« 2005J.League 傾向と対策 -アルビレックス- | Main | シビアな経験@A3 ChampionsCup vs水原三星ブルーウイングス »

February 18, 2005

2005J.League 傾向と対策 -フロンターレ-

「Mind-1」「勝ち点100・得点100」と掲げた目標をきっちりと達成し、2000年以来の昇格を果たした川崎フロンターレ。最強のJ2チャンピオンとなり、1年持たずに降格してしまった苦い記憶を払拭するために最強のチームを作り上げてJ1に戻ってきました。さて、その力はどこまでJ1で通用するのか、そしてJ1での神奈川ダービーの復活と見所いっぱいのフロンターレです。

・移籍動向
【IN】
移籍加入:フッキ(←ヴィトーリア/ブラジル)飯尾一慶(←ヴェルディ/R)小林宏之(←レッズ)鄭容臺(←グランパス/R)森勇介(←サンガ)
新人獲得:都倉賢(←フロンターレY)植草裕樹(←早稲田大)大久保将人(←仙台育英高)
【OUT】
塩川岳人(→Fマリノス)町田忠道(→ヴェルディ/R)岡山一成(→アビスパ)神崎亮佑、大石鉄也(共に未確定)伊藤優津樹、浦上壮史(引退)

この辺も2000年の反省を活かしてか、J1に上がったからと言って大きなモデルチェンジを避けてあくまでもJ2で培ってきた堅実なサッカーを継続しようという意識の現れかも知れませんね。出入りも非常に少なく、それだけ去年出した結果に大きな自信というのを感じる部分でもあります。フッキに関しては、一応4人目の外国人選手という形ですが、マルクス・ジュニーニョ・アウグストの誰かに欠員が出たときのバックアップとしても非常に心強い存在と言う噂です。フロンタも基本的に外人の見つけ方はうまい方だと思うけど・・・・・。とにかくベースはいじらないと言うのが基本線です。

・傾向

2005 Frontale Member
3-5-2              3-4-3
   ジュニ  我那覇           我那覇
     マルクス        マルクス      ジュニ
アウグスト       長橋  アウグスト     久野
    久野  中村          中村  鬼木
  伊藤 寺田 箕輪        伊藤 寺田 箕輪
      吉原                吉原
FW:飯尾一慶、黒津勝、都倉賢、西山貴永
MF: 鄭容臺、森勇介、今野章、木村誠、飛騨暁、山根厳、フッキ、相馬直樹、渡辺匠
DF:小林宏之、谷口博之、佐原秀樹、大久保将人
GK:下川誠吾、相沢貴志、植草裕樹

興味をそそられ、又脅威を感じるクラブ その2(LooseBlog)

一応フロンターレに関しては先に取り上げたので、特にこれに変わりはありません。J2最高のフロントライン、そこだけに頼らない強さを持つDFライン、それをきっちりと繋ぎ合わせることが出来るフレキシブルな中盤。これがあったからこそ、安定した成績を残せたのかなぁと。そうなるとJ2モードからJ1モードへの変更というのがなくても良いのかと言うところに焦点が当たるような気がします。全てに置いて質が問われることになると言うのがテーマ泣きがしますが、まず攻撃面から。ジュニーニョ・マルクス・我那覇のフロントラインは確かにJ1でも高いレベルのアタックラインだと思います。ジュニーニョは怪物・エメルソンと重ねられるところもありますが、エメルソンはうまいし速いし何でも出来るけどどちらかと言えば「剛」のイメージ、ジュニーニョはスペースに巧みに走り込んで相手の隙を突いたり軟体動物のようにグニャグニャとした動きなどが「柔」のイメージかなぁと。ただJ2で30得点オーバーは伊達じゃないと思うし、意外と周りを使えるので彼が攻撃を引っ張る存在となれば相手にとっては脅威となるのかなぁと。基本的にはマルクスがそういう役割を担うと思いますが、彼も考えてみたら一昨年の得点王。自分でも獲りにいけるという意味では、我那覇も含めてやはりこのアタックラインはそのまま能力を発揮できれば非常に大きなストロングポイントになるのかなぁと。ただ相手が変わってどうなるのか、それなりにやれるとは思いますが、シュートチャンスに持って行ける回数も減るだろうし、そのシュートに対してのアプローチもきつくなる。その中でどこまで決定力を発揮することが出来るのかと言うところがポイントになりそうです。特にシュートチャンスを作り出す中盤へのプレッシャーが強くなって自由度が制限され、攻守の切り替えも速くなるから隙が少なくなる。その辺を関塚監督、そして去年攻撃のクオリティを上げる役割を質の高いパスで担った中村憲剛がどうしていくのか、攻撃面でも見所は沢山ですね。
で守備の部分も同じ。強さの求められたJ2時よりもスピードが求められるし、ポジショニング・カバーの重要性はより増してくると思います。現在のJ1はスピードアタッカーが主流なので、飛び込んでくる選手はかなり沢山いるし、その俊敏性に対してどこまでカバーとポジショニングで対応していくのかが懸念されるポイントなのかなぁと。

どちらにしても、J1ではその「質」というものが問われそうです。フロンターレは反省もあって今年はJ2で培った力を基盤に大きく変えずに望む訳ですが、よりシビアな意識を持っていかないといけないのかも知れませんね。力押しで圧倒出来るほどJ1は甘くない。ただ最強の「J2チャンピオン」の力がどの程度の位置にいるのか、非常に興味深く今シーズンが楽しみです。

・対策
と言うことでマリノスとしてはリーグでは相当対戦がないので、当たってみて初めてわかる部分も出てくると思いますが、何となくこのチームはレッズな匂いがするチームだなぁと感じました(去年見た限りでは)前のアタッカーにボールを入れて、彼らの局面打開力が基本的に一番注意しなければならないポイントなのかなぁと。レッズよりもコンビネーションで攻めてくる印象もあるので、個の突破と同時にスキルの高さを活かした形は結構やっかいかなぁと。選手間の距離・裏へのケア・そして局面打開の突破と3つのファクターをケアするのは難しいかも知れない。もちろんマリにも強いDF陣がいますから、そんなに心配することはないですが、それでもまずこの前の3人に対して余裕がある持たせ方をさせないというのが一番かなぁと。後攻撃面では中村憲剛のミドル・ロングレンジのパスをサイドに散らして来ること。結構凄い精度のキックを持ってるので、なるたけ中盤でこっちも余裕を与えたくない所。結構するする上がってくるし、長谷部みたいなタイプかな?ますますレッズだ・・・・。とにかくこのチームには余裕を与えず、またチームとしてペースチェンジやシステムチェンジなどの対応にはまだ拙さも残るようなので(天皇杯・ヴィッセル戦)その辺の混乱を誘い穴が作り出して突いていきたいところです。

上にも書いたとおり、レッズと似た匂いのチームだなぁと感じている部分があります。そして去年のレッズの躍進は彼らにとって大きな自信に繋がるのではないかと思っています。攻守をきっちりと連動させて全てをまた攻撃に繋げる津波のようなレッズの戦い方はフロンターレにあっていると思うし、それは意識の問題だけでも随分違うと思う。大きなお手本を前にまずはホーム開幕戦・そのレッズとの試合が非常に楽しみです。チームとしては関塚監督の元(この監督にも注目しています、戦力があるとはいえきっちりと整備して1年で昇格させる手腕、そしてこれだけの信頼を集める指揮官)、チームはまとまっているようで後は厳しいJ1を戦い方を通じてJ1に慣れ、J1に順応すれば本当に面白い存在になるのかなぁと。攻撃力が前に出るチームなだけにゴールが取れない事になると閉塞感を覚えることもあるでしょうが、その辺はチーム全体で我慢しながら去年と同じく1試合1試合を大事に戦うことで必ず先に道は開けてくるのではないでしょうか。攻のフロンタと守のマリノス(こんなに単純ではないですが)色の違う同士の神奈川ダービーが今から楽しみです。

*正直フロンターレに関しては余り見ている回数が少ないので、わからない部分も多いです。なのでフロンタ側の方々からのつっこみ・ご指摘・御指南・反論などコメント・トラックバックにてお待ちしています。もちろんそれ以外の方からもお待ちしています。てゆうかもう書かなくても良いのかも・・・・。はてなもこれから更新しようかなぁと思ってたりしてます。まあ長続きするかどうかわかりませんが。と言うことで今日はここまでです。

|

« 2005J.League 傾向と対策 -アルビレックス- | Main | シビアな経験@A3 ChampionsCup vs水原三星ブルーウイングス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2988775

Listed below are links to weblogs that reference 2005J.League 傾向と対策 -フロンターレ-:

« 2005J.League 傾向と対策 -アルビレックス- | Main | シビアな経験@A3 ChampionsCup vs水原三星ブルーウイングス »