一(→サンガ)野本安啓(→アルビレックス・S/シンガポール)ミリノビッチ、望月重良(共に未確定)

と言うことで一気に二人のエース(サンドロはいるけど出れないでしょうし)とサイドアタックのキーマンと日本代表DFを失った形になった今シーズン、結果的に穴埋めの形となった補強にこのような選手を獲得した訳ですが、やっぱりクオリティの面では下がったと言わざるを得ないのかなぁと・・・・・。もちろん、後釜として入った選手がオシムの育成手腕によってまたチームの一翼を担う事は求められるでしょう。ただ今までと同じ形というのはさすがに難しいでしょうからこれからどのようにこれをチームとしてうまく機能させるようにするのかが課題になるのかなぁと。ただこのチームの一番おっかないところは選手のクオリティを超えるチームの機能性の美学がチーム力として発揮出来るというのがありますから、単純に戦力ダウンと見て良いのかわからない部分もあります。事実として今までもそれだけの実績をオシムはその手腕で残してきている訳ですから。そして今年の目玉的にはシュトルム・グラーツの看板選手だったというオーストリア代表マリオ・ハースとブルガリア代表で去年のEUROにも出たストヤノフ(多分入るだろうって話、まだプレスリリースなし)ルーマニア代表のガブリエル・ポペスクという3人を直接監督が引っ張ってきたと言うことでフィットする可能性は高いかなぁと。今年のキーは彼らが握ると思います。
ただ移籍加入以外にも新人を厳しい練習に放り込んでうまく育て、いつの間にか戦力として機能させるというのもあるし、そういう意味ではまた新星的に誰かが出てくるのかも知れない。特にユース上がりの二人はすでにそのメソッドに触れていると言うことを考えても、何となくすぐに出てきそう・・・・。良くこういう事を「選手がいないからをこうするしかないんだ」、とウィットに富んだ形で話したりしていますが、彼のやっていることと言うのをもっと知りたいなぁと思うぐらいの凄い手腕だなぁと改めて感じます。もちろん戦術は万能じゃないし、それに限界があるのはわかる。でも彼はどうにかして来ていることを考えたら、そのどうにかできる何かを日本のサッカー全体が学んだ方が良いのかも知れませんね。クオリティをカバーするマジックに期待したいですね。

・傾向

2005 Jef Member
3-5-2             2-3-3-2
   ハース  巻         ハース  巻
      羽生             羽生
ポペスク       坂本     佐藤  ポペスク
    佐藤  阿部      山岸  阿部  坂本
 斉藤 ストヤノフ 水本     斉藤  ストヤノフ
      櫛野              櫛野
FW:林丈統、要田勇一、高橋泰、堀川恭平、市原充喜、金東秀、川淵勇祐、
MF:工藤浩平、滝沢邦彦、瀬戸春樹、中島浩二、楽山孝志、水野晃樹、中原浩介、芳賀博信
DF:結城耕造、藤田義明、竹田忠嗣
GK:立石智紀、中牧大輔、岡本昌弘

こんなニュースも出るぐらい、まずはシーズン前に色々と試行錯誤しているようですが、基盤となるのはやはり運動量を保って流動的にポジションを変えて行くアグレッシブなスタイルなのは変わらないと思います。ボジションチェンジとテンポの速いボール回し、そして引きつけて空いたところを突いていく形はやはりジェフの一番の武器だと思いますが、今年は去年のフレキシブルな2トップ(マルキとサンドロ)から巻(or林?要田?)とハースに変わることでその辺のスペースメイクだったり、攻撃のアプローチというのが微妙に変わってくるのかなぁと。ハースに関しては見たことないので(もしかしたらあるっぽいけど覚えてないので・・・・)どのような選手かまだ見当が付かないのですが、巻はある程度ポストをこなしながらペナルティエリアに体ごと突っこんでいくようなタイプだと思うので、組み合わせもそうですし、どのような変化が現れるのかが今年のポイントになるのかなぁと。ましてや左の槍・村井を失ってしまい、あの美しい軌道のクロスボールだったりドリブルワーク、そして何よりも存在感と言う部分で大きな穴が空いたことは事実、それに変わる何かというのを見つけていかないといけないのかなぁと。
守備に関しては、ある程度水本も育っているし、ストヤノフがどれぐらいやれるかにも掛かって来るにしても去年並にはきっちり守れるのかなぁと。ただ去年の課題だった勝負所で失点をしてしまったり、押し込んでも決めきれなかったりと勝ちきれなかった課題をどのように修正していくのかが一番気になるところです。こればっかりは経験というのが大きく物を言うと思いますが、そこでキーとなってくるのは外国人選手なのかなぁと。歴戦の勇者のような3人なので、そういう経験を備えている選手達がその影響力がチームに波及出来れば、上にも書いたとおりクオリティ的には下がったとしても拾える勝ち星は多くなる可能性すらあるのかなぁと。ただそのためにはやはり勝利を引き寄せられる強さというのが必要だと思いますが。今まではどうしても勢い的なモノの方が非常に前に出る部分も多かったし、それが止められちゃったときに苦しくなって経験の浅さが出てきてしまう部分も見えただけに、オシム監督もそういう部分を改善するためにこういう選手を獲ってきたのかなぁと(一応、仮)感じました。そしてもちろんこれで2年上位で戦ってきた訳だから、その積み重ねというのもあるはずです。そういうところで弱さを見せてしまった苦い思いが多かったにしても、選手達も感じる部分があるはずだし、今年こそ進化の跡というのを見せたいところですね。
頭を動かしてサッカーをすると言うのを良くオシム監督は引き合いに出しますが、その辺を今年はもっと突き詰めていかなければならないというというのもあると思いますし、そういう必要性に迫られているのかなぁと。自分たちのやれることをチームとして試合で最大限発揮すれば、個の差は埋められるとオシムも言っているとおり(負けると逆を言うけどね)チームでどのように考えどのようにプレーしていくのかが今年最も必要なポイントになると思います。

・対策
まあまずは相手のペースにはまらない、スペースを空けない、引き出されないと言うことが相手に対してまず必要なことなのかなぁと。ジェフが良いときは運動量で中盤を制圧し、良い形でボールを獲る、そこから速いボール回しとポジションチェンジを絡める攻撃で相手を引き出しうまくスペースを突いてくる。だからこそその速いパス回しに惑わされずにきっちりと組織を維持して守っていくと言うことが必要になるのかなぁと。攻撃に置いては攻守の切り替えが早いけどやっぱりどんどん前に出てくるチームだから裏は空くと思うのでその辺を突いていきたいところ。こちらも頭を動かして常にスペースを見つける努力を続けることが必要だと思うし、バランスを崩さないようにやっていくと言うことが必要なのかなぁと。自分たちのペースに引き込んでいくというのが一番効果的なのかなぁと思います。

と言うことで戦力ダウン云々というのに一番目が行ってしまうのですが、やっぱりオシムは何とかしてくるんじゃないかという期待感もあるし、チームとしても監督を信頼してやっていけばうまくいくんじゃないかと言うのもあると思います。もちろんオシム監督も全能ではないと思うので、全てを求めるのは難しいかも知れないとは思います。それでもそんなチャレンジにはやはり期待したい気持ちでいっぱいです。そして一番楽しみなのは、ジュビロとの対戦ですよね。いつもこのカードはものすごい内容的に高いモノでいつも楽しませてもらってますが、それに「憎悪」という最高のスパイスとなる気がして楽しみでしょうがないです。新しいチームの構築はもちろん、付随してきた名称変更、そして蘇我スタジアムの建築で大きな注目を集まる今シーズンのジェフは非常に楽しみです。でももうあんまりいじめないでね(笑)

*と言うことでジェフ側の方々からの御指南・ご指摘・感想・反論などなどコメント・トラックバックにてお待ちしています。もちろんそれ以外の方々からもお待ちしています。さて明日からUCLがいよいよ始まりますね!もう大変です。明日は「傾向と対策」は休んで久しぶりにプレビューなんかをしていこうかなぁと思ってます。と言うことで今日はここまでです。

|

« 2005J.League 傾向と対策 -FC東京- | Main | Fan of the Game!@UCL Round of 16 1stLeg Preview »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/3026096

Listed below are links to weblogs that reference 2005J.League 傾向と対策 -ジェフ-:

» 他サポさんはジェフをどう見ているのか [ループ&ループ]
明日は湘南ベルマーレとTGです。休みはないよー。 さて、J開幕まであと少し。サカマガ・ダイ・フッチバルと選手名鑑も出揃い、いよいよ球春ですなぁ。新聞各紙で... [Read More]

Tracked on February 22, 2005 at 08:33 PM

« 2005J.League 傾向と対策 -FC東京- | Main | Fan of the Game!@UCL Round of 16 1stLeg Preview »