« 揺れ動く今日のニュース雑感。 | Main | 興味をそそられ、又脅威を感じるクラブ その1 »

January 20, 2005

中田英寿は代表のキーとなりえるか。

えーと、ヒデがシリア戦に向けて帰ってくるかも?って話が出て、彼が帰ってきたらどうなるのかという部分が非常に気になるところです。少しおとといの所でも書きましたが、もう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

・中田英寿の現在のコンディションは?
これは未知数な部分があるかも知れません。グローインペインという腰の負傷で試合数をこなしていないと部分から考えると試合勘には不安を覚えますが、ただシーズンも折り返しに入るヨーロッパ組の中では使い減りしていないから逆に疲労を溜めていないというポジティブな見方も出来るかも知れません。ただ今シーズン、フィオレンティーナに移籍して満足出来るパフォーマンスを見せたのは1~2試合と言うぐらいで後は怪我の影響か、満足なパフォーマンスは出来てないというのが現状だと思います。

・中田英寿のチーム内での状況は?今シーズンどのようなプレーをしているのか?
これも正直芳しいとは言えないのが現状です。今週で言えばようやくメンバー入り出来るまでに負傷は癒えてきているけれど、チームに置いてはやはりスタメンに入れるほどこのチームで存在感を示すところまでには至っていない。彼を取り巻く環境は日々変わっていますが、彼が望むトップ下のポジションには今シーズンユヴェントスから移籍してきたイタリア代表、ファブリッツィオ・ミッコリがエースとして君臨し、彼をFWに押し出すにも、去年のエースプレーヤーで前線の起点として大きなタスクを担うクリスティアン・リガノがいるため、どうしても後塵を拝してしまっている状況です。リガノが手を骨折という事でこれからチャンスは回ってくるとは言ってもメンバーが揃うとなるとプライオリティはどうしても低めとなってしまうのかなぁと。彼の適正を考えると本当ならもう一列後ろのボランチの一角としてエンツォ・マレスカの担う仕事が一番良いのかなぁと思うのですが、マレスカ自体チームでは大きな存在を示しており(それが如実に出ていたのが、彼が不在だった今節のブレシア戦、パスが回らず前線でミッコリの個人技頼りとなってしまった。このチームに移籍してきてから本来のパフォーマンスが出来ていないにしてもこのチームでは欠かせない存在になっていると思う)やはりポジション争いは厳しいと言わざるを得ません。まあその前にこのチームでヒデ自身がどんな事ができるのか、このチームのために何をするべきなのかという部分を掴めていないというのが現状なのかなぁと。チームもこれだけの優秀なメンバーを抱えながら中位と下位をうろうろし、チームのパフォーマンスも安定しない事を考えるとそういう部分が見定めにくい状態に拍車をかけているのかも知れませんね。

ちょっと横にずれますが、最近のヴィオラは非常にバランスが前に傾倒している状態になっているのかなぁと感じます。どの選手も非常に前に出て行くのが得意でスタートポジションは低いモノのどんどん前に出てくる意欲を感じるのですが、その割にそのスペースを埋める役割や攻撃に置いてパスを分散させたりとバランスを考えてプレー出来る存在が少ないため(散らす選手はマレスカ一人、オボドも上がりたがるし)、カウンターを受けやすく、また選択肢があっても有効に使えていないため非常に能率の悪いチームになっている感じを受けました。ムラがあって序盤のインテル戦や大差を付けたレッチェ戦、クリスマス休暇前のキエーボ戦など、はまれば個の能力がチームとして非常に素晴らしい力を持っていると思うのですが(組織的にもインテル戦は非常に積極的なフォアチェックでインテルの個人能力を完全に組織で封じ込めて後半途中までは完全にチームでインテルの個のアドバンテージを消し去ったなど出来ないわけではない)、それ以外はチームが停滞してなかなか本来の力を発揮出来ていない事を考えると、このチーム自体がまだまだ未成熟で沢山の補強選手を獲ってきてポテンシャルは上がっても、監督交代に見られるようにまだまだチームとしては未成熟な部分が目立つというのが現状なのかも知れませんね。モンドニコからブーゾに変わって個への傾倒が激しい感じもしますし。ちょっとどころではなくずれちゃいました(苦笑)

彼自身も故障に悩まされているとはいえ、本当ならばヴィオラのガンである部分を担っていくはずが出来ていないという事を考えると、代表に置いて多くを求める事は現時点では難しいのかも知れない。もちろん重ね合わせて比較する事は難しいですが。

・代表で彼は何を担うのか、彼に何を求めるのか。
これは非常にわかりやすいですが、中田英寿が戻ってきたとき、現状の日本代表のパフォーマンスには嫌悪感を示すかも知れません。そしてそれを改善しようとリーダーシップをとって彼の考えるサッカーを具現化するために何かアクションを起こす事が考えられる。しかしそれがチームのために良い事だとしても、正直これから最終予選の事を考えればかなり危険な賭でもあるのは事実です。何よりも時間がない、1週間程度でこの8~9ヶ月離れていたチームで影響力を発揮してチームを修正するのは容易な事ではないからです。ただ正直現状の日本代表には直さなければならない部分があるのも事実で、ディフェンスに置いて非常に後ろに体重が掛かりがちなところで状況に応じては中盤でボールを奪いにいく形の構築、それに関連する放置されている中盤でのボール奪取のポイントとタイミングの再修正などはまさに彼が入ってきたら真っ先に修正しようとするところかも知れません。その辺を彼のリーダーシップで共通理解として浸透させて試合で表現する事が期待されるわけです。まあ他のMFの選手でリーダーシップを取れる選手がいなかったからこそ、中田英寿という選手に期待をしたくなるのかも知れません。

ただ正直現状で彼が戦術的な部分で整備する事が出来ても、このチームで何を担うのかというのはまだ不明瞭であり、突如の変化や変更に順応できないことは明らかであるこのチームに置いては混乱をもたらす可能性もあるという事は忘れてはならない部分です。今のチームは中村俊輔・小野伸二のゲームメイクでチームが出来てきた事もあってそれにベクトルが合っている事を思うと、またチームのベクトルが急変すれば混乱を招く可能性は高い。今までは二人のポジションチェンジとスペースメイクによる攻撃がある程度形になりつつありましたが、彼が中盤に入る事によって流動的なポジションチェンジやカバーなどの機能性が根底から変わるとなるとまたほぼぶっつけ本番となってしまうだけに不安も正直大きい。またプレーの姿勢と言う部分ではイタリアでの事を思うとチームに献身的にチームのためにと言う姿勢が見えない部分(性格・精神的な部分で、あくまで)を思うと、非常に疑問に感じる部分ではあります。

ただ個人的に彼がこのチームに戻るにはこのタイミングが予選の中で戦力として考えるには一番良いタイミングであり、ここで戻ってこれないようなら、もうコンフェデまでは彼の合流は先延ばしにした方が良いのではないかと思っています。彼が影響力を発揮するのなら、ある程度時間が必要だし(一週間だとしても)また常識的に考えて今回ホームで北朝鮮とやるということが一番勝ちやすいと考えれば(全ての試合で簡単な試合がないのは承知、あくまで6戦の中での比較論です)このタイミングが一番ギャンブルを出来るタイミングなのかなぁと。彼は唯一の8年前の最終予選を経験をしてるフィールドプレーヤーである事を考えれば彼の経験は又非常に心強いものとなるでしょうし。しかし負の側面もあるという事、そして代表チーム自体が一年前とは違う事をまた彼自身が理解し、合わせていく事も必要になってくるのではないでしょうか。

中田英寿は確かに優秀なプレーヤーであり、また一番有益な経験を積み、ここまでパイオニアとして引っ張ってきた功績もあるだけに、信頼も監督のみならずサポーターの中でも厚い。しかし価値のあるプレーヤーとしての状態を保っているのかというと疑問が浮かんでくるし、無条件に彼の言う事を受け入れるような子供のチームではなくなったのも事実。確かに変えなければならない部分も多く、彼の知性やリーダーシップには期待したいが、その前に現状で自らの価値を示す事が必要なのではないでしょうか。

まあ色々と+も-もあるけれど、必ずこの厳しい予選の中で彼の経験は必要になってくるのではないかと思う僕は、このタイミングで戻ってきて欲しいと願うばかりです。その割にはマイナス面が目立つ感じになっていますけど、彼の逞しく勇敢な姿はチームメイトにも勇気を与えるのではないかと思っているので、復帰を心待ちにしています。まあそれでも彼のためにチームを組み替える事はやめて欲しいですけどね、リスクが大きすぎるし中田の個の力は今や絶対的なモノではない、そしてコンビネーションにも不安を抱えている事を思えば、継続か改編かと言う部分でどちらにプライオリティを置くのかは明白でしょう。とにかくまずはチームの事よりも自分のコンディションを整え、戦える状態を作ると言う事が先決なのは間違いないのではないでしょうか。と言う事で今日はここまで。

|

« 揺れ動く今日のニュース雑感。 | Main | 興味をそそられ、又脅威を感じるクラブ その1 »

Comments

TBありがとうございます。
TB返し(笑)させていただきました。

確かにヒデを戻すならこのタイミングが一番ですね。何とか無事に戻って参加して、上手く機能することを祈るばかりです。

Posted by: ケット・シー | January 21, 2005 at 07:50 PM

ご丁寧にありがとうございますw

戻ってきてくれたら良いなぁと思っていたのですが、ヴィオラは拒否したみたいですね、2/2以前の招集。こうなったらやっぱり既存の選手に頑張ってもらうしかないですね。ちょっと取り越し苦労だったかも知れませんね、お互いに(苦笑)

またお世話になります。

Posted by: いた | January 22, 2005 at 03:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2642476

Listed below are links to weblogs that reference 中田英寿は代表のキーとなりえるか。:

» ヒデとプレス [KET SEE BLOG]
ジーコ監督が、シリア戦に中田ヒデを呼ぶかもしれないことを示唆したそうです。 (中 [Read More]

Tracked on January 21, 2005 at 07:49 PM

» だんだん [小学生日記]
こんばんは えせさん、leafさん、ダイスケさん、ありがとう! だいぶよくなったよ! いっぱい食べまくるぞー! 北朝鮮代表、ぶきみですよね。 ... [Read More]

Tracked on January 23, 2005 at 01:37 PM

« 揺れ動く今日のニュース雑感。 | Main | 興味をそそられ、又脅威を感じるクラブ その1 »