« 興味をそそられ、又脅威を感じるクラブ その1 | Main | シーズン到来の予感漂う今日のニュース雑感。 »

January 23, 2005

興味をそそられ、又脅威を感じるクラブ その2

昨日やった「興味をそそられ、又脅威を感じるクラブ」の続きです。もちろんどこでも気になると言ったら気になるし、新体制になって興味をそそられたりもちろんどのクラブも怖かったりするのですが、気になるテーマを抱えていたりするクラブって事で。と言う事で次はFC東京です。

FC東京は去年こそマリノスは連勝する事が出来ましたが、基本的に相性があんまり良くないのでいつも何となく試合をするのが気が進まないというか脅威を感じるのですが、気になるテーマというのはこのチームは大化けする可能性を感じるのです。と言うのも去年初タイトルを獲りましたが、そのタイトルを獲れた一番の原因はチームの基盤とも言うべき守備組織が非常に整備されている事です。チームのカラーとしてはどうしても攻撃的な部分をクローズアップされる事が多いですが、このチームの一番の強みは個人的にはやはり非常に整備され、集中力が高まっていれば本当に崩す事が難しい守備だと思うのです。でもそうなるとチームにおいて「真の」攻撃的なチームになれる可能性があって、過剰なアグレッシブなメンタリティを支えるだけの守備を持っているだけに、前の選手が奮起しブレイクしたら本当に一気にチーム自体が今まで優勝争い一歩手前で止まっている所から一気に優勝と言うところまで飛ぶのではないかと思うわけです。それこそ去年のナビスコカップのように。去年もそうですが、今年は競争がより激しくなりそうなだけに、チームにおける自分の居場所を見つけるために切磋琢磨して伸びたら、本当に怖いチームになりそうだからです。例えば左サイドはFC東京で一番怖い選手でもある素晴らしいフリーランニングで神出鬼没的な動きをする戸田がいますが、今年は去年の終盤どんどんポテンシャルを発揮して破壊力あるキックや力強い突破を見せた鈴木規男が今度はもうライバルとしているわけです。もちろん前半戸田が不在だったときに復活したテクニシャン馬場憂太もいるし、そんなに力の差もないだけにライバル関係も非常に強くなるのかなぁと。これがどのポジションでも繰り広げられると思うと、その競争原理がこの若いチームにとってはポジティブに働くでしょうし、その辺は非常に気になるところです。基盤が出来てチームの骨子がしっかりとしてきた→高まる競争意識→更なる成長→そして個としてのブレイク→得点力不足の解消、このような善循環が起きそうな気がするわけでその辺は本当にこうなるのかなぁと?というチーム全体の変化が非常に興味がある部分です。まあこうなってしまったら逆に追いかける立場になりそうですけどね(苦笑)でもそれくらいのポテンシャルを持つチームなだけに、どこまで意欲を持てるか、厳しさをチーム内に持ち込めるかなど、監督含めた指導陣にとっても勝負の一年となるのかなぁと。今年はチームコンセプトではないですが、「Jump!」の時期に来ているのではないかと感じています。

で最後です。やっぱり興味という部分ではフロンターレとアルディージャがJ1に上がってどのような戦いを見せるのか、というのは気になりますね。異なるチームカラーだけど、J2では確固たる戦いを見せていただけに、その自信という部分がどこまで通用するのかというのは気になるところです。特に同じ神奈川県という部分ではやっぱりフロンターレが気になるわけで、フロンターレを考えてみようかなぁと。

フロンターレは間違いなく数字だけでなくJ2史上最強のチームだったと思います。マルクス・ジュニーニョ・我那覇のフロントラインはやはり凄かったし、フロントラインの破壊力に目がいきがちですが、かなり整備されていた守備組織も機能し、中盤ではフレキシブルに動く事はもちろん、攻撃センスの優れた中村憲剛をボランチに採用して非常にチームに変化をもたらしていただけに、関塚監督の確固たる意志のあるチーム作りが実を結んだということになるのかなぁと思うわけですが、それがJ1に入り相手も高いレベルとなるだけにチームとしてのスタンスもがらっと変わるだけにその辺の部分に非常に興味がそそられる部分です。もちろん目標としてはまずJ1残留となるわけですが、特に違う部分としてはやはり何よりもプレースピードの速さな訳で攻撃に置いてはスピード溢れる選手はいるもののその優れたアタッカー達を活かす中盤という部分ではやはり相手のアプローチも早くなるだけにプレーにおける自由度はかなり制限される事になりそうですし、アタッカーもアテンプトの数が減る。そういう意味では様々な意味での精度を問われる部分が非常に興味深い部分でもあります。そしてディフェンスの部分では、やはりシビアなポジショニングやカバーリングが必要になってくるわけですが、フロンターレの守備はどちらかと言えば強さが目立つわけで、J2も強さの方が問われていたわけですが、J1はスピードという部分の方が問われる事が多くなりそうなだけにその辺の対応はどうなのかなぁと。去年J1に昇格してきたアルビレックスの反町監督も「J1のスピードへの対応」と言う部分で苦労したという話もありますが、その辺はフロンターレにも重ね合わせる事が出来る気がします。様々な意味で「最強のJ2」はJ1でどのようなサッカーを見せてくれるのか、そしてどのような成績を残すのかと言う部分で興味はそそられますね。もちろん以前1年でJ2に逆戻りした悔しさもあるでしょうし、久しぶりのJ1でどのようなモノを見せてくれるのか楽しみです。

と言う事で来シーズンはマリノスのライバルってこともありますが、やっぱり興味もそそられる部分もこう考えるとたくさんあるだけにそういう部分に注目して見てみたいなぁと思ってます。あっ、ジュビロ忘れた!

そろそろ始動しはじめているし、体制も整いつつあるから、そろそろ今シーズンのプレビューをチームごとにやろうかなぁと考えているのですが、2月どうかなぁ?忙しくなりそうだし、ネタも沢山出てくるので早めに始めたいのですがまだわからないのでもう少し待ってからですね。と言う事で今日はここまでです。

|

« 興味をそそられ、又脅威を感じるクラブ その1 | Main | シーズン到来の予感漂う今日のニュース雑感。 »

Comments

うーん、最高に記事が面白い特集です。観ていて楽しいー♪。応援してます。

Posted by: ブランク | January 23, 2005 at 12:40 PM

ありがとうございます!励みになります(笑)

きっとどのクラブに置いても見所だったり注目点はあると思うのですが、個人的に気になるクラブだったのでSeasonPrev前に取り上げちゃいました。

又褒めて頂けるような記事が書けるように頑張りまっす!

Posted by: いた | January 23, 2005 at 12:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77106/2663753

Listed below are links to weblogs that reference 興味をそそられ、又脅威を感じるクラブ その2:

» アイドルぼっくす〜グラビア画像・DVD・ブログ情報局〜(アイドル/我那覇/我那覇) [アイドルぼっくす〜グラビア画像・DVD・ブログ情報局〜]
↑ Prev アイドル Next 我那覇 の画像・写真集・DVD・サイト・ニュース・ブログ情報をまとめます。 我那覇 我那覇:DVD情... [Read More]

Tracked on January 23, 2005 at 08:01 AM

« 興味をそそられ、又脅威を感じるクラブ その1 | Main | シーズン到来の予感漂う今日のニュース雑感。 »