« 本格化する今日のニュース雑感。 | Main | クラブの視点から移籍を考える。 »

January 14, 2005

流れ早すぎ、今日のニュース雑感。

えーと、もう何がなんだかわからないぐらい、沢山出てきましたね。とにかく2006年が終わったらトリコロールのNo.10を纏うデル・ピエーロが毎週見れることを楽しみにしています(笑)まあいいや。沢山出ているので、早速。

・A3概要決定。

A3 Nissan Champions Cup 2005

Yokohama F.Marinos(2004 J.League Champion)
Suwon Samsung Bluewings(2004 K.League Champion)
Pohang Steelers(2004 K.League Running Up)
Shenzhen Jianlibao(2004 C.League Champion)

2.13(Sun) 浦項ーFマリ/深センー水原
2.16(Wed) Fマリー深セン/水原ー浦項
2.19(Sat) 水原ーFマリ/浦項ー深セン

会場:済州ワールドカップスタジアム

A3 Offcial



ってことでもう大体は知ってたのですが、一応正式リリースを待ってということで、A3です。罰ゲームです。でも優勝すれば4000万です。テストマッチだと思って新戦力のテストをしながら、実戦によるトレーニングマッチとしてさらっと流してくれればなぁと(笑)

ただなんというか、やっぱりスケジュール的にはきつい部分はありますよね。本当にまだまだこの時期では体は早々動かないだろうし、怪我だけには注意していただきたいモノです。岡ちゃんにしてみたら去年実戦の中でチームは作れないとコメントしてたけど、その辺はアデレードのキャンプと繋げながら頑張って欲しいなぁと。まあとにかくスーパー外国人なのか、道産子スターなのかわかりませんが、ゼロックスと合わせてとにかく移籍金の足しに稼ぎましょ。

・先に海外、大物動く。

モリエンテスがリバプールに移籍(uefa.com)

正式決定。何よりも気になるのはこの移籍金の額。お値段は12億強。オーウェンの時も思ったけどこのクラブ間の取引額って安すぎる気が・・・・・。まあそれはいいとして、ジェラード優先交渉権の条項を辣腕サッキが盛り込んだのかどうなのかが本当に気になるところ。

モリエンテスからしてみたら、ようやく出場機会が得れるクラブに出れてここから本領発揮と言うところでしょう。プレミアのスタイルからするとまだまだ未知数なと頃はありますが、スペイン人監督ベニテスの元でスペイン化しているクラブだからそんなに問題になるとも思えない。空中戦の強さと足元の技術の高さはやはり特筆モノ、モナコで証明した勝負強さは今のリバプールには足りないモノでしょうから、その辺は大いに期待。特に自分でゴールを活かしながらも存在感で人を活かせるプレーヤーなので、バロシュやシナマ・ポンゴーユとのコンビも結構な見物かも知れない。もちろんルイス・ガルシアやキューウェルとの絡みも。

ただレギュレーションでグループリーグを突破しているUCLには出場不可能なので今期はプレミアやイングランドのカップ戦のみの出場となる。それでもこっちに最近出てきたニール・メラーやバロシュを重点的に回す事も可能かも知れない。

それにしてもベニテスは着々とスペイン人を増やしてますね。バレンシアからペジェグリーノも獲って着々と自分のチームに改革してこれでまたプレミアでどうなるのかは楽しみですね。てゆうか来期シセが復帰したらチェルスキー張りのアタックラインになる予感(苦笑)

でも一つだけ残念なのはもうラウールとの阿吽のコンビは見れないのね・・・・、まあギャラクティコにいても見れないけど。

代表って事かな?代表でももう見れそうにないんだよなぁ・・・・。

追記:)
ガッチリ買いましょう

レアル・サンマリノはモリエンテス選手の取引の一部としてスティーヴン・ジェラード選手の最優先交渉権を獲得。なお、この契約はコップの反発を恐れたリーガプールが「書面にはしないでくれ」と泣いて頼んだ関係で口頭でのみ取り交わされたらしい。

0-0 empate

やっぱり・・・・。そりゃそうだよなぁ・・・。10億単位で買える選手じゃないよなぁ・・・・。まあ“らしい”なのでらしいという事でしかないとは思いますが、多分濃厚という事なんだろうなぁ。少しずつルシェンブルゴ&サッキ効果か少しずつアグレッシブな姿勢を取り戻しつつあるレアルが、ジェラードを手に入れたとしたらその勢いは活性化するだろうし、ギャラクティコ政策で停滞した流れを完全に打破するかも。うーん、おっかないしつまんない(ご都合主義)

ユヴェントスがムトゥと契約(uefa.com)

まあ前からニュースは出ていたけど、ユーヴェとしても結構ずっと追っかけてた選手だし、後は彼がおかしな事をせずピッチで頑張ってくれれば良いかなぁと。ダーヴィッツの時も経験済みだしね(笑)今期のクレスポを見ても、プレミアでは順応出来なかった感は強くても力が落ちていなければ、セリエではものすごい破壊力を持つ駒の一つになるだけにその辺は期待したいところ。それにしてもフリーはおいしいwとにかく大人しくしてね。スティーレ・ユヴェントスを守りましょう。

ユベントスのユリアーノがマジョルカに移籍(スポナビ)



これはユーヴェファンとして今まで本当にお疲れ様。暖かいところでまったり頑張ってねwって感じなんですが、まあ今期カペッロが来て、カンナバーロが来て、テュラムがセンターに入ってきて、4番手の位置だっただけに出場機会が少なかったからしょうがないかなぁと。ただいままで多大な貢献をしてきた選手だからちょっとだけいなくなるのは寂しいかも、強くなるための新陳代謝だとしてもね。

マジョルカは結構良い補強したかも?バレンシアのカルボーニを見ても、こういう手堅い選手は結構計算出来るし、これでクーペルがいるならある程度守備の再構築は可能かも知れない。ただ問題は何よりも中盤のざる守備ですけどね。

ボルシアMGがソンクを獲得=ドイツL(スポナビ)

アヤックスはハリステアス獲ったし。その資金の捻出はズラタンので済んでるはずなんだけど、今シーズンはUCLで早めに負けちゃった事もあって、お金の工面が大変なのかなぁ?お値段は5.4億だそうな。最近この金額が高いのか安いのかよくわかんなくなってきた(苦笑)

マンCのアネルカ、フェネルバフチェへ移籍か?=プレミアL(スポナビ)

やっぱり暴れちゃいました(笑)って事でキーガンとケンカして出て行く事になりそうな暴れん坊さんはトルコにいくっぽいです。ただこの高額な移籍金をフェネルバフチェが捻出出来るのかがポイントだそうな。考えてみたら、ファン・ホーイドンクをまあ結構な年だったからフェイエからかなりの低額で買い叩いた訳で、その代わりということですが、豪華な補強。この話は信憑性があるの?てゆうか他のクラブでもこれだけ能力のある選手なだけに手が上がってもおかしくない気はするけど・・・・。

中田浩、マルセイユ移籍今月中にも決定(ニッカン)

と言う事でテストも何もないぐらいに展開の早いのこの話題。なのでもうヨーロッパの移籍に入れちゃいます。前にも書いたとおり、トルシエメソッドを十分に理解してチームの戦術がすぐ出来てチームに順応出来るというのが最大のセールスポイントなのかも知れないなぁと。だからこそこれだけの早い決着なのかも知れません。リザラズを使わないで中田浩二を獲るってのも不思議だけど、まあ適正が違うからね。マルセイユ自体も左利きの選手が少ないみたいで必要性に駆られているようなのは事実なだけにテストは合格の可能性は高いでしょう。

ちなみに鹿島は完全移籍でないと出さない意向を見せているようですが、ニッカンでこうして記事が出ている事だし、信用度は高そう?な気がする。

・裏をかかれた国内移籍事情。

桜井直人選手加入のお知らせ[大宮](J's Goal)

ああ、もうびっくりしたよ。ホントに。アルディージャはかなりうまいのかも。地元というのもセールスポイントでアタックラインかなり揃ってきたなという印象です(トゥット、クリスチャン、森田、桜井)

ただ何でヴェルディはださなければならなくなったわけ?それともワシントンの年棒捻出のための人件費削減?相当ヴェルディで実績を残していた気もするし、ワシントンが入ってきてもサブでも輝ける桜井をだすのはものすごい疑問。これなら飯尾は残しておけばいいじゃないって感じするけどなぁ・・・・・WYで森本が抜ける事も多いだろうし(6月までは)本当に頭数が足りなくなる可能性も出てくるわけで(ワシントン、桜井、森本、玉ちゃん)その辺は大丈夫なのかなぁ?今シーズンはワシントンと心中なのはよくわかった気がする。

戸田、平本のトレードが浮上(スポニチ)
清水MF戸田が東京Vへ完全移籍(ニッカン)

いやぁ、最近スポニチの芸風が変わったのか、飛ばしてますな(笑)とりあえずこのトレードの信憑性は置いておいて、この話云々の前に前々から噂のあった戸田が、その噂通り読売に移籍という事で、ものすごい対極キャラですね(笑)

この話題を友人から電話で聞いて、友人はかなりびっくりしてたみたいなんですが、確かにどうなるかは微妙なところ。彼もプロですから出れば仕事はするでしょうけど、フィットするかどうかは別問題。オジーもきっと信頼の上での獲得なんでしょうけど、ヴェルディのスタイルと戸田というのがどうしても重ならない。ヴェルディのパス配球役としての林の存在はやはり大きいだろうし、その役割をそれを戸田に変えたところで同じようにうまくいくのかなぁという部分は気になるところ。ましてやオジーがエスパでやっていたのとヴェルディでやってる事は違うし、その辺はフィットさせられる事が出来るかどうか気になるところ。うまくいけばリスキーな読売スタイルにリスクマネジメントや規律、勝利への寄り強い欲求やプロ意識、そして経験などを言うモノをもたらせるけど、うまくいかなかった場合は・・・・・。

というのも最近の彼の精神的なブレやプレにおける独りよがりな志向(ダイレクトで裁くという彼自身海外で掴んだ早い判断感覚をJに順応させないためのプレー、しかしそのための技術が追いつかずミス連発でチーム混乱など)周りとのズレというのは正直このチームに入って顕著になっているだけにこういう強いこだわりのあるチームと噛み合うのかなぁと。ましてやチームのために働ける感じじゃなくなってきた感があって何か一番良い頃のチームのために身を粉にして汚れ仕事を手伝うような殊勝な姿はない感じがする。海外志向でWC後(前からかも知れないけど)から自分の欲求をかなりストレートに発信するだけに、うまくはまらなかった場合は不満分子となる可能性もある。今まで下部組織の積み上げで構築されてきたこのクラブのスタイルに置いて、彼のような強い個性が入る事はある意味賭けなのかも知れません。化学反応が起きて本当のステップアップの大きな何かをもたらすのか、それとも強烈な個性に拒否反応が出るのか、劇薬みたいですがどうなるのか非常に楽しみです。

で一応スポニチだとこの交換条件に平本が行くって事になるわけですが、もう謝っちゃったら?ましてや桜井を出すのに、平本まで出したら森本がスタメン張るの?シーズン全部はきついって。マスコミさんは嬉しいだろうけど。ましてやWYがあるんだから。とにかくどうなる事やら・・・・。

ガウボン選手の移籍加入について[広島](J's Goal)

サンフレの攻撃の核として非常に比重の高いポストプレーヤーとしての獲得のようです。去年はチアゴが大きな怪我もあって期待してただけの活躍が出来なかっただけに、この選手がチームの浮沈の鍵を握りそう。去年の感じを見ても1トップ2シャドーでやりそうなサンフレですが、今年はベガルタから寿人を獲ったわけで、また森崎浩もいるとなると彼らの才能を活かす意味でも彼が前で我慢して彼らの攻撃力を活かすためにもイイボールを落としてあげたりスル必要は出てくるだけに(去年はチアゴ離脱の後、盛田がその仕事をこなしてた)その辺は彼に掛かる期待は大きそう。

後は水曜のエル・ゴラの情報ですが、長身を活かすヘディングはもちろん、ドリブルシュートなど得点パターンも豊富、大型選手らしからぬ器用さを持ち合わせるプレーヤーで大物に対して結果を出す事が多いらしい。これだけ見てると凄そうだけど・・・・。

そのつながりというのは変ですが、サンフレはエンブレムが新しくなったそうで、三本の矢って意味を改めて思い出しました(笑)しかしうまく表現出来ていなかったって、他にうまく表現出来ているクラブってあるのか疑問(苦笑)特に楽天。とにかくそのリリース→エンブレム変更について(サンフレ オフィシャル)

まあ他にも色々と出てますが、ちょっとカバーしきれないので、もう少し移籍市場が落ち着いて、今年の分析なんかをやっていくときにやろうかなぁと思っているので(去年も一応やったんです)その時にまとめてやります。それにしても今週のマガの戦力分析とか、エル・ゴラの外人特集とか良い!松井のインタビューも出て良いタイミングだったり(笑)まあそういうのも活かしながらってことでそのうち。と言う事で今日はここまでです。

|

« 本格化する今日のニュース雑感。 | Main | クラブの視点から移籍を考える。 »

Comments

2002で輝いた後
くすみまくってる
戸田についてですが
プレミアで攻撃のセンスを要求され
ボランチのワールドスタンダードは
パスセンス 判断も 持たなければと
思い至り 
周りは戸田に 守備の中盤責任者
えぐいタックラー マーカー
の役割をもとめ
戸田自身はベロンを志向するかのような感覚

アルヂレスは戸田の才能を
清水時代から評価してたので
獲得はわかりますが
どういうプレイヤーとして
見ているのか
またどういう役割を求めるのか

三浦アツをベンチへ
相馬をスタメンの起用など
独特の選手を見る目の鋭さ
を持つ監督なので
コンバートもありうるかも

南米の感覚として
若いやつに出場機会与えて
価値をつけて欧米に売るんだって
起用があるきがするんですよ
川口も松永ベンチにして
スタメンで使いまくって
日本代表正キーパーにしたりとか

明らかに平本と森本には
現時点倍ぐらいの差があるが
ここで平本放出
森本 スタメン固定
代表入り 価値を上げる
ってのは南米監督は
よくやるよなって
思うけど
これだと強いチームは作れないよな

小さなことを軽く見てはいけない
一日一日の自信こそが
大勇のもと

技術というものは
原則として没個性的である
誰もが順序だてて
練習していけば
必ず一定の水準に
到達できるという
性質を持ってる

書く上で一番大切なのは
自分の創作のルールを
自分で生み出すこと

書くことは思考の
最短コースである

Posted by: 和製フリット | January 14, 2005 at 04:55 PM

なるほど、育成→売却の流れを考えて見ると面白いですね。リーベルとかは特に育てる→売る→穴が開く→育てるみたいな形が定着していますし、世界一の輸出国であるブラジルも同様なのでしょうね。若い選手を育てるためにはやはり出場機会は必要ですしそう考えるとあるかも知れませんね。

ただオジーがそう思っているのは良いとして、彼はGMではないので、それがクラブの方針なのかというとどうなんでしょう?その辺はまだちょっと疑問は残るところですね。自チームだけでなくレンタルでも結構出していますから、ユースから上がってきた選手達を育ててと言う部分は非常によく見えますが・・・・。ただヴェルディはうまくいっているし、普通に考えると次のターゲットは高値売却ではなくリーグタイトルなのかなぁという感じもしますが。まあその辺は監督というよりフロントかも知れません。

戸田に関してはコンバートするならセンターバックかな?でもオジーはエスパでは一貫してMF起用ですからねぇ・・・・・。彼に何を求めているかはゼロックスまで待たないといけませんね。森本に関してはやっぱり去年と同じように慎重な起用をして欲しいと個人的には思っています。試合も同様に練習もたくさんして欲しい。試合ですり減らして欲しくないです。経験だけでなく磨くという作業を怠って欲しくないですね。ただこういう事をひっくるめて、ヴェルディは楽しみですね。

自分に置き換えるとまだまだ創作のルールなど確立どころかパターンさえ出来てませんから出来も不安定ですw質の高いモノも出したいですが、毎日の鍛錬ですね(笑)ただ思う事は素直に出していきたいし、それをやっていきたいと思います。

またよろしくお願いしますね。

Posted by: いた | January 15, 2005 at 01:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2595423

Listed below are links to weblogs that reference 流れ早すぎ、今日のニュース雑感。:

« 本格化する今日のニュース雑感。 | Main | クラブの視点から移籍を考える。 »